to message message message message message message message message message

2006年04月30日

「想像もつかないようなことをやりたかった」猪股プロデューサーインタビュー

放送開始から1ヶ月が過ぎ、物語が大きく動き始めた「ガラスの艦隊」。ここで、物語の真髄を知っていただき、今後の物語をより楽しんでいただくために、作品のプロデューサー、猪股一彦氏にお話を伺った。



猪股P「ガラスの艦隊」の企画は、約2年前、「SAMURAI7」を制作している時期から始まりました。とにかく壮大なもの、スケールの大きなものをテーマに、私の20年余りの経験を集大成したような作品ができないかという考えから出発しています。ご覧になる方々が、想像もつかないようなことをやりたかったんです。
 猪股一彦プロデューサー

舞台はどうしようかと考えて宇宙ということにし、そこにGONZOが得意とする中世の世界観を加えました。大きな戦艦が出るアニメや、宇宙を舞台にした未来感覚のストーリーの中に中世様式を用いたアニメーションは過去も沢山あります。私は、それ以上のスケールの大きなものを登場させたかったのです。

1話で領土艦というものが出てきました。これは、戦艦そのものが領土であり国であって、人々が戦艦の上で暮らしているんです。そして領主が結婚したり、戦いの勝敗によって戦艦が合体し領土そのものが拡大していくんです。とにかくスケールがでかいんです。また、結婚式の御輿を人力で動かしていました。これは、権力の象徴は領民を自由に動かす力であり、支配するものと支配されるものを描くことによって、まずは本作品の世界観をストーリーの中で表現したかったのです。

さて、制作スタッフを決めていく過程で、最初に監督を決めなければなりません。企画の意図を理解し、オリジナル作品を創るという覚悟のある方を捜しました。阿吽の呼吸は必要ですが、ややもすれば馴れ合いの中で進み、よくあるという作品にはしたくなかったんです。そこでお願いしたのは若手の気鋭、「SAMURAI7」の副監督として才能を発揮されていた大原実さんなのです。

監督とも構想を練り、作品の開発が始まりました。そんな頃に旧知の出渕裕さんに相談したところ、「2クールのシリーズでは収拾がつかない。某作品のようなスペースオペラを作ろう思うな」と言われてしまいました。以後、出渕さんにはコンセプトアドバイザーとしてたびたび開発の場に参加いただき、色々と助言をしていただいたのです。

次に、キャラクターをどうしようかと考えました。豪華絢爛な世界を描きたかったので、いろいろと探し、検討していく中で、okamaさんにお願いすることになりました。もともと、彼が描く絵が気になっていたのです。そこで、お願いしたところ快諾していただきました。とにかく登場人物が多いんです。服装も含め、キャラクターの描き分けをしていただいて、既に100点以上の人物カットを描いており、今も描き続けています。すごく頭の良い方で、制作会議などでは監督の横に座られて、監督が話されるキャラクターのイメージをその場で描かれ、確認してもらっています。その手の早さには驚かされてます。

また、メカはどうしようかという事になったとき、戦艦はギミックのある面白い要素を入れようということになったんです。そうすると、河森正治さんしかいないんですよね。デザインをお願いした当時、「創聖のアクエリオン」の監督をされて相当忙しくされていたのですが、快諾していただきました。
また、どでかい領土艦などの戦艦を描いたら魔術師ともいわれる、超ベテランの宮武一貴さんにもご協力いただけることになりました。

こうして最強のスタッフが集い、さらには制作をGONZOとサテライトさんが共同でやるというビッグ・プロジェクトに発展します。お互いのスタジオのカラーはあるのですが、「マクロスゼロ」「創聖のアクエリオン」「ノエイン もうひとりの君へ」という、テクニック的にも、クオリティ的にも高い技術を持たれるサテライトさんとGONZOの2社を掛け合わせるとどのようなものが出来るのか、お互いに精一杯がんばってみようということでスタートしたのです。

この作品は完全オリジナルなので、視聴者の皆さんには物語の先が分からない形で進行します。毎回何らかの事件、あるいは戦いが展開します。アクションあり、ドラマありで、とにかくスケールがでかい期待がどんどん膨らむ作品だと思います。演じられる声優の皆さんも、ベストなキャスティングでお願い出来たと思います。

久々の艦隊ものということで、スタッフ一同一丸となって進んでいます。これからも「ガラスの艦隊」を毎週欠かさずご覧下さい。絶対に飽きることはありません。



■猪股一彦プロデューサー プロフィール■

猪股一彦(いのまたかずひこ)
1959年生まれ。宮城県出身。大学卒業後に専門学校へ入学、映像制作の技術を学ぶ。
卒業後はNHK中継アシスタントを経て東芝映像ソフトに入社、アニメ制作に目覚める。

同社解散後は東芝EMI、ユーメックス、ポリグラム、エイベックスなどを経て、
現在は執行役員として、GONZO作品の企画と制作を担当する。
最近のプロデュース作品として「SAMURAI 7」「SoltyRei」などがある。  

Posted by garakan_blog at 16:46

2006年04月28日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-05「仮面のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために
猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!



#05_03


今回のお話しで、ガラスの戦艦のクルーの素性が少し判った気がします。
そしてまた一人、ユニークな貴族の登場です。ジョンフォール旦那様大閣下ですが、
部下はみんな女性の通称・美少女軍団。なぜか名前にチーズの名が…。
最後にミシェルが運命的な再会をしますが、この青年の声は櫻井孝宏さんが担当してます。

今回のクレオの一言からお気に入りを、「突き抜けろ」

#05_04
  
Posted by garakan_blog at 23:02Comments(38)TrackBack(0)

2006年04月27日

EPISODE-05「仮面のごとく…」

#05_01


ヴェッティ救援に来襲したジョンフォール艦隊は、まんまとヴェッティを 離脱させる。だが、凄まじい機動力を誇るガラスの戦艦の敵ではなかった。
その頃、自領に着いたヴェッティは、レイチェルが自らとの結婚を拒んだことを知ると、 彼女に手紙を綴る。
愛の歌を、愛無き心で。
全ては十字星 教の力を欲するがために。
一方、カベル領へと急ぐガラスの艦隊は、難破 した貨物船を発見、救助する。
ガラスの戦艦に移乗する船員の中に、思わ ぬ人物が…!?

脚本:冨岡淳広 絵コンテ・演出:長尾 粛 作画監督:森川 均

#05_02
  
Posted by garakan_blog at 12:19Comments(0)

2006年04月24日

第3回 ノヴィの「ガラスの艦隊」秘密の裏側解読します

このコーナーは、天才的暗号師のノヴィを演じる白石涼子さんが、「ガラスの艦隊」の制作秘話を解き明かしていくコーナー。今回は注目ゲストキャラを解き明かしてくれた。




ノヴィ_01ジョン・フォール伯爵を演じている田中総一郎さんがすごく面白いんですよ。スタジオで笑いをこらえるのが大変でした。
「閣下〜!このジョンフォールがお力添えをばさっしゃりましょ〜ぞ〜!」という台詞があったのですが、ありえないかみかたをして、それでも本人はけろっとしていて、ジョン・フォール伯爵がアフレコのつぼでした。

それと、ジョン・フォール伯爵についている美少女軍団というのが出てくるのです。沢城みゆきさんがゴーダという隊長役で出演されていているのですが、その中の美少女を私(モッツァレラ役)と伊藤静さんが演じています。美少女軍団の役が私に振られるとは思わなかったのでちょっと頑張りました。(笑)どの美少女が、私と伊藤さんか探してください。

ジョン・フォール伯爵と美少女軍団は最高です。是非、見てください!  
Posted by garakan_blog at 12:08

2006年04月22日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-04「疵痕のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために
猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!


#4_p

早くもクレオとヴェッティの剣が大激突。
艦同士のガチンコでも、戦法にそれぞれの個性が出ていて見ものです。
クレオの一言から今回のお気に入り、「お前も入れてやろーか、オレのポケットに」  
Posted by garakan_blog at 20:19

2006年04月20日

EPISODE-04「疵痕のごとく…」

#4_01


街の片隅のバーで偶然にも出会ったクレオとヴェッティ。
視線が重なり、 本能的に抜刀する二人。
相手がヴェッティだと分かり剣を抜くミシェル だったが、二人の間に入ることはできない。
互いに一歩もひかぬ攻防戦 が繰り広げられる中、騒ぎをききつけた各々の戦艦が彼らを助けにやって くる。
そして戦いは戦艦同士の一騎打ちへ。
互いの船体に大きな疵を付け るも、未だ決着はつかない。
そしてヴェッティ配下 のジョンフォール 艦隊が来援し…!

脚本:米村正二 絵コンテ:大原 実 演出:井草かおる 作画監督:高口 弘 作画監督補:追崎史敏・野崎真一

#4_02 #4_03
  
Posted by garakan_blog at 01:00

2006年04月15日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-03「運命のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために
猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!



#3c-218s

クレオとミシェルが剣を交えますが、
ここでそれぞれの実力をチェック。

予言者の託宣は覚えておきましょう!


#3c-260s  
Posted by garakan_blog at 01:05Comments(112)TrackBack(0)

2006年04月13日

EPISODE-03「運命のごとく…」

#3_01

クレオ一行は掃き溜めの星・オルレアンに降り立つ。
十字星教の禁忌の触れると上陸を恐れるジャン等を後目に、クレオは一人雪山へと向かう。後を追うミシェル。
氷の城で二人を待っていたのは、謎の預言者ギルティだった。
彼女は一つの予言を クレオに告げる。
間もなく二人と入れ違いに、現れたのはなんとヴェッティであった。
そうとは知らずクレオと全く同じ予言を受けるヴェッティ。
彼らに告げられた予言の 意味するものとは・・・!?

脚本:米村正二 絵コンテ:大原 実 演出:白石道太 作画監督:徐 正河

#3_02#3_03#3_04  
Posted by garakan_blog at 02:47

EPISODE-03「運命のごとく…」感想・応援コメント

EPISODE-03「運命のごとく…」の感想や応援コメントをお願いします
  
Posted by garakan_blog at 02:00Comments(1)TrackBack(0)

2006年04月12日

猪股プロデューサーが語るエピソードキーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために
猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!



【The key point of EPISODE-01「流星のごとく…」】
圧政に苦しむ人民と貴族階級のポジションの違いを確認。
この世界観における人力のシステムなど、非常識なテクノロジーに注目してください。


【The key point of EPISODE-02「疾風のごとく…」】
いよいよクリスタルシップが登場。
華麗な河森変形戦艦とその戦い方は必見です。



毎週、猪股プロデューサーからキーポイントが届きます。
お楽しみに!

  
Posted by garakan_blog at 00:25Comments(1)TrackBack(0)