to message message message message message message message message message

2006年08月30日

EPISODE-23「血戒のごとく…」

ガラスの艦隊


コート・ドールに、強制的に併合されていた領土戦艦などを救い、人民軍の戦力を増すことに成功したミシェル。
遂に、最後の決戦が幕を開ける。
人民軍に向けて神聖皇帝軍の全艦隊を出撃させたヴェッティとそれを 迎えるミシェル・クレオ達。
一方、十字星教のゴルナ法王は、戦いを間近に控えたコート・ドール内で、娘レイチェルに自分の真の目的を打ち明けるが…。

脚本:米村正二 絵コンテ・演出:西村大樹 作画監督:長坂寛治・相馬 満

ガラスの艦隊 ガラスの艦隊

  

Posted by garakan_blog at 21:52Comments(2525)

2006年08月25日

EPISODE-22「修羅のごとく…」

ガラスの艦隊


瞳の疼きに耐えながら、予言の差す銀河の覇者が自分かクレオか、煩悶するヴェッティ 。
そこにラルフから新たな予言についての報告を受ける。
一方、地下牢に入れられて いたゴルナは、子飼いの兵を使い、再びコート・ドールの操作を行う。
さらに、ヴェッティの行動を捕捉したクレオ達もヴェッティの元へ向かう。
ついに、クレオ、ヴェッティの命運を決する時が来た!

脚本:米村正二 絵コンテ:滝沢敏文 演出:白石道太 作画監督:梁炳吉

ガラスの艦隊 ガラスの艦隊
  
Posted by garakan_blog at 17:43Comments(3)

2006年08月18日

EPISODE-21「深紅のごとく…」

ガラスの艦隊

十字星教の教義の為に、陰謀を企てていた法王ゴルナだったが、突如作戦は暗礁に乗り上げる。
焦るゴルナの前に現れるヴェッティ。
実は、全ての目論みは看破されてい たのだった。
一方、強力を仰ぐべき貴族諸候との会見に、疲弊したミシェルは、全て から逃れようと森へと向かう。
だが、森で彼女を待っていたのは、深い霧と自らの心に潜む恐怖心だった。
染み出す幻想に追われ、崖に足を滑らせてしまったミシェルの手を掴む者が・・・?

脚本:米村正二 絵コンテ:康村 諒 演出:たまだひろし 作画監督:井上善勝

ガラスの艦隊 ガラスの艦隊


  
Posted by garakan_blog at 22:08Comments(1)

2006年08月12日

EPISODE-20「瓦解のごとく…」

ガラスの艦隊

B.Bの居城でクレオは、銀河の未来の為に、今後は私情を捨ててヴェッティと手を組 む選択もある事をミシェルに提案する。
ヴェッティの名に過剰に反応するミシェル。
すると現れたB.Bは、そんなミシェルの「性」を見抜き、性別ではなく彼女の偶像性の重要さ、そして新たな選択技の有用性を指示する。
その頃、バルドー領地に密かに不穏な人影が降り立っていた。。。

脚本:冨岡淳広 絵コンテ:高山秀樹 演出:高山秀樹 作画監督:竹内昭

ガラスの艦隊 ガラスの艦隊

  
Posted by garakan_blog at 05:01Comments(28)

2006年08月03日

EPISODE-19「覇道のごとく…」

ガラスの艦隊

「黒十字に至り、新たな銀河を手にする」という十字星教の教義の為に、バロディカの地下で秘密裏に細工を施す法王ゴルナは、そのブリッジでレイチェルに一振りの宝剣を託す。
一方、神聖皇帝軍の追撃に晒されていたガラスの戦艦は、突如現れた巨大 戦艦の敵艦隊への撃破により、窮地を救われる・・・。
そして、その艦からガラスの戦艦へとある人物が降り立つ…。

脚本:米村正二 絵コンテ:江島泰男 演出:鹿島典男 作画監督:長坂寛治

ガラスの艦隊 ガラスの艦隊

  
Posted by garakan_blog at 23:26Comments(0)

2006年07月27日

EPISODE-18「獅子のごとく…」

ガラスの艦隊

再び合い交えるクレオとヴェッティ。
ヴェッティが放った巨大砲弾は、ガウェインの巨大戦艦に回避される。
浮上し応戦する巨大戦艦だが、慣れない船足の遅い巨艦での戦闘に苦戦するクレオ。
そこでガウェインは指揮を引き継ぎ、巧みな戦術により敵艦を撃破、そのままヴェッティ艦へ強制接舷を果たす。
そして、敵艦隊に乗り込んだガウェインは、迫る敵兵をクレオに任せ動力部内に辿りく。だが、そこで待ち受けていたものは…。

絵コンテ:滝沢敏文 演出:西村大樹 作画監督:土屋 圭

ガラスの艦隊 ガラスの艦隊
  
Posted by garakan_blog at 13:07Comments(242)

2006年07月19日

EPISODE-17「飛翔のごとく…」


未だ散り散りのガラスの戦艦のクルー達。
しかし遂に、主無きコート・ドール内で、シルアがミシェルの救出を、そしてノヴィ達がガラスの戦艦の争奪を開始した。
その頃、ヴェッティ延命の鍵を探るべく、ギルティの下を訪れ訪れたラルフは、新しいお 告げをきかされ、その“ある物”の発見を心に誓う。
一方、クレオ達はガウェインから、ここが掃き溜めの星であり、目指すギルティの城の伏せられた秘密を教えられる。

脚本:山田由香/絵コンテ:たまだひろし/演出:たまだひろし/作画監督:井上善 勝

 
  
Posted by garakan_blog at 22:24Comments(0)

2006年07月13日

EPISODE-16「回天のごとく…」


クレオが刑務所の最深部で出会ったのは伝説の武人ガウェイン提督であった。
康う王 皇軍の壊滅後、処刑されることなく、30年近くこの地に捕らえられていたのだった。
クレオは、ガウェインの口からこの銀河に関する重要な事実を聞かされる。
衝撃の真 実を前に新たな思いを決意するクレオ。
一方、愛を求めるレイチェルを辛辣に拒絶し、床を離れたヴェッティは一人稽古場でクレオへの思いに剣を振るっていた。
だが、そこにミュスカが突然訪れ、ヴェッティの右目の秘密と共通の秘密を持つ者がもう一人いる事を告げるのだった。

脚本:冨岡淳広 絵コンテ:豊増隆寛 演出:豊増隆寛 作画監督:梁 炳吉

 


  
Posted by garakan_blog at 18:37Comments(1)

2006年07月06日

EPISODE-15「威風のごとく…」



囚人達をすっかり配下に収め、脱走を画策するクレオ。
いよいよ作戦決行の日、自分の身体を調べてくれとミュスカに持ちかけ、医務室に移送「された」クレオは、そこで、彼の身体のある秘密を知る事となる。
自分も知らぬ事実ではあったが、驚くのも束の間、医務室を制圧したクレオは計画通りに脱走を計る。
看守長シークによる罠を切り抜け、辛うじて監獄敷地内の坑道に辿り着いたクレオは、その最深にある牢獄で 一人の老人と出会う。

脚本:米村正二 絵コンテ:高山秀樹・大原 実 演出:高山秀樹 作画監督:宮田 奈保美

 

  
Posted by garakan_blog at 09:04Comments(0)TrackBack(0)

2006年06月28日

EPISODE-14「夜明のごとく…」



監獄施設の医務室で目を覚ますクレオ。
クレオ達を乗せた脱出艇はコート・ドールから無事脱出したものの、辿り着いた砂漠で捕らえられていたのだった。監獄の女医ミュスカは、驚異的な回復を見せるクレオの身体に歪んだ興味を抱くが、監獄への移送によりクレオは事無きを得る。
今や全領土艦の7割を掌握している神聖帝国。
しかしヴ ェッティはバルドーを始め、残りの領土艦の獲得を側近らに急がせる。
ヴェッティの 目的とは?
そして、幽閉されたままのミシェルは、人民軍への不当な扱いを訴えるため、ヴェッティに詰め寄るが…。

脚本:米村正二/絵コンテ:鹿島典男/演出:鹿島典男/作画監督:長坂寛治

 
  
Posted by garakan_blog at 23:21Comments(0)TrackBack(0)