to message message message message message message message message message

2006年09月16日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-24「喝采のごとく…」 キーポイント

まずお礼を申し上げます。
コメントにたくさんのご意見をいただきました。
ひとつひとつに目を通しながら、精一杯の努力を続けたスタッフと、キャラクターを演じる極みを目指したキャストのかたがたの苦労を思い、一部地域の望まざる形で放送が終了したことで、残念な気持ちでいっぱいの視聴者の皆さんのことを考えました。
いつも応援いただいた皆様に多大なご迷惑をおかけしたこと、まことに申し訳なく、お詫び申し上げます。
皆様には、せめて本話数までを視聴していただきたく、その機会を増やす努力を続けていきます。公式ホームページの方に、正式な発表と視聴情報をまもなく掲載する予定ですので、随時ご確認くださいますようお願いいたします。
いつも「ガラスの艦隊」をご愛顧いただき、本当にありがとうございました。


さて、放送話数のキーポイントをご紹介するのも最後となりました。
朝日放送で放送される第24回「喝采のごとく・・・」ですが、制作上の第26話ですのでシリーズの最終話となります。
物語の帰結として、登場キャラは驚くほど人間味に溢れ、その生涯をドラマチックに全うする様が見事に描けていると思います。
この作品の中に存在する世界でしかありませんが、革命とか使命とか運命とか、そのために生きた熱いキャラクターたちを忘れることが出来ません。
銀河の解放を目指して戦う神聖皇帝軍と人民軍、信仰に新天地を求める十字星教。肥大した黒十字の吸引に抗いながら、クレオとヴェッティはいかなる決着をつけるのか。総力を挙げた壮絶な戦いの後に、ミシェルが見た新世界とはいかなるところなのか。

物語の結末を迎え、皆さんが喝采を送るべきことを見いだせたら幸いです。

本作品は全くのオリジナル作品です。ライターの皆様お疲れ様でした。
監督の熱い思い入れもありました。しかし作品の完成形においては、スタッフ、キャスト、ファンのかたがたの総意で形作られた気がします。
企画会議の紙一枚に書かれた数行のコンセプトに始まり、手探りで開発を進めてあれから3年以上が経ちました。
その物語もとりあえず終幕を迎えます。

いつもガラ艦、さらばガラ艦、またいつかガラ艦・・・。
内容では決して期待を裏切らないものになったと確信しています。
ガラ艦を今後ともよろしくお願いします。

そして最後に、まさか彼らがくるとは・・・。
ノルディアンとゲイリーの私が忘れられない一言から。

「オレたちも風になるっち〜」「我が青春に悔い無し〜」

永らくのご視聴に厚くお礼申し上げます。  

Posted by garakan_blog at 11:21Comments(1217)

2006年09月04日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-23「血戒のごとく…」 キーポイント

ガラスの艦隊


まず残念なお知らせからです。テレビ朝日をご覧の視聴者の皆様には、今回がシリーズ最後の放送となります。事情を云々することも特にないのですが、結果として放送がここまでということになってしまいました。
いつも放送を楽しみにされていたファンの皆様には大変申し訳ないのですが、9月24日から始まるCS放送(AT−X)など、第24回の視聴機会については別途に複数検討していきますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
なお朝日放送は、現状、オンエアが第24回まであると聞いています。


さて、その「血戒のごとく…」(制作上25話)ですが、内容的には革命前夜の様相です。
迫る銀河のタイムリミット、神聖皇帝軍と人民軍の決着、十字星教法王が目論む真の目的とは。
男と女はそれぞれの納まるところに向かって行く感じが、何ともいえない雰囲気です。
王家秘伝のガラス製法を利用した艦隊に立ち向かう、本家本元アイオロスの活躍にワクワクします。


各キャラクターの台詞も一言一言が素晴らしく、もう圧巻としかいいようがありません。

おおっ!というところで終わりますが、最後まで思う存分にご堪能ください。

さて、今回はクレオの気が利いた一言から。「そのセリフ、胸に刻んでおくぜ」
クレオ、お前はカッコいい男だよ、ホント。
  
Posted by garakan_blog at 11:54Comments(1772)

2006年08月29日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-22「修羅のごとく…」 キーポイント

ガラスの艦隊


今回はサブタイトルの通りの内容で、まさに修羅、修羅のごとくです。
見どころを語れといわれて、この回ほどネタバレせずに説明するのが困難なお話もありません。

ギルティが自らの予言を解説するシーンもありますし、クレオとヴェッティは出会えばすぐ剣を抜いてしまいます。いい加減分かり合ってもよさそうですが、この二人はどうやら協力し合うということが出来ないようです。もうあと3回でこのシリーズにも決着をつけるわけですから、自然と展開がダイナミックになってきました。登場キャラクターもそれぞれの決着のつけ方を模索しているように見えます。

クレオとヴェッティの対決が中心に見えて、ここにきてのラルフ、レイチェル、アイメルといった面々の決断にご注目!、といったフリで、後は観てのお楽しみということにしましょう。

さて、今回はクレオの気が抜けた一言を。「どうした、腹でも痛ぇのか」
ああ、クレオよ、お前という奴は・・・(笑)  
Posted by garakan_blog at 02:47Comments(1366)

2006年08月21日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-21「深紅のごとく…」 キーポイント

ガラスの艦隊

ややこしいのですが、第21回といいながら制作上は23話になります。

第17話「抱擁のごとく…」と第22話「憧憬のごとく…」がTV未放送を前提に進められており、エキストラ・エピソードとしてDVDに収録される予定のお話になってます。

さて、今回の内容はクレオとミシェルのやりとりが中心です。少年期のクレオとエッカルドのエピソードも入ってますが、クレオの人格が形成されていく過程が分かる気がして興味深いです。

ちょこっとネタバレっぽくなってしまいますが、アイメルの行動がやや唐突気味に思えるのは、第22話でクレオとアイメルを中心の内容になる予定で、それが少し影響してるのかもしれません。

今回はやはり、クレオのこの一言から。「黙って俺のものになればいい」

「ガラ艦」はいつもドラマチックですが、またまた見逃せない内容で展開します。
乞うご期待!!  
Posted by garakan_blog at 10:57Comments(0)

2006年08月14日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-20「瓦解のごとく…」 キーポイント

ガラスの艦隊

瓦解とは、組織や秩序などが崩れてダメになっていくことだそうですが、なぜ「ガラ艦」ではサブタイトルが最後に出るのか。まもなく発売されるDVD第1艦のオーディオコメンタリーで、監督がその理由を説明しています。たまには何が瓦解するのかなどと、先に考えながら観るのも一興かもしれません。

さて前回の最後に紹介されていた刺客、神聖皇帝軍特殊戦略隊第一師団長・ウルグザーネが、密かにバルドー領に潜入するところから本編は始まります。

見どころは力押しだったクレオに変化が現れ始めたこと。ガウェイン提督やボンベイ、人々との出会いが彼の思考や行動パターンを変え始めたようです。BBに気を使ったりするクレオは、今までになかった仕草です。

何が悪で何が善なのか。自分が成すべきこと、それぞれの信条、これらを今こそ問いただしていきます。

「ガラ艦」は登場キャラクターが多いです。出番は一瞬だったりしますが、みんな意味があって舞台に上がっているのです。最後まで彼らの一挙手一投足を注意深く観てあげてください。あなたの思い出に残るキャラクターが必ずいることと思います。

今回はミシェルの一言から。「正義は我々の側にのみあるのではない」  
Posted by garakan_blog at 13:24Comments(1398)

2006年08月05日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-19「覇道のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!



ガラスの艦隊

壮絶な最後だったガウェイン提督とボンベイの死を悼むところから始まる。
この回の見所は、何といってもクレオの復帰とミシェルとの再会でしょう。
十字星教の秘密も見えてくるし、この銀河がヤバイということも判ってきた。

みんな勝手なことをしてきたけれど、どうやら残された時間もそんなにないようだ。
さあみんな、行動開始だ!という内容です。

放送開始以来、本作品は複数の場所で起こっている事象を一気に観せる、大変にダイナミックかつ濃密な展開でお届けしてまいりました。
クライマックスが近づくにつれ一段と行動が凝縮され、加速して行きますので、一瞬たりとも目を離さずにご堪能ください。

もう何も申しません。
とにかくご覧ください!!

さて、今回はこれしかないと思われます。
クレオの一言から。「オレの風に乗りな」・・・皆さんもご一緒に(笑)
  
Posted by garakan_blog at 13:03Comments(0)

2006年07月29日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-18「獅子のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!



ガラスの艦隊

凍りついた巨大な古代戦艦の起動を、ガウェイン提督とクレオたちは試みる。
自分の艦と違い、鈍重な巨大戦艦を持て余すクレオだが、迫るヴェッティの攻撃を躱すべく、実に27年ぶりながら見事に艦を指揮する提督に驚嘆する。
ついに残弾も少なくなって、ガウェインは敵に対しての白兵戦を決断する。
ヴェッティも剣を手にクレオとの再戦を期して出向くが、その前に提督が立ちはだかった。

一方、脱出に成功したミシェルはガラスの戦艦を指揮していた。神聖皇帝軍の追撃に逃げ切れないと判断した彼女は、やむを得ず戦闘の準備をするのだった。

番組もシリーズ終盤となり、気の抜けない展開の連続となってきました。
主人公だけでなく、サブキャラの面々も重要な活躍をしています。
見どころ満載、隅から隅まで楽しめる本作品を、じっくりご堪能ください。

楽しむといえば「ガラスの艦隊」の派生ラジオ番組「疾風のクレイディオ」が始まっています。毎週木曜日更新のWebラジオですので、是非一度お聴きください。
パーソナリティーはクレオ役・津田健次郎さんとアイメル役・植田佳奈さんでお送りしています。 
http://www.onsen.ag/

さて、今回はボンベイの一言から。「オレもいつかぁああ、風になるぜーい!」  
Posted by garakan_blog at 15:52Comments(1656)

2006年07月22日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-17「飛翔のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!




クレオとガウェイン提督がいたのは掃き溜めの星・オルレアンだった。
この惑星を脱出しないことには、二人とも身動きが取れない。
そこで提督が案内したところは、なんと予言者・ギルティの館だった。
ここには何やら秘密がありそうだ。
ヴェッティのいないコート・ドールでも、ガラスの戦艦とクルーが逃亡の機会を狙っているようです。
見どころは久々のシルアが大活躍、とラルフの迷宮大冒険(笑)でしょうか。
重なり合う展開にドキドキの「ガラ艦」を、どうぞお楽しみください。

それにしてもと、気がついたことがひとつ。
配役が多すぎです(笑)。
本話でクレジットされている役名は23キャラですが、声のある兵士や衛兵、部下などを加えて数えたら32キャラもありました。アフレコでいつも20人強の出演者の方がスタジオ入りしているのも凄いですが、これだけの登場人物を限られた時間内で整理するのもなかなか大変なことです。
このあたりのテクニックも、本作品の見どころかもしれません。

さて、今回はハイザックの一言から。「シルア様は〜!オレが守る〜!」  
Posted by garakan_blog at 11:20Comments(1)

2006年07月15日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-16「回天のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために
猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!




クレオは、牢獄で出会ったガウェイン提督から、驚愕の事態を告げられる。
提督は、この銀河に迫る危機を伝えるために生き永らえてきたと言う。
黒十字など、この世界を構成する設定が明らかになり始めました。
ヴェッティ、レイチェル、ジャン、シルア、ガラスの戦艦のクルー、そしてラルフまでもが、それぞれの思惑を秘めて独自の行動を開始します。
予想だにしない展開で突き進む「ガラ艦」を、どうぞお楽しみください。

前回、クレオのフルネームが明らかになりました。
クレオ・アイオロス・コルベーユ・ド・ヴェールと申します。
そしてガラスの戦艦にはアイオロスという艦名があるのでした。

アイオロス=風神・・・出来すぎですか?

エンディングテーマの「彼方へ」には慣れていただけましたか。
歌うANZAさんですが、ご存じない方に申し上げますとミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の主役・月野うさぎ役を5年も務めていたのです。「レ・ミゼラブル」などで帝劇の舞台にも立つという、歌手でもありミュージカル女優である彼女。「カードキャプターさくら」の主題歌を歌っていましたし、アニメとは因縁浅からぬ仲の彼女をどうぞ応援よろしくお願いします。

また原画にメカニックデザインの河森正治さんのお名前があります。
担当は1カットだけですが、初登場の艦が出てくるところですので、よく観てるとお分かりなると思います。

そして今回はヴェッティの一言から。「それは、為さねばならぬ事か?」
  
Posted by garakan_blog at 08:23Comments(0)

2006年07月08日

猪股プロデューサーが語るEPISODE-15「威風のごとく…」 キーポイント

「ガラスの艦隊」をより深く理解するために
猪股一彦プロデューサーが各エピソードのキーポイントを語る!




傷心のミシェルはひとり悩みます。
同じく傷心のヴェッティですが、レイチェルとラルフの優しさでは癒されないようです。
一方のクレオですが、どうやら牢名主になりました。当然ながら監獄にいる場合ではないので執拗に脱獄を試みる。と、彼はある老人に出会います。
クレオの過去、そして身体の秘密。次々と明らかになる王家の末裔たる真実。

目の離せない「ガラ艦」にどうぞご期待ください。

今回、疾風のクレオのフルネームが明らかになりますが、その中にガラスの戦艦の艦名が含まれています。艦の名前がなぜ本編に登場しないのか、というツッコミには私もよく答えられません。どうしてですか?監督!。

さて、7月12日(水)に本作品の主題歌「ツヨクツヨク」のシングルCDが出ます。
満を持しての発売ですが、歌うはmihimaru GTです。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、miyakeさんとhirokoさんのユニットです。
楽曲の選定をしている時に、担当ディレクターさんにmihimaru GTの名前の由来を教えていただきました。
一部では公開された情報ですが、お二人の一文字ずつを取ってmihi。それに船の名前に付ける(〜丸)でmihi丸。勢いをつけようということで、スポーツカーのようなGTをつけてmihimaru GTとなったそうです。
まさに「ガラスの艦隊」のタイアップは天啓と喜んでいただけました(笑)。
フルヴァージョンはなかなか聴きごたえありです。
こちらのCDの方も応援よろしくお願いします。

そして今回は運命の合い言葉から。「風はやがて嵐を呼ぶ」
  
Posted by garakan_blog at 07:25Comments(0)TrackBack(0)