(帰って来た?)超零細ガーデン社長のブログ

ブログを書いてる時間もなくなったため2009年にすでに廃刊したブログです。が、2014年の今、零細経営者としては一皮むけた自分がまた気の向くままへんなことを書いて行こうかととりあえず復活です。


このブログは2009年度より多忙のため日々の更新を一応終了しております。


訪問された方には誠に申し訳ございません。

ただほんの時々・・・・気が向いた時だけ、その時々の思いを書いてます。

またこれから起業を目指す方、二代目の方や経営に悩んでいる人には過去ブログも少しはお役に立てるかもしれません。

なぜなら零細企業の経営者の日々の葛藤や旧事業から新規事業を起こしてそれが安定しまた下降線を辿ってゆく中で再び意を決して新たな場所に向けて踏み出すという・・・ほんと長いスパンでの日々の出来事、考えていたこと、そしてあがきも書かれていますので、たぶんじっくりと読んでいただければいいんじゃないかと思います。


もちろん相変わらずしぶとく零細しています。

超ひさしぶりですが



半年に一度くらいはのぞかないと迷惑コメントやらでエライことになっとりますんでね。
それにこんな<更新の途切れた>ブログを見かけると「この人まだ生きてるのかなあ?」なんて思われちゃいますんで超時々記事を入れておこうかと(笑)

というわけでおかげさまで相変わらず元気にやってますが、ようやく「お金が残る」本来の経営を実践できてます。

前の記事・・・・と言っても昨年ですが(笑)同じコトを今日も書きますが、とにかく<見栄>や<会社はこうあるべき>的な概念を捨て、あくまで「実利第一」ですべての経営を見直せばほんと無駄なものも多かったわけで、これらをがっちり処分したことで今はほんと「やりたいこと」に専念できてる経営環境です。

また銀行ともようやく無縁になり(笑)、無借金経営を今年もまた継続中なのですが、これも数年前までは毎月銀行の担当が来ては今月はこんなくらい・・・みたいな感じが当たり前だったんで<無借金経営は絶対無理>と思ってたのにもかかわらず、強い決意で会社をきちんと枠にはめ込んで、いったん清算する気持ちでいろいろなリストラ(人はなるべく捨てずモノを主に捨てましたが)を実施して最初の一年をなんとか乗り切ればシンプルな<入りと出>による経営も可能になるわけです。

要はまずお金が出ない形を一度無理やり作り、そこから再度マーケティング面をきちんと絞り込んでてこ入れすれば、損益分岐点のかなり低い経営のほんと楽な会社ができあがりますし、超零細の強みはやはり「身軽ですばしっこいところ」ですから、必要以上の資産や人員で身重になるとやはり身動きが取れなくなるところです。

そんなわけで今は超零細ガーデンとネット販売の2つの会社で生計を立てながらもガーデニング関連の新たな分野に挑戦中なところですが、これはエコにもつながるこれからの都市緑化のスキルみたいな感じの事業です。

実際少しずつ売り上げも上がってきているところでたぶん十年後はまた大化けしてるかもしれませんし、超零細ガーデンもそろそろ10年になりますが最初2〜3年はその頃の本業のドケンの2割程度の規模でしたから、やはり自分の得意分野において時代に即した事業展開も必要なんじゃないかと思うわけですね。

とにかく「迷ったらやる」の自分が・・・・・生まれて初めて「石橋を叩いて渡ってた」この2年でしたが(笑)そろそろまた悪い癖が出て<新しいことに挑戦>してますし、これもすぐに大きくしようなんて思うとまた銀行の手練手管に落ちますんで、じっくり本来の会社経営のセオリーである<その事業で上げた利益で投資>と言う形でのろのろと進めて行くところです。

たぶん今年は超零細ガーデンもこれまで最高の売り上げ&利益になるんじゃないかと思ってますが、これも捨てる経営の結果じゃないかとも思ってます。

そんなわけで今は広く薄く軽く生きておりますが、やはり利益=キャッシュという経営をしなければ、利益が出ていてもどんどん返済に回って資金繰りに窮し、数字と財布は別・・・なんつう寂しい経営になってしまいます。

で、お金を気にしなくなると、やっぱり「いい仕事」が残せます(笑)

それではお互いにがんばりましょう!





(休眠・・・)



つまらないけどストックの経営転換へ(笑)



お久しぶりです。


今年ももう3分の2が過ぎちゃいましたが、昨年ちょっと歩みを一度止めたおかげで今年はかなり楽です。

会社の経営ってこんな楽でいいのかね・・・なんて思ってます。(笑)


要は零細会社が右肩上がりの時には必ずいろいろな問題やら人や資金不足などが起こります。
そしてかっこよく<先行投資!>なんていいながらどんどんお金を遣っていたのが過去の自分の経営方法です。


世の中的にはそれなりイケてましたが、しかしそのままイケイケで行けばたぶん会社の行く末も短いものになったわけですし、自分も社員もお金は貯まらずストレスだけが溜まりまくりです(笑)


でも・・・・・なんだか冷静になればもう時代はすっかり変わり、これからは<超セコイ経営>でしか生き残る道も零細企業にはないことにも気づいたところです。(笑)


これも簡単に言えば<売上げ>ではなく<残ったお金=絶対利益>を完全に重視する経営をしなきゃいけないところですが、頭ではみなさんわかってるかと思いますが、ほとんどが売上げにとらわれた経営を未だにしているのが経営者の現実です。


そんなわけでとにかく元々自分の目指しているものは<大きな会社>ではなく<寿命の長い会社>なわけですし、自分も社員もやりたい仕事ができ、ウソみたいに楽しく毎日がすごせる・・・ゆるい会社なんですね。

そしてそれを実現するには単純に<小さくとも確実な毎月の入金>と<より少ない出費>の結果の<利益>なわけですから、昨年とことん突き詰めて必要なモノ、ヒトだけ残してシンプルな形に気合で再構築したわけです。

で、今うそみたいに楽です。


これも売上げが一気に伸びた時はちょっといい気になっていろいろ無駄な金をどんどん遣ったりもしてましたが、結果的に数字をきちんと見れば・・・・<大きなお金がただ単に自分の目の前を通り過ぎていっただけ>だったような気もします。

しかしその通り過ぎるためには自分も年中無休で社員ともどもキツキツに働く必要があるわけですし、金の掛かるたくさんの車や資産を抱えて社員を回しながらもそれの経費を賄うだけの絶対的必要売上げを上げねばならないところです。

でもこれは気づけばいつの間にか「何のための会社」かわからなくなり、現場で使うダンプや軽トラも増えた社員の移動のための車になってしまってたり、暇そうな社員のために採算的にしょうもない仕事をあてがったり、とにかく肥大の中で大きなムダもあったわけですね。

そしてそれを推し進めてたのは・・・・・経営者の見栄だったのかもしれません。


というわけで昨年一気に最大限潰れないところまで徹底的に会社をスリム化し再構築したら、ほぼ無資産化、アウトソーシング化、頭脳集団化して高収益化したわけですね。

ただあまりにしっかりやったため・・・・近所からすれば「あの会社やめるの?」くらいの感じでしたが(笑)要は<お金が最終的にどれだけ残る経営であるか>がテーマですから、思い切ってやっちまったわけですね。



特に車両を含めてモノが無くなったことに伴う固定費や維持管理費の圧縮効果が恐ろしく顕著でしたし、(今はリースにて)ドケンも含めてここ数年使っていなかった資産を社員の言うことは一切聞かずにとことん処分したらその売却で利益がかなり出てしまい・・・・税務署に調査されたりとか(笑)

でもそれらのお金で借り入れもほぼ消し去り、今では無借金経営ですし、資産を買うために長期の借り入れをするなんてことも今後一切ありません。

つまり今は入ったお金で支払いしているシンプルな経営ですし、そこにはキャッシュフローをとことん悪化させる<返済>もなく、通帳の残高=利益なわけですから本来あるべき経営に戻った感じです。

実際今となっては<借り入れ>をして経営するようであればそれは利益が出ていないのか、それとも必要の無いものを買おうとしているのかどちらかだと思うところです。



で、その分集客や社内のPC設備や広告なんかにお金を掛け、売上げも最盛期の数年前と同等に戻ってますが、そこはあくまで利益重視です。

もう売上げでは見てませんし、ただやって終わるだけの意味を見出せない仕事はもうやらないわけですね。


だから今はほんとゆるくてのんびりですが、これは単純にお金を遣わず低燃費な会社に一気にリニューアルしたからです。

で、結果的にはお金が残って行きそれが気持ちの余裕につながり、会社の質も上げてくれてます。



そんなわけでどこかでやはりこんな経営転換を思い切ってやらねばならないわけですが、なかなか<しがらみ><見栄>もあって実行できないところでしたが、死んだ気になって思い切ってやってみれば今はもう過去の話ですし、この間のある面辛くて厳しい期間も結果的には自分自身を大きく成長させてくれました。

また目先の新しいことばかりどんどん考え実践しながらも、実際足元の自分の会社自体が相変わらず旧態依然としてるのでは本末転倒なわけですし、新たな利益は新たな会社形態からしか得られないような気もしてます。



これからの零細企業はとにかくとことん事業体は小さくし低燃費にして、その分より大きな利益を上げてゆくしか無い感じですし、この20年ずっと成長拡大を目指してたバブル脳の自分でしたからようやく本来の経営者になれた気分ですがね(笑)



だからまあちょっと行き詰まっている経営者は、<会社が潰れた気になって>一度再構築をしてみるべきかもしれませんし、現実に目をそむけてほんとに潰れたらそれこそ惨めですからね。


あと明日死んだら残されたものが大きな迷惑を被るような形での経営はやはりまずいと思ったからなのです。(笑)






正念場ですね





それにしても3.11の大震災以降、被災地も含めて全国の零細経営者にとっては正念場の一年になる感じです。

まあ大企業は抜かりがありませんから、震災後の「特需」をしっかり受け止めるでしょうが零細企業はどこも厳しい展開になってゆくかと思います。


そんなわけで昨年自分の事業全体を思い切って身軽にしておいて正解だったとも思ってますが、顧客意識の冷え込みや今後の建設資材などの窮乏を受けて既存事業もなかなかスムーズに行かないような気もしてます。

ただこんな時<不安>に押しつぶされあまり変なことをしないことも大切かもしれませんし、案外この起こってもいない、起きもしない<不安>に経営者は本来行くべき道が見えなくなってしまうのですね。

とにかく自分の場合、もうしばらくは会社を新しい形態に再構築しながら固定費を圧縮して、そして固定費をきちんと賄える絶対的な固定収入を築いてからまた次のステップに行く感じです。

まあ5年前はマーケティング頼りのアバウトな経営で十分OKでしたが、これからはきちんとしくみを作ってセオリー通りやりながら事業を再構築してゆくほんとつまらない経営をしないと生き残れません(笑)



そんなわけで自分もまたいろいろ作戦会議です。

でもこんな時インターネットと言う<もうひとつの世界>があって本当に救われてます。

考えてみればバーチャルな世界で・・・・ものすごいお金と情報が行き交っているわけですからほんとすごいものを考えたもんです。






















進化しなければ生き残れないこれから・・・・

たまには書こうかと。


今日で3月も終わります。

この3月は日本にとっては本当に天国と地獄を一度に味わったような一ヶ月でしたが、たぶんもう3月11日前の現実にはこの先戻れないような気がします。

とにかく自分の生きている間にこんな原爆後の広島みたいな情景を見るとは思いもしませんでした。

だから<あり得ないこと>も現実には起こるわけですね。


そして今回の大震災からまた阪神淡路の時のように復興がはじまるわけですが、今度だけはもう違う形に日本全体をここで再構築して一人一人が高い意識を持って進化しなきゃこの先ダメなような気がします。


とにかく今回の非常時には結局・・・

政治家や国家官僚、そして大企業という組織だけに依存している人間のダメっぷりがあまりに露呈されてますし、これらはいわゆる「お勉強ができただけで他人よりも苦労をしていない」人生を歩んできたエリートばかりです。

結局そんな人間はイザというときにはやはり烏合の衆で使い物にならないわけですし、また被災地でもないのにガソリンや食料品の買いだめに我先にと走る国民性もやはりそろそろ各自が脱皮しなきゃなりません。

ただ肝心の国が無為無策ですから国民は各自の判断で自我丸出しで突っ走るしかないわけです(笑)


いずれにしても3月11日以前の価値観や生活はもうここで変えてそれぞれが進化しないとこれから先の日本も本当に混乱して収拾が付かないところまで落ちてゆくような危惧感も抱くわけですね。


また少なくともまずは政治家は弁護士や医師のようにまずはきちんと政治学をはじめ、経済、、歴史、そしてリスク管理や外交、語学などの「政治家試験」を合格したものだけが選挙に出られるようにしなければ、あまりに「どしろうと」が「稚拙な知識だけで」・・・・「明確な判断を下せない」ために、うどうしようもない状況にどんどん陥ってしまう破滅スパイラルに落ちて行く感じですし、国民もそんな人気や父ちゃんの地盤だけで投票してしまうこともこれを機会にもうやめるべきでしょう。

そして問題は「官僚」です。


肥大化した公務員組織がやはり日本の進化をかなり妨害していると思います。

まあこれは情けないことに中国人の経営者に言われたことですが。



そんなわけで自分もいろいろなところを調べてみましたがやはり今回も自治体レベルの職員まではそれなりの働きをしていましたが、国レベルの官僚はどうにも自衛隊以外は何をしているかがつかめませんでした。


もちろんそれぞれの職務でがんばっているはず・・・でしょうが官僚システムが逆に被災地への支援を遅らせていることも事実ですし、有事の際に民間より対応が遅い国などは気が着いたら他国に占領されていることでしょう。

またとにかくこの国は官僚のための仕事を作るためにどんどん面倒くさい規制や許可などがあまりに多すぎて、これも今後一気に変えるべきでしょう。(これも中国の人に言われましたが・・・)


そしてこうなったのも責任を取らなくてOKな無責任極まりないこの国の政治家や官僚のモラルやシステムのせいですが、反面被災地を含めて今後「経営者」という責任ばかり押し付けられ、自己責任で生きている人たちは本当に必死に生きて行かねばなりません。




そんなわけで<こんな日本に誰がした>・・・・と憤る気力もないわけですね(涙)







がんばってますよ(笑)




ちょっと半年に一度くらいのぞいては迷惑コメントやら削除しとります。

のでたまには書こうかと。

相変わらずなんだか「硬直した話」ですが意気込みだけは伝わるんじゃないかと思います。(笑)



まあ昨年からは新たな方向性で・・・いや原点回帰で自分自身の仕事知識増大と腕の向上に努めてますが、これは10年先を見越した地道である面、苦しい挑戦です。

でも10年後超零細ガーデンしゃちょうもこの業界でそこそこ名の知れた人になってるかもしれません。

まあもうトシですが、それでも10年後でいいんですね。



もちろんドケン社員たちも以前書いた「半年修行?」の後、うちの外注先として独立したり、また会社に戻ったりでそれぞれ健在ですが、自分自身も日々の業務を身軽にし、

要は一人でどこまで極められるか・・・

ということに挑戦しとりますから、会社を2つ経営しながら(3つのうち一つは合併にてまた2つ)自分は<個人事業主>みたいなことをしています。


つまり創業の頃のように自分でお客を見つけ、自分で話し、自分で作り、喜んでいただきお金をいただく・・・・ということをもう一度すべてやってみると、本当にこれまでもう特に学ぶこともないような気もしていた自分の仕事にほんと新たな発見がうじゃうじゃ出てきます。

これを社員にフィードバックしてまた新しい会社のしくみをつくる感じです。


それからこの5〜6年はあまりに事業が忙しすぎて・・・・・(今は本業ですが)以前は一番の趣味であったガーデニングが大嫌いになっちゃいましたんで(爆!) 


もう一度気が向けばすぐに鉢植えをして飾ったり、木を植えてその周りをきれいに植え込んだりができる資材置き場併設のドケン事務所に本拠地をまた戻しました。


まあ5年近くいた以前の駅前ビル事務所は毎日が楽しくてかっこいい事務所だったんですが、やはりこんな「土いじり」もすぐにはできず、おまけに日も当たらずに鉢植えの植物もイマイチ元気もなかったわけですし、やっぱりデザイン屋ではなく、ガーデン屋にもう一度回帰するためにはあそこではダメでしたし、社員の意識もどんどん<土いじりのガーデニング>から<パソコン上での綺麗なガーデニング>にスタンスが移って行ったからなのです。

これじゃダメです。


おまけにネット事業の拡大とともにパソコンスキルやセンスがいいだけの(ガーデニングなどやったことない)スタッフもどんどん増えてしまい・・・ちょっと方向性が違って来たことにも気づいたわけなのです。


これは危険です。


そんなわけでドケン事務所に戻ってようやくまた創業期の仕事の楽しさを自分もスタッフも味わいはじめているところですが、やはり「単なる仕事」になったら経営者も会社も終りです。

そこにはやはり何かしらの理念や想いが沸々と湧き続けていなければやはり長続きしないはずなのですし、これを日々のしがらみや今現在の形に固定されて・・・・


「わかっているのに変えられない」状態も一番経営にはまずいのです。


だから5年に一度くらいは大幅に「本来あるべき形」に無理してでも戻すべきなのですし、そこではやはり経営者の強い意志と覚悟も必要なんですね。




まあこれができるかできないかが分かれ目なような気もしますがこれをきちんと経営できているときに<わざわざぶち壊す>ことが一番大事なのです。


まあ今の状態っていうのはあくまで<過去にやったことが少し良かった>だけなのですから、今がちょっとイマイチだと気づいたら数字にとらわれず、<いいと思うこと><苦労してでもやる価値のあること><本来あるべき姿>にシフトしなければならないと思うのですね。


これもいよいよダメになってからじゃ間に合いません(笑)





というわけで相変わらずがんばってます。


ホンモノになろう


ちょっと思い出しては更新です。




さて、とりあえずこれまで超零細ガーデンで作ってきたものにはその意匠や出来栄えにもかなりの自信があるわけですが・・・

ただやはりよ〜く自分を見直してみればまだまだ「知らない」&「できない」&「やろうとしていない」ことがたくさんあることに昨年あたりから気づいては葛藤が徐々に大きくなってきたところでした。


それにやはり知らないより知っててやったことの方が絶対深いものができるはずなのです。



そんなわけで今年からよりこの仕事のスキルやセンスをもっともっと高いところにあげるべく時間を見つけてはなるべくいろいろ見たり勉強したりしています。


これ、日常の業務を一気に減らしてでも一度じっくりここでストップしてきちんともう一度実力を蓄えないと・・・・・この先「いいトシしてても全然大したことのないプロもどき」になってしまうと思ったわけですし、「いつも同じようなサプライズの無いものばかり作ってる会社・・・になってしまいそうな気もするわけです。


もちろん経営とは相反するものなのは理解してますが、やはり経営者としての実績云々よりも一人の作り手としてどうなのか?ということで自分のこの分野でのスキルを高める勉強をまたはじめてますし、以前は一生懸命であった上辺だけの会社を作ってしまう<マーケティング>とか<マネージメント>なんつう勉強ではなく・・・・

とにかく今やっている仕事で小さなものから大きなものまですべて理解しながらしっかりとサプライズを与えながらの提案ができるようなきちんとした見識をとことんもう一度深めたいと思うようになりました。

もちろん社員にもとにかく深い知識と興味をもう一度一から作り上げるよう言ってます。




とにかく世の中見渡せば上には上がほんとたくさんいますし、あまのじゃくを決め込んで自分の専門はこれとこれだけで・・・そして遠くにも行かない・・・

なんて決めてやっていても一般の方の(お客さんの)意識にはそんな細かな区別もないわけですからやはりこれはなんだか「できない言い訳」になってしまうからなのですね。


もちろんそんな弱点を埋めるべく各スキルごとに優秀なスタッフもそろったわけですがやはり組織化ではなく自分の威力をとことん高めねばと思ったわけですね。

つまり能力やセンスが突出していないと今後10年はたぶん生き残れません。



そんなわけで専門分野全体での知識をもっとしっかり深めるための勉強をもう一度時間を割いて最低でも今後5年はやってゆこうかと思ってます。



これもいくつになろうが一から始める日には早いも遅いもないからですし、やはりいろいろ世の中を見ているうちにもっともっと上に行かねばと強く感じたからなのですね。


ただ日常の中でヘンに諦めをつけてやろうとしてませんでしたが、どうもこの自分磨きからは逃げられないような気もしたわけです。


それとまあここ数年の繁忙のなかで・・・・なんだか酷使したパソコンのメモリのように既にへたっている自分を感じながらも、これをある面以前よりは自分の会社を最初から信頼し、うちの会社のイメージをつかんでくれてるお客さんに対して・・・・・

サプライズの無い小手先でごまかしせているような無難な仕事ぶりが自分でも見えたからでもあるわけです。



とにかく経営云々ではなくやはり自分が自分で納得が行けるしっかりとした「その道の第一人者」になりたいためなんですね。



やはり一番の武器を磨くべきなのです。


結果があとからついてくる経営方針に転換です。(笑)








不安が一番の障壁、これを乗り越えてこそ道が拓けます

今日は長いです。



それにしてもあっという間に半年が過ぎてしまう2010年です。


この半年は激変&休息?みたいな感じでした。


またこれまで二十数年の経営者業のなかではじめて思い切った<経営>のためにやるべきことを断行している自分です。

これもまあ正直精神的にはこれまでの人生の中では最高にきつかったわけですが過ぎて見ればなんのことはないわけです。


またこれはやはり「大きな不安」との闘いだったわけですが、要は大きな決断の前には不安が案外一番無駄なものであることが今回はじめて理解できました。

要は結果は後から着いて来るということと・・・・なるようになる、ということです。(笑)



また昨年まで年中無休でひたすら組織の維持のために働きまくってましたが今は思い切ってのんびり次の新たなるモチベーションや方向性が湧いてくるまで仕事から離れています。

だから今はほんとのんびりとしていますしほぼ毎日やりたいことをしています。



そんなわけで一年前と会社の数は3つと変わってませんが既に昨年までの時代遅れな旧来の組織はもうありません。

とにかく零細なのに動きが鈍くなった最初に興した会社を今年に入って思い切って極限までタイトにし、一番新しいインターネット関係の業務にシフトしています。

ドケン社員は能力ではなくあくまで忠誠心のある数名だけを残し、あとはこちらの助力で<外注先>として独立させたり、なかには他の会社に転職したものもおりました。

それで一気に収益性やキャッシュフローも上がり余計な仕事をムリに取らずに低燃費で生きてゆける会社に変わりつつあるわけです。

これは犠牲の上のものかもしれませんが、やはり残った社員以外は予想通りの社員でしたんでお互い様なのかもしれません。

だから経営者は冷たいようですが社員に対してはやはり「ある一線」が必要であることも今回学んだところです。

時代はもう変わりましたから。


もちろん次に創業した超零細ガーデンはある意味自分のライフワークですから相変わらずな感じでやってますがこれも時代と逆行し?どんどん「優良顧客志向?」を目指してます。

つまりいくら不景気で仕事が減ってもチープなものづくりはせずあくまで収益は副業の新規事業でなんとか保持しながらも長い目で個性のある「記憶に残る仕事」を心がけてます。

だからたぶん5年後はもっと尖ってるそれなりに知られたイイ会社になっているはずです。

それにすべてのお客さんを満足なんてさせられませんから相性の良い価値観の合ったお客さんだけを受けることにしています。

それで喜んでもらってまたご紹介いただくパターンがここ一年の主な営業です。

だから今年はのんびり良い仕事だけをチョイスしてやってますが、要はクセや特徴のない会社は逆に5年後は消えてると思いますし時代や経営環境に適応することも大切ですが、適応しすぎる事によって逆に個性の無いその他大勢の会社になってしまうからなのです。

これはマーケティング手法などでも同じでしょうから、あくまで自分流も大事にしています。


だから反面「時代への適応」は・・・・自分の場合、それをこれまでの会社ではやらずに新たな時代に沿った事業をする小さな会社を作って適応してきた感じです。




これを今、スローライフのなかでやってますが、本当に「気づき」ということの大切さをこのブログを書き始めた頃以来・・・久しぶりに再認識したところです。


これで少しは自分も強くなるんじゃないかと今年一年はそんな感じでやるつもりです。

悩まず不安がらずに起きることに身をゆだねながら対処して行くということも大事です。

計画を立てても絶対先のことなどわからないからいろいろ考えすぎないことですし、やはり「迷ったらやる」ということの正しさをちょっと実感しています。(笑)









あともうひとつ




昨年後半からいろいろな問題が一気に発生して来た


と思ってたんですが、どうもそうじゃなくて


自分の意識がどんどん変化して・・・・・・・


いろいろな問題に <気づいた> というところです。


問題発生だー!って焦ったら・・・・問題にとうとう気づいた!と喜ぶことですね(笑)

まあ人生これの繰り返しだから楽しいわけですが、今年は生きるか死ぬかのスリルでこれまた妙に楽しいところです。


でもビジネスでは「命まで」取られませんからハラ括ったもんの勝ちです。

ほんと「捨てること」がほんとにほんとに新たな飛躍のきっかけになることがようやく分かりました。





そんなわけでちゃんと生きてます(笑)




先日以前の読者の方からわざわざ「お元気ですか?その後は??」みたいなメールをいただきました。

というわけで近況報告です。



ただ今は正直おぃおぃ!なことになってますが、これもすべて必然です。



さて、今年に入り自分の意志に基づいてそれぞれの事業への考え方を大きく変え、まあハードランディングに近い形で自分のそれぞれの事業のスクラップ&ビルドにかなり思い切って取りかかってます。

これはまさにハード&ビジーです。(笑)




そんなわけでここ3ヵ月半で自分自身もほんと大げさじゃなく10年分くらいの意識の変化や強靭な意志、すごい頭の回転、そして事業への執着みたいなものが自分の中で根付いた感じです。


つまり

「迷ったらやる!」ということですが、それをとうとう年明けから実行に移したところです。



まずは本来一番愛着のある最初に起こしたもう20数年経つドケンをここで思い切って社員を全員解雇してやめることにしました。

と言ってもあくまでこの法人は銀行だけにはまだ債務もありますのでこの先も残してずるずると無人放置化経営です(笑)




ただこれもこれまで超零細Gのおかげでやってこれたわけですが、あくまで単独でもいろいろな経営改革?などでなんとかしようかとやってきました。

が・・・

実際旧来の形態でしか経営できませんし、社員も自らマンネリの道を選び、どうやらいつの間にか安息な日々を好むようになってしまったたわけですね。

だからここでいい加減見切りをつけ今年からはこれまでの得意先に頼まれてもなんだかんだ理由をつけ一切仕事を受注せず、反面取引先の支払いのみをどんどんとしっかりと帳消しながら最後に銀行債務のみを残したわけですね。

で、今月に入って

銀行に「もうドケンはやめるから、借金どうします?」とサプライズ告白した感じです。(笑)



ただ驚いたのが銀行の対応です。

要はこっちの要求をすべてと言えるほど飲んでくれたことですかね。

まあこれは正直驚きですが、あくまで自分もこの先の人生のために「見切りをつける」ものは見切って新しい成長分野にスタンスを移すことに決めましたんで、その辺のことをいろいろと話したら銀行さんもドケンだけには固執せず大人の対応をしてくれた感じですし、なんと言っても


<このまま踏み倒されるかも!>


という強い自分の意志が感じられたのかもしれません(笑)




そんなわけでそういうことですのでお言葉に甘え、もちろん残りはうんとゆっくり返して行きますがね(爆!)





あと超零細Gとネット会社の方はネット会社にひきづられる形でやってますが、今や新規事業であった超零細ガーデンもなんだか「堅実な会社」になっちゃって、安定しているだけのパンチ力の無いつまらん会社になりつつもありますんで、・・・


これも今年から形態を変えしっかり儲ける勢いのある会社に再度作り変えているところです。

要はここでも小リストラを断行して、結果を出さなくても全然平気な社員は一度お上の保険をもらっていただき、再度きちんと数字的に合う形を作り・・それに合わせて事業を進めている感じです。


それから「数ある業者の中で奇跡的にうちに仕事を依頼してくれるありがたいお客様」

という当たり前の概念が今やガーデン社員のなかでもほんとうに希薄になってしまったため、ある面、懲罰的な解雇でもあるわけですね。


「目、覚ましてまた来いや」と。






ただし

2つの会社で今回解雇した社員は今後3ヶ月間、お上の保険をもらいながら、求職者としての厳しさと自分の力の無さをきちんと理解してもらい・・・・新たな意識でまたドケンを除いた2つの会社に戻す解雇前の約束です。




要は能力はあるわけですし、会社の業務も阿吽の呼吸でできるんですが、どうにも「心」や「気持ち」が徐々に希薄になってる者達なわけですね。



だからやはり年々目に付くマンネリや甘え、そして会社に来ていれば当たり前に毎月給料がもらえるしボーナスも出るし仕事も当たり前に向こうから来るんだ・・・・


という寝ぼけた考えをとことん叩き直してからもう一度戻って欲しいだけなのですし、その中でうちよりも良い会社が見つかればそれはそれで社員の人生のためにもなるわけですからこれもよしとするわけですね(笑)



そんなわけで今はネット会社を除き、以前の社員の三分の一くらいの選び抜かれた心ある社員とともにドケンをどんどんゼロに近い状態に整理しながらも必死にそれぞれ新しい会社の形に作り直しているところです。


これほんとキツイですが・・・・正直すごい楽しいです。

もっと早くやればよかったみたいな(笑)



そんなわけで


とにかく迷わず腹を決め、そして実行への意志が固ければ固いほど・・・・物事はやはり思う方向に必ず進みます。


それにやる時は徹底的に迅速にやるしかないようです。



だからまあそんな感じです。(笑)


でも今年はきっと5年ぶりに・・・・・年収大幅アップです。(爆)




そんなわけでそろそろ完結!といたしますかね・・・・



今日は2009年10月26日です


相変わらず不定期更新ですが、仕事の方は毎日がんばっとります。


というわけでこのブログの更新は今ではほとんど思い出したときしか書いてない感じですが、案外そんな感じのほうが日々うまくいってるのかもしれません。(笑)



また実際、全盛期はかなりみっちり気合を込めてその時々の気持ちなんかを熱くいろいろと書いてたこのブログですが、



やはり「対時間コストを最大限にすること」



をある頃から意識しなければならなくなってしまい、結局(直接お金にはならない・・・笑)このブログはちょっと後回し化・・・した感じです。(汗)


そして残念ながら・・・・

今では自分の中での<ブログそのものへの価値観>もやはり以前とはまったく異なったものにも感じられてきたわけですね。



また、こんなに長期間書いていれば・・「そろそろもういいかい?」という感じになりますし、まあ2004年の8月からよくもだらだらと書いたものですが(笑)





そんなわけでいよいよこのブログも突然ですが<完結!>しようかと思ってます。


まあ書くモチベーションが落ちながら、そしてまた忘れた頃にダラダラ書くのもやはり「ブログ」とは言えませんので、いつの間にかそうなってしまったこのブログもそろそろ潮時かと思うわけです。



要は超零細経営者の心意気をずっと書きながら、ともに刺激し合えるブログがこのブログのモットーでしたんで、その使命は既に果たしたんじゃないかと思うところです(笑)



そんなわけで数少ない固定読者の皆様には心より御礼申し上げる次第です。


ほんとにありがとうございました。








*なお一週間ほどでコメント、TBは受信不可となります。

また気分にもよりますが・・・IDなどを残しておきますと何かと迷惑メールやいたずらコメントなどの嵐に巻き込まれますんで、いずれバッサリと消去するつもりです。

では、では・・・・

しぼむビジョン?




なんだか3年前の「大風呂敷」が自分の心の中でどんどんしぼんでる感じです(笑)



これは急激に冷え込んだ景気のせいではなく、やはり自分のなかで以前持っていた熱意のようなものが少しずつ冷めて来たせいなのかもしれません。


確かに3年前のビジョンであった売り上げ、社員数の増加も含めて事務所移転とかネット事業進出とかは実現でき、今現在3年前よりはずいぶんちゃんとした会社にはなりましたが、どうも自分の中ではインパクトが足りません。


まあ自分が考えたいたのはこんな「おとなしい優等生的な会社」ではなく、もっと「アグレッシブで荒削りだけどしっかりと将来に向かってる?」事業形態ですから・・・・もう一度全員に刺激を与え向かう方向を修正しなきゃなりません。



それにこれはここ数年の実感ですが・・・・超零細会社なんかの場合は、やはり将来への投資とか、人材育成とかをあまり第一義に考えるべきではなく、あくまで<今現在の日々>をしっかり活動し、その利潤ではじめて次につなげてゆくことが一番大切ですからやはりこの辺の社員のちょっと甘い意識も変えてゆく必要があるわけですね。

あくまで投資が先ではなく儲けが先にならざるを得ないわけですね。



よって<今日の利益>が一番大切ですから、そんな利益概念がなく長々と売れるか売れないかわからぬ商品企画なんかでミーティングしてることも多くなった感じですから、あくまで今日の利益を上げた上ではじめて仕入れの資金のメドや将来の計画が立つのだということを認識させてます。



ということで今日は違うカテゴリーのネットショップをまたもう一つ10月中に立ち上げるということで主要スタッフは土曜の今日も出勤しいわゆる「企画会議」みたいなのを行ってるわけですが、先ほどちょっとのぞいたらまた「コンセプトが云々・・・・・」みたいなまた世の中の動向を見ずに自分達の感覚だけでモノを考える「友達同士のお茶会?」みたいになってましたんで、(笑)


今度はどういう形のショップがいいのかとかではなく、割り切って今度取り扱うカテゴリーの中で逆にネットで売れている、イケそうな商品をしっかりピックアップして、結果どういうショップに作り上げるか・・・という「逆のアプローチ」で考えてほしいと伝えたところです。

まあ結局「立ち上げるまでの骨格づくり」は社員に任せておけば時間がかかるだけですし、どうしてもこまごまとしたところからキレイに積み上げて作ってゆこうとするのが「社員」ですから・・・・この点の指示はやはり経営者がきちんとポイントごとにおしりを押してなければならない感じです。

私の場合はたとえ荒削りでも一度先に作ってしまって、それから徐々に手を加えてレベルを上げて行く感じです。


とにかく最初の売り上げ入金までのスピードが命です。






まあ要は売れるショップが良いショップなんで、こちらのイメージどおりにはなかなかコトが運ばないわけですし、かっこばかりつけてても時間がかかってはダメなんですね。




そんなわけで方向性とスケジュールは示して自分は売り上げのもう一つの柱である既存事業の業務を今日はしっかりこなします。

要はネット事業の方はあくまで方向性や判断材料を示してあとは社員達が考え進めてますが、やはり「自分達で考えたもの」には「責任も生じる」という認識が生じるわけですし、各自みなやる気も出るというもんです。



ただネット事業は流動的な事業?ですから事業全体の売り上げ比率が大きく変わるまではあまりしっかりクビまではつっ込みません(笑)


あくまで根っこは既存事業が張って行かねばなりませんので・・・・



でも良い社員が揃って来た気もします。


ブログはひっそり こっそり・・・・・




相変わらずだらだらと思い出しては更新してるこのブログですが、これまで何度か「長期中断」してきました。


これも理由があって、アクセスが増えるうちに一番の理由は「更新のために書くことを探す」ようになったら本末転倒なんて気もしたことと

「日々のアクセス数が100を超える日が続いたらしばし中断・・・」みたいな基準で考えてます。(笑)


まあアクセスが増えると気持ちとして「書かねば!」みたいになりますんで、やはり義務のブログでは意味もないわけです。


あくまで自分の愚痴が言える唯一の場であり、自分を叱咤激励する場がこのブログなんですね。

実際こんなに長い期間このブログが続くとは思ってませんでしたが、それだけ苦難の中での叱咤激励が続いているところです。


ほんと大儲けしてなんの気兼ねもなければ絶対書きませんからね(爆)



公共工事3割減もいいけれど・・・・



まあ相変わらず民主党が元気です。

鳩山さんを見てても思ったより「やるな」という感じですが、今朝の新聞を見ればまた「公共工事3割減!」なんて書いてありました。

やはり結局は「やりやすい」「目につきやすい」ところからしか手がつけられないように感じましたし、小泉さんの見かけ倒しの改革のおかげで、ほとんどガタガタになった地方経済&建設業もとうとうこれで「トドメ」を刺される感じです。

まあ10年くらい前より自分の身のまわりでは公共工事が4割くらいは減ってる現状ですから、ここで3割だと・・・まあ7割減というところでしょうかね(汗)


そんなわけで脱公共工事をすでに終了したうちの会社はなんとか細々は生きて行けそうですが・・・国全体の景気がここでたぶんまた相当落ち込むはずですから、年末あたりはかなり厳しい展開になる感じです。




ただこれで国民はごまかされちゃなりません。



まあこれが公共事業ではなく

「公務員 3割減!」


ならばほんと立派ですし、この先税金も浮くというものなんですがね(笑)



とにかく表に出にくい、しっぽをつかみにくい官僚たちの裏でのムダ遣いや、まあわたしの親戚にも一人おりますが・・・・天下りなどでろくに働かず何度も退職金をもらっては私腹を肥やす公務員、

などに対する明確な対応策はまだはっきりとした形で示されてはいないわけですね。


だからただ単純に公共工事削減が正しい方策と思っているようですが、やはり公共工事は必ず後世まで形に残る国家資産となるものでもあり、地方からすれば全部が無駄な道路や新幹線であるはずもないわけです。



が・・・


この官僚たちのムダ遣いやなんの役にも立たない天下り行政法人の乱立による税金の裏での無駄使いこそが、今の破産的な国家財政の要因の大きな要素を占めてるわけです。

これは税金がどんどん形に残らず彼らの懐に消えて行くわけですから、やはりとにかくこれを明るみに引っ張り出すことがまずは最初にやるべきことなんじゃないかと思うわけです。



まあ公共工事削減なんか・・・・とっくに終わってる実感ですし、今や建設業も正社員でもワーキングプア状態で終わってますから、これ以上削減しようがない感じです。

それよりもまず最初にやるべきことをごまかさないで欲しいところですが・・・


官僚たちのペースにならぬようずっと注視しなきゃなりません。



自分の後ろには・・・・・やっぱり社員がいるわけですね




まあこのブログは当初より(半分以上は)愚痴るために書いてるわけですが(笑)

基本イケイケ社長ではないため時々(いつも)凹みます。

もちろん顔や態度には一切出してないつもりですがね。



そしてそんなときは、最初の頃のように一人でなんでもこなしてた頃が懐かしくなりますし、またそれ以前のように毎日外に出て現場で作業しては一日が終わってた頃がほんと懐かしくなるわけです。

その頃はあくまで自分のことだけか、自分の身の回りくらいのことだけ考えていればよかったわけですしね。



ただ今は・・・・考えてみればその頃よりずっと楽になってるわけですが、



時々

「すべてが面倒臭くなります」  (汗)



つまりちょっと気が緩むと「あのまま一人でやってりゃ気楽で良かった」みたいな考えに襲われるわけですし、一年に一度は「全員リストラする妄想」に駆られます(笑)



しかし今日も工事の会社では現場社員が朝早くからそれぞれの現場に出発し、超零細Gに来れば明るい笑い声が飛び交い、ネット会社の事務所をのぞけば自分が来た事にも気づかずみんな必死に朝から受注対応やメール返信なんかをしてる

わけで・・・・




「みなさん、ほんとすみません!」的な気分になるわけです。(笑)



みなそれぞれの夢や願望を持ってうちに面接に来て入社したわけですから、既にもう「自分の会社とか仕事場」・・・・なんていう考えも捨てなきゃならないところですし、まさか社員は社長がこんな眠たいことを考えてるとは露ほど考えてはいないはずですしね。



そんなわけで後ろには社員が皆ついてきてるわけですからもう少し立派な社長にならねばなりません。



でも基本<一人が好き>ですからまずいわけですね(笑)

それに人前に出るのが大嫌いなんですから、社員の結婚式のスピーチもほんとできれば断りたいくらいなんですね(爆!)


こんなとき一人でやってりゃ良かった!となるわけです。





同じことをしてて恐ろしいほど差がつく・・・・経営者(汗)




今日も朝早くからがんばってます・・・・がちょいと空回りです。

仕事がどうもイメージどおりにいい感じでこなせませんが・・・

こうなると「アウトプット」が「インプット」を上回った証拠ですし、怠け心がやる気を上回った証拠でもあるわけですね(笑)

まあ実際集中したり緊張して真剣ならばこんなことにはなりませんよね。


とにかくこういう「明日があるさ的な」ダメな毎日の積み重ねが・・・・近い将来の復活できないほどの業績衰退の要因となりますんで、ほんと日々のモチベーション維持と地道な積み重ねの大切さをもう一度感じなきゃ・・・・と気を取り直してるところです。



あと話は変わりますが・・・・

今日はドケンには寄らずに朝早く会社へ来て見たら隣のビルの同じ階のオフィスが引越しのようでした

ただどうも停まってる車両を見ると、なんだか「撤収!または廃棄?」みたいな感じのようです。

つまりもっと広い事務所かどこかへ引っ越す感じではなさそうです。



ここはちょうど3年前の同じ日に偶然引越ししてて記憶にあるわけですが、撤収のようです。

またこれも同じ頃に移ってきた目の前のかなり崩れそうな古いビルに入居してた何やってるかわからない社名の会社は、・・・・・・

先日近所のもっと大きなビルのワンフロアに居を移した感じですから、まあ言ってみれば同時期にこのあたりに移ってきた3つの小さな会社が3年経って変わってしまう感じです。

まあうちは可も無く不可もなくみたいな感じでちょっと寂しいところですが。




それにしても同じくそれぞれの事業をしてて、ほんとビルを建てちゃう人もいれば・・・・破産して夜逃げしちゃう人もいるわけですから、やはり経営者にも適性があるのかもしれません。


自分もなんだかちょっとここで先が見えちゃった気もしてますんで、もう一度3年後が想像つかないような展開にしなきゃならないと・・・思い直したところです。(笑)


結局日々の積み重ねですと・・・・妄想の賜物で・・・・会社も変わるのです。(笑)










毎日楽しいのはいいのだが ?




昨日の続きです。

今日は悪い面やこの頃ちょっと感じてるいる「微妙な雰囲気」を書こうかと。



まあ実際、この2年くらいで会社がどんどん「今どきの会社」に変わっている感じですが、それと引き換えに社員全般が「ゆるくなってきている」気もします。


要はクリエイティブな社風とゆるい会社を混同してる社員もちらほら表れて来ているのも事実ですしね。

これがちょっと気になります。


それにシルバーウィークで散々休んだのに・・・・・・


今日の土曜日も当たり前に休めると思ってるわけですから・・・正直自分みたいに年中無休で必死にやってる経営者側から見たらちょっと呆れますよ。


これはドケン社員でもそんなねむたいこと言う奴も「発生」してきたりで、さすがにそろそろこの辺でちょっと一度絞めなきゃなあ・・・・と思ってます。
(笑)



まあ脅すわけではありませんが、一度ハローワークに「社員全員で視察」にゆこうかと思います(爆!)


とにかく現実がどうなのか、毎日のんきに会社に勤めているとわからないわけですしね。




そんなわけで昨日もそうでしたが、自分自身はとにかく効率や段取り命!のドケンあがりですから、たとえば「商品企画会議」みたいなのでだらだらと雑談が続き、しっかりとした利益性のある結論や方向性がパパっと出ないのが一番頭にくるわけですね。(笑)

つまり会議が始まってから思いつきでモノを言ったり、そこで考えているような者は問題外なわけです。




そんなわけで時間の大切さ、無駄な時間=損失・・・・ということを今後は徹底しなきゃというところですが、かといって自分がいろいろ口を挟み続ければまたここまで盛り上がってきた社員のやる気もそがれますし、まあ難しいところです。


ただ「責任」のないところに「真剣さ」もないわけですから、これを今後はしっかりと各人のキモに命じさせようかと思ってます。


それにしても人が少しずつ増えて来て、一年以上勤めると・・・・なんだか勘違いする馬鹿も少しは出てくるのが会社ですからね(笑)



ただ今度はソフトランディングでうまくマネージメントするつもりですが。


毎日楽しいのはいいのだが・・・・



考えてみれば正直どんなに仕事に追い込まれても、基本毎日が楽しいのですね。


これはまず・・・・・3つの事業のうち2つは一応好きなことややりたかったことをやってるためでしょうし、

また正直言えば既存事業の転換とともに・・・・ネットショップやデザイン部門なんかの社員も増やしたりしたんですが、これが業態的にどうしても毎日若い女性社員たちに囲まれて仕事をするハメになってしまい・・・


なんか・・・・これだけで毎日が楽しい感じです(笑)  

 が、

もちろんセクハラは一切皆無です。(汗)
あくまでなんでもコンプライアンスは大切にしなきゃならない世の中ですからね。


それにひとつの事業だけじゃなく3種類の(実際なんの共通項もない)事業をやってるため・・・・そのたび新たな学びがあったりで新鮮で飽きません。

そしてこんなんですから・・・うだうだ考える暇も無く、その間にいろんな問題や課題が次々と起きて、これを負けずにガンガン潰してゆくことのプレッシャーみたいなものもあるわけですね。


だからまあ不平不満を感じたり悶々としてる時間もないわけです。(涙)

ほんと悩んでる暇もないのですから悩めません(笑)


もちろん時々お金が大事な場面で尽きたり、またどうでもいい時にドカンと入ったりの繰り返しでかなり肝を冷やしますが、まあ事業なんてこんなもんだと最初から思ってればいいわけです。


でも同じ境遇で鬱になったりする経営者もいるわけで、実際自分の知り合いの経営者なんかは、「本業の衰退に歯止めがかからず、ここで新規事業をはじめようかはじめまいか・・」で一年悩んで・・・


とうとう鬱病になって自宅療養みたいになってますし、

あと私から見ればほんとうらやましいくらいの会社なのに、毎月の資金繰りに疲れてしまったようで・・・とうとう一人で有り金持って逃避しちゃった3代目社長さんなんかもいるわけですが・・・


その会社、社長が雲隠れして3ヶ月経ちますが・・・・奥さんと社員で何事もなくやってます。 (爆!)


そんなわけでとにかくこんな時代ですからプレッシャーとストレスの中でつぶれそうになる経営者ですが、日常の仕事の環境なんかをちょっとだけ楽しくしとけば案外へこたれないもんです。


あとまた自分が元々やってる「男の会社」も・・・・もう少しなんとかしなきゃならないところですが、ついこっちに足が向いてしまうのですね。(爆!)



頭を下げる意義・・・・・






昨日もいろいろなお客さんに頭を下げまくって来ました(笑)


が、もちろん社員がへまをして頭を下げてるわけではなく、


ほんと「心からの御礼」のためと、うちに声をかけてくれた感謝の意からです。



でもこれが自分なりに表裏無く、ようやく心身ともに板についたのが・・・・どうやら今年からなのですね(汗)


もちろんそれまでもきちんと頭を下げて感謝はしてたつもりなんですが、以前はどこか「心身は別?」のような気もしてました。



つまりあくまで「狩猟者?」としてのスタンス・・・・だったような気もしたりしてて、お客さん=獲物・・・みたいな意識も正直あったところです。(笑)


ただその後事業の進展と共にいろいろな方からの紹介やめぐり合わせでの良い仕事もどんどん増え始め、いつの間にか「農耕的?」な事業形態になり始めたら・・・・


自然と「ああ・・これって・・ほんとありがてえなあ・・・」みたいな実感が心の底から湧いて来て、そこで目が覚めたような気もするわけですね。



それに不思議ですが、やはり創業当初の素の自分にやはり戻ることにし、マーケティングや経営などの勉強もやめ、目の前の採算性やら原価管理なども緩くして、お客さんに対しても少しくらいその分儲からなくても思った以上にとことんやってあげる」ことにしたら・・・・


案外、いつの間にか仕事に困らなくなったような気もしますし、正直どんどん仕事が溜まってしまい逆に困ることになったわけですね。(笑)


でもまあ全国展開して上場することが目標じゃありませんから、あくまで目の前のお客さんをどれだけ自分の仕事ぶりで「唸らせることができるか?」だけなのですね。

狭く深くです。



そんなわけでとにかく仕事に困らない会社を作りたければ・・・やはりセコイ理論を学んだり、人まねをせず、徹底して「どちらかに自分のスタンスを決める」ことでしょう。


『目先の儲け』を取るか・・・それとも「先の儲けを取るか」きちんとしっかり決めて、一度ハラを決めたらお客さんからの無理難題にも笑顔で金のことなどごちゃごちゃ言わずにやるしかありません。



それにまあようやくこの頃になって「知識が邪魔」をしなくなりましたが(爆!)

休みは別世界の話・・・・?



このシルバーウィーク期間中も毎日出社してできることをやってます。


まあ実際キリがないのが零細経営者の仕事ですが、有名マーケッターの言うように<休みを死守>すれば日々の仕事にもメリハリがついて良いのでしょうが、要は休めば「そこで思考が途切れてしまう」のがイヤなだけなんですね。



これも休みがあけて半分まだ寝ぼけてる社員にそのままのペースでアタマが働いている自分がしっかりと道筋をつけてあげ、通常レベルの業務にいち早く戻したら・・・・いつものんびり休憩してる感じです。


だからまあ社員が働いてる時にのんびりしてるわけですから同じようなものですが。(笑)



そんなわけで大仕事がある程度きりがついてそろそろまた社員だけで回せるような通常の展開に戻ったら・・・・・

また一週間くらいは姿を消してのんびりしてますんで今回も今月でようやくある程度一山越えて降りる感じですから、また姿を消そうかなんて思ってます。

もちろんそれぞれの会社間の連絡はほとんどありませんから、いない時は「あっちの会社にずっと行っている」と思わせてるのがミソですがね。
(爆!)




今日もいろいろやっときます。

まあ自分の気持ちが休める気分になったら休みますが。

乗り切った後の・・・偏頭痛




とにかくこの2ヶ月はこれまでにない多種多様な内容での・・・かなりすごい超シビアな2ヶ月でした。


とにかく気合だけでは絶対乗り切れないような難しくも複雑な2ヶ月間だったわけですが、先週でなんとか全体的にひと段落ついた感じです。

これもプレッシャーの中、日々の自分の仕事や経営、そして社員も皆、なんとかボロを出さずにこの2ヶ月間を乗り越えたところです。






そして今日は朝から・・・・頭痛に襲われてます。

これ、単に頭痛ですが。 

まあいつもの偏頭痛みたいなのですが、これまではどうも頭痛持ちが頭痛を忘れるほど毎日集中していたような気がしてますから、ようやく今日は「いつもの自分に戻った」だけなのかもしれません。(笑)



でもまあ今日だけは自分を誉めてあげたいところですし、試練を乗り越えた感じで、また会社もちょっとだけ前に出たような気もしてます。




もちろん今後もどうせまた次々とまたこんなのが続くんでしょうが、「寿命が来て死ぬ瞬間までひたすらあきらめずがんばる」・・・・という自分の親父の生き様(死に様?)を数年前に見てからは、なんだか心が強くなったような気もします。


ただやはり階段は一段一段昇るべきですから、今回のはちょっと一段飛ばしでしたからかなりきつかったです。(笑)







まあイマイチな話が多いですが・・・・・今日も暴(正)論かまします



さて・・・このところのニュースなんかを見ているとなんだか自分としてはほんとイマイチに思えることなんかもあるわけですが、

 

「千葉県の隠し金」のことだったり北アルプスでのヘリコプターの墜落のことだったり、はたまた民主党のその後のことだったり・・・ちょっと考えることがあるわけですね。

 

で、まず千葉県のこと、

 

 

これって以前同じコトを他県で結構やってて散々問題になってたわけですが・・・・そのときは「あいつら運が悪いなあ」・・・くらいにしか思わなかったんでしょうかね

 

 

でもこれがまさしく・・・「税金泥棒」ということでしょうね。

 公務員が業務の執行のために与えられた予算をうまくごまかして裏金作ってみんなで好きに使ってたんですから頭の痛い話です。

おまけに業者も巻き込んでウソの見積書作ってみたいなことが当然だった感じですから、こりゃ信じられません。

ただこういうのは口をつぐんでいれば巧妙でなかなか表に出ないわけですし、県警なんかも同じ穴の狢だったりで(汗)・・・こういうことが続くとやはり納税意欲もガタ落ちです。プンプン

 

(言うほど払ってませんが)(爆!)

 


 次に北アルプスでは遭難者を救出するヘリが天候の急変で墜落して立派な方が3名もなくなりました。

が・・・

 

ここは大学生の頃、この下まで夏休みに山岳部員だった友人たちと登ったことがありますが、若くて体力もある山岳部員でも躊躇する険しさでした。

 

もちろん自分はこの時点でヘロヘロでしたし、下から眺めて山荘に引き返しましたが(笑)・・・・近年中高年の登山者がこんなところを当たり前に登ろうとするわけで、それに伴い遭難もほんと多くなったわけでね。


だから自分としては少なくとも・・・「しろうとの中高年が険しくて高い山なんかには登ってはいけない法律」を作るべきだと思ってます。

 

たぶんどんな立派なガイドがついてもムリですから、やはり中高年は高尾山くらいにしとくべきです。

まあ暴論かもしれませんが、訓練に訓練を重ね、針の穴を通すようなこんな危険な救出を常にするくらいなら、こんな山に中高年がハイキング気分で行くべきではないわけです。

 

 

 

あと民主党・・・・

 

 

気がついたらいつの間にか国民にそっぽを向かれた政党と「連立」なんて話になってますが、これじゃこれまでの自民党がやってきた「数合わせのなんのポリシーもない政治」となんらかわりはないわけですね。

 

これはほんとがっかりです。

 

 

反面ろくに国民の信を取れなかった社民党や国民新党の代表が・・・

 鳩山さんの横に勝ち誇ったように並んで、さも連立するのは当然・・・っぽい顔見てると・・・


ほんとこっちが恥ずかしくなってしまうところです。(汗) 

まあ厚顔無恥という熟語がすぐに浮かんだくらいですからね。(笑)


でも少なくとも社民党は時代遅れで、なおかつ国益もまったく認識していないと個人的には思ってますんで、まあやめといた方がいいでしょうね。



 そんなわけで今日はいつもの言い放題でしたが(笑)



 

 

 

 

 

 

 

体一つ&パソコン&携帯で乗り切りますがね

blog lannking




相変わらず忘れた頃に書いてるこのブログです(汗)


今日は休日の会社でまた一人「考える人」になってますが。(笑)




まあここ2ヶ月ほどはかなり忙しくてどんどん追い込まれた仕事も・・・

なんとかボロをださずにようやくひと段落・・・・

かと思いきや、またいろんなことが自分に襲い掛かってくる感じです。


また今週は前々から予定していた社員を引き連れてのネットショップの新規のメーカーとの商談〜商品選定〜買い付けなどで数日ちょっと遠くに行ったりの予定がありながらも、・・・・・

ダブルブッキングで超零細Gの急な依頼をこなしたり、現場なんかもかなり大詰めだったり、おまけに大きな工事をしていて当分は入金のアテのない旧本業のつなぎの資金調達なんかも考えたりで・・・・


まあほんと盛りだくさんです。(汗)


もちろん会社にいればたぶん自分が動き、社員も動かしながらそこそこ問題なくこなせるはずなんですが、今回は物理的に移動してしまい会社にはいなくなるわけですから、こんなときはほんと困ります。



そんなわけで「携帯」で振込みとか、携帯で社員への指示ブログを書いたりとかの「練習」をしています(笑)



でもまあ自分+パソコン&携帯で今の仕事は大体こなせるのがちょっとありがたいのかもしれません。



それにしても今度は物理的に正直きついです。

今週が終わってみなきゃ重複した仕事がうまくこなせてるか正直わかりませんからね。



ただそのたびにこんな切羽詰った事態にも「不感症?」になって行く自分に気がつきますから・・・・まあこんな修羅場続きが案外自分を大きく鍛えてくれてるような気もしてます。(笑)



負けてたまるかです。


blog lannking





やはりネットへ・・・・・

blog lannking



相変わらず何でも屋です(笑)

ただしそれぞれはかなり専門的&特化された事業なんですが、とにかく今を生き抜くにはこんな感じしか浮かびません(笑)



そんなわけでまあこの20年間、事業をやって来た中でのスタンスは・・・

「常に変化する」という感じに尽きるような気もします。

ただこれが正直ほんと疲れます(笑)


まあ最初のドケン業では創業時はなんでも屋(壊し、清掃、片付け、運搬、常用)みたいな感じから・・・やがて型枠仕事→舗装工事→公共土木(道路・側溝)→下水道開削・・・・・そして下水から舗装までの区画整理、宅地造成みたいな感じで社内でも常に世の中の動向を見て、変化しながら推移してゆきました。

(まあ知らぬ方には全部おんなじ工事に見えますが)



で、ここで小泉さんの「土建屋半減政策」で行き詰まりました。(汗)


ただその前にすでに嫌な予感を察知して趣味を生かした超零細ガーデンを創業し、造園、エクステリア工事でなんとか地道に直接顧客を集客しながら・・・・今では本業の工事部隊もこれで養っておりますが、ここでまた不景気→住宅着工大幅減!・・・みたいな感じです。


そこで昨年からこのまま何もせずに沈んでゆくわけにも行かず、ネット事業部を創り、これをそれまでの超零細Gのイメージを崩すショップだけは一部超零細Gから引き離して別法人をつくり、そっちでネットショップだけを細々とやっとります。

で、なんとか自活してる感じです。(笑)


つまりちょっと雲行きが怪しくなれば何か「取っ掛かり」を見つけて「逃げ場」を見つけ、それをチョビチョビと掘り進めながらも、それぞれの事業はそれなりに真剣にやってる感じです。(つもりです)


ただしどれもが「超零細」のため、とりあえず固定費もあまりかからず案外「冒険」ができたりするわけですし、必ず前事業の資産を兼用しての「創業」ですから初期投資もほとんどないわけです。

そしてとにかく最初の地道な努力がいずれ大きな売り上げをあげてくれる新規事業になるわけですから、やはりなんでもチョビチョビとレベルだけは高く目指しながらも続けてみることです。




もちろん日々無理難題&やったことのないことばかりですが、これを頭を絞って、ストレスも溜めながら・・・常にも笑顔でクリアし続けることしかないようです。

それに社員がわたしの心の内の暗闇を知らぬだけ・・・救いですがね(涙)

まあなんでも心配だらけですし。



ただ実感として、やはり「ネット事業」は人材育成や事業の構築は他の業種に比べてスムーズに行っている感じですし、決められたシステムの中であとは自分達のセンスやスキル次第ですから・・・・・案外他の事業に比べて自分がすり減るような嫌なこともないわけです。


とにかくまあ「サラリーマンの職人」を育成するのが一番難しいのかもしれません。(笑)




そんなわけで5年後はネット事業で生きてるのかもしれません。




少しずつ当たり前の時代に?

blog lannking

 

さて、昨日の選挙の結果は大方予想はしてましたが・・・ここまでひっくりかえるとは思ってませんでした。

まあ正直「ムードに流される」国民性なのかもしれません。(汗)

 

反面・・・よく見ると各選挙区では自民党議員が今1歩及ばない感じでの落選も多く、得票数で見ればまだまだ「保守層」っていうのもかなり多い感じですから、やはり今回の政権交代がそれほど国民レベルで見たら強固なもののような気も・・・あまりしていないのです。

 

ただし、もうそろそろ当たり前のことが普通に当たり前になる時代が来てるわけですし、さすがにもうグロバールな中で通用しない旧社会システムは・・・・どんどん消滅してゆくべきです。

 

とにかく利権集中やらいくつもの天下りやら・・・・そして自分達の身分保障のためには国が破産状態になろうが構わぬ公僕たち・・・なんかもいずれ近いうちに淘汰されるはずでしょう。

 

そういえばその時代、普通に常識であった業界の慣習(たとえば談合とか)なんかもすでに自分の周りではすっかり話にも聞かなくなったわけですし、また当たり前に行われていた食品偽装なんかもそうでしょう。

 

まあ数十年前の高校時代、スーパーでバイトしていたときには・・・冷凍されてる売れ残りを新たに今日の日付を打ってパッケージしなおす・・・なんてのがバイトの自分の専らの仕事でしたからね(笑)

もちろんそれ以前に国産ではなかったわけですが(爆!)

 

そんなわけであとは最後の砦の「公務員改革」というか・・・・単純に考えればもう今の政府や地方公共団体では公務員などこんなに必要ないわけですし、収入も納税者よりも当たり前に多く取ってる事なんかも普通におかしいわけですから、この最後の「本丸」に今後どこまで民主党が手がつけられるかというものです。

 

とにかく無駄金が莫大にここでどんどん消えて行くわけですから、国力も民間の活力も大きく削がれているはずですし、未来に向けた社会資本の充実も成されないわけですね。

また起業する人の数も先進国最低ですし、名ばかりの福祉に、そしてまた中小企業なんかもボーナスさえ払えないところがたくさんあるわけですから、やはりそろそろあまりに金を無駄に遣う頭でっかちな政府をなんとかするべきでしょう。

 

ただ・・・民主党には・・・・あまり期待はしてませんがね(笑)

 

でもいいかげんうまい汁を吸って来た階層も・・・そろそろ年貢の納め時でしょう。

 

 

 

 

自分は自分・・・・個性こそ命?

blog lannking

 

以前は業界の慣習や年長者の言う事を尊重し、なるべくその業界の「標準」に自分を近づけようと(嫌々)やってきたわけですが、やはり基本的にどうも自分には合わずに早々に個性を出せる業界にスタンスを移した感じです。

 

だからつい何をするにもなんでもヘンな個性が出ちゃいますが、その個性のおかげで逆にどれだけ助けられたか・・・・というところです。(笑)

 

つまり今があるのは人と違うことを常に考えようとする「へそ曲がり」だったからなのですね。

 

ところがこのところ気がつかぬうちに「へそ曲がり」ではなくなり、「業界標準」とか「経営標準」?を一生懸命学んでいる自分に気がつきます。

 

で、そうするとどうなるかと言えば・・・・

 

 

 

つねに「葛藤」が起きるわけですね。(爆!)

 

つまりまあ考えてみたら、このところなんか「悩み」や「迷い」が多いかと思ったらどうもこれが原因でした(笑)

 

そんなわけで今は「自分の個性満開経営」に・・・・戻したところです。

 

たとえうまくゆかなくても・・・後で後悔するのイヤですからね(笑)

 

blog lannking

 

 

 

 

迷ったらすること・・・・?

blog lannking

 

まあ日頃は会社の行く末なんかをいろいろ迷ったりするわけですが、そんなときはやはり「本でも読む」に限ります。

ありきたりですが、これである程度「目が覚めますし、落ち着きます」(笑)

 

基本的にはこれまでの例では焦った上での 「行き当たりばったりの戦略」が功を奏したこともありませんでしたので、一応考えの中に「枠」をはめる意味でも迷った時は読書に限ります。

何でもいいからちょっと読んでみることです。

 

が、どっぷり漬かっちゃあダメですが(笑)

 

blog lannking

何が違うのだろう・・・・・

blog lannking

 

今日はかなり「キツイ」一日でしたがなんとか終了です。

 

しかし考えてみればこのところ何かほんとバタバタしているような気がします。

つまり以前の「泰然自若」っぽい感じがなくなり、いつも「飢えて?」いるようなちょっと自分で自分がなんだか貧相な感じさえしちゃいます。(笑)

 

これもまあ「進化?」を求めるあまり・・・・半面落ち着きがなくなってるのかと思うわけですが、会社をどんどん大きくする人を見れば、やはり何か落ち着いてます。

それに先日もある人の会社で会った特にどうってことのない人が・・・・・

聞けば年商50億を超える会社の社長であったりして、なんだか「彼と自分の違い」に愕然とし、またその違いの理由はいったいなんなんなのだろう・・・・・・?

と単に不思議になったところです。

 

とにかく自分に何かが足りないからなんでしょうが・・・・(汗)

これを真剣にこのところ考えているところです。

 

***************************************

blog lannking

 

 

為せば成る・・・案外なんとかなってゆくような・・・・

blog lannking

 

つい忘れます・・・このブログ

イヤ、書きかけのブログばかりで下書きがどんどん増えてきます。

 

さて、ブログを更新してない時は「何かをかなり真剣にやってる時」か・・・あるいは「防戦一方な時」のようです。(笑)

 

つまり7月は攻め一辺倒で、8月は防戦一方みたいな感じでしたが、とにかくやるべきことをその時の現実に関係なく、静かに強い気持ちで進めているとなんだか「好転」してゆく感じです。

これもまあ不思議なタイミングで事態がドミノ倒しのようにうまく好転したりして行くわけで・・・そんな時

 

いつも「ウチはやっぱり潰れない運命にあるんだなあ」みたいな実感を感じちゃうところです(笑)

 

だからとにかく 迷っても「やる」ことです。

それも結果が出るまでしぶとくです。

 

これは不思議です。 なんとかなるものです。

がんばってると・・・ドミノ倒しになるのです。(笑)

 

 

blog lannking

 

 

遠くのセミナー会場よりも自分の会社・・・・?

blog lannking

 

ここに来て「原点復帰」が自分の中でのコンセプトになってますが、もちろん3種類の異なる事業の中でそれぞれの足腰をここでしっかりと強くしとこうと思ってます。

そしてもちろんこれはまず最初に・・・・「自分の」ですがね。(笑)

 

考えてみれば・・・ここ2年ほどは・・・・

それ以前までのいわゆる「最先端?の自己啓発?」をすっぱりと止め、いろいろな流行の知識や経営法、そしてまたインターネットを絡めた経営ノウハウの習得などとも決別し、また知識から来る自分の事業への迷いや冷静に現実を見なくなってしまったそれまでの自分にも反省し、

いわゆる「現実直視&現実対応」の中だけでアナログ優先で経営することにしたわけですね。

これはもう何度も書いてますが。

 

それにまあ勉強すればするほど・・・・よくわかんなくなっちゃった!

という感じですし、自分の会社にとって大切なことはやはり常に身のまわりで起こっていること・・・・だということにちょっと気がついたからなのです。(笑)

 

そんなわけでこれ自体は間違ってなかったようですし、ここ2年ほどは現実対応型=現実分析型のアナログ経営をしてきたことにより、はっきりと自分の会社の課題も明確にわかりました。

 

つまりまあ情報過多から脱出したら・・・・案外よくモノが見える感じになりました。

 

ということで・・・経営向上のヒントやチャンスは遠くのセミナー会場よりも自分の会社の足元にゴロゴロ転がっていたわけですし、やはりもっともっと今やっている目の前の事業に「強く・厚い」会社にならねば淘汰されてしまうとも思うのです。

もちろん自分の考え(オリジナルな)や意思をしっかりと磨くことも大事です。

 

つまり「他人の考えた儲かる事業や経営法を常に探すこと」はもう止めて、今の事業で「確実に末永く着々と利益をあげること」に対して真剣に意識を傾けることにしたわけですね。

まあ当たり前のことですが・・・・これまでは「一発当てる!」ことばかり考えていたような気もします(笑)

 

 

それにまあいつの間にかいろいろはじめて・・・・なんだか「器用貧乏」みたいな自分になりつつあったんで(汗) やはりもう一度「逃げを打ってた本業などもきちんと見直し」腰を据えてやってます。

 

それにすべての面で「深い人間」には・・・マジメな月日を延々と重ねなければやはりかなわないからなのです。(汗)

 

そんなわけで10年単位でもう一度一から深めて行ってます

 

 

なんだか今日は堅いです。

********************************

 

 

blog lannking

 

ここら辺がおもしろいブログですか・・・

blog lannking

 

しかし毎回これらのブログを読むと・・・・なんだか自分がほんと何もモノを知らない「愚民」に思えます。

 

まあかなりどれも緊迫したいいブログばかりです。

世の中のしくみがよくわかります。

特に「一位」の方は・・・・・あの方で、目からうろこの印象です。

 

案外事実は我々には届かないのかもしれません。

 

 

ここのブログは目が覚めます・・・

 

 

どんどん上昇・・・・どんどん辛い(笑)

blog lannking

 

まあここ1〜2ヶ月はそんな印象です。(笑)

 

明らかにこれまでの仕事を超えるレベル・規模・そして難しい顧客の登場が続き、確かにここでまた「ステージ」が上がる予感です。

 

が・・・・

 

自分のモチベーションや実力がちょっと追いついてこない感じです(汗)

 

つまりイメージ的にはちょっと力の劣る敵と1人対5人くらいの対戦をしてる感じですから正直かなりきついのです。

 

でも考えてみればそれの繰り返しですから、まあがんばるしかありませんが・・・

あくまで自分はあまりムリせず「成り行き?」にも任せてます。

 

まあムリしてヘンに会社をよく見せようとすると・・・ろくなことになりませんからね(爆!)

 

ありのまま経営です。

 

************************************

blog lannking

 

後戻りはやっぱできませんねえ(笑)

blog lannking

 

まああれだけ熱く語っていながら・・・・すぐにポリシーを替えるところが自分の良いところですが(笑)

 

ここ二週間ほどは先月あたりからの仕事の集中や社内のダレた雰囲気から・・・・前記のごとくまったくこれまでとは違うパターンの毎日(現場復帰)を送ってましたが、やはり一度築いた社内システムは崩せません(汗)

もちろんそれを社長が自ら崩してもいけないわけですね。

 

つまりこれまでいろいろ考えて来た上での社内システムの構築や仕事の運び、またあくまで「自分が会社の顔」だという形で営業してる会社もあったりで・・・・

なかなかここではじめた「一線の現場への復帰&隠遁?」はやはり時期尚早で各社内に業務に支障をきたしてますし(笑) 自分も日々の疲労から判断が鈍り、リアルタイムな用件にもピリっとした判断がくだせないのが実感でした。

 

つまりもう過去のやり方で現実の問題を解決しようとしてもダメなわけですね(笑)

 

まあこれも自分みたいな進歩のない零細経営者はどうしても「創業期へのノスタルジー」みたいなものが常にあり、ちょっと会社が今回のように忙しいのに社員の気合も足りず停滞して追い込まれたりすると・・・・

自分が先頭に立って「現場でわーわー!」やりたくなるわけですね。(笑)

 

もちろんこれはわかってて・・・・

いわゆる「経営セオリーに逆らってみた」わけですが、案外「小さくてもよくできた会社?」であったため・・・・やはり自分ももうそのシステムの中の一員として行動しなきゃいけない感じです。

 

つまり毎日事務所でぼーっとしてる方が今の経営にはアリなような実感です(爆!)

 

だから忙しくてどうにもならなければ先のことなど考えず、今から「将来の柱になる社員」を一生懸命探してすぐに雇用しなければならないところですし、今の人員でもっとこなせる社内システムに真剣に頭を絞るべきなんでしょうね。

 

そんなわけで・・・・「まだハラの座ってない」自分をこの二週間で痛いほど感じたところです。

まあ決まりがついたらまた大嫌いな・・・「社長の仕事」をやろうかと再認識したところですが、この二週間自分だけはほんと充実してました(笑)

 

でも毎日目の前の仕事だけを考えている・・・「頭が空っぽになったこと」による充実感だけだったようですが(爆!)

 

まあ進歩してません。

 

******************************

 

blog lannking

 

ライブドアのメール・・・なんかより遅すぎ・・・・

 

 

まあどうでもいいことですが

もう数年も使ってるライブドアのメールがいつのまにかGメールになり、またも今度はGメールがちょっと変化したわけですが・・・・とにかく

 

 

「遅い」

それに

あまりに使いづらい・・・

 

もちろん「加速」のための余計なことをすると・・・・どんどんgoogleの手中にはまってしまう感じですから(笑)このまま使ってますがね。

 

なんか年々どんどん使いづらくなるメールサービスって・・・・どうなのよという感じです。

昔のライブドアメールが良かったんですが・・・・こんな風に感じてるのは自分だけなんでしょうかね・・・

一応長年のユーザーからの苦言ですが。

 

 

 

 

 

 

振り出しに戻ることもムダじゃないわけです

blog lannking

 

このところ日々の会社の実務や運営は社員にほとんど任せ、原点に戻って一からまた自分を鍛えなおしている感じです。

でもまあ毎日必ずいた自分が突然いなくなっても案外どこの会社もなんとかなってる感じですし、これは意外でした。(笑)

 

そこで・・・今更なんで「またクソ暑い現場?」

とビル内の空調の効いた事務所の中できれいな洋服を着て仕事してるドケン以外のそれぞれの会社スタッフたちもかなり疑問に思ってる感じですが、

 

やはりこれまでの人生の中でせっかく時間をかけて苦労しながらマスターしてきた・・・・自分だけが持つ能力や技術が・・・

このところの会社の組織化や専門化、そしてまったく毛色の違う新規事業を構築してきたなかで社員がそれぞれの細分化された仕事を高いレベルで分担してこなすようになったせいで・・・

気がついたらどんどん今度は「すべてにおいて無能化してゆく自分」に気づいたわけで・・・これに我慢がならなかったわけなのですね。

 

それでまた一からドケンの右腕社員と二人でこっそりと人知れずの場所で現場からリハビリです(笑)

 

それにとにかくまだ40代ですから・・・・考えてみたらまだまだ先が長いわけで、ここでもう一度今の落ち着いちゃった自分や会社をもう一度アグレッシブな方向に駆り立てるためには、やはり「原点」である「現場」からもう一度はじめてみようかと思ったわけなのです。

 

まあ通常なら「あまりやることがない」のはたぶんこれまでの経営的な手立てがそれなりにうまく行った結果なんでしょうし、理屈的には今度は上から「経営者としての仕事に専念」をすれば・・・・というところですが、やはりちょっとばかり大きな一つの会社よりも小さくても強くてしたたかなハイレベルな専門的超零細会社群を目指してますから、(笑)

結局のところこんなところの零細社長は自分の判断能力&気力体力&専門技術がいつまでも大切だと思うのです。

 

だからまた正直思い切って「一番下」にもう一度下り、ここから上を見直すことによって自分も少しはましな自分に変化する気もしたわけですし、また新たな展開も生まれるんじゃないかと思うところです。

 

あとはやはりこのところ強く感じるのは「体が資本」であって、ブクブク太った体と鈍った精神をもう一度鍛え直さねばダメなような気もしてましたんで、どうせならジムに金払って行くのなら、現場で金を稼ぎながら体を鍛えよう・・・という魂胆です(爆!)

 

実際毎日5〜6年前の超零細ガーデンを創業した頃と同じ生活パターンを送ることにより、ほんとこれまで忘れてしまっていた経営者としての皮膚感覚も戻った感じですし、ガッツも湧きます。

また少しずつ距離感が出てきてしまった一番苦労をかけている「元祖ドケン社員」との感覚も以前のものに戻ってきた感じです。

これもこっちでは社長ではなく・・・親父?とか親方?みたいなキャラで行かねばなりませんから(笑)、ビル内でパソコンパチパチやってる社長じゃ・・・やはりイメージが遠くて実感も湧かないところですしね。(笑)

 

そんなわけで自分の場合まだまだそんな「経営者気分」にはなれず、あくまですべて「現役バリバリ」でいたいわけですから、これはこれで大切なことのような気もするのです。

まあ経営者=裸の王様みたいなところですから、やはり一人でもどれだけ稼げるか・・・が自分の長きにわたる命題でもあるわけです。

 

 

でもほんとかなりきついです(笑)

が、

ただこう思ったことにもきっと何か「必然」があるのかもしれません。

当分こんな感じで行こうかと思ってます。

 

***********************************

blog lannking

 

商売のセンスの差・・・・?

blog lannking

 

先ほどちょっと用事があって現場から超零細Gに寄ったんですが、ちょうど昼時になってしまい・・・昼飯をどうするか迷ったあげく、先日近所にほぼ同時にオープンした2店のうちのまだ行っていない方に行ってきました。

 

今日の店Bはじっくりコンセプトを練って店舗改装が完了してもすぐにはオープンせず、きとんとマーケティング戦略を立てて集客を図りながら、いろいろ戦略的にも考えられた感じの店でした。

 

ただしオーナーは「シェフ」ではなく、いわゆる「経営者」であるようです。

が、それにしてもセンスがいい店内はものすごく混雑し活気があるわけですし、

おまけにうまい・・・というわけで、今のところ非の打ち所のない店でした。

 

 

そして先日行ったもう一つの店ですが・・・・

もう前に書いてます。(笑)

前の記事

 

こちらは「シェフ経営者」なんですがもちろん料理はうまいのですが、やはりそれだけじゃないわけです。

 

演出感が今日の店と比べて雲泥の差なんですね。

そんなわけでやはり「いいもの作れば自然に客なんか来る」というわけには行かないところで、やはりすべての中に「戦略」と「センス」が大事なんだなあ・・・という実感がしたわけですね。

 

残念ながら自分もかっこつけてないでもっと・・・・商売人にならねばやはりダメなようです。

 

要は全部がよくなきゃダメなのが・・・今現在なんですね。

 

********************************

blog lannking

 

 

事業のサビ取り中・・・・

blog lannking

 

なんだか忙しい割りに自分も含めて事業全体がちょっとマンネリ化してきた実感がそろそろ強く感じた所です。

こういうときはやはり一度ショック療法です。

 

そんなわけで今週からは告知の上、それぞれの事務所には一切顔を出さずに「自分だけの秘密の場所?」で仕事です。

で、「今度からは自分たちで全部判断してやりなさい、ただし失敗やクレームはダメ」みたいな感じで今週からはどこにも顔を出してません(笑)

 

そして社内のグループウェアや各ショップの注文状況など、社員が何をどうしているかとかをきちんと裏で把握しながら、あとは神出鬼没に普段はほとんど行かないドケンの現場に行ってみたりしています。

 

そしてどんどん無理難題を吹っかけてこれまでわたしが上げてきた実績を今度は自分達で上げさせる「苦しさと喜び」をきちんと学ばせようかと思ってますが、

これはやはり自分がほんとよく気が付いてよく働くせいか(笑)・・・・結局社員みんなが頼り過ぎて来ましたし、そろそろ正社員としても当たり前の自覚と行動とそして通用する能力をここで極めて欲しいと思うからなのです。

 

「そろそろアタマ空っぽにしてないで自分たちで考えてきちんと稼げよ」という感じですかね。

 

もちろん指示を求めるメールや携帯なんかも一々出ませんから・・・とっくにわたしがいないことに慣れてるドケン会社以外の会社はみな・・・かなりなみだ目です(笑)

 

 

で、自分は何をしているかといえばノートパソコン片手に・・・

 

あるお客さんから受けた工事を「一から十まで」 今は同じく足腰の衰えた・・ドケンの右腕取締役と二人だけでやってます。

 

以前からずっと自分についてきてくれた私より十歳以上若い右腕取締役ですが、「お前もこのところかなりマンネリ化してるから、俺と明日から二人っきりで現場復帰だぞ!」というところです。(笑)

 

しかしこれ、ほんと新鮮です。

稼いでる実感100%ですが、ちなみに経営に困ってやってるわけではなく、あくまで忘れてしまったダイレクトにお金を稼いでる感覚を取り戻したくなったわけですし、重機から降りてすぐにパソコンでその日の情報を確認したりする自分もフル回転っぽくていいわけですね。(笑)

 

まあ考えてみれば創業期は一人で営業し、朝早くから現場の準備をし、日中は汗を流して工事をして、夜は図面や見積の作成をし、そして最後にお金をもらって支払いを済ませ・・・残りが自分の給料・・・

みたいなことを最初はしてたわけですから、そんなことを今週から皆の知らないところで2人だけでやってます。

 

しかし案外、体で覚えたものは・・・身についてますし、思ったより腕も衰えてません。

 

で、その合間に持ち歩いてるPCであちこちのなりゆきをチェックして、「新商品の画像やコピーが超ダサイ!」とか「新規の工事のお客さんへのメール返信が遅すぎ!」とか普段は言わない文句を言ったりしてます。(笑)

 

まあいない方が「うるさい社長」ですし、「いない」ことを理由に普段は馴れ合いの中で少なくなった報告や成果をクールに求められますしね。

 

まあそんな感じでとにかく自分も含めてここでサビ取りです。

 

ほっとけば内からダメになるのが会社ですから・・・しばらくはかっこい理論は置いといて、それぞれの事業をきっちり根っこから自分がクサビになって強くして行きます。

 

ほんとはクールで厳しい奴なのです(笑)

 

 

blog lannking

 

今朝はやる気が社内に充満・・・・?

blog lannking

 

連休明けの超零細Gですが、今朝出社したらなんだかみなすごいテンションで働いてます。

まあ朝からなんだかうれしいことですが、なんかあったんでしょうかね。

 

でもやはり「休み」も大切です。

特に3つの中で超零細Gでの正社員は週休2,5日〜3日くらいですから・・・・我ながらよく給料を支払ってるなあ・・・とも思いますが、その分クリエイティブ第一の質の高い仕事でなんとか生きて行けてる感じです。

 

これも経営者にとってはほんと酷なことですが(汗)他人よりちょっと大目の休みに給料と、そして良い目の労働環境の上に責任を持って任せられる仕事があると・・・・

どんどん社員に活気が出て業績も伸びてきます。

 

まあ当たり前ですが、問題はまず先に経営者が損をするところがポイントです(爆!)

 

つまり儲かったらこうしよう!・・・なんて思っているうちは・・・やはり儲からないないわけですし、結局はすべては見返りを求めない「賭け」なのかもしれません。

 

ただいったいいつ回収して楽々できるかというところですが、まあそんな日は来ないでしょう(笑)

 

**************************

blog lannking

やはりまずはマーケティングと・・・愛想からですね

blog lannking

 

数日前にネット事業会社の事務所が入っているビルの中にちょっと高級っぽいレストランがオープンしたわけですが、聞くところどうも店をやっているオーナーの方がかなりの美人の若いオネーサンだという、ビル管理会社の営業からの情報でしたんで・・・早速挨拶がてら行こうと思ったわけです。(笑)

 

そこでまずは下調べでサイトなんかを探したわけですが、どこにもありません。

また地元情報誌みたいなものを社員がひっくりかえして探してもまったく情報がつかめません。

つまりイタリアンなのかフレンチなのか、単なる洋食屋なのか・・・バー?なのか、それに高いのか安いのかも同じビルにいてもまったくわかりません。(笑)

 

おまけに店の外からは中がまったく見えず・・・・・えもすれば、入ったら「こんなちょっとで、こんな高いの!?的な店っぽい気もしちゃいます。

 

だからまあ今どき、サイトや事前の広告なんかがないのもあり得ない話ですし、まあ情報がなければ誰も危ない橋を渡らない時代ですからね。

 

で、結局ぼられる覚悟で残業している社員とふと行って見ましたが、確かにスタッフは美人ばかりの高級感漂うお店でした。

が、いかんせん・・・・・・なんか無愛想で・・・・(汗)

おまけに高級な店構えの割には料理やお酒もなんだか「別に?」のようで、おまけにメニューを見てもその店のコンセプトがフレンチなのかイタリアンなのかはたまたアジアンなのか・・・・それとも流行のオーガニックなのか

 

よくわかりません。

まあどれもありますが(笑)

 

またそのおねーさん、シェフ修行はそこそこかじってきたそうですが、やはり基本のコンセプトづくりやマーケティングでつまづいちゃってる感じでした。

 

ということで、まあおせっかいですがいつかエレベーターの中で会えたら、ちょっと「ここをこうすればいいよ」と教えてあげようかとも思ってますが・・・・まあ余計なおせっかいはやめときます、下心ミエミエですからね。(爆!)

 

ただこういうよくわからないお店や会社もまだまだ多いところですが、やはり強いウリやインパクトの元に・・・・なんだかんだ言ってリピートしなければ・・・いずれ消えてゆく時代ですからね。(汗)

 

うちもほんと気をつけねばなりません。

 


 

blog lannking

 

 

 

なんか袋小路ですが・・・・壁ぶち破って表に出ますかね

blog lannking

 

どうも気がつけばどんどん「目の前のこと」ばかり見ている・・・小っさな自分に気がつくわけですが、これじゃせっかくの波?もドン引いちゃいます。(笑)

 

やはり事業は「リスキー」くらいがちょうどいいような気もしてますが、とにかくちょっと気がつけばリスクから知らず知らずのうちに逃げてる自分に気がつきます。

 

と言うわけで今日はネット事業の会社での「新商品の検討ミーティング」を午前中からやってたわけですが、ある責任者クラスのスタッフが今回は特に攻めの仕入れを提案したのに対し、どうも自分は逆に来月のボーナスやら「お金のことばかり」考えて・・・・、イマイチそこまで踏み切れなかったりで・・・・(笑)

 

「とりあえず今回はこれだけで」・・・・みたいなことをつい言っちゃうところです。

 

でもまあ2ヶ月前に「大当たりしたある商品」が結局自分の「セコイ仕入れ決断」ですぐに在庫切れとなり・・・・みな口にはださねど・・・・スタッフたちが真剣に考えた当たり企画の大チャンスをぶっ潰した・・・張本人となった感じでかなり惨めな気分になったことも思い起こします(汗)

 

 

そんな感じでどの会社を起こした時にも感じた・・・「目をつむったまま奈落に飛び降りる」度胸が・・・

なんだかこのところちょっと乏しくなった感じです。(笑)

 

特にリスクを取らねばダメなのはこれまでの経験でイタイほどわかってるいるのにですが、やはり先ほど気を取り直して「後先考えず」ドドーン!と仕入れることにしたわけです。

 

これでかなり社内は活気づいた感じでしたが・・・

「あとは絶対全部売り切れよ!」の一言も忘れませんがね(笑)

 

まあ、また・・ひやひやな原因を一つ作ってしまったところです。

でもそんなもんでちょうどいいのですし、大きな心配がなくなったら案外もう終わってるのです。

***************************

blog lannking

みなさん孤島で精一杯・・・お好きにどうぞです

 

 

まあしかしこのところの政治の動きを見れば・・・・政治が結局なんにも変わっておらず、相変わらず政官含めて「昭和」のままのノリ・・・のような感じですから、

みんな頼むからそのままどっかの孤島に行ってやってくれ!っていう感じです

(笑)

 

とにかく舌の根の乾かぬうちに平気で前言を翻したり、立場が高くなればなるほど・・・・逆になんだか悪いことをしないと損みたいな風潮が政官ではあるのじゃないかと錯覚するわけですが、

反面、我々経営者はなかなかそんな信義を平気で破ったりすればことごとく自分にはね返って来ますし社員だってまあ誰も口もきいてくれずいずれ倒産なわけですね。(笑)

 

その反面、あれだけの大きな責任を与えられてる仕事で・・・ほんとTVの前で録画されているにもかかわらず・・・・平気で公約を破ったり、責任ある地位をイヤになればいとも簡単に投げ出すわけですから・・・・

あまりに誰もが無責任で呆れてしまってるところです。(あまりにいつもで麻痺しちゃうのがまずいのでしょうね・・・・これもいい作戦です)

 

 

おまけにTVばかり出ているあの芸人知事もほんと不思議なんですが・・・・いったい本業はどっちかと思っているのか聞きたいところです。

これは県からも一般人よりは破格の給料をもらってるんでしょうし・・・おまけに埼玉や神奈川の知事じゃないわけですから・・・いちいち飛行機に乗ってあんな遠くから東京にしょっちゅう来るわけで・・

これが誰もおかしいと言わないマスコミも・・・ほんと不思議です。

それにしてもあんなに知事の仕事が暇だとはじめて知ったところです。

 

 

話は逸れましたが、かんぽの宿をはじめ、これまでどれだけ「公金」に多大な損害を与えても、賠償責任を負うことなくおまけに破格の退職金までもらって静かに目立たぬようにほくそえんで余生を優雅に送ってる天下り官僚も多いところでしょうね。

これはみんな上手で、ほんとひっそりと表になるべく知られずうまくやってます。

 

だから少なくとも政治家や公務員には徹底した「罰則」もその立場にバランスさせてしっかりと担保させるべきでしょう。

じゃなきゃわたしだって・・・「ヤリ逃げ」です。(笑)

 

ただしその法律を作るのが政治家と官僚ですから・・・まあこれも無理な話ですよね。

そんな一度得た自分の甘い汁を誰にも一生取られたくないわけですから、とりあえず調子を合わせていずれ嵐が過ぎるのを待つだけです。(笑)

 

 

そんなわけでまあ自分としては早いところ英語でもかなり真剣に勉強し、会話に困らないレベルを目指しながらも数年のうちに株や商品の輸入販売なんかの「ネットでお金を稼げるスキル」も高めて・・・・

 

パソコン一つ持ってどこかもっとまともな国に移住をしようか・・・なんて本気で考えてしまうところです。

 

 

とにかく毎回毎回茶番であいた口が・・・アゴが外れます。(爆!)

それにあれだけ立派なこと言ってた小泉さんも・・・・次男に世襲・・・なんて超ドン引きなことを堂々と宣言するわけですから・・・まあ騙されたってもんですね、国民。

 

そんなわけでとにかくいつも政治や今の日本のことをちょっとでも考えたら・・・・発作的に腹が立って毎回止まらなくなるわけですが、

日本の置かれている現状を見れば・・・・もうあきらめるしかありません。

 

 

なんか「きっ〇のブログ」みたいになっちゃいましたがね。(笑)

 

****************************

 

blog lannking

 

 

まあ心配事はその時に・・・・でした

 

これでようやく先月中盤からの緊張状態がなんとか少し軽減です。

 

しかし今回はさすがに「思考停止」・・・・ちょっと前の状態までいろいろなどれも外せない仕事が重なって追い込まれました。

まあどれもが絶対失敗できないプレッシャーみたいなのがあったわけで、数年ぶりに緊張した半月でしたが・・・・なんとか醜態をさらすことなく踏みとどまって問題なく過ぎた感じです。(笑)

 

そんなわけで今現在は特になんの問題もないのですが、今度は「こんなことは起きないだろうか?」とか「あのお客さん面倒なことをまた言ってこないだろうか?」とか「社員はなんとか卒なくこなしてくれるだろうか・・」みたいな事後の心配も沸々と湧いてきます。

でもこんなことは「取り越し苦労」であって、問題が起こらぬよう日頃そんな注意を会社全体でしてあるところですから・・・・・もしそうなったとしても「その時に考えれば」よいことなんですね。

 

しかし経営者の心配はいつも「まだ起こっていないこと」への心配事の方が多いのかもしれません。

前に行く時は一気に決断して進みますが・・・・普段はほんと小心者なんです。

(汗)

でもこの「臆病さとやけっぱち」がなんとか20年生き残ってきた理由なのかもしれません。

******************************

blog lannking

 

忙しくて質を落としたらそれで終わりです

 

 

今日は午後に大きな契約があるため午前中はあまりバタバタ仕事をしないことにしました。(笑)

これもまあその日に何か一つでも「アガリ」(結果)があれば自分としては良いと思ってますんで、基本・・・欲張らないのと、一点集中でその日は何か一つでもきちんと決まりをつけ、質の高い、いい仕事を一つでもしよう

・・・・というのがこのところの時間の使い方です。

だからどんどん仕事も溜まってゆきますが、あまり気にしないことにしました。(汗)

 

これもさすがに今月からはもうバタバタするのはやめ、原点に立ち返り全力で自分がこなせられない仕事や、あまり気が向かない仕事はどんどん断ることにしています。

 

あくまで大切なのは「質の維持」ですからね。

 

それに売り上げに目がくらんで現実に流されてこれを忘れたら、なんだかすぐに消えてしまうのがスモールカンパニーの宿命だからです。

 

またネット事業もそれぞれのサイトがかなりの「質が高く内容の濃いサイトづくり」を妥協させずさせているため、なんとか消えずに生きて行ける感じです。

 

つまり残念ながら質と量のバランスを取りながら会社を少しずつ前に進めるしかありません。

 

また売り上げだけを単にあげるのは案外簡単なんですが・・・・その結果、「どんどんつまらないふつうの会社」になってしまうのもイヤなんです。(笑)

 

まあ自分のことですから、バタバタ忙しいと平気でポリシーを捨て、絶対に適当になんでもやりますから(爆!)

 

************************************

blog lannking

 

 

笑わない経営者

 

 

相変わらずいろいろあってもいちいち面に出さず、「ニコニコ」しているつもりの自分ですが、20年以上前からやってる本業で一番古株の右腕社員には・・・

「この頃はかなり真剣になってるのが傍目でよくわかります」と言われます。

また「以前のようにはいつも明るくゲラゲラ笑わなくなってようやく重みが出てきた感じですが、社員はちょっと萎縮してますよ」

などと忠告されたりしたわけですが、確かになんだかあまり笑わなくなりました。

 

それにこのブログの文体もどんどん暗くなってくわけですし(笑)

 

でも思い起こせば若い頃は仕事柄いろいろな経営者と会ったわけですが、見た目笑っていながらも「目は全然笑ってなかった人」が多かったようにも感じ、「社長ってほんとみんな根暗だな」・・・みたいに思ったところです。(笑)

 

でも・・・・真剣だったのですね、みたいなことが今ようやくわかるところです。

 

ただ今やクリエイティブさを競うような事業が売り上げの半数以上を占めますんで、まあ社長が小難しそうな顔して会社に座ってるだけで、クリエイティブ度はガタ落ちですから・・・・・

 

今度から笑う時は・・声を出して「歯を見せて」笑うことにします。(爆!)

 

とにかく経営者はメンタル的にもきついところですが、できれば「明るく過ごす」ことも大切ですし、いずれにしても基本的に経営者の苦悩は誰にも理解されず、また理解してもらおうなんて思ってもいけないところですから、「笑っていて、ありゃ会社儲かってんだな、」とか「毎日気楽だよな」みたいに傍目で思われても、やはり明るく笑いながら仕事をした方が会社のためにはよいかと思うところです。

 

でもうちの会社はなんだかんだ言って各段に明るいヘンな会社で役職も特に決めずにヘンな抑圧感もないため、人も伸びてくような気もしています。

 

**********************************

blog lannking

 

 

ずるずる じわじわのもたらすもの・・・・?

 

案外一年なんてあっという間に過ぎてしまうもので、昨年身に染みた課題が相変わらず大して改善されていないように思います。

 

つまりずるずる、じわじわだと何にも変わりません。

日常につい流されちゃいます。

 

そのうち社員もマンネリになるはずですから、どこかでバサっと替えてゆかねば毎年毎年進化もないわけです。

だから大体三年ごとにリセットに近い変化をしてきましたから、どうも今年がそんな頃のようです。

 

が、偉そうなことを言う前に・・・・

 

 

 

 

まずはダイエットと禁煙からです。(汗!)

 

自分の体を甘やかしているうちはたぶん何をやってもだめでしょうからね。

 

それにしても酒を止めたらタバコが増え、きつい現場からも新規事業を理由に遠ざかり、またお付き合いのゴルフや夜遊びを止めて今の仕事に専念していたら

どうもストレスからか食い気に走り、この5年で超激太りですから・・・・

まあ意思野弱男が歩いてるようなもんですしね。(汗)

 

 

そんなわけで

 

まずは自分の姿をビデオに撮ってみることが目覚めの元となるはずです(爆)

「あ゛ー!!なんてかっこ悪いの自分って!!」という自己嫌悪からすべてがはじまります。(笑)

 

基本やはりかっこよくなければなりません、経営者は。

見た目も大事です。

 

というわけで来週は仕事関係のセミナーの講師が二つも入ってますが、聴きに来る人はすべて30代から40代の奥様ばかりです(汗)

でもまあ・・・・「この人キモッ!!」なんて思われたら・・・もうそこでセミナーも失敗ですからね(爆!)

 

そういうことです。

まずは自分からですし、まずは頭より体をなんとかしなければなりません。

まあこれが案外自分の中で一番キツイことなんです。

 

*****************************

 

blog lannking

 

何かが足りてない自分・・・?

 

 

なんとかこの土日を乗り切れば少しはほっとする感じです。

が、「ただ忙しいだけ?」のような気もするわけで、おまけに社員はみな週休二日ですからちょっと経営全体を考える余地アリです。(涙)

 

それにしても自分に何かが足りていないことにこの頃うすうす感づいてる自分です。

 

つまり、どうも「経営者」としての資質があまりないのでは?ということですが。

(爆汗)

 

これも自分はやはりある意味、「職人」でマネージャーにはどうにもなり得ない、ということにかなり焦りを感じてるわけなんです。

 

もちろん超零細がピリっと世の中に切り込んでゆくためにはやはり経営の仕方よりも、強い何かを持ってること・・・がまずは大事ですからまだまだ実務優先でも仕方のないところです。

が、とにかくいいもの持ってるんですが・・・・どうも経営が下手です(爆!)

 

 

そしてここをクリアすればたぶん・・・・超零細ではなく零細企業くらいには脱皮できるはずなんですがね(笑)

 

でもまあ考えてみればこの「両立」がいよいよこれからの課題のようですから、また自分にムチ打って努力するしかないようです・・・

というより、課題から目をそらさないで逃げずにきちんと経営も追求してみる・・・ということでしょう。

 

これも残念ながら3年前に見て見ぬふりした大きな欠点ですから、なかなか課題は一度きちんとその場でケリをつけないといつまでもズルズル引きずるわけですし、マーケティング偏重でそこそこ仕事は来るため、その影で忘れられてしまうマネージメントなんですね。

 

これもなんだかお風呂の栓をきちんと閉めずにジャージャーお湯を貯めてるような感じです。(栓は抜けてはいませんが漏れてる感じです)が、ちなみに自分は出身学科は経済学部経営学科でゼミはマネージメント理論を専攻し、最初の勤め先は公認会計士の監査法人でしたから・・・・・(爆)

 

 

あくまで理論などは現実の経営にはほとんど役には立たないという見本なんでしょうが・・・・・ただ今ならまた違った意味でそんな勉強がきちんと現実に生かせるのかもしれません。

そんなわけでちょっと勉強をまたしますかね、もうとっくにフリーズ状態ですが。

 


************************

blog lannking

 

 

 

特化&特価・・・・

 

 

実際のところ今も自分の中では超零細ガーデンの仕事がメインです。

ただ売り上げ的には・・・・そろそろメインではなくなりそうですが・・・・。

 

でも自分のスキルや感性で地道にやって来たこれが・・・今後もスモールカンパニーのまま、中味だけはどんどん濃くなって特化された事業としてシブトク生き残って行くような気もします。

 

そして超零細Gの今年のポリシーは・・・・「特化&特価」 (笑)

 

でも不景気を見越した安売りではなく、あくまで良質なものをちょっと意外な価格で提案し作る感じですが、もちろんそこにサプライズがなければ続きませんし、陰でのコストダウンの努力やセンスを高めて誰もが受けるイメージを「質と価格がそれなりに高そうに見せる努力」も大切です。

 

つまり赤字になっても続きませんから、そこを埋めるのが・・・・やはり人並みの考えじゃない考え方や考え続ける時間や意欲を持ち続けることなんですね。

まあ抽象的ですが、ちょっと大変なところまでは誰もが考えて実行するからです。

 

問題はその先ですからね。

 

だから「オタクは高そうな会社ですねぇ」と言われながらも価格の印象やセンス、そして対応なども他社よりも合格点ならば・・・・

 

やはりリピートと紹介受注がどんどん増えることを学んだわけなのです(笑)

 

まあ以前のように「モノづくりだけにこだわりすぎると」・・・・良い意味ですが今度はお客さんは誰も紹介してくれません。

 

つまりこういう人はとにかく

「自分だけのモノ」

がテーマですからどんなに喜んでくれてもこっそりと誰にも言わずご紹介もありませんので、あくまで全体的にうまくまとめながらも「個性」をきちんと出すことなんでしょうかね。

 

でもまあ「いいものを安く」ではまだまだ楽はできませんが、案外長続きすれば会社も少しずつ強くなって行きますし、チャンスにもめぐり会えるというものです。

 

あと3つのサイトをやってるネット会社も一つはそのカテゴリー内でさらに特化した商品を売り、一つはいろいろなところで売ってる商品を「特価」で売ってます。

あともう一つはノリで自分が売りたいヘンなものを探しては売ってます。(笑)

 

でもこのヘンなものが売れることで・・・・ちょっと元気が出るわけです。

 

センスを高めながらも「駄物」も愛でるバランスも大事です。(笑)

 

************************

blog lannking

 

 

今日は今日、明日は明日、来年はまた来年(笑)

 

今週も相変わらずスペシャルハードです(笑)

 

まあ今週をなんとか乗り越えれば・・・・ほんと一週間くらいは姿を消そうかな、なんて思ってますし、そのくらいしてもいいほどの一週間ですが、あとがまたつかえてますんでなかなかそうも行きません。

 

得意のネットでのバーチャル海外ツアーです。(笑)

 

あとこのところ「またそれぞれの会社をちょっと変えている最中」ですので・・・どうも決まりきったこれまでのルーティンなやり方や業務から・・・それぞれが各自判断を下さねば先に進まない未知の新しい仕事も増えてきて・・・・そのため社員がいちいちわたしに確認や相談を求めて来ることも多くなりました。

 

またわたしも正直、面倒臭くて結構それを自分で抱えちゃいますんで・・・・またも忙しくなるわけですね。(汗)

 

これもまあ自分でもやったことのないことをやってるわけですから、先のこともわかりませんし、社員がわからないことを聞かれても自分にもよくわかりません。

が、

なんとかこなしてしまうのは・・・・

社員との判断力やスキルの差ではなく・・・・つまるところ「真剣さの差」だけでしょうね。

「責任感の差?」とも言えますが・・・・

 

そんなわけで実際これも社員がどうしたものかわからなくていよいよ聞いてくることが・・・わたしは話を聞いて10秒くらいで指示するわけですから・・・・・・

 

結局は真剣さの差のような気がします。

 

でも仕方のないことです。

相談も大事ですし、社員にしてみればそこまでの権限を任されている自負もないわけですが・・・・・反面、ネット事業では20代半ばのオネーチャン社員がここ数ヶ月で数百万の商品をあくまで自分の判断で仕入れ、なおかつそれを売り切っちゃったりするわけですから・・・・やはり最後は本人の「真剣さ」なのかもしれません(笑)

もちろんわたしも平気な顔してましたが・・・夜も眠れない時もありましたがね(爆!)

 

そんなわけで自分の夢や理想だけは常に頭に留め置きながらも・・・・今は今日一日をベストを尽くして生きてるだけで、来月や来年のことなど考えも及ばない感じです。

それにまあ自分がやってるのはほんとヘンな隙間形態の会社ばかりですから・・・・お手本などないわけですしね。(爆!)

理屈に囚われず現実を見ながら今日を生きてます。

 

***************************************

blog lannking

 

 

ほんとはどうなのか?

blog lannking

 

まあ・・・「ほんとのところはどうなのか?」ということを常に考えに置いているわけですが、この情報化社会ではどんどん何がほんとかウソか正直わからなくなっている感じです。

 

特に経営者などはどんな考え方を柱に据えて経営してゆくか・・・・というところで、案外間違ったものを信じ込んだり、ほんとはいいもの持ってるのに人マネをして結局会社を下降させる人も今の時代逆に多いような気もします。

またある面・・・・「勉強をしている社長」の会社の内容が「まったく勉強してない、パソコンもいじったことのないたたき上げの社長の会社」に大きく水をあけられてる・・・・

なんていうこともあるわけですね。

これはイメージと決算書が違う会社が結構あったりで・・・・つまり経営者としての資質はどうやら他のところにあるような気もするのです。

 

まあそんな人たちを見ながら二年ほど前からは一切そんな「理屈の勉強」はやめ、あくまで日々感じる目の前の現実を直視し、「本来どうあるべきか?」という姿だけを追求してやってきたら、自然と売り上げも安定しお客さんと社員にも恵まれた感じです。

 

ただ実際今の世の中、パソコンやインターネットが主流ですし、これが活用できなきゃ話になりません。

うちも3つのうち2つは完全にパソコンやインターネットベースでの業務がほぼ100%なわけですが、反面あくまでこんな事業こそ・・・裏では「アナログ」を全社員に心がけさせてます。

 

また同業者などはうちが上手にインターネットを使ってかなり以前から営業しているイメージなんかを持ってるわけですから、サイトのコピーをぱくられたり、同じような形でマネばかりされてるわけですが、(笑)本当のキモは・・・そんなんじゃないわけですね。

 

つまり現場の職人にもきちんと意義を理解させ、日々必ずレベルの高い顧客対応を心がけさせてたり、お客さんからメールが来ても必ずメールと電話で返答させたり、あと社員の研修なんかも下手すりゃ赤字になりそうなくらいいつも金かけているわけですね。

だから

とにかく社員だけはお客さんには誉められます。(笑)

 

そしてその結果「口コミ」と「リピート」受注が今では半分近くを占めるのです。

そこでようやく・・・・どちらが大切かわかったわけなのです。

 

 

もちろんまだ一年経たないネット事業もそんなアイデンティティでやってます。

 

だからこんな時代、逆に見えないところが勝負なんですし、結局昔の経営者がやってたようなことを単純にきちんと丁寧にやってるだけなんですが、ただその道具としてPCやネットがあるだけなのですね。

みな新しい道具と新しい理論を知ると・・・・本来の一番大事なものを忘れてしまうのです。

 


blog lannking

負債があってちょうどいい・・・?

blog lannking

 

今朝はちょっとのんびりできたのでブログ更新です。

 

さて、思い起こせばダンピングによるドケンの赤字工事の連続から・・・・・4〜5年ほど前まではとにかく毎月の銀行への返済でかなり追い込まれていました。

だから今朝のようにのんびりした気分の日などなかったわけです。

 

とにかくその頃は月初めからずっとその月の大きな返済のことばかりを考えてテンションが落ちまくりでしたし、どう考えても資金の手当てなど想像もつかないような毎月の連続でした。

が、大きな波?を大体5回ほどなんとかクリアしたらそのうち少しずつ楽になって行った感じですが、(笑) もちろんそれは「新規事業」が軌道に乗ったおかげでもあるわけです。

 

それにしても今考えても「よくもまあ・・・」みたいなこともあり、当日の3時までに月々の売り上げに匹敵する手貸し返済をしなきゃならないのに・・・・

お昼の時点でまだ資金手当てがつかず・・・・「こりゃダメだわ」みたいな感じでしたが、不思議と気分は落ち込まず・・・・

 

それでも午後になったらまだ先になると思ってた売り上げ入金が続けてあったり、他で借金の手当てがついたりして・・・・なんとか乗り切ったことも2度ほどあったわけですね。

 

で、その時感じたのが・・・・・

 

「うちは絶対潰れない運命にある会社だ!」という確信でした(爆!)

要はあきらめずベストを尽くすと・・・なんだか流れも変わるわけですね。

 

その後はそんな苦しい短期の借り入れを徐々に長期借り入れに(うまく別会社を使って)切り替えながらも月々の負担を軽減し、なおかつ事業の見直しと新規事業への集中で徐々に楽になっていったわけなのです。

 

でもやはり「火事場のバカ力」で、追い込まれないと案外経営者も楽をしてしまうようですから適度な負債も必要なのかもしれません。(笑)

 

それとまあ・・・・・何度も言いますがとにかくあきらめないことです。

 

今はあの頃のガッツが少しなくなってしまったようですが、もう借金はこりごりですし・・・・・絶対に返せませんからね借りたら。(笑)

 

だから今は借りる前に借りないための手立てを徹底的に考え尽くすところですが、案外それで借りずになんとかなるわけでし、がんばっていると周りが味方をしてくれるわけですね。

 

 


blog lannking

 

コメントはいずれ掲載します。
現在なかなかチェックする時間がないため、いただいたコメントは一度下書きになってから後日掲載されますのでご了承ください。
なにか御用がある方はこちらへどうぞ
いろいろな方が訪れてくれればありがたいかと
基本的にリンクフリーですのでごれんらくいただければOKです。
こちらはどうも長いことやっているわりには・・サイドバーには手をつけるのが面倒ですので(笑)また時間がありましたらもう一度リンクやお勧めブログを貼りたいかと思います。
しばしお待ちください。



匿名ブログですので、御用がある方はこちらへお気軽にどうぞ。
garden4325@archer.livedoor.com
Profile
  • ライブドアブログ