アマデウス に学ぶ嫉妬 と サリエリ と ウルフガング














◆Amadeus • Rondo Alla Turca • Wolfgang Amadeus Mozart
   
Amadeus
私の好きな映画コレクションのひとつ
天才のモーツァルトと秀才のサリエリ

日向の存在モーツァルト
6a011570c3de61970c019b00b66898970b









日陰の存在サリエリ
salieri-prayer
異なる二つの「才能」
天からのギフトを与えられ生まれてきたウルフガング

どちらの人生も 
激しく 
感動的
そして哀しい
サリエリの嫉妬はいかばかりだっただろう
殺したいほどのジェラシーとは

嫉妬 (ジェラシー)
今夜はそんなテーマです
今まで貴方は嫉妬されたことありますか?
そして
嫉妬したことは?

自分にない才能
自分にない
多額のお金
自分にない
境遇
自分にない地位や名声
自分にない容姿


人とは様々なものに嫉妬する生き物です

そう
自分にない「何か」

そして相手の足を引っ張ってみたり
蔑んでみたり
妬み嫉み
そして落ち込み
満たされない負の感情を相手に向けてしまうのです

例えば
才能

どーして才能なきことを嘆くのでしょう
情熱があれば
やがてそれが実を結ぶことがあるでしょう
その人は血の滲む努力をしてきたかもしれません
貴方はしましたか・・・
また
天才と言われたウルフガングアマデウスモーツァルト
彼の生涯は幸せだったと言えるでしょうか

例えば
多額のお金

人生に多額のお金など必要でしょうか
贅沢は美徳でも自慢できることでもありません
「富」は「名声」と双璧の憧れではあります
けれど
使い切れないほどのお金を貴方は何故欲するのですか

例えば
境遇

生まれながら人はいろいろな「理不尽」を背負ってきています
資産家に産まれても心が幸せだとは限りません
貧乏な家庭でも「愛」を知っている人の方が幸せです
どちらもないなら ないなりに生きていく術を身に着ければいいのです

例えば
地位や名声

地位や名声などは自然についてくるものです
貴方が欲してもどーにもならない世間の評価です
けれどこれも あの世ではなんにも役に立ちません

例えば
容姿

若い頃はいざ知らず年をとれば
それは単なる「器」にしかすぎません
美容整形でなんとか自己満足はできるでしょうが
心が美しくなるわけではありません

嫉妬
それは私流に言い換えると
比較

比較して何が生まれるでしょう
比較する必要がありますか?

比較し嫉妬したその相手にだって
相手がもっていないものを貴方がもっていることだったたくさんあるでしょう

比較することに意味があるとは思えません
比較が全て悪いとは言いませんが
一般的にマイナスの感情を生むことは否めません

なにより
嫉妬は相手の心も深く傷つけますが
貴方自身をより深く傷つけてしまう行為なのではないでしょうか・・・

貴方は貴方の一番光るなにかをもっているはず
そこに気がついていないだけなのかもしれません
他人と「比較」する「暇」があったら
その時間を自分を「磨く」時間に費やすことを強くおすすめします

比較からは貴方のプラスになることは何も生まれません

嫉妬され理不尽にあったら
ゆっくり目を閉じながら
自分に言い聞かせます

おまえは嫉妬されるだけの器になった・・・

アマデウス
人生に悩んでいる貴方に是非観て頂きたい映画です
観終えた後
貴方の心に何が響くでしょうか

※心に響く言葉で貴方に元気をおとどけします

                               ブログランキング・にほんブログ村へ