正月飾り いつから飾る











飾る日に注意

門松やしめ飾りなど正月飾りを飾るのは
本来は正月事始めの12月13日から28日の間とされています。
ただ、今ではクリスマスツリーを片付けた後の26日以降に飾る家庭が多いようです。
26日以降に飾る場合、避けたほうが良い日というものがあります。

29日は「二重苦」を連想させ、この日に飾るのは縁起が悪いとされています。
また、31日は一夜飾りといい、神様に対して失礼にあたります。
そのため、正月飾りは遅くても28日には飾り終えるようにしてください。

正月飾り
とは、正月に向けて飾られるもの。多くの場合、前日の大晦日以前に飾られる。
・基本的な正月飾り
神棚飾り・鏡餅・門松・松飾り・しめ縄飾り
・その他
玉飾り
餅花
輪じめ
床の間飾り(床飾り)
座敷飾り
掛け軸
生花
羽子板
破魔弓
玄関や部屋の入り口・神棚や恵方棚・水回り・自動車・自転車などに年神の依代として飾ります。

正月飾りは
年神様をお迎えする大切な神道習慣
正月飾りはただの飾りではありません
意味を理解した上で心を込めて飾るべきものです

本来は神棚がないと片手落ちですから
小さくても良いので天照大神様だけでも祀って欲しいものです
8a150543






鏡餅に確実に神様が宿る方法はコチラ
鏡餅に年神様が必ず入る方法300250







正月飾りの意味を知り歳神様を逃がさないようにしましょう
下記の記事は保存版デス
しめ縄・門松・鏡餅の豆知識300250







                                ブログランキング・にほんブログ村へ