November 23, 2014

君が代 と ヘブライ語

今日はこんな衝撃的なブログの紹介です

日本人は知ってはいけない。ないしょの話。

というタイトル


ヘブライ語と君が代


日本とユダヤ。
小学校に上がった時、君が代を教えられて、訳わからんかったですよね。
少なくとも私はそうです。
そして成人になってからも、さっぱり意味が分かりませんでした。

思えばこの日本には訳わからん言葉がたくさんあります。
民謡の囃子言葉「えんやらやー」「ヤーレンソーラン」とか
大相撲の行司の掛け声「ハッケヨイ、のこった、のこった」
お祭りの掛け声「わっしょい、わっしょい」、駕籠かきの「わっせ、わっせ」
力を入れる時の「どっこいしょ」・・・
これらの言葉がすべてヘブライ語が起源だといったら笑いますか?

実は「日本」という言葉もヘブライ語で、「聖書に従う国」という意味。
同じように「瑞穂の国」の瑞穂とは、ヘブライ語で
「東へ向かったユダヤ人」という意味。

君が代は、
「立て 褒め称えよ 神を シオンの民
神に選ばれた民 喜べ 生き残り選ばれた民 
救え 人類を 神の印が来る そして全地に語られる」・・・だと。


君が代とヘブライ語


「大和民族はユダヤ人だった 」の著者である
ユダヤ人言語学者ヨセフ・アイデルバーグは
 カタカナとヘブライ語の驚くほどの類似性を指摘していた。
また、日本語の中にヘブライ語の単語が混在していることも指摘していた。
彼は以下のような発言をしていた。

「私は14年の歳月をかけて世界各地の言語を調べあげた。
世界には中南米のマヤ人をはじめ、いくつも“失われたイスラエル10支族”
の候補となる民族がいるのだが、日本語のようにヘブライ語起源の言葉を
多数持つところはなかった。
一般に日本語はどの言語にも関連がないため“孤語言語”とされているが
ヘブライ語と類似した単語が優に3000語を超えて存在している。」

日本語とヘブライ語の共通性は、このヨセフ・アイデルバーグ氏だけではなく
多くの研究者たちが指摘しています。

ここで、その全てを紹介するには、あまりに量が多いので
この共通性をまとめたBlogサイトを紹介します。 


言葉の社
http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/word/word.html


私の持っている本にある、日本語とヘブライ語の類似表にある単語の
一部を紹介したいと思いますが、天皇や祭司に関した言葉
日常生活の言葉にも多く類似点が見られます。


日本語(大和言葉)とヘブライ語の単語の発音と意味を下記に紹介します。

ミカド (帝)     − ミガドル (高貴なお方)
ミコト (尊)     − マクト  (王、王国)
ネギ  (神職)    − ナギット (長、司)
ミササギ(陵、墳墓)  − ムトウサガ(死者を閉ざす) 
アスカ (飛鳥)    − ハスカ  (ご住所)
ミソギ (禊ぎ)    − ミソグ  (分別・性別) 
ヌシ  (主)     − ヌシ   (長)
サムライ(サムライ)  − シャムライ(守る者)
ヤリ  (槍)     − ヤリ   (射る)
ホロブ (滅ぶ)    − ホレブ  (滅ぶ) 
イム  (忌む)    − イム   (ひどい)
ダメ  (駄目)    − タメ   (ダメ・汚れている) 
ハズカシメル(辱める) − ハデカシェム(名を踏みにじる)
ニクム (憎む)    − ニクム  (憎む)  
カバウ (庇う)    − カバア  (隠す)
ユルス (許す)    − ユルス  (取らせる)
コマル (困る)    − コマル  (困る)
スム  (住む)    − スム   (住む)
ツモル (積もる)   − ツモル  (積もる)
コオル (凍る)    − コ−ル  (寒さ、冷たさ) 
スワル (座る)    − スワル  (座る)  
アルク (歩く)    − ハラク  (歩く)
ハカル (測る)    − ハカル  (測る)
トル  (取る)    − トル   (取る)
カク  (書く)    − カク   (書く)
ナマル (訛る)    − ナマル  (訛る)
アキナウ(商う)    − アキナフ (買う) 
アリガトウ(有難う)   − アリ・ガド(私にとって幸福です) 
ヤケド (火傷)    − ヤケド  (火傷) 
ニオイ (匂い)    − ニホヒ  (匂い)
カタ  (肩)     − カタフ  (肩)    
ワラベ (子供)    − ワラッベン(子供)
アタリ (辺り)    − アタリ  (辺り)
オワリ (終わり)   − アハリ  (終わり)
etc.    
                      
確かに、これだけ似ていると、ユダヤ人が日本語はヘブライ語に近い
と思っても不思議はないと思います。

しかしながら、我々日本人は漢字が導入されるまでは
文字を持っていなかったと学校で習っており
最初に示したカタカナとヘブライ語の類似性は
理解不可能となってしまいます。

これについては、また別途投稿しようと思っていますが
それは家庭教師の秦河勝から影響を受けた聖徳太子は
神道派でありましたが、仏教が日本に伝来してきたとき
神道(物部氏)vs仏教(蘇我氏)の宗教戦争がありました。 

この時、物部氏は破れ645年に蘇我氏が朝廷図書館に火をつけ
日本の過去の記録が全て焼かれてしまい、仏教に都合よいように
歴史が全て改ざんされているからです。 聖徳太子は、神道を捨て
仏教をのみを採用すると、中国の易姓思想(革命思想)により
日本は常に下克上(内戦)の危機にさらされ、隋や唐に対抗する為の
天皇を中心とした中央集権体制、また国内の安定化が図れないとみて
神仏儒習合思想を打ち出したのだと私は見ています。 

しかしながら、蘇我氏により全て仏教に都合よいように
日本の歴史は捏造されたが故、異端とされた先代旧事本紀大成教では
「篤く三法を敬え。 三法とは、儒・仏・神である。・・・」と
聖徳太子が述べているにも関わらず、日本書紀では「篤く三法を敬え。 
三法とは仏・法・僧である。・・・」と
書き換えられた物が正紀となっているのです。 

聖徳太子が良く分からない存在であるのは
彼の神道・ヘブライイズムがほとんど削除され
後に熱心な仏教徒であったが如く書きかえられているからだと思います。 

私の推測では、まず日本にはシュメール、ヘブライ、ギリシャなどの文化
がシルクロードを渡って伝えられ、彼らの言葉や文字をもっていた。 

物部vs蘇我の戦いで、蘇我仏教派が勝利し、過去の文明は闇に葬られた。 
しかしながら、古事記への伝承には一部それらが残されており
中国と対等な外交をするために、仏教を念頭に置き
かつ漢字だけで書かれた日本書記が創られ、古事記と内容が
一致していない部分がある。 

そして聖徳太子を仏教の偉大な教主として捏造したのが
唐留学から帰国したエリート僧の道慈であったと考えれば
全て説明が出来るのではないでしょうか。



私は今まで歴史には何の興味もありませんでした
むしろ苦手でした
けれど今日起こっている様々な出来事は
過去を知れば知るほど
審らかになっていくのだと痛感している一人です

そして
ちょっと今夜の話に全く無関係とは言えないあることを
私の師匠から指摘され
暫くは言葉も出ませんでした

私の社のブランドのロゴです
本来はコチラ578413_412754015421301_371976386165731_1489411_1304035114_n














こんな感じにもなっちゃいます・・・

jpg








そして以前立ち上げた
外構番長のロゴ
"G"をモチーフにしました

305665_140299496094929_133784920079720_62112_1264022821_n


























私達の業界ではGはグランドレベルの意味で
GLと表記されます
土=大地=基本
ということでしょうか

コンパスGも偶然です


私は人生のコンパス(羅針盤)

設計者
という意味を込めて
コンパスをロゴに選びました

今日しみじみ
自分が創ったこの2つのロゴを眺めながら
複雑な思いで眠れそーにもありません

理由は
さすがに
ちょっと言えません


〓オススメ面白雑学
逆説 巳寅申 ミトラ と 弥勒
マイケル 七変化 語源 ミケランジェロ は大天使
お屠蘇 ( おとそ ) の本当 の 語源と意味
土壇場 呪う 本当の語源 イスラエル12支族
千利休 茶道 は 聖餐式 だったのか ?
聖骸布 で 再現された イエスキリスト は ヘブル ( ヘブライ ) 人 だった
日本全国 お雑煮 由来


武井流 失敗できないエクステリア
de
しくじりのない買い物を! ( ̄ー ̄)ニヤリッ




 
UPの励みになりマス!
(o^∇^o)ノ (o^∇^o)ノ (o^∇^o)ノ
I do want your hot 1 click!


TAKEI 武井