September 24, 2015

逆説 巳寅申 ミトラ と 弥勒

逆説 巳寅申 ミトラ と 弥勒


巳寅申 (干支で言うミ・トラ・サル)
= 家族に揃うと不吉 
一般的には
看取らざる
で早死にするから不吉とされているようですが
今日は少しヒネリを加えてフカボリしてみましょ

そもそも
看取らざる
というのも何かこー後から盛った感アリですよね
では更に盛った感アリアリな持論を公開してみたいと思いマス

巳寅申 = ミトラサル
ミトラ去る
とかとも読めたりしますよね

では
ミトラとは?
何か意味がある言葉なんでしょうか?

インドや西アジアで信仰された神
と出てきました

Miθra (Mithra ミスラ = ミトラ)
イラン神話に登場し英雄神として西アジアからギリシャ・ローマに至る広い範囲で崇められた
古代ペルシャの主神
太陽神・光明神・穀物神

मित्र (mitra)
インド・イラン共通時代にまで遡る古い神格
古代インドの主神
太陽神・宇宙支配者・法秩序の維持者
その名は本来
契約を意味する
後には転じて
契約によって結ばれた固く誓い合った友人・同志という
盟友をも意味するようになった

ミトラ (宝冠)

ミトラ (司教冠)
も参照してみてください

また弥勒菩薩(Maitreya)
: maitreyaマイタレイヤ) : metteyyaメッテイヤメッテッヤ)は
名の語源を同じくする事からミスラを起源とする説も唱えられている
これによると弥勒菩薩の救世主的性格はミスラから受け継いだものだという
弥勒は音写であり
慈しみ (: maitrī , : mettā) を語源とするため
慈氏菩薩 (慈しみという名の菩薩) とも意訳する
真言
オン・マイタレイヤ・ソワカoṃ maitreya svāhā

ということは

ミトラ去る = 弥勒去る
だとすれば
何やらマイナスの意味にもなる気がしてきますよね
看取らざる
よりはガッテンな感じデス

そこで
ミトラ + 申 = 弥勒 +
に置き換えてみましょう
申という字は
申す
とも読みますね
ということは
弥勒
とも解釈できちゃう

余談ですが
天照大神をバラしてみましょ

= 工 + 人
= 日 + 召 + 火
= 一 + 人
= 示 + 申

ある神道学者によると
日 (火) の神に召された大工 (キリスト) と申す
と読むのだそうです

こじつけ?

また
弥勒 = = 369
俗界の兜率天で修行
釈迦滅後56億7000万年 (又は3000年) 後に下生 (転生) し衆生を救う
とありました

そー言えば

巳と寅は3年違い
寅と申は6年違い
巳と申は9年違い

神道ミステリーですね
私としましては
弥勒
を採用!  v( ̄∇ ̄)v
し一家に巳寅申
がいる場合を
吉兆であるとしたいと思います

では


PS
日本には不思議と逆説の伝説的由来があるように思えてなりません
私が知っている範疇では
七五三縄 = 注連縄
七五三 ⇒ 今後UP
お屠蘇なんかの意味も知ると驚きます

もちろん
信じるか信じないかは貴方次第デス

コチラの説も凄いです・・・汗



〓オススメ面白雑学
マイケル 七変化 語源 ミケランジェロ は大天使
自己 除霊 自分で出来る 霊から身を守る やり方
お屠蘇 ( おとそ ) の語源
ヘブライ語 と 君が代
日本全国 お雑煮 由来
土壇場 呪う 本当の語源 イスラエル12支族
千利休 茶道 は 聖餐式 だったのか ?
聖骸布 で 再現された イエスキリスト は ヘブル ( ヘブライ ) 人 だった


武井流 失敗できないエクステリア
de
しくじりのない買い物を! ( ̄ー ̄)ニヤリッ



 
UPの励みになりマス!
(o^∇^o)ノ (o^∇^o)ノ (o^∇^o)ノ
I do want your hot 1 click!


TAKEI 武井



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。