永遠の幸福 カーネーション 母の日













母の日が近いということでカーネーション特集第二弾です
moondust01 (1)300








ガーデニング歴26年のEarthChecKingとしましては
実はカーネーションは特に好きな花ではありません ( ・ム・)
鉢花としてはまず買いませんし花束も嬉しくない感じです
全国のガーデナーの方々はいかがですか?

毎年1年に1度だけカーネーションがQueenに輝く日があります
そう母の日です
imgrc0090933684

























カーネーション(英: carnation、学名: Dianthus caryophyllus)は
ナデシコ科ナデシコ属の多年草。
別名にオランダナデシコ、ジャコウナデシコ(麝香撫子)、オランダセキチクなど多々あり。
地中海沿岸から西アジアの原産のため古くから、可憐な花容を愛された。
イスラム世界ではバラやチューリップと並んで、愛好された植物である。
イスラム教では偶像崇拝が禁止されているためモスクなどの装飾には人物及び動物表現が忌避され
アラベスクという幾何学模様や草花の文様が使用された。
このアラベスクの意匠にカーネーションの花はしばしば使用されている。
17世紀にはイギリスやオランダで300種以上の品種がみられ
フローリスト達によって栽培され大きく進展を見た。
18世紀を通じて品種が増え、やがて「ショウ・カーネーション」が生まれ
これが19世紀の主流となった。
この花の特徴は花弁の縁の鋸歯がなくなり、花弁の配置を幾何学的な整形に近づけたもので
現代のカーネーションとは異なっている。
この時代にはまだバラの改良もそれほど進んでおらず
カーネーション、オーリキュラ、チューリップは時代の先端を行く園芸植物であった
(提供:ウィキ)

薔薇の博物画で有名なルドゥーテのカーネーションの植物画
Carnations_redoute











それでは動画をどうぞ

◆Carnation flower (HD1080p)


カーネーションの原種撫子の動画でしたね
ナデシコ(なでしこ、撫子、瞿麦)はナデシコ科ナデシコ属の植物。
カワラナデシコ(学名:Dianthus superbus L. var. longicalycinus)の異名。
またナデシコ属の植物の総称。蘧麦(きょばく)。 秋の七草の一つである。

カテゴリ:人生・日常 > 家族
カテゴリ: 花・グリーン


                                ブログランキング・にほんブログ村へ