img_0 (1)

















八十八夜に摘まれた新茶で、心くつろぐ薫り高いお茶を煎れてみませんか
そろそろ新茶が出回る季節。普段はあまり日本茶を飲まない人でも
コンビニで「新茶」のペットボトルを手にしたり、スーパーやデパ地下などで
どこからか漂ってくるお茶のいい香りに思わず立ち止まったり……
なんて経験があるのではないでしょうか。
新茶といえば、思い出すのが「八十八夜」。
この日に摘まれたお茶を飲むと縁起がいい、と言われています。
でも、それは一体どうしてなのでしょう? 
昔の人びとが「八十八夜」にこめた意味に迫ってみました。


「八十八夜」とは、いつのこと?
立春の日から「八十八日目」であることからその名がついた「八十八夜」。
その年によって日にちが変わり、今年は、5月2日が「八十八夜」にあたります。
立春や啓蟄、春分といった「二十四節気」を補完するものとして、言いならわされてきた
「雑節」の一つです。

では、なぜ立春から数えて八十八日目をこう呼ぶようになったのでしょう。
それは、農業に従事する人びとが多かった昔の日本社会で、ちょうどこの頃が
種まきや田植えの準備、茶摘みなど春の農作業を行う時期にあたっていたからです。
八十八夜の数日後には二十四節気でいう「立夏」になることもあり
昔の人びとはこの時期を「夏の準備を始める目安」ととらえていました。

「末広がり」の姿をしていることから、幸運を呼ぶとされてきた「八」の字。
その「八」の字が二つ重なった「八十八夜」は、それだけに縁起のいい日と考えられていました。
また、「八」「十」「八」の3つの字を組み合わせると「米」という字になるため
とくに農業に携わる人びとに大切にされてきたのだと言われます。
※昨日紹介した母(ハハ)の日のエピソードですね

八十八夜に摘んだお茶を飲むと「長生き」できる?
お茶の葉は、冬の寒い時期にゆっくりと養分を蓄え、春になると少しずつ芽を出し始めます。
このため、いち早く芽吹いた茶葉を収穫してつくった新茶(一番茶)は、その後に摘まれる
茶葉よりも栄養価やうまみ成分が多く含まれているのです。
昔の人びとは経験的にそれを知っており、「新茶を飲むと病気にならない」
「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできる」などと言い伝えてきました。

せっかくの新茶を美味しく飲むためのポイントは「お湯の温度」。
手順は、沸騰させたお湯をいったん湯のみに注ぐ(湯のみを温める)➡ そのお湯を急須に戻す➡ 湯飲みに茶を注ぐ……といたって簡単。
少しぬるめのお湯で淹れることで、うまみを効果的に引き出すことができるので是非お試しあれ!

そして大切なのは、保存法です。せっかくの香りを損なわないよう「密閉保存」が大原則!
チャックのついた袋や、タッパー、缶などに収納して冷暗所に置き
早めに使いきるようにしましょう。
冷蔵庫にしまってもOKですが、お茶は他の食材の匂いを吸収しやすいので気をつけて。
いつもはペットボトル派、マグカップ派の人も
この時期だけは丁寧に淹れたお茶を楽しんでみませんか?
今まで知らなかったお茶の魅力に出会えるかもしれません。
(提供:四季の行事』がわかる本)
img_0


















チャノキ(茶の木、学名:Camellia sinensis)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹である。
チャの木、あるいは茶樹とも記される。単にチャ(茶)と呼ぶこともある。
原産地はインド・ベトナム・中国西南部とされるが詳細は不明、野生化した樹木を含め
熱帯から暖帯のアジアに広く分布。
花言葉は追憶・純愛

茶の木の歴史
京都建仁寺の開祖・栄西禅師が中国から日本に「茶」 の木を持ち帰った
建仁寺の生垣は茶の木
o0800045013550749793


















b1963df6



















hPfOBY0i

刈り込むとこんなに奇麗になります
ツバキ科の山茶花お椿を思えば当然ですね
小さいですが花もカワイイので楽しみが広がります

それにしても何故八十八夜なんでしょ
八十八でも
八十八でも
いい気がしますが・・・
88日が終わったという意味で夜なんでしょうか

なにはともあれ美味しいお茶をいただきながら茶の木で和室エリアに生垣なんて
平和で風流じゃありませんか

                                           

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1年間枯れ保証】【低木】チャノキ 0.2m 【あす楽対応】
価格:648円(税込、送料別) (2017/5/2時点)

【チャノキ】(お茶の木)
読み:ちゃのき
学名:Camellia sinensis
ツバキ科ツバキ属
常緑高木
別名:
【名前の由来】
葉がお茶の原料になることから。
【商品情報】
チャノキは高さ10m程度になる常緑高木です。緑茶や紅茶はチャノキの葉を乾燥加工して作られます。一般的に1m程度で剪定を繰り返し樹高を維持されています。11〜12月ごろに小さな白い花が咲きます。翌年の秋に茶色い実がなります。茶摘は3〜5月から晩秋まで行われます。
【育て方】
日向を好みますが日陰でも育ちます。適湿で肥沃な土壌でよく育ちます。刈り込みにも強いです。
適地=東北以南
日照り=日向or半日陰
樹形=卵形
最終樹高=10m
施肥時期=1〜2月or6〜7月
剪定時期=3〜5月
開花時期=10〜4月
果実=10〜11月
用途=生垣樹木or庭木orグランドカバー
【地被植物 用途一覧】
[グランドカバー]
平面=@
斜面=@
茎による増殖=
陰地に適する=
植付目安 鉢/1m2
【その他】
チャノキはお茶の原料として利用されます。葉がつまり見た目が綺麗なことから生垣や低木などにも利用されます。