bosco-verticale1












ボスコ・ヴェルティカーレ(Bosco Verticale)は、イタリアミラノ市にある超高層マンション。
ボスコ・ヴェルティカーレはイタリア語で垂直の森
111mと76mのツインタワーで、テラスがはみだした外壁には多くの植物が植えられており
奇抜な建築物として話題になった。
2014年には建築デザインの国際アワードであるインターナショナル・ハイライズ・アワード受賞。
ice_screenshot_20170706-090003ice_screenshot_20170706-085905
21011188998_9c4f02bee3_b






































建物を緑化したい、屋上緑化すれは断熱効果もある――。そ
う思っていても、荷重が増え、建設費が増え、ミニマルなイメージの外観と合わず
結局は申し訳程度の緑化に落ち着いたりしたことはないだろうか。

今年完成したイタリア・ミラノのBosco Verticale(ボスコ・ヴェルティカーレ=垂直の森)は
モダンなイメージを保ったまま、森を積層したような奇抜な外観が特徴の集合住宅である。
CGかと見間違うくらいだ。
87409_bosco_verticale_boeri_popup

































ボスコ・ヴェルティカーレは、ミラノ市内の4万m2に及ぶポルタ・ヌオーヴァ・イゾラ再開発地区に
ある。27階建てで高さ110mの棟と、19階建てで高さ76mの棟から成るツインタワーだ。
2棟のバルコニーには合わせて、高さ3〜6mの中高木が900本、低木が5000本、花が1万1000株も
植えられている。
もし、日本で同じことをやろうとしたら、「火災時の避難は? 消防隊の進入は? 
面積の算定方法は?」など課題は多いだろう。
しかし、バルコニーの樹木によって、隣棟間のプライバシーは程よく確保され、地上高くにいる
ことを忘れてしまいそうな青々とした眺めがある。
109


































室内とバルコニーのイメージ(写真:Kirsten Bucher)
ありそうでなかった――。発明や創造は、その多くが公知の技術を組み合わせたものである
といわれる。ただし、特許を取得する場合を例にとると、発明とは公知の技術の単なる寄せ集め
ではなく、そこに進歩性が見られるかどうかが鍵となる。
3

































ボスコ・ヴェルティカーレは、都市では得難い広大な緑化面積を確保し、日射遮蔽効果による
CO2削減などにも貢献している。
公知の技術を組み合わせることによって副次的に発生する構造や風害への問題に対処したうえで
新たな価値を生み出している。
これはもう、一種の発明と呼んでよいのかもしれない。(提供:日経アーキテクチュア)

◆Forest skyscrapers to battle pollution



◆Vertical Forest Skyscraper In Milan Italy | Bosco Verticale Milano  

◆Bosco Verticale Milano
 

日本では中々実現しそうにない発想のマンションですが
実現したら申込者が殺到しそうですね
ただ何も管理できない居住者では住むことは難しいかもしれませんが
ガーデニング好きには正に天国のような住み家ではないでしょうか
bosco-verticale













カテゴリ: ホーム&ガーデン・ウッドデッキ
カテゴリ: 世界の建築・邸宅・住宅

                                ブログランキング・にほんブログ村へ 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料【LOVE YOUR SKIN ボタニカルウォーター(化粧水)】6つの無...
価格:1058円(税込、送料無料) (2017/9/26時点)