worldheritage1134_2_20150127115855










マイナウ 島はボーデン湖の南海岸にある島。
それは庭園の島と優れた環境実践のモデルとして維持されています。
管理上、この島は1971年12月1日以来、コンスタンツの一部となっていました。
リトゼルシュテッテンの自治体(Mainauが一部であった)がコンスタンツに編入されました。
Mainauは依然としてLitzelstettenの一部であり、今ではKonstanzの15区に属しています。
ボーデン湖の主要観光スポットの一つです。
ice_screenshot_20170708-081733ice_screenshot_20170708-081820




































庭園島って凄いですね
初耳でした オオーw(*゚o゚*)w
その名の通り島はここがドイツかと思わんばかりの花で溢れ
管理も行き届いています
正にガーデニングファンにとっての楽園
一度は行ってみたいですね
南国かと思ってしまう海の美しさ・・・いいえココはなのでした
益々うそーーーーな
感じですよね
luftaufnahme_mworldheritage1134_2_20150127121158worldheritage1134_2_20150127120058

































germany-lake-constance-mainau
















◆Mainau, the Island of Flowers - Germany (HD1080p)
 

◆Insel Mainau am Bodensee von oben


この秋
花の園ドイツのマイナウ島へ旅なんていかが?

今日このあとは信じられない森林マンションをお届けします
お見逃しなく!  ヾ(=^▽^=)ノ
ice_screenshot_20170706-085936







カテゴリ: 世界の庭・自然・都市
カテゴリ: 花・グリーン


                                ブログランキング・にほんブログ村へ 


Tea Roses: Old Roses for Warm Gardens
Lynne Chapman、 Noelene Drage
ハードカバー
一度は忘れ去られたティーローズは、優雅さと美しさのために再び祝われており、暖かい庭園の素晴らしい潅木として評価されています。 19世紀初めにヨーロッパに導入された中国園芸雑種の後ろに、茶色のバラは、彼らの絶妙な色、独特の香り、細かい葉、より暖かい気候での花のほぼ一定の紅潮のために、独自のクラスで長く考えられてきました。彼らはほとんど完璧なバラとして見られましたが、時間の経過とファッションの変化は、彼らが好意を失い、すべてが消えていくのを見ました。この本では、著者は、茶のバラの歴史、人気の高まりと落ち、そして20世紀後半に古いバラの関心が再燃したときの復活時に起きた命名問題を取り上げました。現在、オーストラリアで販売されている茶のバラについては詳しく説明しています。著者たちは、自分が栽培したお茶の観察と知識をまとめています。色の写真や歴史的な板を贅沢に描いたこの本は、ティーローズの美しさと魅力的な物語を共有しています。