1650850738409210832














蓮は泥より出でて泥に染まらず
蓮は、その独特の花や葉っぱが美しい水生植物です。
見ていると清々しい気持ちになることから、仏教では極楽浄土に咲く花とされ
古くから慈しまれてきました。
花言葉は『清らかな心』『休養』『神聖』『雄弁』『沈着』『離れゆく愛』
「清らかな心」という花言葉は、泥水を吸い上げながらも美しい花を咲かせることに由来します。
「休養」は、午前中に咲いた花が午後には閉じてしまう様子を表したものです。

古名「はちす」は、花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのを通説とする。
「はす」はその転訛。
水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、もしくは単に芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)
池見草(いけみぐさ)、水の花などの異称をもつ。
漢字では「蓮」のほかに「荷」または「藕」の字をあてる。
ハスの花と睡蓮を指して「蓮華」(れんげ)といい[3]、仏教とともに伝来し
古くから使われた名である。
また地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)といい、野菜名として通用する。
ハスを国花としているベトナムでは、雄しべで茶葉に香り付けしたものを花茶の一種である
蓮茶として飲用する。資料によれば甘い香りが楽しめると言う。
かつては茶葉を花の中に挿入し、香りを茶葉に移していた。
ハスの花、すなわち蓮華は、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多かった。
Two-lotus_1600x1200



今日も1日素敵にマイライフ!