de4af123














蓮舫は、日本のタレント政治家
民進党所属の参議院議員(3期)。民進党代表(第2代)。
smile










内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、行政刷新、「新しい公共」、少子化対策
男女共同参画)、公務員制度改革担当大臣、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長
民主党代表代行、民進党代表代行を歴任。(提供:ウィキペディア)

蓮舫とは、民進党代表。ネット上では「R4」と呼ばれる。
本名は村田蓮舫。女性。
既婚者で、フリージャーナリストの民主党員との間に2人の子供がいる。
台湾人の父と日本人の母をもち台湾人として生まれ、後に日本国籍を取得した二重国籍者
父方の祖母・陳杏村は戦前に国民党のスパイとして活動していた人物であり
戦後は日本の政財界を巻き込み数々の贈収賄事件を起こした
「テレビ用大臣」という民主党の重鎮による呼び名が指し示すように、テレビ映えすることから
マスコミの覚えめでたい人気者である。
一方、ネットやニコニコでは後述の数々の矛盾した言動から他の民進党議員同様嫌われている
que-11164381701











「民進党の蓮舫代表に至っては、人を批判するためだけにテレビの画面に登場し
中身もわからず米国次期大統領との会談にも一々けちをつける。
安倍総理に対して、息をするようにうそを吐くなどとばかげた批判に明け暮れる。
人を批判する前に、二重国籍問題に関するみずからのうその上塗りを反省し
国民に一度でいいから説明されたらどうですか。
自分のことを棚に上げて、国家国民のことを全く考えない対応は、国会議員として
あるまじき態度です。」
平成28年12月14日午後10時50分頃 衆議院本会議 林幹雄 自民党幹事長代理
IMG_4335-2V30IyG0o_400x400DFEycpgVwAIj4u7


























































二重国籍疑惑⇐もはや疑惑でもない

2016年9月15日民進党代表選挙に向けて報道が過熱する中、蓮舫中国籍(実質上の台湾籍)を放棄していない可性がある問題が浮上。籍法違反と経歴詐称選挙法違反であると摘されている。

日時媒体発言など
1992.5.8読売新聞夕刊の就職の時、一緒に帰化。パスポートの色がからへ変わり、常用漢字にない自分の名が「レンホウ」と記してあった。「十九年間使った自分の名前が否定された気がしたんですよ。じゃあ、自分は何者なんだって、その時、思いましたね」
6.25朝日新聞夕刊台湾人、日本人十九歳のとき兄弟の就職もあって日本帰化した東京で生まれ育った身にとって暮らしに変化がなかったけれど、「いパスポートになるのがいやで、寂しかった」 
1993.2.6週刊現代「そうです。台湾で、私は、二重籍なんです。」
3.16朝日新聞在日中国籍の者として、アジアからの視点にこだわりたい」
1997.2CREA
(文藝春秋)
日本のことしか知らないし、日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の籍は台湾なんですが、のいた大陸というものを一度、こので見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました」
2000.10.27週刊ポスト帰化して、日本の構成要員になって初めて手にするものが参政権だ。ただし、籍に全員アイデンティティを感じるものではない。私は帰化しているので籍は日本人だが、アイデンティティは「台湾人」だ」
2004.6選挙1985年台湾籍から帰化
2010.8飛越
(中国内線機内誌)
訳「子供の時から日本で学んだが、ずっと台湾中華民国籍を保持している
9人民網華僑の一員として日中の友好と協の推進にを尽くすつもりです」
2016.9.1記者会見(二重籍の疑惑があるがという記者の質問に対し)「帰化じゃなくて籍取得です」
(再度質問され)「質問の意味が分からないけど、私は日本人です」
9.3ウェークアップ!ぷらす「私は生まれた時から日本人です」
台湾籍は抜いてます」
高校三年で18歳日本人を選びました
9.6記者会見31年前、17歳成年だったので東京台湾籍の放棄手続きをした。ただ私は台湾が分からない。私は台湾籍放棄の手続きをしたとを信じて今に至る」
9.11記者会見日本法律のもとで、二重籍疑惑そのものがないことは明確にさせていただきたい」
「『一つの中国』論で言ったときに、二重籍と(いう言葉を)メディアの方が使われることにびっくりしている」
9.13記者会見17歳の時に日本国籍を取得したのに合わせて、と一緒に台湾籍を抜く作業をしたという認識でいたが、台湾当局に確認したところ、きのう籍が残っていたと連絡を受けた」

このような過去の発言と共に釈明も二転三転、最終的には二重籍が事実であることを認めざるを得ない状況に追い込まれた。蓮舫は二重籍に罰則はないと強弁していることから、ネット上ではR4に続き脱法ハーフという新たなあだ名をつけられることになった。一部報道中国内法が蓮舫に適用されるため合法である、とするがみられたが全くの事実根であり、法務省が直々に訂正報道を申し入れる異例の事態になっている。

蓮舫の一連の発言は中共の立場である「1つの中国」論に立ったものであり、これにより台湾世論も激怒台湾民進党の議員が「太狠心的女人」(訳:とても残な女)と非難する発言が台湾四大の一つ聯合報のトップニュースとして報じられるなど、蓮舫日本台湾の二つの祖国ではなく、中国寄りの政治家であることをめて浮き彫りにした。

なお、蓮舫サイドはこの問題を受け、公式サイトから経歴に関する記述を削除する、報道に対し法的措置を示唆するなど火消しに躍起となっている。(提供:ニコニコ大百科:蓮舫とは)

20161011144900




















hqdefault (2)












おとなしいと評判だった日本人も次々と反撃に出ている
大和魂を持っている諸君よ
日本の威厳を取り戻す第一歩として
このような記事や動画をどんどん拡散しよう

動画を見ても流石日本人
彼等のように嘘がないのがとってもよろしいところだ
ふくしま250250250







                                ブログランキング・にほんブログ村へ