心磨き1














チェックシート
使い方
30の質問に答えて、チェックの入っていない文章を読むだけでOKです。
チェックが入っていない項目は、あなたに足りない要素である可能性が高いためです。

1.心を磨くために、生きている。
2.この世は「自分を磨く修行の場」と考えている。
3.うまくいかない人生は、自分から原因を探し出している。
4.見かけのきれいさに、騙されないようにしている。
5.態度、行動、発言を、きれいにしている。
6.過去の思い出したくもない記憶を思い出し、自分の恥ずかしさに気づいている。
7.当たり前の感謝に、気づいている。
8.謝ることを、忘れないようにしている。
9.お世話をされたら「お返し」している。
10.個性を振り返る時間を作っている。
11.背筋をぴんと伸ばして、歩いている。
12.自分の中に眠っている宝物を、書くことで、吐き出している。
13.心を磨くために、つらい経験をしている。
14.身の回りの物を、きれいにしている。
15.プレゼントをすることで、感謝の気持ちをプレゼントしている。
16.父の日、母の日、敬老の日に限ってではなく、日頃からプレゼントを贈っている。
17.きれいなものを見て、心をきれいにしている。
18.相手を傷つけないように、Noと言えるようになっている。
19.1日に「すてきだね」を、何度も言っている。
20.心がきれいになるには、時間がかかるものだと思っている。
21.基本的で当たり前のことほど、大切にしている。
22.「きれいな人」になり、よい印象を持ってもらっている。
23.「分かち合い」をして、楽しさを倍増させている。
24.気に入らないことがあっても「まあ、いいか」と許してしまっている。
25.頼ったり、頼られたりしている。
26.正直者になっている。
27.悩みがあるだけ、ラッキーだと感じている。
28.知っている人にも、知らない人にも、挨拶をしている。
29.自分をきれいにするために、周りをきれいにしている。
30.いっそのこと負けてもいいと、自分を許している。


人生とは心を磨くための一人旅
人生とは心をきれいにするための一人旅です
私たちは、まずたった1人でこの世に誕生してきました。
何が目的でこの世に誕生したかというと、人という存在として心をきれいに磨くために
生まれてきたのです。
優しさや愛、情熱や感動に気づくために、あらためてこの世に命を授かったのです。
この世は、そのものが心をきれいにするための大きな磨き石になっているようなものです。
大変でつらいことばかりの人生です。
la-ambicion-no-es-mala_x2













何もしなければ食べてはいけず、死んでしまいます。
この世で生きていくために、汗を流して働いて仕事をします。
1人で生きるには寂しいから、友達を作ります。
愛する人がいないと愛が感じられないから、愛する人と結婚します。
こうして私たちは、生きるためにせっせと「動く」のです。
 
しかし、動けば動くほど、つらいことも出てきます。
友達と仲良くなるばかりではなく、時には喧嘩もしてしまいます。
2017-Praying-Religious-4K-Wallpapers














結婚すればしたで、一緒に生活するために2人で協力(あるいは家族ぐるみで協力)
しなければなりません。
子供が生まれれば、今度は子育てです。
ハードルを乗り越えれば、次のハードルがあり、そのハードルを越えれば
さらにまたハードルが待ち構えています。
いつまで経ってもハードルが次から次へと出てきて、この世で楽になれることなんてないようです。
この世こそ地獄ではないかと思えるほどです。
 
しかし考え方を変えましょう。
つらいことがあるのは、あなたの心をきれいに磨くために存在するのです。
仕事でつらいことがあったりするのは、仕事を通して自分を磨くためです。
人間関係で揉めてしまうのは、人を通して、人とのやりとりを勉強するためです。
恋人と喧嘩をしてしまうのは、愛について考えるためです。
子育てで苦労することがあっても、子供を通して愛を学ぶためです。
1










何かトラブルがあるのは、その大切さに気づいてもらうために存在しているのです。
(提供:人生の教科書 編纂:武井 泄月袴)


人格を磨いて心をきれいにする方法 その1
心を磨くために生きる

※人格を磨いて心をきれいにする方法シリーズ

                                ブログランキング・にほんブログ村へ