心磨き6














恥ずかしい経験によって心の改善がなされる
私は学生時代、友達と一緒に同居していた時期がありました。
恥ずかしい話ですが、その友達とは、最後には喧嘩別れをしてしまいました。
shutterstock_164559365














私が、トイレ掃除や食べ終えた食器をきちんと洗わなかったことが原因でした。
自分としては、食器をきれいに洗いました。
もちろんトイレもきれいに掃除しました。
 
しかし、一緒に同居している友達からすれば、全然できていない状態だったそうです。
昔から食器の洗い方やトイレ掃除をいつも母任せにしていたので、自分がしている
掃除が甘かったようです。
私はそのとき「自分は悪くない」と思っていました。
揉めた結果、私が部屋を出ていき、それからは一人暮らしをしています。
しばらく時が経ちました。
今になってその一件を思い出すと「たしかに自分の掃除の仕方に問題があった」
と思えるようになりました。
あのときの私がした掃除は、たしかに全然できていないなと、今になって気づきます。
「友達が怒るのも無理はない」と恥ずかしくなりました。

c6bd666d2f9cf627f4dd794b3b675ff5














それに気づいてからは、掃除はきちんとするようになりました。
過ちを償うような気持ちです。
いらいらしたりむかついたりした経験の意味は、そのときは分かりません。
そのときは腹が立っているため、落ち着いて考える余裕がありません。
後になって気づきます。
時間が経てば、落ち着いて振り返ることができるようになります。
 
たとえば、学生時代、先生からひどく叱られて腹が立った経験を思い出してみましょう。
本当に相手だけが悪かったのかと振り返ると、必ずしもそうとは言い切れない部分が
出てくるのではないでしょうか。
思い出したくもない、むかついた経験は、反省材料になります。

20121107191232









自分の「恥ずかしさ」に気づいて、自分の行いを改善するのです。
(提供:人生の教科書 編纂:武井 泄月袴)


人格を磨いて心をきれいにする方法 その6
過去の思い出したくない記憶を思い出し
自分の恥ずかしさに気づく



                                 ブログランキング・にほんブログ村へ