buddhism_shaka_02_img02













私たちが日常用語でもよく使う言葉ですが
これは、仏教用語です。

お釈迦様は、35才で、仏の悟りをひらかれたときに
最初に
人生は苦なり と仰言ったと言われます。
これは、どんな人の人生も、本質は苦しみだと言うことです。
ですから、浄土真宗の開祖、親鸞聖人も、
人生のことを、難度海(なんどかい)とか、生死の苦海(しょうじのくかい) 
と言われています。

確かに、人生、苦しいことと楽しいこととどちらが多いかと言われると
苦しいことが多いように思います。
社会的な地位や、名誉、財産を得ても、それで安心というわけではありません。
いろんな不満が出てきたり、いろんな不安がでてきます。

苦しみ、悩みのない人は誰もいないでしょう。
お釈迦さまが、すべての人が逃れることが出来ない
苦しみを、大きく四つ、さらに 四つ、全部で八つに
分けて教えられたものです。

1、生苦  2、老苦  3、病苦  4、死苦  
  (上記 四つを 苦 という)

5、愛別離苦(あいべつりく) 6、怨憎会苦(おんぞうえく) 
7、求不得苦(ぐふとっく)  8、五陰盛苦(ごおんじょうく)
  (四苦とあわせて八苦といいます)
6c3e8939












二千六百年前に説かれた仏教ですがこの四苦八苦の教えを聞くと
人間は、どんな時代も、どんな場所でも同じことに苦しみ悩んでいることがよく分かります。
私たちが幸せになれないのは苦しみの原因が分からないからです。

苦しみから目をそらしている間は心からの安心や満足は、ありません。
苦しみから目をそらさず、見つめて行くことが本当の幸せへの第一歩です。

ここでは、四苦八苦の教えを通して私たちの苦しみに目を向けてみましょう。

生苦 生きることの苦しみ
896c74e7-48a5-4b93-8210-21e2e498748c












生苦(生きる苦しみ)の意味について学ぶ
これは、生まれてきた時の苦しみとも読めますし生きてゆくことの苦しみとも読めます。

赤ちゃんが生まれてきた時、大きな声でなくのは、
肌に初めて外気がふれて、ひりひり痛くて泣くのだ
と言うのを聞いたことがあります。

確かにこれまでお母さんのお腹の中で守られていた赤子が
母体の外に押し出され、外気に触れ、自分で呼吸をする
赤子にとって大変なストレス、苦しみであることが想像されます。
赤ちゃんは生まれてくると激しく泣いていますがこれは、
いきなり、母体の外に放り出されたショックで泣いているのかもしれません。
生まれる ということも覚えていませんが大変な苦しみを乗り越えて
ということですね。
また、生苦というのは 生きていく苦しみ とも読めます。
生きていくということは大変なことです。
かの芥川龍之介は
「人生が楽だというものがいればそれは馬鹿か頭のおかしな人である」
といいました。
実際にそうですね。
暑い日も、寒い日も働かねばならない
なぜか
生きていくため です。
受験生は、覚えたくもない数式を頭に詰め込み
世間に出れば、やりたくもない仕事のために毎日のほとんどの時間を
使っています。
生きるために です。

ですから、生きることは確かに大変なことです。
生きることが楽だという人があればそれは世間知らずの子供か、単なる強がりでしょう。
その大変さに耐えきれず日本でも自殺者が年間3万人を越えています。
便利な世の中になりましたが生きることは大変なこと
これは2600年前も今も変わらないことです。
苦しい人生 何のために生きるのか それを明らかにされたのが仏教です。

老苦  老いの苦しみ
e2789732-1ca1-4f66-b1fc-3dfdfdcba16a













老苦・・老いの苦しみ 本当の若さとはなにか
本当の若さとは?

○老苦(ろうく)
これは老いていく苦しみです。
私たちは、一日、一日、一年一年、年を取っています。
これは、絶対に逆戻りすることは出来ません。
一休は、世の中の娘が嫁と花咲いて嬶としぼんで婆と散りゆく
と歌いました。

娘が嫁、嫁が、お母さん、お母さんが、お婆さんになって最後は散っていく
これは女性の一生ですが、男性も呼び名が違うだけで、すべて同じコースをたどります。

しかも、絶対に逆戻りは出来ないのです。
年を取ることは大変なことです。
身体は言うことを聞かなくなる。
外見の美しさもおとろえてくる。
絶世の美女と言われた
小野小町は
おもかげのかわらで年のつもれかし
たとい命にかぎりあるとも
と歌ったといわれます。
一言で言うと、死んでもいいから、この美貌だけは変わらないで!!
ということでしょう。

どんなスポーツ選手でも、老い には勝てません。
天才、名選手、100年に一度の逸材と言われた人も
やがて、老い によって引退しなければならない。
昔、打てた球が、打てなくなる。昔できたことが出来なくなる。
その技術習得のために、朝昼夜、血の汗や涙を流して取得したことが
老いによって蝕まれていくのは、本当に口惜しい悔しさでしょう。
このように、肉体上の若さや、美貌、身体的な能力は、老いとともに失われてしまいます。
ですが、一つだけ老いなく出来るものがあります。
それは、何かと言うと、心です。
人は、自分は自分の使命を知り、それに向かうことで、いつまでも心の青年で
ありつづけることが出来ます。
肉体の若さや健康も大事です。
だけど、もっと大事なものは、心の若さなのです。
お釈迦さまは、
身の長者 よりも、心の長者 になりなさい と教えられています。
身体の若さ よりも 心の若さが 大切なのです。

病苦 病の苦しみ
40bade0f-36c2-4f67-a721-36875966cf3f












病苦(病の苦しみ)健康は無形の財産
病苦 病の苦しみ 健康は無形の財産

大きな病にかかったことがある人なら聞かなくても分かることですが
これまで健康な人には病気の苦しみといわれてもピンときません。
健康が、まるで当たり前のように思っているからです。
病気の苦しさというのは。
「病」 という漢字にもそれが教えられています。
病 という字はヤマイダレに丙と書きます。
丙と言うのは、甲乙丙 の丙ですね。
物事に優劣をつけるのを、甲乙をつけると昔は言いました。
これは甲乙(優劣)つけがたいので丙ということだそうです。

病気になると自分の病気が一番苦しいとしか思えません。
高熱で苦しんでいる時は、高熱ほど苦しいものはない
腹痛で苦しんでいる時は腹痛ほど苦しいものはない
腰痛、歯痛、頭痛、今自分が苦しんでいる病が一番苦しいと思います。
だから、オレのかかっている病気の方が、お前のよりも楽だと言うことはありませんから
甲乙つけがたいので 丙 の字を使われていると聞いたことがあります。

それだけ苦しいということです。
最近は、健康ブームです。
健康食品、食の安全などがよく問題にされています。
それだけ、長生きしたいし、病気で苦しみたくないと思うからでしょう。
だけど、これも、老苦といっしょで、必ず、病にかかって苦しまねばならないことは
避けようのないことです。

お金などの形ある財産は、減ると分かりますが健康などの目に見えない財産は
その有難さに気がつかず浪費してしまいます。
病の苦しみから逃れられない ということは、一見、ネガティブな感じもするでしょうが
今、元気でいることの有難さを知らされる教えでもあります。

「オレが病気になるもんか」と自分の健康を過信して暴飲、暴食、不摂生を自慢している
愚かさを反省せずにおれません。

死苦 死んでいく苦しみ 
1f5230e2-e1bb-494f-b358-93aeddbd6306














死苦 100%確実な私たちの未来
死苦 ・・死んでいく苦しみ

四苦 の最後は、死苦 をお釈迦様は教えられています。
これは、死んでいく苦しみですがこれこそ、まさに、何十億の人がいても逃れることが
できません。

生あるものは、必ず死に帰すと言われますように、どんな人も死んでいくことだけは
免れることはできません。

私たちの100%確実な未来です。
だけど、私たちにとって 死んでいく ということは一体、どんなことなのでしょうか

死んだら死んだ時笑って死んでいける
みんな死ぬんだから、赤信号みんなで渡れば、怖くないさ
ポックリ死ねたら、それでいい
そんな、安易な死生観が横行していますが、
果たして死んでいくという現実は、そんな安易なものでしょうか

本音は死にたくない これ以外ないでしょう。
絶対に死にたくない私たちが、絶対に死んでいかなくてはならない
この矛盾こそが、人生の苦悩の根底にあるものだと言えるでしょう。

愛別離苦(あいべつりく)
親愛な者と別れるつらさ。親子・夫婦など、愛する人と生別または死別する苦痛や悲しみ。
5812a28b-db3a-42be-a653-7da9174ed0ea













怨憎会苦(おんぞうえく)
うらみ憎む者にも会わなければならない苦しみのこと。
490ee04a-a472-48ea-8689-8249fcd761b8













求不得苦(ぐふとっく)
求めているものが得られないことから生じる苦しみ。
cf574fcf-7df2-4643-95d0-14a37ca1b74a













五陰盛苦(ごおんじょうく)
人の体と心を構成している五つの要素から生まれる苦しみのこと。
18f800e9-26ef-4551-902c-824ffbccd095















後悔のない人生を

カテゴリ: 人生の教科書・これからの生き方
                                ブログランキング・にほんブログ村へ