しめ縄・門松・鏡餅の豆知識










12月は師走と呼ばれるように、何かと忙しい月ですよね。
サラリーマンの方であれば仕事納めと忘年会が続いて連日午前様が当たり前となります。
さらに年末ともなれば年越しの準備に年初めの用意、それにクリスマスも一大イベントとされるため
本当に目も回るような忙しさを味わう事になります。

そのような慌しい中では、ついつい年初めの用意は後回しになってしまいがちですが
お正月は年神様やご先祖様が我が家にやってくる、とても大切な日です。
main-img







日本人であるならば、昔から続くお正月飾りの用意も抜かりなく行いたいものです。


お正月飾りの種類や由来
お正月飾りと呼ばれるものをざっと並べてみると
門松・しめ縄・玉飾り・破魔矢・鏡餅・羽子板などがあります。

その中でも現代に色濃く受け継がれているのが、門松、しめ縄、鏡餅ではないでしょうか。
では、それらの由来については詳しくご存知でしょうか?

門松の由来 ※神様が家を探す時の目印
kanto-620x620img_small01_01








門松は神様が家を探す時の目印となるものです。

お正月になると普段は天にいる神様が地上へと降りてきて各家へとやって来ますが
その際に門松を飾って「私達の家は神様を迎い入れる準備が整っています」
というのを教えていたとされています。

この場合の神様とは、農作物の豊作や家内安全を司る神様を指し、ここにご先祖様も含まれます。

ではなぜ狆将瓩鮠るようになったのかと言うと、元から常盤木には
神様が宿るとされ崇められてきました。
そんな常盤木の中でも、には「祀る」という意味や神様を「待つ」という意味を
受け取れる事から、門松には松を飾るようになったようです。

しめ縄・しめ飾りの由来
81306024000634













そもそも正月行事というのは、年神様という新年の神様をお迎えするための行事です。
年神様は家々にやってきて、生きる力や幸せを授けてくださると考えられています。
そこで、お正月が近づくとしめ縄やしめ飾りを施し、年神様を迎える準備をします。

しめ縄(注連縄)
には、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。
しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も
果たします。
その由来は、天照大神が天の岩戸から出た際に、再び天の岩戸に入らないよう
しめ縄で戸を塞いだという日本神話にあるとされ、「しめ」には神様の占める場所
という意味があるといわれています。

【ごぼう・大根注連など】
simekazari
imgrc0068792460












ごぼうじめに前垂れがついたタイプ
ごぼう注連に前垂れのついたタイプ。西日本で多く用いられています
ごぼうのような形をしたしめ縄です。神棚向きで、神棚に飾るときは紙垂などをつけます。

普段使う縄は右へねじる「右綯い」(みぎない)ですが、お正月のしめ縄は特別なものなので
左へねじる「左綯い」(ひだりない)になっています。
また、古来より左を神聖、右を俗(日常)と考えるので、神様からみたときに元の太い部分が
左側になるように飾ります(人からみると、向かって右側に元の太い部分がきます)。

しめ飾り注連飾り)
というのは、しめ縄に縁起物などの飾りをつけたものをいいます。
代表的なのが、神様の降臨を表す「紙垂」(かみしで/しで)、清廉潔白を表す「裏白」
家系を譲って絶やさず子孫繁栄を願う「譲り葉」、代々栄えるよう願う「橙」などです。

もともとは、神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由で、自分の家が
年神様をお迎えするのにふさわしい神聖な場所であることを示すために始まったといわれています。
しめ縄やしめ飾りを施すことで、その内側が清らかな場所となり、年神様が安心して
降りてきてくださるわけです。

【ごぼう注連+前垂れ】※伊勢のしめ飾り8e8b5ac8069af04719ac004d94b37a7b
main_pimg_6762














伊勢市のしめ飾りは、ごぼう注連の向きが逆。
「蘇民将来子孫之門」「笑門」などの木札がつき、1年中飾っておきますごうぼう注連に、前垂れ(わらの垂)をつけ、裏白、紙垂、譲り葉、橙などを加えたしめ飾りです。
玄関先向きで、西日本でよく見られます。

一般的には、ごぼう注連の太いほうが向かって右側になりますが
伊勢神宮のある三重県伊勢地方では逆向きになり1年中飾っておきます。

【玉飾り】※東日本に多い2017W_E-14
玉飾り完成品















東日本に多い玉飾りは、よく見ると、後ろのしめ縄が玉のような輪になっています
太いしめ縄を輪にしたものに、前垂れ、裏白、紙垂、譲り葉、橙、海老、扇など
色々な縁起物をつけたしめ飾りです。玄関先向きで、東日本でよく見られます。

【輪飾り】img59449129










細いしめ縄を輪にしたものに、譲り葉や紙垂をつけた小型のしめ飾り。
部屋、キッチンやトイレなどの水まわりに飾るほか、門松と組みわせて飾る場合もあります。

最近はモダンなタイプも多く、おしゃれなしめ飾りを手作りする方も少なくありません。
お好きなもので構いませんが、本来の意味を考えると、わらを使ったしめ縄を用いることが大切です。また、縁起ものには日本の文化が息づいていますので、1つでも取り入れると良いでしょう。

鏡餅の由来 ※年神様の依り代
img_0













鏡餅には不思議がいっぱい
お正月には鏡餅――慣れ親しんだ風習ですが、あらためて考えてみると疑問に思うことが多いはず。
いったいなぜ飾るのか? なぜ鏡餅というのか? なぜ丸い餅を2段重ねるのか? 
鏡餅の飾り方と意味は? 鏡餅を飾る時期は? なぜ鏡開きをするのか? 

不思議だらけの鏡餅ですが、じつは、鏡餅を知ることでお正月の本意がわかるのです。
時代や地域によって解釈が異なる場合もありますが、ここでは基本を紹介します。

なぜ鏡餅を飾るの? 
鏡餅は、新年の神様である「年神様」の依り代です。
IMG_0044-1024x867









そもそも一連のお正月行事というのは、新年の神様である
「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事ですが
お迎えした年神様の居場所が鏡餅です。

鏡餅の役割は、それだけではありません。
年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに私たちに魂を分けてくださると考えられてきました。
その魂の象徴が鏡餅です。

魂というと驚きますが、生きる力、気力だと思ってください。
昔は、年の初めに年神様から新年の魂を分けていただく
まり、一年分の力を授かると考えられていたのです。
わかりやすい例に「数え年」があります。
毎年魂を分けていただくということはその数を数えれば年齢になります。
生まれた時が1歳で、その後は元旦がくるたびにみんな一斉に年をとる「数え年」だったわけです。

では、どうやって年神様から魂を分けていただくのでしょう? 
家にいらした年神様は鏡餅に依りつきます。
すると、鏡餅には年神様の「御魂」(みたま)が宿ります。
この鏡餅の餅玉が、年神様の御魂であり、その年の魂となる「年魂」です。
そして、年魂をあらわす餅玉を、家長が家族に「御年魂」「御年玉」として分け与えました。
これがお年玉のルーツで、玉には魂という意味があります。

雑煮
zouni11










「お雑煮」は御年魂をとりこむための料理でした
この餅玉を食べるための料理が「お雑煮」で、餅を食べることで体に魂を取り込みました。
ですから、お雑煮には必ず餅が入っており、お雑煮を食べないと正月を迎えた気がしない
という感覚は正しいのです。
餅というのは稲の霊が宿るハレの日の食べ物で、食べると生命力が与えられるとされています。

また、鏡餅には「歯固め」という意味も含まれていました。
歯は生命の維持にとても大切で、丈夫な歯の持ち主は何でも食べられ、健康で長生きできます。
そこで、固く丈夫な歯になるよう願い固いものをいただく行事を「歯固め」といい
固くなった鏡餅を食べました。現在の鏡開きは「歯固め」の名残です。

なぜ鏡餅というの?
昔の鏡に由来します。昔の鏡というのは丸い形をした銅鏡ですが、鏡というのは
天照大神から授かった三種の神器のひとつであり、伊勢神宮をはじめ
鏡をご神体としているところもたくさんあります。
鏡餅は年神様の依り代ですから、ご神体としての鏡をお餅であらわし
「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

なぜ丸い餅を2段重ねるの?
丸い形は、昔の丸い鏡を模しており、魂の象徴でもあります。
大小2段で月と太陽陰と陽を表していて
円満に年を重ねる夫婦和合などの意味が込められています。

鏡餅の飾り方と意味は?
一般的には、三方(さんぽう。折敷に台がついたお供え用の器)に
白い奉書紙または四方紅(四方が紅く彩られた和紙)を敷き
紙垂、裏白、譲り葉の上に鏡餅をのせ昆布、橙などを飾ります。
また地方や家によっては串柿、勝栗、五万米、黒豆、するめ、伊勢海老などの縁起ものを盛ります。
600x450-2016020400008-2
img0_1



ひとつひとつに正月にふさわしい意味があり、思いを込めてお供えします。

【裏白】
181720912_624urajiro
























シダの一種で、表面は緑色ですが、裏面が白いので後ろ暗いところがない清廉潔白の心を表します。
また、葉の模様が対になって生えているので、夫婦仲むつまじく相性の良い事
白髪になるまでの長寿を願います。
この時に気をつけたいのが、必ず葉の白いほうを上にして飾ること。
これは、裏を返しても心は白いという清廉潔白を象徴しているものなので
ぜひ間違えないで飾りたいところです。

【譲り葉】
14-12














新しい葉が出てから古い葉が落ちるので、家督を子孫に譲り、家系が続くことを表します。

【昆布】9bfc357e9d6d98ef6b4a3fd7bb08aa42_s
よろこぶの意。古くは昆布の事を「広布」(ひろめ)と言い、喜びが広がる縁起もの
さらに蝦夷(えぞ)で取れるので夷子布(えびすめ)と呼ばれ、七福神の恵比寿に掛けて福が授かる
意味合いもあります。
また、「子生」(こぶ)と書いて子宝に恵まれるよう願います。

【橙】
20090617_801544
「代々」とも書く。果実は冬に熟しても落ちにくいため数年残ることがあり
1本の木に何代もの実がなることから、長寿の家族に見立てて家族繁栄
代々家が続くことを表しています。

【串柿】o0640048113174106613IMG_2900































干し柿を串に刺したもの。
柿は「嘉来」に通じる縁起もので、干し柿は「見向きもされない渋柿でも
修練の末には床の間の飾りにもなる」という高い精神性を表します。
串に刺した串柿は三種の神器の剣を表し、「鏡=鏡餅、玉=橙、剣=串柿」
三種の神器を表しているとも言われています。

鏡餅を供える場所は?
鏡餅は床の間に供えるのが理想的
住宅事情によって異なりますが、鏡餅の意味を考えると、判断しやすくなります。

鏡餅は年神様の依り代です。
年神様は新年を司る神様ですが、ご先祖様であり、農耕の神様でもあると考えられており
新年の幸福や恵みをもたらすために家々にやってきて、鏡餅に依りつくとされています。
お供えした場所に依りついてくださいますので鏡餅は1つに限らず複数お供えしても良いわけです。

そう考えると、まずはメインの鏡餅を床の間へ、小さめのものを神棚や仏壇にお供えします。
床の間がない場合には、リビングのように家族が集まる場所に飾ります。
年神様がいらっしゃるところですから、テレビの上のような騒がしい場所や
見下すような低い場所ではなく、リビングボードの上などにきちんとお供えします。
供える方角は、その年の恵方、または南向き、または東向きが良いと言われています。

そのほかにも、台所、書斎、子ども部屋など、年神様に来ていただきたい大事な場所にお供えします。

床の間の飾り方
c0220908_18422394







正面に、掛け軸なら「七福神」「蓬莱」「松竹梅」といったおめでたい絵柄のものを
の場合は、「福」と「寿」の二幅つい「松」「竹」「梅」の三幅ついなどを飾ります。
中央に三方にのせた鏡餅を飾り、床柱に生花反対側に香炉などの置き物か屠蘇器を配します。

鏡餅を飾る時期は?
鏡餅を飾る日は、12月29日と31日を避けます。29日は苦餅(苦持ち)、二重苦に通じ
31日は葬儀と同じ一夜飾りに通じて縁起が悪いからです。
従って、12月28日までに飾るか、遅くとも30日に飾りつけます。

そして、1月11日の鏡開きで、お供えしていた鏡餅をさげて食べます。
松の内が15日までという地域では、15日に鏡開きをする場合もあります。
鏡餅は供えて→食べることに意義があるので
雑煮などにして必ず食べることが大切です。

昔から鏡には神様が宿ると言われ神事には欠かす事の出来ない道具として大切に使われて来ました。
鏡餅の由来は、まさにその鏡から来ています。
鏡と言うと現代の薄い物を思い浮かべますが、太古の時代の鏡というのは青銅で出来ており
鏡餅のように厚く丸い形をしていました。
これらの事から、お正月にやってきた神様の居場所として、鏡の代わりに姿形がよく似た
鏡餅を用いるようになったと言われているのです。
また、鏡餅にはこの他に「己を鑑みる」から、鑑餅=鏡餅となった説もあります。
(提供:豆知識PRESS)
9c62a8a4








正月飾りは大きな行事ですから材料調達も支度も結構やることが盛りだくさん
心を込めて年神様をお迎えいたしましょ

鏡餅に年神様が必ず入る方法はコチラ
鏡餅に年神様が必ず入る方法300250








                                ブログランキング・にほんブログ村へ