計画倒産で若者の一生を台無しにした『はれのひ』






『はれのひ』被害4500万円超か
窓口に相談が殺到「お金、着物を返して」

着物の販売・レンタルなどを手がける「はれのひ」(横浜市)が突然店を閉じ
新成人が成人式で晴れ着を着られなくなった問題で、横浜市が設けた特別相談窓口に寄せられた
被害額が計約2900万円にのぼっていることがわかった。
同社の店舗があった東京都八王子市にも相談が相次いでおり、両市分の被害額を単純に
合算すると4500万円超に達する。

横浜市によると、市消費生活総合センターに寄せられた被害相談は9日だけで94件。
1件につき30万円ほどの被害が多く、契約額ベースで被害額は計約2870万円にのぼるという。

八王子市では、市消費生活センターに9日だけで53件の相談があった。
契約額の平均は30万〜40万円で、契約額ベースの被害額は約1680万円。
「お金を返してほしい」「着物を返してほしい」という相談が多く、8日の成人式の着付けのために
別の会社で購入したり、すでに持っていた着物を預けたりした人も、着物を返却されていないという。

同センターでは被害者に対し、支払いの証拠を保管するほか、クレジット会社への引き落としを
止める連絡をするよう助言。
「はれのひ」に内容証明郵便などで契約解除通知を送ることも勧めているという。

両市の相談窓口の電話番号は
横浜市が045・845・6666
八王子市が042・631・5455

一方、同社に着物を卸していたという京都市の着物問屋によると、現在、代金約1千万円が
回収できていない。
2015年10月から代金支払いに滞りが生じ、商品の納入は中止していた。
はれのひとは連絡がつかなくなっているといい、回収の見通しは立っていないという。

メルカリなどに振り袖多数出品 「はれのひ」と関連不明
フリーマーケットアプリ「メルカリ」や、楽天の子会社が運営する「フリル」のサイトで
振り袖などが多数出品され、双方の運営会社が10日までに、出品されたアカウントを
非公開にしたことが分かった。
両社とも法人からの出品は認めておらず、その規約に抵触した疑いがあることによる措置という。

両社は商品の入手先などを確認しているが、突然店を閉じて成人式に臨む新成人に
振り袖が届かないなどのトラブルを起こした着物の販売・レンタル業の「はれのひ」(横浜市)
との関連は不明という。

【はれのひ株式会社】
創業:2008年
設立:2011年3月
資本金:1000万円
従業員数:49名
事業内容:振袖レンタル&フォトの専門店
売り上げ高:4億8000万円(2016年9月期実績)
代表取締役社長:篠崎 洋一郎
はれのひ本部:神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7F

はれのひ店舗:
横浜みなとみらい店/横浜市中区桜木町1-1-7 Colette・Mareみなとみらい5F
横須賀店/神奈川県横須賀市大滝町2-15-1 横須賀東相ビル4F
福岡天神店/福岡県福岡市中央区大名1-14-45 Qiz TENJIN3F
八王子店/東京都八王子市子安町4-7-1 サザンスカイタワー2F
つくば店/茨城県つくば市吾妻1-6-1 つくばクレオスクエアキュート2F
柏店/千葉県柏市柏1-2-26 柏モディ6F
相模大野店/神奈川県相模原市南区相模大野 相模大野ステーションスクエア

連絡先:はれのひ本部
〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲート7F
TEL045-319-4488 ※受付時間:月〜金の9:00〜18:00

海外逃亡と噂もある篠崎 洋一郎犯
18010803














この顔にピンときたら110番
被害者家族たちの怒り(負)のエネルギーでろくな死に方はしないでしょう

                                ブログランキング・にほんブログ村へ