旬の野菜・果物やマイナスイオン・水素・人肉が体にいい本当の理由







良く知られている体にいいと言われていることには下記のようなことが挙げられています

旬の食材を食べる
マイナスイオン
シリカ(シリコン・ケイ素)
遠赤外線

水素
子供の肉
 ※海外では知られていますが日本では都市伝説の扱いです
sp-0811-img02
なぜこれらの事が体にいいのでしょう?

実は全てソマチットに関係があるのです
上記の3つは全てソマチットを活性化することが明らかにされています
ソマチットの存在を公表するとサプリや病院など様々な利権が脅かされる為
封印され続けてきました

6a376390








ソマチットはケイ素やマイナスイオンにより活性する
321a79ce








そんなソマチットがどうして活性するのかという世界を追求しているのが工学博士の東 学先生です
この先生が突き止めた結論はソマチットはケイ素により活性するということでした
現状ソマチットの体内は水とケイ素が主成分であることが推測されています
さらに太赤外線を浴びることで波動を受け取りソマチットが波動を起こし熱量を生んでいくのです
旬の野菜はハウスものよりソマチットが多く含まれていますので身体によいのです
※ケイ素=シリコン=シリカ・UMO=テラヘルツ
d434a4cb








◆ソマチット

【凄い実験】
・人参
茹でた人参は水をはっても芽はでません
でもそこにケイ素の石を敷き詰めておくと茹でた人参から芽が出て成長していくのです
茹でてもその中にはソマチットが残っているからなのです
・へその緒
80年以上前のへその緒も普通の水に浸けても活性化して細胞分裂を始めるまで
数日間はかかるようですがケイ素水につけるとソマチットが活性し30分もしないで
細胞分裂が始ります
・マウス
飼育しているマウスの籠の中にケイ素の固まりの石を置いておくとマウスはまるで
充電をするようにケイ素石にしがみ付きじっとカラダを休めるのです

マスコミ絶対タブー『ソマチット』
現代社会では、この名前をメディアで目にすることは、皆無である。
朝日新聞にも、日経新聞にも、NHKにもいっさい登場することはない。
ましてや、テレビで、この名前が口にされることは絶無である。
somatid










赤ちゃんを食べて不老不死に近い体になっている人達と事件
朝鮮人や中国人やイギリス王室等が赤ちゃん肉や血を好んで食べているのもソマチットが理由です
赤ちゃんは体内にソマチットが大量に存在しており裏の世界では麻薬より大きなマーケットとして
売買も成立しています
be3d71a9b05232c2






6aab4a387adc96721a5b95cccc263dc96ff7169c
堕胎された赤ちゃんはこのルートにのせられることが近年問題視されつつも消費しているニーズ層が
王家や富豪の類なので根本的な解決は望めません
怪しい都市伝説的な宗教や悪魔崇拝を持ちだし煙に巻いておしまいです
触れてはならないタブーなのでメディアは決して追及しませんし出来ません
赤ちゃんだけでなく小さな子供の誘拐や失踪事件が後を絶たないのはこの為です
もちろん人身売買や臓器売買も重複した産業となっています
これらの報道されないニュースは決して表には出ません 
エリザベス女王が人間の血を好む理由250cd7a99e2








いくら旬の食材がいいとは言え人肉に比べたら微々たる効果ですが
一般の私達のような庶民にもソマチットが手に入ります

ソマチットが豊富な自然な食べ物
・モリンガ
・貝化石




※下記にも商品を挙げておますので参考にしてみてください

                          ブログランキング・にほんブログ村へ