改正貸金業法・総量規制による新ルール!キャッシング枠が定期的に見直しされます

改正貸金業法が施行されたことを受けて、消費者金融やクレジットカード会社といったキャッシングやカードローンの貸付を行っているノンバンク会社は、総量規制というキャッシングやカードローンの新ルールを守りながら、貸付を行うことが義務付けられています。

総量規制は、新たにカードを発行するときにはもちろん、カード発行後も利用状況に応じて、総量規制の基準を超えた借入がないか、定期的に支払能力調査を行うことも義務付けています。

改正貸金業法で規定されたこの定期的な支払能力調査は、キャッシングやカードローンの借入残高が10万円を超える顧客に対して、消費者金融やクレジットカード会社ごとに行うことになります。

総量規制基準を超えた借入がないかの定期的な支払能力調査は、3か月に一度、月の利用額が5万円を超える場合には毎月実施されます。

総量規制を超えた借入がある場合には、この定期的な支払能力調査のときに、キャッシングやカードローンの利用停止、または枠下げというようなことになる可能性があるわけです。

例えば、年収150万円のXさんが、A社からキャッシングで5万円、B社からキャッシングで50万円の借入をしていたとします。

この場合、B社はXさんという顧客に10万円を超える貸付をしているので、定期的な支払能力調査を3カ月に一度は実施しなければならないことになります。

その場合に、年収150万円のXさんは、総量規制により年収3分の1(=50万円)までし貸付できませんから、B社は「これ以上の貸付は貸金業法に違反してしまう」として、新たなキャッシングの利用を停止することになるわけですね。

キャッシングやカードローンの新たな利用が停止されてしまった場合には、借入残高が貸金業法で定める総量規制の基準以下になるまで利用再開はできません。

そうなった場合は、おまとめローンをして月々の返済金額を低くするといった対策が有効です。
新たに入ってくる現金が少なくなった分、出ていく現金を低く抑えることで手元に残るキャッシュを補完できますから、非常に有効です。







総量規制について
総量規制とは?

総量規制はいつから?

キャッシング 総量規制の施行が迫る!

改正貸金業法で借入できなくなる方とは?

すでに年収3分の1以上の
  借入残高がある場合は?


改正貸金業法でキャッシングの審査はどうなる?

改正貸金業法で消費者金融の審査はどうなる?

総量規制に先立って消費者金融の審査は厳しくなっている?

改正貸金業法のキャッシング利用者への影響は?

貸金業法改正や総量規制の認知度は?

改正貸金業法で借入と返済はどうなる?

総量規制で返済も変わる?

カード会社から年収確認の案内が届いたら・・・

改正貸金業法で貸金業取扱主任者が国家資格に


==サイト管理者のコラム====

貸金業法改正に関して、こう思う!


==おまとめローン======

改正貸金業法前におまとめローンの検討を!

おまとめローンを申込するとどうなるか?


==主婦======

総量規制により専業主婦のキャッシングは


==個人事業主======

貸金業法施行により個人事業主の貸付はどうなる?

貸金業法改正、総量規制で個人事業主は?

貸金業法&総量規制が個人事業主に襲いかかる!

総量規制導入後、個人事業主、自営業の方がキャッシングするには


==所得証明書類の提出====

なぜ総量規制前に
  収入証明書類を提出?


有効な収入証明の種類

収入証明提出の注意ポイント
 ┃
 ┣源泉徴収票
 ┃
 ┣給与明細
 ┃
 ┣確定申告書
 ┃
 ┣納税通知書
 ┃
 ┣課税証明書
 ┃
 ┣年金証書
 ┃
 ┣年金通知書
 ┃
 ┣青色申告決算書
 ┃
 ┣収支内訳書
 ┃
 ┗支払調書

勤務別 提出書類・対策
 ┃
 ┣会社員
 ┃
 ┣会社員
 ┃
 ┣主婦
 ┃
 ┣パート主婦
 ┃
 ┣専業主婦
 ┃
 ┣個人事業主
 ┃
 ┗自営業

※現在、猛スピードでご提供情報を作成中!