3年ほど、警備の仕事をしていると
仕事が多い時期、少ない時期のパターンが
習慣というか、年中行事のように
分かるようになりましたが、
あの頃はまだ慣れていなかったので
変なところに神経を使っていたような気がします。

仕事の多い時期と少ない時期については
また後で書きますが、まだ慣れていなかった
純粋?だったあの頃の記憶を無くさないように
下記に残しておきます。

以下、2013/01/28の記事より

今日は仕事がお休み。

朝、雪が残るかと思ったら、
そんなでもなかった。

なら、仕事したかったなぁ~。
でもコレも何かの縁。

女性警備員の日記をはじめます。
よろしくお願いします。

さて今月の仕事についてですが、
まずは勤務日数について。

正直に言いますと、
今月あまり警備の仕事をしていない。
警備以外の仕事をしているという意味ではなくて
単純に警備の仕事をした日数が少なかった。

大晦日や元日などの年末年始特有の警備の仕事は別にしても
1月全体の仕事が少ないのは毎年のことですが、
あらためて警備報告書や日程表をみてみると、
今日も含めて、1月7日以降の平日の仕事しなさすぎ。

コレはちょっとやばいです。
いつか跳ね返ってきて収入が減っちゃう!

いきなり給料は減らないとしても
給料ドロボーっていわれないようにしなくちゃ。

日数や時間が少ないからラッキーと思ってしまう自分がいますが
このマイナスの流れから回避できるよう、
今まで以上に仕事内容を充実させていきます。

この仕事いやだなぁ~と思わずに、
なんか楽しいことがありそうと自分自身に言い聞かせて。

確かに過去に何度もありました。
もしかしたら男性と女性とでは感じ方が違うのかもしれないし
勤務先の待遇(扱い)が違うのかもしれないけど
この仕事はやだなぁ~と思っていても、
行ってみたら、仕事先の方がすごく良い人で
この仕事を受けてよかったなんてこと。

警備の仕事の種類にもよるけれど、
仕事中は怖い人だなぁ~と思っていても
仕事が終わったら、とてもやさしい人だったり
雰囲気は怖そうですが、実はとても面倒見が良い人だったり。

だから、どんな警備の仕事でも
やってみなくちゃわからないし、どうせやるなら楽しむのがいい!

明日から警備の仕事、
今までの日数や時間数を挽回できるようがんばります。


以上、2013/01/28の記事より

仕事が増える時期と減る時期は
警備の種類によって異なりますけれど、
仕事量が変動するパターンは以下のような感じです。

  • カレンダーに左右されるもの。
    例えば、年末年始、お盆休み、ゴールデンウィークなど
    長期休暇が見込める時期
  • 国際的なイベント、例えばオリンピックなどが開催される時期
  • 自然災害や事件、事故など国内外問わず大きな危機が発生した直後
  • 何らかの法改正や風潮の変化があった場合

以上、ご参考までに。