警備員に必要な半期に一度の現任研修
受けてきました。

警備の仕事を知らない方には
「なにそれ?」「関心ない!」
って思うのではないでしょうか?

でも警備員が警備の仕事を続けるためには
めんどーでも現任研修が必要なんです。

なぜなら、現任研修受けないと、
来期、警備の仕事ができなくなっちゃうから。

ちなみに来期というのは、
1年を前期・後期の2つに分けられているのですが、
今期に対する次の期という意味です。

現任研修は会社ごとに実施するしない、
または受講するしないわけではないです。
つまり会社の規則とかではなくて、
警備業法という法律で決まっているから
法律的に必ず受講しないといけないの。

さてさて、その現任研修ですけど
実技の時間は身体を動かすので良いのですが
講義の時間で特にお昼ご飯の後は、めっちゃ眠くなる。
学生時代を思い出しながらも、眠気と格闘しておりました。

現任研修といえば、自社内で実施することが多いのですが、
警備業協会などが主催している研修など
外部に委託するところもあるようですね。

また支社が多い大会社になると
支社ごとだけではなくて、
どこかの支社で一括して実施するケースもあるようです。


2014年9月、追記

半期に一度の現任研修、
これといって、毎回大きく変わるわけでもないのですが
2020年に東京オリンピックが開催されることが決定してから
にわかに緊張感と言うか、話のレベルが上がってきている感じがします。

はっきりいって、開催まで、まだあと6年あるし、
今の警備の仕事をそのまま続けているかどうかは、
私個人的なことなので分かりません。

でも会社としては、対応が早ければ早いほど良いわけで
直接、オリンピック関係の仕事でなかったとしても
日本国内の安全面、基本的なセキュリティ対策は
ある一定レベルの認知と理解が求められるらしいです。


2017年7月、追記

もう警備員辞めたと思っている人
いるかもしれないけれど
まだまだ続けているのです。

さてさて、現任研修の話。

資格を持っていると、
現任研修の受講時間が少し軽減されるらしいです。

もち、どんな資格でもOKなのではなくて
警備の業務に関するものだけなのです。

まあ私は関係ないかなぁ~と思っていて
全然気にしていなかったので、
他の人と同じ時間受けていました。