「警備員の給料って安いんでしょう?」
と同情されて聞かれることがあります。

反論しても仕方ないので、
「ええ、まあ。。。。」
と答えますが、実際はどうなのかしら?

確かに年収300万円未満の人もいれば、
年収700万円超えている人もいる。

年収300万円未満の人だけが集まれば、
安いよねーってなるだろうし、
年収500万円から年収700万円を超える人が集まれば
普通の業界と変わらないですよーってなるだろうし。

警備の仕事はアルバイトなどもあるので
普通の仕事と違うように思われるかもしれませんが、
それなりの給料をもらっている方は
資格や技術を取得するために、いろいろ勉強しているんですよー。


警備関連の資格を取得すると基本給に手当てがつきます。
また技術や特技を持っていれば、クライアントから指名されます。

あと給料格差というものだけに着目すれば、
大きくいうと警備会社選びが重要です。

知らない方がいらっしゃるかもしれませんので
はっきり言いますと、同じ警備の仕事でも、会社によって待遇が違います。

警備の仕事で同じ会社のメンバーだけとは限らず
たまに他の警備会社の方と合同になることがあります。
自分から給料の話をしませんし、
たとえ聞かれたとしても適当に話をあわせてごまかすのですが
他の警備会社の方の話が聞こえてしまって
「えっ?って耳を疑うことがあります。」

待遇面で次に重要なのが担当する警備の種類。

警備会社によって業務可能な種類が違うので
ある意味、警備会社の選び方に似ていますが
警備の種類によっても給料がぜんぜん違うの。

年収が倍ちがっちゃったりしますよ。

繰り返しますが、警備の種類というところがポイントです

参考:警備業法とセキュリティ

警備だけでなくどんな職業でも
結局は本人次第だし、
給料以外にも大切なことがあるように思うのですが、
こと給料ということだけにフォーカスすると
技術や特技、資格取得以外にも、いろいろと準備が必要なんですよー。