ガーガメル放送局

2018年11月29日

GARGAMEL GRAPHICS 2002-2017 “EXTRACT”


今日のフライトで東京へ向かう池田圭郁です。
準備万端整ったと思いたいところですが、
何か忘れてる気がしてソワソワしてます。

開催間際の告知になりますが、今週末のTHRASH OUT Show Vol.6にて、
ガーガメルのグラフィックを担当してきたCHANMENくんの作品集を発売します。

extract_web-cover
GARGAMEL GRAPHICS 2002-2017 “EXTRACT”

Size: A5 / 100 pages
Price: ¥2,000(tax in)
Editor and Design : CHANMEN [ Gargamel / gegephix ]

Gargamelの活動15周年を記念して、グラフィックデザインやイラストレーションを担当しているCHANMENが携わってきた数多くの作品から厳選し、まとめた作品集。 ステッカー1枚、ポストカード2枚付き。

extract_web-01w

extract_web-02w

extract_web-03w

extract_web-04w

Postcad+Sticker+


懐かしいヘッダーやフライヤーからCHANMENくんの手描きのアートワーク、
色々作ってきたロゴデザインなど、見どころ満載。
ガーガメルをビジュアル面で支えてきたCHANMENくんならではの仕上がりになってます。
ガーガメルの名物シール「ゾッキリマン」も全種掲載されてますし、
ポストカード2種とステッカーのおまけ付きです。
THRASH OUT Show当日でしたら、中身を確認してからご購入頂けます。


蛇足的に今回出品するカスタムの写真も撮れたので掲載します。

宜しくお願いします!

ghk463_01
ghk463_02

ghk463_03
ghk463_04

ghk463_05
ghk463_06

ghk463_07
ghk463_08

ghk463_11
ghk463_12

ghk463_13
ghk463_14

ghk463_15
ghk463_16

ghk463_17
ghk463_18

ghk463_19
ghk463_20

ghk463_21
ghk463_22

ghk463_23
ghk463_24

ghk463_25
ghk463_26

ghk463_27
ghk463_28
  

Posted by gargamel at 09:48

2018年11月15日

メカザゴラン(フルメカニックバージョン)完成!

Launch ! Mecha Zagoran (Full Mechanic version)

出張に託つけて、今更PSVitaを買いに行ったら売り切れてた池田圭郁です。
Amazonも入荷待ちだし、今回は縁がなかったと諦めます。

For Business trip preparation, I went to buy PS Vita, after such a long time, but all sold out. I checked amazon.com, but now backordering. Hi Kiyoka Ikeda, here, I don’t have anything to do with playing PS ? I abounded it.

渡米間近で、工場から新作パーツが上がってきました!
Just before trip to US, I received vinyl pulling production from the factory.

ghk461_1
メカザゴラン(フルメカニックバージョン)
Mecha Zagoran (Full Mechanic version)

蓄光成形のため、形状が見えにくかったので、
インナーパーツには銀を吹いてます。
I sprayed sliver on the each inner parts of GID vinyl, to see it well.

ghk461_2
ghk461_3
ghk461_4
ghk461_5
ghk461_6
ghk461_7
ghk461_8
ghk461_9
ghk461_10

僕の当初イメージしていたメカザゴランは、これで完成です。
デザインの段階から手足にもインナーパーツを入れることを考えていたので
内蔵パーツを入れるために外装パーツの抜き口も大きくし、
外装の透明度を損ねないように外装は全体的にモールドを少なくしています。
僕は立体物でデザインを詰めて行くタイプなので、
外装をデザインした段階では、内蔵パーツのデザインは漠然としてましたが、
イメージ通り、何とか全身に内蔵パーツを仕込めました。

This is my first idea of Mecha Zagoran, and now just completed as sofubi.
I thought the inner parts should be into arms and legs, so outer body holes must be bigger, and without remarkable details on the outer surface to be smooth, then, seeing inner parts well.
Every time, I design while sculpturing. When I designed outer body, the inner parts were not articulate design, but finally inner parts were completed and fit well into whole body than I expected.


この企画は、ザゴランから手足を流用して制作したサイボーグザゴランから始まりました。
デザインの際、小さいソフビを中に入れられないか?と考えていたので、
知恵を絞った結果、胴体部を2パーツに分割しました。
ここが僕にとっては苦渋の決断でした。
僕は怪獣ソフビの始祖であるマルサン商店のスタンダードサイズの6パーツ構成が好きです。

Basically, this plan was started from Cyborg Zagoran which was made by repurposed arms and legs parts of Zagoran. When I designed in my head, I wanted to build small sofubi parts into the body, after consideration, finally the body was divided to two parts. But it’s painful choice for me. Because I love 6 parts constitution of sofubi of Marusan who is the Father of Kaiju sofubi.


ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、
マルサンの最初に販売された1期と呼ばれるバージョンは元型生産だったため、
尻尾が別パーツになっているなどキャラによって仕様がバラバラでしたが、
増型生産されるようになってからは、全て6パーツ構成に変更されています。
その後リリースされた怪獣たちも基本的に6パーツで構成されています。
僕は「仕様を統一することで、様々な形状をしている怪獣ソフビたちの原価を均一化したのでは?」
と考えてますが、真相は知りません。

As many sofubi fan already knew the first releasing which called “the 1sr period” was produced and pulled from original slush mold. So we find several versions of specification like different tails. Then, changed to produce by multi- production mold, and they were constituted of six parts. After the reproducing, following makers produced Kaiju sofubi basically six parts constitution. I think the makers tried to equalize cost of several specification of kaiju style….I do not know the truth.  


ただ、僕はその6パーツ構成という制限の中で
テレビに出てくる様々な怪獣を表現しているのが面白味の一つだと感じているので
僕にとって6パーツ構成はスタンダードサイズの基本概念となっています。
しかし、内蔵パーツの入れ方や固定方法などを考えると
胴体を1パーツで構成するのは厳しいと判断し分割しました。
そのため、分割部分がわかりにくいようにデザインを工夫しました。

サイボーグザゴランについてはこちらの記事でも書いてますので、
ご興味のある方はご覧ください。

Kaiju sofubi have limited 6 parts consisting, it is my basic creation concept way of standard size sofubi. In spite of designed various way of kaiju in TV and film, sofubi could keep 6 parts consisting. It’s very interesting.
So I must think how to insert parts, and built into the body of Cyborg Zagoran, I knew finally it was difficult to keep one body part, so then, divided body parts. I designed body parts as if one part.

If you are interested in Cyborg Zagoran, please read my older post.

http://blog.livedoor.jp/gargamel/archives/55225798.html


内蔵パーツは、外装の成形の厚みの付き方などを見てから制作するので、
ソフビになった頭部と胴体部に合わせて原型を制作し、
念願叶って、小さいソフビを内蔵パーツに組み込むことができました。
この内蔵パーツも他のパーツとの干渉なども考慮して制作したので、
上手く固定出来たと思います。

Master sculpture of inner parts must be made after completion of outer body..
I adjust the size of master sculpture of inner part along with the body and the head vinyl thickness. I must consider inner parts would not interfere to other parts. Finally, the fitting of small inner parts vinyl to the outer body was fine.


僕はソフビに接着剤を使うのは基本的に邪道だと思っているので、
余程のことが無い限り使いたくありません。
これは見栄えが良く無いのと、接着剤の劣化が嫌だからです。
純粋にソフビだけで構成されていれば、
半世紀前に作られたビンテージのソフビを見ても解る通り、
色は環境により退色したりしますが、しっかりと物として成り立っています。
日本製のソフビはしっかり保存すれば、少なくとも50年以上は形状を留めている証拠であり
僕は自分の作ったソフビも50年以上経ってもへたることなく残って欲しいと考えています。
しかし、50年以上保つソフビ用の接着剤を僕は知りませんし、
仕様としても美しくないと考えています。

内蔵パーツが出来た時の記事はこちらです。
ご興味のある方はご覧ください。

I don’t like to use glue material to sofubi assembling. I think it is not the way.
As long as it isn't too difficult, I would not use glue.
The glue finishing is not fine looking, and I am afraid of glued degradation.
When you hand vintage sofubi figure that made in half a century ago, the color is fade and discoloration, but not so broken as figure. It is proof that made in Japan sofubi can keep quality for 50 years, if you can conserve it carefully.
I hope my creation sofubi live more than 50 years without damages.
I do not know the glue that has more than 50 years lifetime, and glue degradation in the each articulation is bad looking.

If you are interested in inner parts, the older post is
http://blog.livedoor.jp/gargamel/archives/55501480.html

その後、手足も新規に制作してサイボーグからメカザゴランになりました。
この際、メカミボラ用に銃火器を手に仕込んだ両腕も作りました。
当初の予定では手足の内蔵パーツはザゴランもミボラも共用で考えていたため、
原型制作に制限が増えてしまい、なかなか困難でした。
実は、手足にも内蔵パーツを入れ込むのはデスラでも考えていたのですが、
外装の形状的に中に入れ込むことが難しいと判断して実現出来てません。
今回はその時の経験もあったため、上手く出来たんだと思います。

And then, I made new arms and legs for Cyborg Zagoran. It’s birth of Mecha Zagoran.
At the same time, I made another gun arms for Mecha Mibora.
Firstly, I thought common inner parts of arms and legs for Zagoran and Mibora, so the master sculpture making was so difficult. And I thought also to make inner parts for Deathra, but it’s too difficult to adjust to complicated outer body, finally I abounded it. This time, such my bitter experience was going well.


デザインは、シンプルな外装に対し内蔵パーツは情報量を多くしてます。
Inner parts designs are detailed, and outer body surface is simple smooth.

ghk461_11
ghk461_12
光らせるとインナーのモールドが際立ちます
You can see the inner parts details glow in the dark.

ghk461_13
ghk461_14
ghk461_15
ghk461_16


全14パーツ+パイロット2パーツの計16パーツの豪華仕様です。
原型制作だけでも合計したら半年以上かかってると思います。
とても一度で作れるボリュームでは無いですが、
サイボーグザゴランからお付き合いくださった方々のおかげで、
ついにフルメカニックバージョンまで制作出来ました。
ありがとうございます!

写真はメカザゴランですが、メカミボラの腕にも同じ内蔵パーツが入ります。
メカミボラのフルメカニックバージョンはDconで初お披露目したいと思ってます。

宜しくお願いします!

Total 16 parts constitution ; 14 parts of the body and 2 parts of the pilot.
It’s gorgeous specification of sofubi.
It took more than half a year to make only master sculpture.
I could not produce it at one time period, but finally I did it. And, you and the fan who has been interested in Cyborg Zagoran made it happen.
Thank you very much !

This photo is Mecha Zagoran, and same inner parts inserted to Mecha Mibora.
You can see full mechanical version of Mibora at Dcon as debut.

Don’t miss it !

  続きを読む
Posted by gargamel at 09:02

2018年11月14日

The customs paint sale at DesignerCon 2018


On 17th (Sat) and 18th (Sun), we will hand out numbered tickets of lottery sales for the customs paint at Gargamel booth from 11:00 am.
It’s an hour from opening time of 10:00 am. So general admission people can come to our booth without running. If you come to earlier, you can take your time to watch our display.
 
Flippers, don’t come to our booth. I say again, we want to sell our customs products to true Gargamel fans.
 
All the best.

DesignerCon 2018でのカスタムペイントの販売ですが、
販売は17日(土曜日)と18日(日曜日)のみ、11:00-にガーガメルブースにて整理券を配布し抽選します。一般入場の一時間後です。これは入場時の混雑などを考慮して、開場後1時間あれば、一般入場のお客さんたちもブースまで来れるだろうと考えてのことです。販売開始までの間は作品展示してますので、早く着いてしまったら
ゆっくりご覧頂ければと思います。
毎度のことですが、ちゃんと欲しい人に販売したいので、
転売目的の人は来ないで下さい。
 
宜しくお願い致します。

In preparation
準備中

ghk461_1
ghk461_2

ghk461_3
 ghk461_4

ghk461_5
ghk461_6

ghk461_7
ghk461_8

ghk461_9
ghk461_10

ghk461_11

ghk461_14
ghk461_15

  
Posted by gargamel at 07:47

2018年10月18日

GHK イベント告知

GHK event announcement

アメリカ及び世界のファンの皆様!!!お待たせしました!!!
来る11月16日〜18日にロスアンゼルスにて行われる『DesignerCon 2018』に参加します◎
今回からPasadenaからAnaheimへと会場を移し、更に会期も2日間から3日間になりました!!!
我々ガーガメルは今年も”Le Merde”と”Cometdebris”の三つ巴でブースを構えます。

To our fans in the world, thanks for waiting !!!
We Gargamel will attend DesignerCon 2018 (https://www.designercon.com/) hold on 16th-18th Nov. This time, the venue is at Anaheim from Pasadena, and 3 days exhibition.
Also this year, Gargamel takes the booth with “LeMerde” and “Cometdebris”, as the three complex team.

更に更に!!!
And more !!!

来る12月2日には、お馴染みとなりました”Hugest”(足立区北千住)にて『THE THRASH OUT Show Vol.6』を開催致します◎
We will hold “THE THRASH OUT Show Vol. 6” on 2ND Dec. at ”Hugest (Kita-Senju, Adachi-ku)

昨年は大陸からやってきた転売屋と並び屋が殺到してくれたおかげで、(悪い意味で)予想外の展開。
近隣住民及び各商店様へ多大なるご迷惑を掛けてしまい、たくさんの警察官まで来場する始末でございました。
今回はそんな事態を避ける為、オンライン抽選を行った上で、当日に展示販売を行う予定です。

Last year, the flippers and line makers coming from the Continent came fast and furious to THE THRASH OUT Show, we were happy and surprised (in bad sense).
It caused neighborhood inhabitant and mercantile stores trouble and problem, then finally the police came to the show to straighten things out for a while.

This year, of course we will avoid and bypass such bollix, we will take advance online lottery sales. And then, we will display and sell on that day 2nd Dec.


__【_”THE THRASH OUT Show Vol.6”カスタムペイント作品購入応募方法】
当日展示されるカスタムペイントを購入希望の方は、
,名前
△棺蚕
E渡暖峭
ぅ瓠璽襯▲疋譽
ゥぅ鵐好織哀薀ID(任意)
上記を記載の上、下記メールアドレスにメールください。
応募メール送信先: info@gargamel.jp
※記載漏れ・不備につきましては応募に至りませんので予めご了承ください。
※今回の抽選におきましては、日本国内のお客様及び弊社オンラインショッピングでの購買履歴が在る方を優先させて頂きます。

◉応募期間:10/17〜10月31日(土)正午迄
ご応募頂いた中から抽選を行い、当選者様のみ11月5日迄にご返信致します。
応募期間終了後からの応募メール、落選者への返信、及び当選確認は一切行いませんので予めご了承下さい。
会期当日は14:00〜17:00迄は一般開放(展示のみ)となります。
(尚、当選者様への販売は11:00より順次行いますので当選メールにて詳細をご確認ください)

【Application method for purchase of custom paint of ”THE THRASH OUT Show Vol. 6”】

If you want to buy custom paint sofubi on 2nd Dec.
Please fill in below information and send it back to info@gargamel.jp

1. Name :
2. Address :
3. phone number :
4. e-mail address :
5. Instagram ID (optional, if you have)

* Please note, omission of fill in becomes null.
* This time, eligible for lottery, we give priority to the customer in Japan residents, and customers who had purchase history in Gargamel online shop.

Application period : 17th Oct. (Wed) – 31st Oct. (Sat) at 12:00
(not accept any applications after the closing date by any reason.)

We will hold lottery from applicants, and reply by e-mail to the winners by 5th Nov.
Please note that only the winners will be notified.

* On that day 2nd Dec. we will sell custom paint for lottery winners from 11:00, one by one. (Please confirm e-mail notify if you won.)
* Open to the public (only display) 14:00- 17:00.


元来、会期当日に現地で抽選販売が出来れば、わざわざメール(応募)して頂く手間も省けるところですが…
当日を含め数少ないメンバーで業務を行いますので、皆様のご協力とご理解頂けばと思います。

ガーガメル一同 各会 精一杯!!!尽力致しますので、ご協力のほど宜しくお願い致します。

Please understand this lottery sales way for custom paint sofubi, and we have small members for the work of this show, we need your cooperation on the day.
We will try to do our best, hospitality and happy to welcome you.

Text:Koji Yanagisawa


  
Posted by gargamel at 19:28

2018年08月15日

ベンダーゼロ、やっと発売です

Thanks for waiting, Vendor Zero is just lunched.

連日の猛暑で夏バテ気味の池田圭郁です。
今年の暑さは異常ですね。
Hi, Kiyoka, here. It's been extremely fierce heat for days, and it killed me.
I have summer heat fatigue. It’s unusual hot days. What’s happened in Japanese summer season ?

8/18(土曜日)にベンダーゼロを発売します。
彩色済みサイクロマンが入っているバージョンとブランクの2種類を発売予定です。
Vendor Zero will be released on 18th Aug.
There’s two versions; one is included painted Cycloman, and another is blank (without Cycloman).

ghk459_01
左:¥3,240、右:¥2,500

今回は、ブランクに手持ちのマイクロフィギュアを入れる方法を説明します。
ソフトビニールは温めることでやわらかくなる性質があるので
ドライヤーで温めて組み立てます。
用意するものはドライヤーとソフビとそれらが入る段ボールです。
今回は発売するサイクロマンで説明します。
This is instruction how you can contain your Cycloman into Vendor Zero blank version. You know sofubi figure will be soft by heat, so please prepare a dryer, and corrugated cardboard.

ghk459_02
まず、胴体部と下半身を外します
Firstly, taking Vendor Zero upper body and lower body apart.

ghk459_03
下半身にサイクロマンをはめます
Then, put Cycloman into lower body of Vendor Zero.

ghk459_04
ドライヤーを温風の弱にして、ソフビに風が当たるように段ボールにいれます
You work on corrugated cardboard box like this, and low dryer heat to sofubi by weak power.

段ボールを閉じて、一分程度ソフビを温めます。
この際、ドライヤーの性能によって熱くなり過ぎてる場合もありますので、
作業をする際は、火傷に気を付けてください。
Please close corrugated cardboard box, and heat sofubi for about one minutes.
When you use dryer, please care about heat and not to get be burned.

ghk459_05
このくらいやわらかくなれば組みやすいです
Enough soft like this, so you can work easily.

やわらかくなった上半身を下半身に被せるようにはめます。
上半身がやらかいうちに、中のフィギュアの顔の向きなどを
お好みで調整して完成です。
You can assemble like covering lower body by upper body.
While the upper body is keeping soft, you can adjust Cycloman face direction as you like.

ghk459_06
こうなります
Like this.

お手持ちの謎ガチャを入れたりして楽しんでもらえたら嬉しいです。
You can enjoy setting into also Nazo-Gacha.

ベンダーゼロについては、こちらでも記事を書いてますので、
ご興味のある方はご覧下さい。
Previous post about Vendor Zero,here . You can check it again.

宜しくお願いします!
Don’t miss it !




  続きを読む
Posted by gargamel at 17:54