ガーガメル放送局

2014年08月17日

キャラホビに出展します


ghk389_0

今年の冬のワンフェスに抽選で落ちて、気持ちも落ちた池田圭郁です。
This is Kiyoka Ikeda who fell by lot to join Wonder Festival of winter this year, feeling also fell.

ワンフェス落選の報から、今後の国内のイベント活動について考えました。
After defeated of Wonder Festival, I thought about the event activities in the future.

ー以下、ボクの脳内ー
「ワンフェスには2002年から参加してきたのに、抽選で落ちた。
11年間(SDCCなどの兼ね合いで)断続的ではあったにしろ続けてきたけれど、
年々、版権的にも販売数量的にも絞られてきてるし…もうワンフェスは卒業しようか?
フォロワー達も節操無く企画を模造しては荒らしてくるし…(アイディアも知識も技術も無いのに)。
大体、空ブース取ってる転売屋は抽選で落ちないのに
真面目に玩具作ってるメーカーが落とされるってどうよ?
「アーリーチケット」と言う、えげつないシステム導入も一般入場するお客さんにとても悪いし、
会場での海洋堂スタッフ(おっさん)の横柄さも酷かったし、ビックサイトのが会場も良かったし。
Over the following, my mind thought…
Although I have participated Wonder Festival since 2002, fell in the lottery.
I had joined WF almost 11 years but I guess it's time to leave the event.
Year after year, narrowed down to sales volume also strict about copyright basis.
Followers who also come storm to imitation planning without principled to ... (without knowledge, ideas, also skills).
Why flippers are taking empty booth to not fall in the lottery?
Why manufacturers which making toys seriously is dropped?
The "Early ticket" system also very bad to customers.
Kaiyodo staff at the venue (the old man) was so terrible, and the Big Sight was much better than Makuhari.

よし、卒業だな。
Alright, I'm graduating.

じゃあ、次はどのイベントに参加してみよう?
ロボットアニメ好きとしては、やっぱりキャラホビでしょ〜(行ったこと無いけど)。
え!?そしたら、サンライズ作品とかやれるじゃん!
じゃあ…当時モノのソフビが存在しないボトムズとエルガイムでしょ!」
という思考ルートで、キャラホビに出展申込することにし、
ボトムズとエルガイムに挑戦することにしました。
Well, which event should I participate for next?
As robot animation lover, probably Chara-Hobby is the best!? (I never went)
That means I can make toys about Sunrise works!
L-Gaim and Votoms soft vinyl toys were didn't exist back in the days.. I should make these!
Therefore, I participate in Chara-Hobby, and decided to challenge the L-Gaim and Votoms.

「当時に無かったから(想像して)作る」
この発想はM1号の西村先生とオリテクの指田先輩の影響だと思います。
"If there was not such a toy, I imagine and make it"
I think this idea is the effect of Mr. Nishimura of M1-go and Mr. Sashida of ORIENTAL TECHNOLOGY.

以前、ワンフェスで販売したミクロマン、アクロイヤーも同じ発想です。
大里玩具製のロボットマンのソフビはあるのに…
肝心のミクロマンは無い…
じゃあ、当時発売されていたら?と夢想し、ロボットマンに造形を合わせて制作しました。
It was a same idea that Micronauts and Acroyear previously, was sold at Wonder Festival.
Though there was Robot Man sofvi made by Ohsato Toys... but no Micronauts...
Well, if it have been released at that time? I produced by a shaped to fit the Robot Man.

ghk389_1
改めて見ると、今ならもっと上手く造れるなぁ…
When I look at these again, I feel can make these better now...

ボトムズは1984年の作品、エルガイムは1985年の作品です。
年齢的にもボクがボトムズをやることにして、
直哉にはエルガイムの原型を担当してもらうことにしました。
と言うか、ボクがエルガイムよりボトムズのが好きだから…そうしました。
Votoms was '84 animation and L-Gaim was '85.
I decided, I do Votoms and Naoya does L-Gaim.
Because I like Votoms than L-Gaim.

ボクは俗に言う「マルブル」的な造形も好きですが
80年前後の角張った薄い成形のロボットソフビも好きです。
と言うか、世代的にもこっちで遊んでたクチですし。
I like modeling of "Marusan" and "Bullmark" style basis.
I also like 80' robot Sofvi style that thin vinyl angular shape.
Or rather, I was playing Robot sofvi when I was a kid.

そこでフッと疑問が生じました。
何で日本のロボットソフビが急に角張り出したのか?
そこで、持ってるソフビを参考に考えてみました。
Then a question occurred.
Why Japanese robot sofvi did angular out suddenly?
So, I tried to think of referring to the soft vinyl that I have.

ghk389_2
左からポピー製ゲッター1、マジンガーZ、グレートマジンガー、オンダ製鋼鉄ジーグ
From the left to right : Getter 1 by Poppy, Mazinger Z, Great Mazinger, Steel Jeeg by Onda.

この辺りはマジンガーが72年、ゲッターとグレートが74年、ジーグが75年作品です。
マルブル造形の系譜を感じる丸みが強い造形です。
Mazinger was '72, and Great Mazinger & Getter 1 were '74, and Steel Jeeg was '75 work. These were strongly imfluenced "Marusan" and "Bullmark" styled rounded shape.
(あっ、関係無いダイバロンが見切れてる...)
(Oh, you can kinda see the Daibaron...)

ghk389_3
左からオンダ製ガ・キーン、ポピー製コンバトラーV、ブルマァク製アポロンヘッダー
From the left to right : Ga-Keen by Onda, Com-Battler V by Poppy, and Apollo Header by Bullmark.

これらが76年組。
若干は角張ってきてますが、まだ丸い造形に感じます。
These were made of '76.
It has been slightly angular, but I feel still rounded modeling.

ghk389_4
ghk389_5
上:左からブルマァク製メカンダーロボ、アーク製バラダック、ポピー製ダンガードA
下:タケミ製ギンガイザー
Top picture / From the left to right : Mechander-Robo by Bullmark, Baradack by Ark, and Danguard-A by Poppy
Bottom picture / Gingaizer by Takemi

これらは77年作品。
ブルマァクさん、タケミさんはまだ角張りきれてない感じです。
These work in '77.
Both Bullmark and Takemi were still not fully angular yet.

ghk389_6
クローバー製ダイターン3、タカトク製ダイケンゴー
Daitarn 3 by Clover, and Daiken Go by Takatoku

これらは78年作品。
These work in '78.

この辺りから平たくて角いロボットに造形が変わって行ってるように感じます。
何故でしょう?
販売メーカーは様々なのに。
ボクが思い付いた原因は2つ。
1つは、原型。
メーカーから原型製作を依頼される原型会社が同じとか?
いや、これは現実的に有り得ない気がします。
どんなに手の早い原型師でも、全部は同時に無理です。
I feel modeling had been changed to angular shape from this era.
Why it happened?
Sale manufacturers were various.
Cause that I came up with two.
One prototype.
Same Prototype company to be asked to Sculpted from many different manufacturers?
No, I feel it was impossible realistically.
Even Sculptor had very good skill, no matter how it was impossible at the same time all.

で、もう1つは流行…。
そこでプラモ狂四郎愛読者のボクはピンときました。
この原因は流行なんじゃないか?
そして、その原因として考えられる作品はその時代に1つだけ…
The other one is epidemic...
This cause or not it an epidemic?
Then, work which is considered as the cause of only one in that era ...

「スターウォーズ」。
言わずと知れた77年作品。
ここで日本の玩具メーカーも玩具が好きな子供たちも洗礼を受けたのではないのか?
と思いました。
それまでの日本の常識には無かったであろう、カッチリとした造形にリアルなディティール&ウェザリング。
当時2歳のボクには計り知れない衝撃が日本の玩具業界に走ったのではないか?と。
プラ狂に登場する天才モデラー「サッキー竹田」もスターウォーズからプラモ技術を学んだとか言ってたし。
そんなスターウォーズショックで日本の丸いロボたちは
角い少しスカした造形のロボたちに変わって行ったのかも知れません。
"Star Wars".
Needless to say the works '77.
Toy manufacturers in Japan also children who love toys got deep impact from the movie I think.
It was totally NEW to Japan that very detailed modeling and realistic weathering.
Japanese robot became angular shape because of Star Wars shock.

胴体の間着の抜き口も丸から四角へ変わってます。
Sofvi joint changed from round to square.

ghk389_7
丸い抜き口が
Rounded joint

ghk389_8
四角くなってきてます
Had became a square

この平べったいロボ造形だと生産型(同じ型が何個もくっ付いてる金型)で生産する上でも
一枚の金型にたくさん付けられて、生産コスト的にも当時のメーカーには合理的だったと推測出来ます。
Even on the production in the mold, square shape fits more than round shape.
I can guess a lot attached to the mold of a piece, it was reasonable to manufacturers at the time also the production cost.

ghk389_9
80年代前半のロボソフビたち
Robot sofvi of early 80s

ボクの推測(妄想?)が正しいかどうかはさておき、どうも77年前後から
日本のロボットソフビの造形は丸から角に造形が変わって行きます。
Whether correct, from '77 around very much modeling of robot Soft Vinyl in Japan had changed into the round to square.

そこで今回制作するボトムズ、エルガイムは84〜85年作品。
「当時に発売さていたら」と考えると角い造形に合わせるのが正解。
そんなことを夢想して制作したのが、こちら。
Both Votoms and L-Gaim were '84~'85 animation.
The correct answer is angular modeling to think of the "If it released in that time."
This is the final product,

ghk389_10
スコープドッグ(テストショット)
Scope Dog (test shot)

当時ものと考えると、少しハードディティールな感もありますが
そこは当時、1/100のガンプラのリアルタイプが流行った事を加味して考えたら、
有りじゃないですか?
いや、正解でしょ?
つうか、オレはコレが欲しい!
と思って作りました(笑)。
When I think of back in the days, it's little hard detail.
However, if I think in consideration that the real type of Gundam 1/100 was popular out there, could be possible!?
Probably correct to fits the era?
Yeah! I want this!
I made it like this (laughs).

そして、直哉が作ったエルガイムはこちら。
And, This is the L-Gaim that Naoya made.

ghk389_11
エルガイム、製品版成形色
L-Gaim : Product version color

ghk389_12
スコープドッグ、製品版成形色
Scope Dog : Product version color

ワンフェスにしてもキャラホビにしてもそうですが、
趣味優先で企画し参加してます。
お好きな方だけで結構なので、お付き合い頂けたら幸いです。
それと、キャラホビではガーガメルではなく
デンデン玩具(ブースNo.C-1)で出展してます。
ガーガメルで申し込んで、また抽選で落ちたら泣きそうだったので
以前、趣味で作った屋号を使いました。
池田造形に岡田(チャンメン)パッケージデザインで田田玩具。
Both Chara-Hobby and WF, I'm participated in my hobby priority.
Hope you like what I like and what I made.
At the same, rather than Gargamel, I use the name "Den Den Toys" which Chanmen and I made before. We exhibiting at Booth No. C-1.
I'm going to cry if I use Gargamel name and fell in the lottery. That's why I use "Den Den Toys" name at this time.
Den Den Toys are Okada (Chanmen) does package design and Kiyoka Ikeda does modeling.

ghk389_22
チャンメン謹製"田田玩具"ロゴ
Chanmen made "Den Den Toys" logo

宜しくお願いしま〜す。
Hope to see you there!


Translation : TerribleWhore

モアテストショット
more test shot pics

ghk389_13

ghk389_14

ghk389_15
ghk389_16

ghk389_17

ghk389_18

ghk389_19

ghk389_20

ghk389_21

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gargamel/54916462