ガーガメル放送局

2016年01月28日

ガーガメルのプラモデル

Gargamel’s plastic model.

プラモも大好き、ガーガメルの池田圭郁です。
と言っても、作るのはほぼガンプラです。
Hello, Kiyoka here.
I love making plastic model kit….oh, you know I make and build up almost GUNPLA only.

ghk416_01
素組にガンダムマーカーでペイントしたり
I build up without any additional customs details, and parts.I only try to paint it by “Gundam marker”.

ghk416_02
少しイジってエアブラシで塗装したり
With slightly customs details-up with spray by air brush.

ghk416_03
張り切るとプロポーションイジったり、旧キットと2コ1したり
Sometime, I try to very hard to custom details up to became good looking proportioned, or I planted to use from older model kit parts as basement build up.

と、その時々のテンション次第で楽しんでます。
Anytime I can enjoy making and customs build up GUNPLA.

そんなプラモは作る専門だった僕が、(株)PLMさんからの依頼でプラモデルをデザインしました。
I am just a fan to build plastic modeler on Sunday, but this time I planned and designed plastic model on request from PLM Co., Ltd.

「日本製で日本らしいお土産的なプラモデル」と依頼されたので
いくつかアイディアをお話しし、ソフビでも縁のあるあの電波塔をモチーフに
変形してロボットになるプラモを制作することとなりました。
They asked me, of course it should be “made in Japan” Plastic model, and “kind of Japanese souvenir style”. So I discussed with PLM about some ideas, and finally, we decided to plan famous Japanese radio tower. It is variable to Robot style.

昔のプラモデルは職人が手で原型(木型)を作り、
それを元に金型職人がアナログ作業で金型を彫っていました。
今は3Dソフトなどで設計し、金型もデジタルで彫っています。
今回はデザインだけのお仕事なので、
コンピュータが苦手な僕は、まず手描きでデザインを詰めました。
In good old days in Japan, in plastic model factory, the craftsman made prototype (wood mock) as master sculpture, and then injection mold of craftsman carved image of object to steal molds by his hand. As you know nowadays, totally digital 3D method is innovated to all factories as common way. This time, I just designed work of radio tower robot, and I am not good at computer works, so I began to hand drawing to concrete design.

ghk416_04
最初期のイメージ
The first roughly design.

ghk416_05
大体デザインが固まってきたイメージ
And concreted design to finalize.

ghk416_06
タワーの形状
The radio tower design.

ghk416_07
変形機構のイメージ
This is variable function.

ここまでが僕の作業で、
これを元にChanmenくんに彼の魔法でキレイにしてもらいます。
And then, Chanmen finalizes it based on my design works. You know he has really, really magic skill.

ghk416_08
ロボとタワー形態の三面図
Trihedral figure of robot and tower styles.

ghk416_09
構造がわかるようにスケルトン風のイラスト
The illustration showing inner function.

デザイン画がキレイになったことで、気になった点を修正。
Proceeding with modified some points.

ghk416_10
最終的なデザイン画
Finalized design drawing.

このイラストを元にPLMさんで3Dデータの設計をしてもらいました。
PLM Co.,Ltd. arranged to 3D data constructing based on Chanmen’s final drawings

ghk416_11
ghk416_12
3Dデータになった電波塔ロボ
3D data for Radio Tower Robot.

作成した3Dデータから、ボリュームを確認するため
3Dプリンタで出力し、試作品を制作。
The trial shot, making from 3D printer, the purpose of inspection.

ghk416_13
ボリューム検討用試作
Trial shot for considering size and volume.

これを見て、少し大きく感じたので
サイズを変更してもらいました。
次に変形の構造に欠陥がないかを確認するため、
構造検討用の試作を3Dプリンタで出力、色分けも検討します。
I felt the size and volume of this trial shot was little bit bigger, I asked PLM to change the sizing.
And then, also inspected function works well. At the same time, we checked dividing way of injection color material.

ghk416_14
構造検討用試作品
The trial shot for considering of construction and function.
ghk416_15

上記を経て、3Dプリンタで出力した最終確認用の試作品を作成。
The modified trail shot from 3D printer for final inspection purpose.

ghk416_16
製品にかなり近い試作品
Almost close to final production.

ghk416_17
三体並べるとこれだけサイズが違います
There was the result of test shots inspection process.

最終試作はパーツ単位で出力し組み立てているので
変形も可能です。
Final test shot was constructed by each parts, so able to change style to robot and tower.

ghk416_18
タワー形態
Tower style.

この最終試作を元にランナーのレイアウトをし、金型を制作します。
ソフビの場合、原型制作→ワックス変換→金型製作となるので
デザインも含めて僕一人で完結しますが、
プラモデルとなると上記のような工程があり、とても一人では作れません。
良い機会をくださったPLMの浅海拓郎さんに感謝です。
Based on this final shot, the parts layout, which is attached gate runner, in injection mold will be decided. In case of sofubi producing, I can start from design to produce (making master sculpture, wax mold and slush mold process ) it by myself, but such plastic model production, of course I can not work by myself. This time, to know and study plastic model producing process was my good experience. I would like to say thank you to Mr. Takurou Asaumi of PLM.

そして、パッケージはもちろん魔術師Chanmenくん。
Of course, the package was designed by Chanmen, the wizard.

ghk416_18b
パッケージ
Package.

イラストもChanmenくんに描き起こしてもらいました。
良い仕事をしてます^^
Chanmen’s original drawing. Good job !

この「ガーガメルの空想変形シリーズ 昭和型電波塔ロボ」は
2/7のワンフェスにて、PLMブース(企業ブース 2−14−01)で発売予定です。
販売に関するお問い合わせは下記に願います。
“Gargamel’s imaginary variable series Showa style Radio Tower Robot” will be sold at “Wonder Festival 2016 Winter” on 7th Feb. @PLM booth #2-14-01.

株式会社ピーエルエム
〒376-0013             
群馬県桐生市広沢町6丁目294-1     
TEL:0277-47-9550 FAX:0277-47-9555 
mail:info-qq@plm.co.jp
担当:中嶋・浅海

PLM Co., Ltd.
294-1, Hirosawa-cho, 6‐chome, Kiryu-shi, Gunma 376-0013 Japan.
TEL:0277-47-9550 FAX:0277-47-9555 
Mail : info-qq@plm.co.jp
PIC. Nakajima / Asaumi

Facebook https://www.facebook.com/JAPAN81-by-PLMcoltd-290169827695836/

Twitter https://twitter.com/plmcoltd

ghk416_19

宜しくお願いします!
Don’t miss it !



蛇足
Redundancy

折角なので、撮影したプラモの別カットをお見せします。
I would like to show you my GUNPLA.

ghk416_20
ザクマリナーは当時のキットの出来が非常に悪かったので、
HGUCバージョンでリリースしてもらえて、本当に嬉しかったMSです。
これを制作した頃はガンダムマーカーに凝っていたので
成型色活かしでそのままマーカーでウェザリングしてます。
The first model of ZAKU submariner was not good quality kit.
So, when they released high quality renewal kit of HGUC series, it made me so happy.
I like Gundam maker, and I only finished as “weathering” on surface.

ghk416_21
ghk416_22
待てども待てどもHGUC化されないレコンタイプのザクを
旧キットと2コ1で制作した物です。
デザインは少しアレンジして、デカールは旧キットから拝借してます。
The Recon type ZAKU never released as HGUC series for long time. I am still waiting officially release of it. I built custom model to use old kit of Recon type ZAKU as half of basement. I put decare which was in old kit..

ghk416_23

ghk416_24

ダンボール戦機も初期は良かったので結構作りました。
素組で塗装してるだけですが、小さいので時間もかからず楽しかったです。
ただ、Wまではなんとか見れたのですが
話が進むにつれ、どんどん面白くなくなったので
ウォーズの頃には完全に飽きてました…^^;
ゲームも子供向けで面白くなかったですが、
メカのデザインは良かっただけに惜しいです。
I watched “Little Battlers experience” also, and I have built up its GUNPLA, these were small size and easy to build up, and could enjoy to make simply. (these TV stories were for children. I could keep to watch the sequel series "Little Battlers experience W" episodes, but finally I got tired of watching to next series "Little Battlers experience Wars".
The video game of “Little Battlers experience” series were also for children playing, so I could not enjoy its game deeply, but I love these cool mechanic designs.

それと、僕はアレルギーがあるので、ワンフェスには行きません。
悪しからず。
Thanks for reading to the end, and please note I regret to say I can Not attend Wonder Festival on 7th Feb.


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/gargamel/55458571