ガーガメル放送局

2017年03月21日

Gargamel Custom Show 2017 at Angel Abby


準備中
Now preparing :

ghk445_00

ghk445_01

ghk445_02

ghk445_03

ghk445_04

ghk445_05

ghk445_06

ghk445_07

ghk445_08

ghk445_09

ghk445_10

ghk445_11

ghk445_12

ghk445_13

ghk445_14

ghk445_15

ghk445_16

ghk445_17








  

Posted by gargamel at 12:34TrackBack(0)

2013年03月30日

Here Comes Hobie!!!


以前、当"GHK"や今は無き"怪ZINE"に連載されていた"GHK BS"において
時々ご紹介させて頂いた"Grass Hut"(オレゴン)の虎の子ことJustin "Scrappers" Morrison("魔界村"のアーサー似)。
近年は古巣オレゴンからハワイへ、そしてまたオレゴンへと拠点を移し、
ワイフと息子との3人でワイルドな生活そのものが、既に"ART"な"Scrappers" ですが…

TDOA
"The Department of Awesome"なるアートプロジェクトを立ち上げ、
様々な雑誌・新聞の紙面のみならず広告にも作品をグイグイ押し込んで、パブリッシャーとしての才能を活かしている模様。

昨年2012年にプロジェクトの一環で、
"Scrappers"の作品を直哉がレジンで立体化したのが"Hobart"。

url
※2012年 SDCC2012にて発売(済)。

download-2

そして、この度"Scrappers" の提案で、
The Department of AwesomeにおいてWEB限定のカスタムSHOWを開催することになりました。

参加アーティスト一覧
Scrappers
LeMerde
MartinOntiveros
BwanaSpoones
Brian Flyn
・池田圭郁
・池田直哉
・CHANMEN
KOJI HARMON

さて当プロジェクトですが…
日本時間4月1日(月)午後9:00よりThe Department of Awesomeにて発売開始予定です。

尚、事前に先行プレビュー画像が閲覧出来るようなので、
ご興味在る方(ちょっぴり英語に自信在る方)は下記アドレスへ秘密のパスワード“Shaka” と明記して送って下さい。
aloha@thedepartmentofawesome.com

宜しくお願いします。  
Posted by gargamel at 09:51TrackBack(0)

2011年03月30日

大楽書きまつり通販開始


大楽書きまつりに出品されたアイテムの通販を開始します。
欲しいものがありましたら、こちら(info@gargamel.jp)まで
メールにてお問い合わせください。
また、同一作品に対し複数の応募があった場合、抽選とさせていただきます。
売り切れた作品に関しては、随時こちらで更新しますのでご注意ください。
宜しくお願い致します。

ghk271_GK11
GK-11 ザゴラン by Kiyoka Ikeda
¥SOLD(tax in)
ghk271_GK11b
ghk271_GK11c

ghk271_GK27
GK-27 ミニヘドラン1 by Kiyoka Ikeda
¥7500(tax in)

ghk271_GK28
GK-28 ミニヘドラン1 by Kiyoka Ikeda
¥7500(tax in)
ghk271_GK28b

ghk271_GK29
GK-29 ミニヘドラン2 by Kiyoka Ikeda
¥7500(tax in)
ghk271_GK29b

ghk271_GK30
GK-30 ミニヘドラン2 by Kiyoka Ikeda
¥7500(tax in)
ghk271_GK30b

ghk271_GK47
GK-47 迷彩デスラ by Kiyoka Ikeda
¥SOLD(tax in)

ghk271_GN20
GN-20 ミニヘドラン2 by Naoya Ikeda
¥SOLD(tax in)
ghk271_GN20b

ghk271_GN21
GN-21 ミニヘドラン3 by Naoya Ikeda
¥7500(tax in)
ghk271_GN21b

ghk271_KK02a
KK-02 ミニデスラ by Kiyoka & KaToPe
¥SOLD(tax in)

ghk271_KK03
KK-03 トリ地蔵 by Kiyoka & KaToPe
¥12500(tax in)
ghk271_KK03b

ghk271_KP01
KP-01 Black Snake by KaToPe
260mm x 360mm
¥60000(tax in)

ghk271_KP02
KP-02 Monster by KaToPe
227mm x 227mm
¥SOLD(tax in)

ghk271_KP03
KP-03 God by KaToPe
287mm x 1245mm
¥330000(tax in)
ghk271_KP03a
ghk271_KP03b
ghk271_KP03c

ghk271_KP04
KP-04 God by KaToPe
252mm x 576mm
¥130000(tax in)

ghk271_KP05
KP-05 Goddess by KaToPe
456mm x 456mm
¥150000(tax in)

ghk271_KP06
KP-06 Angel Bird by KaToPe & Chanmen
98mm x 350mm
¥SOLD(tax in)

ghk271_KP07
KP-07 Gazilla by KaToPe
455mm x 600mm
¥180000(tax in)
ghk271_KP07b
ghk271_KP07c

ghk271_KP08
KP-08 Geta by KaToPe
120mm x 230mm
¥20000(tax in)

ghk271_KP09
KP-09 Cat by KaToPe
98mm x 350mm
¥20000(tax in)

ghk271_KP10
KP-10 God Rabbit by KaToPe
178mm x 323mm
¥50000(tax in)

ghk271_KP11
KP-11 God Bird by KaToPe
400mm x 900mm
¥330000(tax in)
ghk271_KP11a
ghk271_KP11b
ghk271_KP11c

ghk271_KP12
KP-12 Mitari-chan by KaToPe
600mm x 900mm
¥SOLD(tax in)
ghk271_GC01a
GC-01 ザゴラン by Chanmen
¥SOLD(tax in)
ghk271_GC01b

ghk271_GC02a
GC-02 ミボラ by Chanmen
¥SOLD(tax in)
ghk271_GC02b
ghk271_GC02c

ghk271_GC03a
GC-03 ミボラ by Naoya & Chanmen
¥SOLD(tax in)
ghk271_GC03b

ghk271_GC04a
GC-04 ミニザゴラン by Chanmen
¥SOLD(tax in)
ghk271_GC04b

ghk271_GC05a
GC-05 ミニザゴラン by Chanmen
¥SOLD(tax in)
ghk271_GC05b

ghk271_GK63a
GK-63 ザゴラン by Kiyoka Ikeda
¥SOLD(tax in)
ghk271_GK63b
ghk271_GK63c

ghk271_GK64a
GK-64 ザゴラン by Kiyoka Ikeda
¥SOLD(tax in)
ghk271_GK64b

ghk271_GK65a
GK-65 ミボラ by Kiyoka Ikeda
¥SOLD(tax in)
ghk271_GK65b
ghk271_GK65c


  
Posted by gargamel at 13:02TrackBack(0)

2011年03月29日

大楽書きまつり通販のお知らせ


延期しておりました”大楽書きまつり”の通販を明日の13:00頃より開始します。
Chanmenくんのカスタムペイント含め、会期に間に合わなかった作品も数点ございます。

宜しくお願い致します。

  
Posted by gargamel at 15:00TrackBack(0)

2011年03月14日

大楽書きまつり通販延期のお知らせ


2011年東北地方太平洋沖地震の混乱が落ち着くまで、大楽書きまつりの通販を延期させていただきます。
ボクらの知人、友人とその親族にも未だ安否不明な方々がいますし、
現在、自分たちに出来ることを思案中です。
ご理解願います。
宜しくお願い致します。

ghk272_1
遅れていたチャンメンくんのカスタム

  
Posted by gargamel at 11:41TrackBack(0)

2011年03月10日

大楽書きまつり通販のお知らせ


大楽書きまつりに沢山のご来店、ありがとうございました。
現在、出品されたカスタム108点中85点が売約済みとなっております。
カスタムペイントの通販に関しては、
来週の月曜日13:00頃に開始する予定です。
Chanmenくんの開催当日に間に合わなかったカスタムも同時にupする予定です。
大楽書きまつりは今週の金曜日まで開催中ですので、店頭優先とさせていただきます。
予めご了承ください。
宜しくお願い致します。

大楽書きまつり当日の模様を少し掲載します。

ghk270_1

ghk270_2

ghk270_3

ghk270_4
カトペ画伯はライブペイントでお出迎え

ghk270_5
ちょうど日本に来ていたGreg(Mishka)とLamour Supremeも来てくれました

ghk270_6
流石に場慣れしてるだけあり、わずか5時間で完成

  
Posted by gargamel at 18:08TrackBack(0)

2011年03月03日

大楽書きまつり


ghk269_1

ghk269_2

  
Posted by gargamel at 20:57TrackBack(0)

2011年03月02日

大楽書きまつり


ghk268_1

『大楽書きまつり』
3月5日(土)
14:00 ~ 17:00 

Gargamel Flag Store Thrash Out
東京都杉並区高円寺南2-51-9-2F
03.3315.6570

ghk268_2

ghk268_3

ghk268_4

ghk268_5
  
Posted by gargamel at 00:38TrackBack(0)

2011年02月23日

大楽書きまつり


ボクの体調不良で延期していた”大楽書きまつり”を3/5に開催します。
詳細はおってお知らせします。
ご期待ください。

ghk267_1
  
Posted by gargamel at 15:02TrackBack(0)

2011年02月08日

ワンフェス終了〜


おかげさまで、ワンフェスも無事終了。
今回は久しぶりにディスプレイにも凝ってみました。

ghk264_1
ミクロマンはこんな感じ

ghk264_2
マリオブラザーズ

ghk264_3
新作レッキングクルー

ghk264_4
スラッシュアウトではお馴染みのガチャ筐体も持ち込みました(しかも両脇が空ブース)

会場ではやはりバタバタしたりぐったりしていて、見たいモノもあまり見れませんでしたが、San Diego Comic Conと同様、色んな人たちに会えるのはやはり嬉しいです。
それでは、ちょこちょこ廻って見たものと買ったモノをご紹介。

ghk264_5
Shovel Headのブース

会えて嬉しかった人の一人、宇田川先輩のブース。
この方も国内より海外のほうが評価が高く、NIKEの本社スジから直接オファーがくるスゴいアーティストです。どれも相変わらずの凄まじい出来でした。
新作の鳥シリーズもスゴい良かったです。
なかなか生で作品を見れる機会の少ない、こういった巨匠を招聘してくれるWFはステキだと思います。

ghk264_6
目が光ったり、手とお腹のドライヤーのファンが廻ったりとギミックも凝ってます

ghk264_7
マイティボンジャック

メディコムトイのWF限定品。ヘッダーも良い感じです。
この造形にピンときたら、消しゴム好きかリアルタイムで体験してるかだと思います。もちろん、二色とも購入。

ghk264_8
煙草を吸う人と酔っぱらいを購入

原型師の先輩、真辺さん(グレイクレイ)が原型を制作しているメタルフィギュア。

ghk264_9
脅威の小ささ、全高約1cm(1/87サイズ)

袋から出すと無くしそうなので、塗料を買うまで開封しません。
この小ささでこの表情はグッときました。
気になる方は発売元のさかつうギャラリーをチェック。

ghk264_10
工房西岡の木製玩具

去年はうぐいす(写真右)を買ったので別の鳥を購入。
ここのブースも毎回の楽しみのひとつ。

ghk264_11
デカンダーとサンダー

お馴染みぶたのはなの新作も3種購入。新規造型3種、嬉しいです。

ghk264_12
ナキラ、良い顔してます

ghk264_13
ハリマ王の伝説とガムラツイストのシール

一枚20円くらいだったのでまとめて購入。
ハリマ王は見かけたら拾ってるので嬉しい。
なにより、今の時代この値段じゃシールも作れないし。

ghk264_14
ヘッド?2枚目get!

ここでロボット軍団ファンにはスクープ!

ghk264_15
オリエンタルテクノロジーの新作!?

この安定したセンスの良さ、まさにカッコイイ大人の仕事です。
今回のワンフェスには参加してませんでしたが、今後の本業次第で参加する場合は販売があるそうです。楽しみ過ぎる…。
早く欲しいです!

この他、欲しかったM1号のガッツ星人は売り切れだったものの、その場で受注をしていたので購入。
こちらも届くのが楽しみ。
あとはRGなどガンプラを少々買いました。

夏のワンフェスは場所が幕張に変わってから、8月から7月に日時が変わったため
SDCCとかぶるので参加できずにいますが、楽しいので夏も出たいと毎回思います。
で、次回の参加申込書を見たところ、7/24開催と今年もSDCCと丸かぶり…。
会場、開催時期含め、ビッグサイトのときのが良かったなぁと心から思います。
なので、ガーガメルの次回ワンフェス参戦は来年の冬になると思います。

次回GHKでは、ご要望の多い塗装講座をやろうと思ってます。
あまり期待せずにお待ちください。
宜しくお願い致します。


  続きを読む
Posted by gargamel at 18:27TrackBack(0)

2011年02月02日

Wonder festival 2011W


ワンフェスの製品版が揃いましたので、お知らせします。
まずはこれで一段落のアクロイヤーブルースター。

ghk263_1
アクロイヤーA303ブルースター ¥3990(tax in)

これで3色並べて飾れます!

続いては、マリオの色替え+新規原型2点。
マリオはピンク成形、ルイージはグリーン成形とイメージカラーで成形しました。
新規で制作したシェルクリーパー、ファイターフライもそれぞれイメカラの緑、白で成形。

ghk263_2
マリオブラザーズ版マリオ&シェルクリーパー ¥4000(tax in)

ghk263_3
マリオブラザーズ版ルイージ&ファイターフライ ¥4000(tax in)

そして、完全新規制作のこちら。

ghk263_4
レッキングクルー指人形セット(肌色成形) ¥3000(tax in)

FCマリオブラザーズ版の立体物と同様、立体化に恵まれなかったレッキングクルーを指人形で制作しました。
パッケージにあるマリオのイラスト以外、ボクの知るかぎり当時の資料でオフィシャルのイラストなどは無さそうだったので、ゲーム画面のドット絵を参考にボクのイメージを足してブラッキー、ナスビ仮面、スパナゴンを制作しました。
なので、正直なところ監修が心配でしたが、無事に許諾をいただけて嬉しいかぎりです!

ghk263_5
左:マリオ、右:ブラッキー

ghk263_6
左:ナスビ仮面、右:スパナゴン

アクロイヤー以外は全て無彩色なので、
ワンフェス後に、また塗装講座をしようかなと思ってます。

寒いし遠くなりましたが、ワンフェス会場でお待ちしております。
宜しくお願い致します。


  
Posted by gargamel at 17:04TrackBack(0)

2011年01月27日

Wonder festival 2011W


先月から体調を崩し、年末年始を跨ぎ入院していた池田です。
以前お知らせしましたが、ガーガメルはワンダーフェスティバル2011冬に参加します。
卓番号は5-20-07です。
申請した版権ものは初期段階で落ちたネクロス以外、全て取得できました!
今後、製品版もこちらでご紹介する予定です。
おたのしみに!

ghk262_1

  
Posted by gargamel at 17:04TrackBack(0)

2010年12月20日

JAPANESE VINYL : KAIJU & BEYOND at rotofugi


ghk259_1

日頃の不摂生がたたり、帰国直前に体調を崩しました。
具合も良くなってきたので、行って来た”rotofugi”の様子を書いてみようと思います。

成田から飛行機を乗り継ぎ14時間。
初めてのChicagoは飛行機から降りたとたん、東京とは異質の寒さが…
空港を出ると当たり前の様に雪掻きがされていて、笑えてくるほどに寒い…
空港まで迎えに来てくれたrotofugiのWhitneyに連れられて
ギャラリーに直行。

今回お世話になったrotofugiはショップスペースとギャラリースペースが半分ずつあるところで、100年以上前に建てられた建物を改装して作られた店内はとても広いです。

ghk259_2
rotofugiの外観

ghk259_3
入り口はこちらから

ghk259_4
ポスターまで作ってくれてました

ghk259_5
ショップスペース

ghk259_6
ギャラリースペース

が、着くなりトラブル発覚。
一週間前に送ったカスタムが未だ届いていないとのこと。
焦ったところでEMSが届くわけでも無く、夕飯を食べて解散。
明日届くことを祈る。

ghk259_7
名物シカゴピザ

ghk259_8
シカゴの地ビール"312"

今日は暖かいほうだと言われた開催初日、空を見れば確かに良い天気。

ghk259_9

が、足下には溶けそうにない雪。

ghk259_10
凍っていて、スニーカーだと余裕で滑ります

現地の人たちはTシャツにジャケットくらいの軽装に対し、
ボクはインナーにヒートテックx2でも、とにかく寒かったです。

rotofugiのオーナーKirbyの尽力もあり、到着が遅れていたカスタムの詰まった段ボールは
午後1時くらいに届くとのことで、11時の開店と同時に整理券だけ先に配布。
カスタムが届くなり、いそいそと展示物をレイアウト。
作業をしていて驚いたのは、Kirbyがとにかく何でも自分でやるのがスゴかった。
棚の取り付け、壁に貼るステッカーのデータ作成&出力&張り付け、
ボクのレイアウトが終わると、ナンバリングしてプライスリストの制作。
ほとんどの作業を彼一人でやっていて、親近感を感じる。

ghk259_12
手慣れた手付きでシャッシャッと切った貼ったして

ghk259_13
パッと完成

ghk259_14
ロゴを囲う様に迷彩デスラを配置

気持ちよくレイアウトを終え、限定品はカウンターに展示。

ghk259_15
限定品は5種を用意

今回の限定品のザゴランは、張り切ってカスタムっぽいカラーのものをご用意。
久しぶりに上手くできた自信作の成型色で、透明度のある硬質ソフビに淡いグラデを入れました。
新しい成型色が非常に気に入ったので、新作のミボラも同じ成型色を使用。

ghk259_17
今回のショーに合わせて制作したミボラ

脱線しますが、ボクは青系の色が好きなので、
気が付いたらこんなに青系の成型色作ってました。

ghk259_16
左から、55ブルー、らくがき、rotofugi、2010福袋版、西村先生考案カラー版(これも福袋)

写真で撮るのが非常に難しかったのですが、並べると少し透明感があるのが分かるでしょうか?

さて話を戻します。

作品全てにナンバーを振った時点で、オープニングまで2時間くらいあるから
ホテル戻って休んでていいよと言われ、Kojiと軽く飯に。

もどってみると、さっきまでマスキングテープに仮で振ってあったナンバーが
こんな感じに。

ghk259_18b
一点一点丁寧にナンバリング

ギャラリーは白で統一されれてとても清潔感があり、天井も高いし最高。
こんなに広いスペースで展示ができたのは初めてだったので
非常に楽しかったです。

ghk259_19

ghk259_20

ghk259_21

ghk259_22

19時前から人が集まってきて、ギャラリースペースも解放。
思いのほか、ぞくぞくと人が入ってきて
胃痛を感じていたボクのテンションもup。

ghk259_23

ghk259_24

ghk259_25

実物を初めて見た人たちは、写真と実物は全然違う、beautiful!と言ってくれて
今回のショーをやれて本当に良かったなと思いました。
また、意外に十代の子たちが真剣に見てくれていて、
日本とは違うなぁと改めて思いました。
ショーは来年の9日までの開催で、現在webでの通販も開始しました。
気になる方は”コチラ”からどうぞ(英語です)。

ChicagoのOhare空港は、英語が曖昧なボクには外の寒さ以上に冷たい感じでしたが、
rotofugiに来てきれた人たちはみんな親切でとてもステキでした。
来てくださった皆さん、ありがとうございました!

We greatly appreciate to everyone who came out for "JAPANESE VINYL: KAIJU & BEYOND @rotofugi".
And many thanks to Kirby and Whitney @ rotofugi for awesome being hosts.

Beautiful buildings...delicious foods...
and Nice peoples who gather in it and rotofugi!!!
It was very impressive.

But...My health condition was very bad while staying in Chicago.
Therefore, I was not able to talk enough with everybody.
so I hope to meet again everyone in Chicago...

Please keep enjoy&love to GARGAMEL&JAPANESE VINYLs!!!.
Thank you,

Kiyoka


  
Posted by gargamel at 15:31TrackBack(0)

2010年12月08日

JAPANESE VINYL : KAIJU & BEYOND at rotofugi


Preparing for rotofugi show

ghk257_1

ghk257_2

ghk257_3

ghk257_4

ghk257_5

なんとか、準備完了!
合計100点以上をご用意しました。
ご期待ください!!!

あっ、カトペ画伯は秘密個展準備のため、今回は不参加です。
画伯の次回登場は、来年の一月開催予定の大楽書きまつりだと思います。

  
Posted by gargamel at 03:37TrackBack(0)

2010年12月06日

JAPANESE VINYL : KAIJU & BEYOND at rotofugi


現在、鋭意製作中です。
Preparing for rotofugi show

ghk257_1

ghk257_2

ghk257_3

ghk257_4

  
Posted by gargamel at 23:33TrackBack(0)

2010年12月04日

JAPANESE VINYL : KAIJU & BEYOND at rotofugi


現在、鋭意製作中です。
Preparing for rotofugi show

ghk256_1

ghk256_2

ghk256_3

  
Posted by gargamel at 00:16TrackBack(0)

2010年11月26日

JAPANESE VINYL : KAIJU & BEYOND at rotofugi


12/10より、シカゴにあるギャラリー”rotofugi”にて個展を開催予定です。

ghk255_1

2007年にrotofugiで開催された合同展には参加したものの、
シカゴに行くのは今回が初めてということもあり、張り切って準備中です。

rotofugiさんがボクらのプロフィールも書いてくれたので、英語の分かる方はコチラも見てみてください。
がんばります!

  
Posted by gargamel at 21:29TrackBack(0)

2010年11月19日

Funbuns Custom Show Sat Nov 20th at Super7!


Chanmenくんのも締切りギリギリで出来上がったので、バーガーバンズのカスタムたちをご紹介。
全て、Super7で11/20(日本時間だと明後日)に開催される"Funbuns Custom Show"に出品されます。

ghk253_1
by Kiyoka Ikeda

ghk253_2
by Naoya Ikeda

ghk253_3
by KaToPe

ghk253_4
by Chanmen

ghk253_5
by Koji Harmon

Le Merde先輩が熱望した大橋先輩も参戦!

ghk253_6
by Shigenobu Ohhashi

他の参加アーティストも気になる方はコチラをどうぞ。
スライドショーもあり?。

Funbuns Preview Slideshow - SAT NOV 20th @ Super7 SF

http://www.flickr.com/photos/mikekellyisafox/sets/72157625294198667/show/
  
Posted by gargamel at 14:28TrackBack(0)

2010年11月16日

Randall's Magic Scrap Yard


"Randall's Magic Scrap Yard"に出品されたアイテムの通販を開始します。
欲しい作品がありましたら、こちら(info@gargamel.jp)まで
メールにてお問い合わせください。
同一作品に対し複数の応募があった場合、抽選とさせていただきます。
売り切れた作品に関しては、随時こちらで更新しますのでご注意ください。

宜しくお願い致します。

ghk252_BC_01
BC-01 ooze bat baby by Bwana Spoons
¥SOLD(tax in)
ghk252_BC_01b

ghk252_BC_02
左から、BC-02a,BC-02b,BC-02c angel bird baby by Bwana Spoons
各¥3000(tax in)
ghk252_BC_02b

ghk252_BC_03
左から、BC-03a,BC-03b,BC-03c,BC-03d zagoran baby by Bwana Spoons
各¥SOLD(tax in)
ghk252_BC_03b

ghk252_BC_09
BC-09 cosmos bakobas #1 by Bwana Spoons
¥6000(tax in)
ghk252_BC_09b

ghk252_BC_011
BC-11 dolly #13 by Bwana Spoons
¥20000(tax in)
ghk252_BC_011b

ghk252_BC_012
BC-12 globby by Bwana Spoons
¥20000(tax in)
ghk252_BC_012b

ghk252_BC_013
BC-13 grassy hippie pants by Bwana Spoons
¥13000(tax in)
ghk252_BC_013b

ghk252_BC_015
BC-15 nest by Bwana Spoons
¥11000(tax in)

ghk252_BC_016
BC-16 fishmeal by Bwana Spoons
¥15000(tax in)
ghk252_BC_016b

ghk252_BC_022
BC-22 crouching pants hidden deathra by Bwana Spoons
¥7600(tax in)
ghk252_BC_022b

ghk252_BS_01
BS-01 by Bwana Spoons
grass b/w ink on paper,115mm x 115mm
¥4000(tax in)

ghk252_BS_04
BS-04 nuts by Bwana Spoons
b/w ink on paper,115mm x 115mm
¥4000(tax in)

ghk252_BS_05
BS-05 shred nuts by Bwana Spoons
gouache and cel-vinyl on paper,205mm x 405mm
¥66600(tax in)

ghk252_BS_06
BCS-06 baby panther black diamond by Bwana Spoons
gouache and cel-vinyl on paper,350mm x 205mm
¥72000(tax in)

ghk252_BS_07
BS-07 rapa nui birthday by Bwana Spoons
gouache and cel-vinyl on paper,350mm x 205mm
¥36000(tax in)

ghk252_BS_08
BS-08 krokus party by Bwana Spoons
gouache and cel-vinyl on paper,305mm x 203mm
¥SOLD

ghk252_BS_09
BS-09 randall the ripper by Bwana Spoons
gouache and cel-vinyl on paper,300mm x 230mm
¥SOLD

ghk252_RC_05
RC-05 Randall by Shigenobu Ohhashi
¥SOLD(tax in)
ghk252_RC_05b

ghk252_RC_07
RC-07 Boos Attack Randall ! by Uamou
¥20000(tax in)
ghk252_RC_07b

ghk252_RC_011
RC-011 Randall by Mark Nagata
¥20000(tax in)
ghk252_RC_011b

ghk252_RC_017
RC-17 Boris by KaToPe
¥15000(tax in)
ghk252_RC_017c

ghk252_KP_01
KP-01 Randall by KaToPe
gouache and cel-vinyl on paper,375mm x 180mm
¥45000(tax in)  
Posted by gargamel at 13:00TrackBack(0)

Randall's Magic Scrap Yard


お待たせしました。
本日13:00より"Randall's Magic Scrap Yard"に出品されたアイテムの通販を開始します。
詳細はこちらでお知らせします。

宜しくお願い致します。
  
Posted by gargamel at 11:06TrackBack(0)

2010年11月12日

今週末は浅草→高円寺でいかがでしょうか?


明日の土曜日から、お馴染みKaToPe画伯とESOW先輩の合同展『想像緑道展』が
浅草のフウライ堂で開催されます。
明日のオープニングには、ボクらもBwana先輩と一緒に行く予定です。


ghk250_1

ghk250_2

KaToPe x ESOW 『想像緑道展』
11月13日(土)〜23日(火)
オープニングパーティ@11月13日

フウライ堂
東京都台東区浅草1--1-12浅草地下道21番
03.6231.6978


そして、日曜日はBwana先輩の個展『Randall's Magic Scrap Yard』が開催!
続々と届くRandallのカスタムは必見の出来です!
ご期待下さい!

ghk250_3

ghk250_4

『Randall's Magic Scrap Yard』a show by Bwana Spoons
11月14日(日)〜19日(金)

Gargamel Flag Store Thrash Out
東京都杉並区高円寺南2-51-9-2F
03.3315.6570

宜しくお願い致します。

  
Posted by gargamel at 17:08TrackBack(0)

2010年11月02日

Bwana Spoons 再々再来日直前!!!


年内ギリギリまでリリースや様々なSHOWに追われるBwanaを追い!?
少年時代の話から新作『Randall』誕生秘話まで…
実はあまり知られていないBwanaのパーソナルな部分をインタビュー。

ghk249_5
左:Bwana 右:Martin

・まずは自己紹介をしてください

名前はBwana、パンケーキとオニギリ、それとバナナを愛してる。
今はオレゴン州ポートランドに棲んでるよ。
ボク達(ポートランド)はまるでサンドウィッチの肉で、東に在るおいしいパン『マウントフッド』に挟まれてるような感じ。
ちなみに ポートランドの西側はワイルドな海岸が続いてるよ。
オモチャオタクになって、もうかれこれ長い。
STAR WARS、MICRONAUTS(海外版ミクロマン)、スケートボード、BMX…それと砂漠のヒッピー文化と共に成長したんだ。

・Bwanaが幼い頃ってどんなだった?

裏庭に深い深い穴を掘ってサンショウウオを探してた…探検家みたいな少年だったよ。
ティーンエイジャーの時にはアクション・フィギュアを山盛りの土の上にナイフで突き刺して燃やしたり…
He-Manフィギュアを木で造ったボートに置いて、川に流して大きな石を投げつけたりしてね…それで未知の水域に漂流させるんだ。
夜はBad Brainsを聴きながらベロベロに酔っ払った友達を見ながらスケボーしたり、時には陸上のアスリートの様に追いかけっこ(鬼ごっこ?)したりして…そんな事に何日も費やしたね。

・Bwanaにとって永遠のヒーロー(ヒロイン)は?

曾祖母がボクのヒーローだね。
彼女はズボンを穿いて1人で世界中の岩石を探して生きてたんだ。
ボクにパンケーキを作ってくれたり、実はボクが足が速いことを教えてくれた。

・何歳ぐらいからARTに興味を持ったの?

ボクはウ〜ン!と小さい頃から、絵を描いてるよ。
クレヨンでSTAR WARSのフィギュアが爆発する絵を良く描いてたなぁ。
高校生の時、ボク自身が芸術家になりたいのは解ってたんだけど、どんな分野の芸術家だとか、どうやったら芸術家に成れのるかとか、方法なんて知らなかった。
たぶん…建築家かなぁ?でも、あんまりしっくりこなかった。

・Bwanaに影響を与えたアーティストは?

ボクの大好きなアーティストは、Richard Scarry、Ed Emberley、松本大洋、水木しげる。
それとボクが本当に大好きなアーティストの友達達…Martin Ontiveros、KaToPe、Chanmen、Scrappers、Lori D、Amanda Visell、Le merde、Arbito、 Tim Biskup、APAKとか、他にもたくさん居る。
Really Dig、Jeff Soto、奈良美智、AJ Fosikなんかはフェイバリットだね。

・新しいキャラクター『ランドル』と『ボリス』について教えて。

ランドルはボリスの持ってる蜂蜜をひたすら欲しがっている熊。
かれこれ数年間、ボクはこの2つのキャラクターをスケッチブックに描いててね。
昔っから蜜蜂みたいな格好をしたヒッピーの熊を描きたかったんだ。
だからボクはいっつもランドルを描いてたんだけど…いつだったかオークランド・レイダーズのトレードマークのアイパッチと山岳民が被る帽子(ヒルビリーハット)を着けたら、なんだかしっくり来たんだ。
(ちなみにボクのお父さんはケンタッキー州から来た山岳民)
ランドルはとにかくハニー・ビールを呑みまくってる。
そう言えばボクの描くキャラクターって『呑み過ぎ』の問題を抱えたヤツが多いな…。
スティーブンはイチジクジュースが好きで… ジェシーはビーチビールを呑んでて…で、ランドルはハニービールを呑んでる。

それとボクが思い出すことができる限り…かなり昔から昆虫を愛しててね。
特にハチが好きだったせいか、ハチについては凄く考察してた。
蜂はとにかく素晴らしい仕事をしてるんだ。
花から花へ受粉をしながら世界を飛びまわってるんだけど、ついでに蜂蜜を造ってるなんて…スゴイよね。
ボリスもランドルみたいに心の中にズーッと居たんだけど、どうやって描いて良いもんか解らなかったんだ。

・ところでGARGAMELはいつどこで知ったの?

共通の友人Koji Harmonを通してだね。
Kojiとは古くからのメル友だったんだけど…それでガーガメルをボクに紹介してくれて… それと同時にSHOWに参加するチャンスをくれたんだ。
圭郁がボクと初めて会うズッーと前からSleeping Killerを創ってくれるって決心しててね…
Gargamel Gangがボクの心に至福を運んで来てくれたんだ。

・初めてガーガメルと出会った経緯は?

うぅぅ…さすがに 初めての時はを覚えて無いなぁ…。
だけどボクが初めてGargamelの地元を訪問した時に圭郁と直哉のお母さんに会ったんだ。
それとKaToPeのお父さんに会ったのを良く覚えてるよ。
なんてったって、ボクの頭が突き出るくらい強烈な事だったんだ。

・コレクションしてるモノを教えて

んんん〜最近は手広く少しづつ色んなモノを集めてる。
前はよくヴィンテージのミクロマンを集めてたんだけどね。
今は少しでも幸せを感じれるモノなら何でも良くてね…
恐竜、昆虫、かわいいヴィンテージの怪物、プレイモービル、LEGO、
小石とか木片、苔、植物、あとは…アーティストToy関係かな。

・Bwanaにとって最高な人、物、音楽を教えて

音楽だと…Xu Xu Fang、Fela Kuti、TV on the radio、Bonnie Prince Billy、Smog、Neurosis、mastodon、Prefuse 73…オールジャンル、何でも好きだね。
ビンテージのBMX、サボテン、ナマケモノ、バク、甘い紅茶、地球!!!

・Bwanaにとって最悪な人、物、音楽を教えて

ボクは(キッパリ!)どんな人やモノを嫌いにはならない。
でもね、ボクは嘘つきと形成外科、筋肉移植、あとプラスチックのゴミは大嫌い。

・最近ラッキーだった事は?

ボクがここ何年かで日本へ行く事が出来るようになったのは、本当にラッキーな事だと感じてるよ。
ここ数年、ボクはまるで旅行のように新しい場所に行ったんだ、仕事としてね。
今年はバルセロナ(スペイン)に行く機会もあった。
このあとすぐ東京とLAだし…このままたくさんラッキーが続けば2011年の1月にイースター島に行くんだ!!

・日本の好きな場所やお店はある?

ん〜、名前は解らないケド、昆虫博物館はかなり奇妙だったなぁ…
あとKoji Harmonと行った小さい動物園。
寺の骨董市も良かった。
圭郁が小さい頃に通ってた秘密のお店。
それから…ソフビ工場を見学したんだ!しかも体験まで!!
またいつかボクのフィギュアをあの工場で造りたいな。
Blue LugとW-BASEて言う自転車屋が好き。
公園に在った水木しげるSHOP、Thrashoutから散歩しながらゴジラ屋とか一番星にも行った。
今回はPunk Drunkersのお店に行きたいな。
あと高円寺で見つけたキッズ用の本屋さんに行く事を強く望んでるよ。
ちょっと恥ずかしいケド、東京ハンズに行くことに関しては毎回エキサイトしてる。
あ、サボテンか苔のお店って東京に在る?
そう言えばaronzo ronzo(?)に行ったんだけど、結構おもしろかった。
いつも日本での楽しみは『買い物』だね。

ghk249_2
巨大蜂の巣に大満足の図

ghk249_3
秘密のお店(駄菓子屋)でオジサンが大興奮の図

ghk249_4
初ソフビ製造体験で大奮闘の図

・最後に日本のファンにメッセージを…

みんなとThrashoutで会えることを願っています。
シャイにならないで、気軽に『ハイ!』って声かけてね。

日本のみんなからの親切なサポートに心から感謝しています。

xoxo
Bwana


インタビュー/text : 柳沢光二

  
Posted by gargamel at 12:26TrackBack(0)

2010年11月01日

"Randall's Magic Scrap Yard" a show by Bwana Spoons


今や様々なアーティスト達が集うメルティングポットと化したオレゴン州ポートランドから、今年も髭の妖精達が棲むGrass Hutより、若酋長BwanaSpoonsが魔法のギフトをスーツケースにしこたま詰めて再々再来日を果たします。
この秋にBwanaの脳内ワールドから新たなストーリーとして始まった『Randall's Magic Scrap Yard』は…

蜂蜜ドランカーのチャリンコギャング『クマのランドル』と、ランドルの隣人?のソウルフルで平和主義の『蜜蜂のボリス』が棲む不思議なスクラップ場のお話。
風になびく立派な毛並でワイルドな風貌のランドル…実は今迄にブラッシングを全くして無いだけで、違う意味でもワイルドなランドルは車と鉄クズの墓場を蜂蜜でハイになり、カスタム自転車に乗ってスクラップ場を大☆爆走する日々。
そんなスクラップ場の日常を尻目に貪欲に蜂蜜の収穫を続け、読書と音楽にティータイムを愛しツリーハウスにまったりと暮らすボリス。
フェンス1枚で彼等の生活は分断されていると思いきや…
寝る間も惜しまず『蜂蜜』盗みを楽しむランドルと苦悩に耽るマイルドな蜜蜂ボリス、それぞれの日常。

今回は、皆様の目と感覚で『魔法のスクラップ場』での正しい生活習慣をご覧下さい。

ghk248_1re
"Randall's Magic Scrap Yard" a show by Bwana Spoons @Thrash Out 11.14.2010

開催期間:2010年11月14日〜11月19日(13:00〜20:00)入場無料

展示内容及び販売商品
オリジナルのアートワーク及びカスタムペイントの展示販売予定
Bwana x Gargamel "Randall"と"Boris"ソフビフィギュア
Bwanaの親交あるアーティストたちが参加するカスタムショー

会場
Gargamel Flag Store Thrash Out
東京都杉並区高円寺南2-51-9-2F
Tel:03.3315.6570

*14日はサイン会のため15:00オープンとなります。
*サインは当日アーティストグッズをお買い求め頂いた方に限らせていただきます。
*混雑時には入場制限をさせて頂く場合がございます。

ghk248_2
左:Boris、右:Randall

  
Posted by gargamel at 21:27TrackBack(0)

2010年10月26日

!!!Happy Horror Halloween!!!


日本にはイマイチ馴染みの薄いハロウィン。
季節的文化よりカイ・ハンセンが率いていたジャーマンメタル
バンド『Helloween』を想起させるんでは無いか?などと無駄
な思考をヘッドバンキングで取り払うべくして訪れたMIKE先輩
からのお知らせ×3!!!

まずはMIKE先輩からのお知らせ(其の壱)

ghk247_2

先日10月22日(金)にアメリカで先行発売となった『Le Horror
』コーチ・ジャケット(ナイロンジャケット)がThrash Out に
到着しました。
なんとMIKE先輩本人がワルの実兄にいびられながら刷った1枚
1枚が『Le 謹製』となっております。
MIKE先輩曰く『プリント工場で刷るよりパンクな仕上がり』。

ghk247_3
サイズ:S、M、L、XL、XXL。
お値段は円高還元特別価格 ¥5000(税込)
*特製缶バッジ(夜光)付き*
ご購入はメール(info@gargamel.jp)にてお問い合わせください。

そしてMIKE先輩からのお知らせ(其の弐)

Halloween仕様となった『Hujili's Ghost』(スタンダード)が
アメリカ本土で10月29日(金)、そして日本では10月31日(日)に
リリースされます。

ghk247_1

MIKE先輩曰く『手間ヒマ掛けて塗上げた生首が、スウィ〜トな
シルバーのスプレーワークが施された美しいパープルのクリア
ボディに乗ってるね』。

そしてそしてMIKE先輩からのお知らせ(其の参)

SDCC2010にリリースされ、アッ!と言う間にブースから姿を消
した『Burgerbuns』by MIKE先輩。

ghk247_4

そんな密かな大☆人気を秘めたBurgerbunsを、MIKE先輩ご指名
の総勢35アーティスト陣が腕を奮う…『Funbuns-Burgerbuns』2010
年11月20日(土)のカスタムSHOWが10月に移転して心機一転され
たSuper7@サンフランシスコにて行われます。

ghk247_5
ghk247_6

池田圭郁&直哉、CHANMEN、KOJI HARMON、KaToPeのGARGAMEL一家総出で参加します。
乞うご期待!!!

text : 柳沢光二  
Posted by gargamel at 21:43TrackBack(0)

2010年10月19日

ワンダーフェスティバル2011w


多忙につき、筆無精出ちゃってました。
久しぶりの更新です。
冬のワンフェスは他のイベントとも被ってないので、張り切って参加します!
で、版権申請用の原型を造ってました。

マリオブラザーズの再販用にシェルクリーパーとファイターフライを造りました。

ghk246_1
マリオとシェルクリーパー

ghk246_2
マリオとファイターフライ

再販版はマリオをブルーかピンク成形、ルイージとしてグリーン成形を予定してます。
版権取れるのなら、敵キャラは全部造りたかったので嬉しいです。
あとは無事、販売まで漕ぎ着けるかどうか。
すでに版権申請したうちの1点は残念ながら落ちてます。
版権降りなかった弟がアズレールって屋号でやってるネクロスのミドルサイズソフビです。

ghk246_3
ネクロスの要塞からネクロス

悲しいので原型だけお見せしときます。
原型はオリジナルのネクロスの原型をやっていた内田さんに制作依頼したものですが、版権取れなきゃ売れません。
以前のネクロス指人形シリーズが版権取得できていたので、なぜ落ちたのか謎です。内田さんには原型料払って造っていただいたのに残念です。

続いて、完全新作のレッキングクルー指人形。

ghk246_4
左からナスビ仮面、マリオ、ブラッキー、スパナゴン

締切ギリギリまでがんばったんですけど、スパナゴンは全然出来てないです。
この状態で版権申請を出したので、通ればちゃんと造ります。
今後も、名作なのに立体化に恵まれなかったゲームネタをやっていきたいと思ってます。
あぁ、でもビッグタイトルのもやりたいのは沢山あるな...
悩むところですが、出来る限りは続けていこうと思ってます。
応援してくれると幸いです。

宜しくお願いします。

  
Posted by gargamel at 13:22TrackBack(0)

2010年08月08日

SDCC2010五日目


様々な言い訳で遅延しておりましたSDCC現地報告も今回で遂に最後になります。
本日も私情ドカ盛りドカモーション。
どうか、お手元に木綿のハンカチーフをご用意の上、ご覧下さい。

最終日の朝、昨夜のドカ酔いにも関わらず心底笑ったおかげでストレス一掃。
昨日と変わらず良いカヲリの薄くて不味いコーヒーをホテルの特設ブースで買い、
ホテルから会場へと急ぎます。
外は早朝に観た朝靄もスコーン!と晴れわたり、
爽やかな青空と潮風に無駄に余った性欲が相俟って気分はツインマキシマム。

隣接した会場で何かのイベントが有る事に加えて、なんたってSDCC2010最終日。
前日とは比較にならないぐらいの人達が会場の周囲から溢れ出ているおかげで、
会場入りするにも偉い苦労を強いられましたが、
その割には緩めなセキュリティ@エントランスでいちいちアメリカを感じます。

テーブルには相変わらず真面目な2人(Mike先輩とKiyoshi先輩)が、
既にセッティングを始めています。

ghk238_1
日替わり限定品とカスタムのリリースもよいよ最終日

ghk238_2
日替わりポケット怪獣シリーズ最終日は新造型のPoket Cosmic-HoBo(Arbito)を用意

ghk238_3
最終日特設「みたり」コーナーにはKiyoka&KaToPeのリーズナブル過ぎるカスタムも謝恩投入

そんな中、関係者各位が準備の途中で一足早くガーガメルのブースへやってきます。
みんな働いてるフリをしながら朝イチのガーガメル&GrassHutブースを覗きにやって来ます。
なんたる緩さ…ここでもまた、いちいちアメリカを感じます。

ghk238_4
『UglyDoll』のDavid Horvath&Sun-Min、娘のMina。

個人的に自分の息子とDavidの娘の年齢が近いコトもあり、ココに来て羨まし過ぎて酷くホームシックに陥ります。
UGLYDOLLは巨大ブースを構え、毎日夫婦でサイン会をしてましたが…さすがの大人気でした。
?それからとにかく優しいDavid、両手に巨大UglyDollバックに膨大なギフトの山!!!…さすがの大人の心意気でした。

そうこうしてると、既に知ってる顔で列が…。
で、もう勝手に始まってます…そしてどれを観ても唸ったり笑ったり…

ghk238_5

先頭はいつもMark。
デスラを手に入れて、いつにない快心の笑顔。

連日の会場時間前倒しアナウンスも聴こえない(聴いてない)ホド、ブースに人だかり。

アテンションプリーズ…アテンションプリーズ…
バタついてる間に今朝も30分前倒しスタート。

ghk238_6

しかも前日とは明らかに違う量の人…人…人!!!
まるでインドで数十年ブリに行われるサドゥの祭典の如く、人が雪崩れ込んできます。
※インドへの渡航経験は在りません。

ghk238_7
てんやわんやガーガメルブース

人も多ければ、騒音も酷い。
同じブース内の会話でも大声で耳打ちしないと聴こえません。

向かいのWB(ワーナーブラザーズ)ブースは、
朝からキッズ向け番組のダンスイベントで大爆音。
そのまま人気連ドラのキャスト勢揃い&サイン会で酷い騒ぎ。
かたやCAPCOMブースはモンハンをはじめとした主力ゲームタイトルのデモンストレーション。
特に『MARVELvsCAPCOM』推しなのは、さすがアメリカ。
1日中『昇竜拳!!!』が呪文の様にこだまします。

ghk238_8
社長とマリオさん、ルイージさん

そしてなんと『蒼い瞳のケンシロウ』ことJosh Barnettが登場。
ガーガメルブース(内)は一時騒然。
『ピクチャー プリーズ!!!』
さすが北斗神拳継承者のJoshは嫌な顔ひとつせず寛大な心で逆歓迎して頂き、
ガーガメル一同は既に死んでいました。

ghk238_10
直哉、Josh Barnett

午後になると、最終日とあって場内騒然のマッスルスパーク状態になります。
ブースの前で札束を勘定しては、買えるだけ買うアメリカ人が途切れる事なくやって来ます。
中にはATMに二度三度行っては戻ってくるお客さんも居ます。

ghk238_11
キッズもおこづかいで買えそうな物を物色中...

ghk238_12
本人もお財布マッスルスパークでMike先輩のカスタムを…

ガーガメル一同が出発ギリギリ迄、精一杯カスタムしていた姿を目の当たりにしていたので、
作品が1体…また1体とボコスカ旅立つたび姿に、各々の努力が報われている様に観えてきます。
と、特にボクがカスタムしてるワケでは無いのですが…今、偉そうな事を言いましたね。

午後からは完全に『精神と時の部屋』に居たかのようで瞬間瞬間ドカモーション。
気がついた時には既に終了30分前。
アチコチでドッカン!ドッカン!撤収が始まってます。
そんな中、流れるように人がやって来て、思い出とお土産的な買い物で最後の大忙し。
結局、自分の為の買物なんぞ許されズ、自社ブースで数百ドルを一貫献上!!!。
そして片付けながらGrassHutのメンバー全員とアレコレと物々交換会同時開催。
これで充分な程、物欲は満たされます。

行きの荷物もかなり軽減されたせいか、
感動と感傷に耽っていたブースとも、何事も無かったかのようにアッサリと撤収完了。

ghk238_13

周囲を見渡すと「片付ける」と言うよりは「ブチ込んでる」的な撤収で、
最後の最後にいちいちアメリカを感じます。
撤収が済み、一歩会場の外に出ると、今迄が全て夢と言うか嘘だったかのように
コンベンションセンター周囲が閑散としています。
消え行く人の代わりに見渡す限りゴミの山。
さっきまで、けたたましく鳴っていた踏切も虚しくさえ感じ、
よく見ると線路に凄い量のゴミが詰まってたりして全然笑えません。

ghk238_14
こう見ると完全に『足立区』の風景に

ghk238_15
最終日の夜は毎年恒例とされているタイ料理屋に集合

ghk238_16
Koji、Mike先輩(LeMerde)、KaToPe、Jesse(Arbito)、Martin、Kiyoshi、CHANMEN
待ちぼうけの図

ghk238_17
KaToPe

ghk238_18
圭郁社長、Bwana先輩は秘密の未来話中

ghk238_19
戦国武将の方々

ghk238_20
CHANMENが描けば…

ghk238_21
Jesse(Arbito)も描く…

ghk238_22
隣のテーブルは…!?

達成感を味わう中に、また暫く会えない寂しさも実は有って、
お別れが名残惜しいにも程が有りましたが…
最後の乾杯を交わす時に『See you next SDCC!!!』の声が…
『あ、もう、そう言う事ね』てコトで疲れも忘れて、
アレコレとやりたい造りたいで話が尽きません。

この後、髭妖精の先輩達との様々なカタチでの再会の約束を交わして一同解散。

ghk238_24

全く寝れない最後の夜を過ごし、
良いカヲリの薄くて不味いコーヒーが売っていた特設ブースも撤去されていたので、後味サッパリと早朝のサンディエゴを後にします。
街は相変わらずゴミだらけです…。

…と言うコトで本人はSDCC初体験で人並み以上に至福の誕生日を迎えさせて頂き色んな意味で感謝に満ちた新たな1年とSDCC2011貯蓄がまた始まりました。

ghk238_23

そして間も無くガーガメルのお店THRASH OUTも来週で6回目の誕生日を迎え新たな1年が始まります…。

ghk238_25

おわり
  
Posted by gargamel at 14:31TrackBack(0)

2010年08月04日

続・SDCC2010四日目


さて、時差ボケと夏バテのオーバーラップを言い訳に
ご報告遅延に拍車が掛かる柳沢GOL-B光二です。

さて今日もムサ苦しい私情が混入した現地レポートをお送りいたします。

ghk237_1
「SDCC2010」開催4日目も瞬く間に終了…

正味11時間の中でレポートしきれないホド、色々な人達と会い、様々な事が起き、
立たされている現実に無駄な瞬間を見出すのが難しいほど濃密な時間だった為、
疲れと共に感傷に浸ります…。

そして、この日の夜はSUPER7のボスBrian先輩のセレブ友達Muggs邸でのホームパーティにマッスルドッキング。

昨夜同様に約20名のアーティストが一同に会する豪華な席ですが、
デカいアメリカ人達と小さい日本人達。
100人入っても大丈夫。

ghk237_2

ghk237_3
全フロア土足厳禁ふかふかカーペット仕様

とにかく広い豪邸しかり、いとも容易く受け入れる心意気と気の利いたメキシカン料理に良く冷えた酒。丘から眺める街の夜景と気を許せる国境無き友人達。

ghk237_4
直哉、Mike(LeMerde)、ALEX(SUPER7)、KIYOSHI(LuckyNakazawa)、Mark aka Haruhiko、KOJI、Brian(SUPER7)、Bwana、Itokinさん、KaToPe

ghk237_5
直哉、Martin、KIYOSHI、Jesse(Arbito)、本人、CHANMEN、KaToPe

ghk237_6
Mark aka Haruhiko、KaToPe、Bwana、KOJI、Muggs's son

リビング、バルコニー、キッチンと至る場所に常時4〜5人の髭野郎達が居て、
漫画、映画、平成仮面ライダー、格闘技、プロレス、音楽、玩具…話題と笑いは全く絶える気配が有りません。

ghk237_7

ちなみにバルコニーではチビッコが夜更かしして直哉とズーッとサッカー中。

ghk237_8
酔っても真剣なJesse

何よりも絵を描ける諸先輩達は言葉では無く、ペン先でコミュニケーションを取るのが醍醐味。
うらやまし過ぎです。

ghk237_9
Itokinさん、CHANMEN、Jesse、Mike、 ALEX

ghk237_10
Bwana、直哉

いろいろと濃いお話と秘蔵の画像も多々在りますが企業秘密とプライバシー保護の観点から自主規制。

さて、いいかげん心地良いにもホドがあり、気が付けば堂々と居眠りをキメるゴル柳沢。

ghk237_11
その間に描かれたMIke先輩の『ゴルねむり図』

ghk237_12
帰りは歳上かとズーっと思ってたら実は歳下だったSUPER7スタッフのALEXが運転するSUPER7チャーターバンにベロベロに酔ったアメリカ人達&日本人達が特攻野郎フォーメーションで乗り込みます。

ghk237_13
本人、KOJI、CHANMEN、Mike(LeMerde)、Mark aka Haruhiko

KOJIにはMike先輩が差し向けた「Hujili's Ghost」が憑依中!!!
Mike先輩なかなかの黒魔術!!!そして寝不足で顔色も悪い!!!

ghk237_14
直哉、Jesse(Arbito)
悔しいぐらい良い塩梅の2人

カラーギャングだとか、このままメキシコ国境を目指そうだとか、バックドアからゴロゴロ転がって車から落ちながら降りようだとかで車内バカ騒ぎで運転手ALEXもビタースマイル。

ghk237_15

気が付けばホテルの前で、運転してくれたALEXを拍手喝采で功を労います…。

そして溜まり溜まった疲れと、Muggsの息子のオモチャがジャンボマシンダー(オリジナル美品)数機だったコトを急に思い出し、死んだように寝て、朝陽に溶けるゾンビのように最終日の朝を迎えます。

ghk237_16

まだまだ、つづく。

PS...
Dear Muggs & Family

We appreciate to invited to the home party.
It became one of the very important memories by SDCC2010.
We'll never forget the Special time we had with you & your family & awsome friends!!!
We appreciate your kindness...
See you next SDCC!!!

Sincerely
GARGAMEL
  
Posted by gargamel at 16:02TrackBack(0)

2010年08月03日

SDCC2010四日目


時差ボケを言い訳にしてレポートを完全に遅延している柳沢GOL-B光二です。
今日はSDCC2010開催から4日目となる7月24日(土)のレポートを鮮度低目ですが私情深くお送りいたします。

昨夜のJETLAG直下型爆睡の影響が功を総じて朝6時に起床した『SDCC2010』2日目。

ghk236_1

起床後間も無くシャワー浴びて着替え終わる頃は既に朝食を取る時間も無いので、
すこぶるカヲリの良い、マズくて薄いコーヒーをホテルの特設ブースで買い、
そそくさと会場入りします。

ブースには真面目なMike先輩(Le Merde)とKiyoshi先輩(LuckyNakazawa)が既に用意を始めていて、
笑顔で挨拶を交わしつつ、開場前の緊迫感に包まれます。?

連日、会場時間30分前倒しとの前情報の通り、
8時少し過ぎたあたりでアナウンスが入ります。

アテンションプリーズ…アテンションプリーズ…

10数分後には蛇口を全開でひねったかのように、次々と人がなだれ込んで来ます。
日本でも馴染み深い顔がSDCC2010の3日目も先頭に居るので、不意に笑みがこぼれます。

開始早々から日替わりで出されるカスタムと限定品がゾロゾロとブースから旅立ちます。
同時に笑顔と溜息が順番を待つお客さん達から飛び交います。
この辺はいつもの日本と何ら変わりない光景で、異国の地に居るコトをしばし忘れる瞬間でも有ります。

土曜と言うコトもあり、入場者もピークを迎え、
両向かいの巨大ブース(左にCAPCON、右にWB)から溢れた人達でGARAGMEL&GRASS HUTブース前も一時騒然。終始唖然としながらも遅い朝食を兼ねた昼食タイム。

ghk236_2
会場外はパッツパツです

ghk236_3
午前中にBwanna先輩とItokinさんのサイン会@SUPER7ブース

お昼前にはKaToPeもブースにやって来ると、スタコラサ〜っとLivePaintスペースの確保をし、いつものように描き始めてました。

ghk236_4

ghk236_5

ghk236_6
釘付けのLamour Supremeとロビン

ghk236_7
キャットウーマンさんにはポーズ頂きました

老若男女の欧米人が足を止め、走るペン先を追いかけます。
写真を撮られたり、話しかけられたりの約2時間でほぼ終了。

ghk236_8
終了直後、ショックを隠しきれない姉弟の図

あとは次から次へとやってくるKaToPe好きへのファンサービス。
『THE ART HUSTLE』アーティストカードのKaToPe版を自慢げに持って来てサインを求められたり、
リトルポケットシリーズの酉地蔵と言う極めて面積の狭いブランクにさえサインを施します。

ghk236_9

一段落するとスグにSUPER7のブースへと急ぎます。
ココでSUPER7のボス BrianFlynn先輩、Lamour Supremeと肩を並べてサイン会へ。

ghk236_10

この日、限定販売されたドランク星人のブランクにサインすると言うのが主旨でしたが、
ココはアメリカ、遠慮はありません。
色紙、サインBOOKに又してもリトルポケット版酉地蔵と様々なリクエストを要求されます。
KaToPeの笑顔は曇る事無く『あ、サンキュー』とおぼつかない英語で応じます。
柳沢は拙い英語で通訳兼マネージャー業に徹します。

ghk236_11
『ネコを描いてちょうだい』と少女の要求に『ハイ』と応じたKaToPe

約1時間強、絶えなかったファンの列もようやく途切れグダグダと終了。
ココでもKaToPeは依然として元気だったので、人ごみの中で自然と東洋の神秘を同時に感じました。

このあと間も無くSDCC2010の開催4日目が幕を閉じます。

ghk236_12

まだ、つづく

  
Posted by gargamel at 12:28TrackBack(0)

2010年07月30日

SDCC2010三日目


帰国後もJETLAGに苦しむ柳沢”GOL-B”光二でございます。
『GHK』現地速報及びTwitterでのつぶやきも、Wi-Fiの接続環境に激しい波が有った為、思うようにお届け出来ませんでした事、お詫び申し上げます。

今回はサンディエゴコミックコンベンション2010ことSDCC2010の現地レポートを私情を大きく挟みつつお送り致します。

さて、日本時間で7/23(金)に後発隊となるKaToPe画伯&柳沢の2人。
前々日21日のPreviewNightの様子を圭郁社長からファイルごと預かり閲覧してしまった為、
テンション上がり過ぎと休暇前の仕事の詰めで、「まったく寝れない」と言う心のジャブをたくさん貰った状態で西新井を出発。

ghk235_1

ソルトレイク経由とトランジットに約2時間待ちのボデェブロウを頂いてしまい…
成田出発から約15時間のフライトはさすがに脳までキテました。

待ち合わせのホテルロビーで圭郁社長に迎えられ、荷解きをしてまもなく会場へ。

ワンフェスやスーフェスでコンベンションに多少慣れていると言えど、ここはアメリカ。
会場の広さと人の量、とにかく桁違いで瞬時に人酔いする個人的な惨事に。

ブースには先発隊の直哉とCHANMEN、そしてGHのKIYOSHI先輩とMike先輩(LeMerde)がお出迎え。
個人的には昨年、私事でDC(ドタキャン)事件を起こした為…今回が『初SDCC』の念願が叶う瞬間。
そしてKaToPe画伯のマネージメントを始めてから約5年目で、同伴渡米の念願が叶う瞬間。
W念願叶ったりで、心も涙腺もマキシマムドライヴで第2の惨事に。

ghk235_2
L:KaToPe画伯 R:Mike先輩

ghk235_3
L:Bwanna先輩 R:KIYOSHI先輩

気を取り直し、KIYOSHI先輩、Mike先輩(LeMerde)と挨拶を済ますと間も無く
Martin先輩とJesse(Arbito)がどこからともなく現われて、
またしても心も涙腺もツインマキシマムで第3の惨事に。
特にJesseとは予てからメールで何度も何度もやりとりをしていたので、待望の初対面。
どこかの陰湿な業界とは違って、お互いの探り合いも特に無くスグに打ち解けました。
そして今年4月にお願いをしていた個人的カスタムオーダーを受取って、もう柳沢ドロドロ状態。
ナイス青年Jesse(Arbito)…来日が切望されます。

?ghk235_4

そして、そして、なんと、なんと、柳沢GOL-B光二の(2日早い)生誕33周年記念と称し、
GARGAMEL家族様よりMike先輩の新作レジンを贈呈。
もうみんなステキ過ぎますが、キッスはお預けです。

見慣れた顔から、バーチャルな世界での知り合い、初めてガーガメルを知る人達と、
良い意味で欧米的な物怖じしない感覚でブースに人が吸い込まれるようにやって来ます。
気が付けば間も無く終了時刻の19:00。
正味2時間でこの内容の濃さ…気持ちを整理する時間すら許されませんでした。

ghk235_5
撤収後のGHテーブル

ghk235_6

さて恐ろしい速さで撤収が終わり、一同ロビー前スモーキングエリアへ。
SUPER7スタッフ一同&ITOKINさん、ガーガメル一家、GrussHutファミリーの全員集合。

ghk235_7
(CHANMEN、直哉、KOJI、Martin、Arbito、LeMerde、Glen(Super7)、Chad(Super7)、Brian(Super7))

ghk235_8
(本人、ITOKINさん、Bwanna、Frank(Super7)、JOSH(Super7)、MarkことHaruhiko)

一同合計20人の諸先輩達はコミコンで賑わう騒がしい市街地へと歩を進め、
メニュー全てが高くて有名…と言うか悪名高きインド料理レストランへ。
早くも財布に大打撃を受けるSDCC初夜ですが、互いの功を労うかのように濃厚なトークが交わされた熱い夜でした。
ちなみに異常気象の為、外はけっこうな寒さでした。

ghk235_9

今回の滞在先HILTON SanDiego Bayfront…会場の隣で酷くゴージャスでした。

そしてジェットラグ直下型バックドロップで柳沢沈没。
こうしてGHK更新をサボるのでした。

ghk235_10

つづく

  
Posted by gargamel at 12:01TrackBack(0)

2010年07月24日

SDCC2010二日目


とりあえず、ゴルちゃんはジェットラグでダウンしてるので、
やっぱり自分で書くことになりました(苦笑)。
それでは、二日目の模様をご覧下さい。

ghk234_1
SDCCのドキュメントに知らぬ間に写されてたり

友人のMutonが仰々しいカメラマンクルーを引き連れて
良くわからないまま、撮影されました。
多分、顔は引きつりまくりです(笑)。
英語が曖昧なので、よくわかりませんが、
モーガン・スパーロックがらみの次のドキュメントらしいです。
とりあえず、写っていることに文句を言わないよってサインをしました。

ghk234_2
Le Merde先輩のSuper7ブースでのサイン会の模様

ghk234_3
DavidとSan-min(ugly doll)と肩を並べサインをするLe Merde先輩

So cool!

ghk234_4
Arbitoも負けじとサイン会で大活躍!at Super7 Booth

ghk234_5
夕方にはカトペ画伯も無事合流

ghk234_6
ゴルちゃんはカトペ画伯のサポートですでにヘトヘト

ghk234_7
Gargamel、Grass Hut、Super7のみんなで晩飯

今日は充実し過ぎてヘトヘトです。
楽しかったけど。
明日はカトペ画伯のライブペイント&サイン会 at Super7 booth!
ボクはちょっと休みます(笑)

  
Posted by gargamel at 16:59TrackBack(0)

2010年07月23日

SDCC2010一日目


ghk233_1

軽くジェトラグを引きずって、睡眠不足丸出しで会場入りし準備をしていると、初日から
まさかの30分前倒しの開場(ちなみに開場は9時)。
日本ではまず有り得ないんですけど、これ毎年何日かはあるんです。
もちろん、30分も前倒しされたら準備は終わらず、お客さんを待たせて必死にレイアウト。

ghk233_2
かなり焦って準備してると…

ghk233_3
次第に長蛇の列に...

しかし、待たされても文句一つ言わずにニコニコと待ってくれていて、なんとか準備を終了。
これも日本では有り得ないと思います。
毎年思いますが、ありがたいです。

それでは、ちょこっと一日目のブースの模様を。

ghk233_7
ブースの中央には頼れる兄貴分Kiyoshi Nakazawa先輩

ghk233_4
ヒゲの妖精酋長Bwana先輩はいつの間にか長髪に

ghk233_5
Martin(左)、Le Merde(右)両先輩もご機嫌

また、今日からボクらは初対面となるArbitoが合流!
思ってた以上にテンションが高く、早くも意気投合。
来年にはスラッシュアウトに招聘したいなぁと思ってます。

ghk233_6
arbito(左)とTim Biskap(右)

彼らも初対面だったみたいです。
Tim先輩はわざわざギフトを沢山持ってきてくれて、これまたテンションup!

明日はいよいよカトペ画伯とゴルちゃんが合流です。
明日はゴルちゃんにGHKを書いてもらえるのか?
それとも自分で書くのか?
乞うご期待!

  
Posted by gargamel at 17:46TrackBack(0)

2010年07月22日

SDCC2010 preview night


初の前乗りのおかげで、開催前になんとか準備完了。
多分、開催前に準備が終わっていたのは5年目にして初です(苦笑)。
前乗り出来るのを知ったのも今年なんで、そこはご愛嬌ってことで。

ghk232_1

今回はGrass Hutとブースをシェアしたため、例年より濃厚な内容になってます。

ghk232_2
初日のレイアウトはこんな感じです

またまた沢山の顔見知りと会えて、テンションも上がったところで
例年通り30分前倒しでSDCC2010開幕!!!

開催から1時間半は接客に追われ、バタバタでした…。

ghk232_3

ghk232_4

ghk232_5

今年は去年とは逆列びで列が出来たのはお客さんたちの優しい配慮。
そうゆうのも嬉しく感じます。

さて、明日からもがんばります!  
Posted by gargamel at 17:07TrackBack(0)

San Diego到着〜


例年はロスで数泊してから、レンタカーでサンディエゴに向かうのですが
今年は飛行機乗り次いで直接サンディエゴへ。
ギリギリまで準備に追われていたため、ちょうど良かったです。
初めて小さい飛行機に乗ってテンション上がったのですが、
まさかの荷物の積み間違えで、空港に1時間以上足止め。

ghk231_1
ロス→サンディエゴで乗った小さな飛行機

初の開催前日入りを果すと、顔見知りもいつもの場所で準備中でした。
とりあえず、Le Merde先輩と合流。
いつも静かなChanmenさんもテンション上がってます。

ghk231_2
Le Merde特製マスク着用のふたり

とりあえず、今夜からの5日間のソフビワールドカップ、5年フル出場の日本代表としてがんばります!  
Posted by gargamel at 05:10TrackBack(0)

2010年07月20日

SDCC準備中


Preparing for SDCC

ghk230_1

ghk230_2

ghk230_3

ghk230_4

ghk230_5

  
Posted by gargamel at 04:53TrackBack(0)

Wonder Festival 2010s


ガーガメルはSDCC参加のため、ワンフェスには参加できません。
が、友人のために原型を造りました。
詳細はこちらをチェック!

WF_KUMON
KUMON ¥4200(tax in)

Wonder Festival booth: HALL 5, Table 5-27-05

Maker: SHIRAHAMA

Design: Yatsuashi - Sculpt: Gargamel (Kiyoka Ikeda) - Produced by: Shirahama

  続きを読む
Posted by gargamel at 04:37TrackBack(0)

2010年07月17日

SDCC準備中


Something new every day! This year at the Gargamel booth, expect exclusive releases and customs each and every day of the convention. In addition to custom figures of all sizes, Gargamel is excited to debut a few new characters in the Pocket Kaiju series. And if that's not enough, KaToPe and Chanmen will have original artwork available.

Chanmen will be in attendance all 5 days, and KaToPe will be in attendance Saturday and Sunday. KaToPe will be painting live at the Gargamel booth on Saturday at 12:00, and will be signing his new Drunk Seijin figure at the Super7 booth on Saturday at 4:00. Be sure to check it out!

We will be at our usual corner booth 4739, along with our good friends from Grass Hut. We're looking forward to seeing you there!

Release Schedule:

Wednesday : Pocket Globby, Pocket Ojo Rojo, Pocket Hujili's Ghost, Tiny Ooze Bat
Thursday : Pocket Helper
Friday : Pocket Super Puncher
Saturday : S-taiin, Tiny Angel Bird
Sunday : Something New

Text by Koji Harmon

ghk228_1

ghk228_3

ghk228_2


今年のGargamelブース@コミコン2010では毎日日替わりでフレッシュなリリースを敢行いたします!!!
また、今回のコミコンに合わせPocket Kaijuシリーズに新たなキャラクターが初登場。
更にコミコン限定商品に限らず、タイニー、ミニ、ミドル、スタンダード、マッシュアップ...全サイズ様々な歴代キャラクターのカスタムペイントをご用意致しました。
そして更には...KaToPe、Chanmenによるオリジナルのアートワークも展示販売。
フォロワーにはマネ出来ない濃厚な商品構成とカスタム技術…汗と寝不足の結晶(大粒)で世界のお客様をお迎え致します。

リリーススケジュール:
21日(水): Pocket Globby、Pocket OjoRojo、Pocket Hujili's Ghost、Tiny Ooze Bat(新商品)、各種カスタム商品、オリジナルアートワーク
22日(木):Pocket Helper、各種カスタム商品、オリジナルアートワーク
23日(金):Pocket Super Puncher、各種カスタム商品、オリジナルアートワーク
24日(土):S隊員, Tiny酉地蔵(新商品) 、各種カスタム商品、オリジナルアートワーク
25日(日):NEW!!!リリースアイテム & 秘密

and More!More!!More!!!

GARGAMELは全日程(5日間)@ブース「4739」にてアテンド致します。
(※KaToPe & 楽友堂/みたりは24日(土)、25日(日)同ブースにジョイント致します)
KaToPeは24日(土)の12:00からGARGAMELブースにてライブペイント、
同日4:00からは『Super7』ブースにおいて、新☆Drunk Seijinのリリースとサイン会を行います。

それではブース「4739」でお会いしましょう!!!

GARGAMEL家族 & Grass Hutファミリー

Translation by Koji Yanagisawa  
Posted by gargamel at 05:07TrackBack(0)

2010年07月16日

SDCC準備中


Preparing for SDCC

ghk227_1

ghk227_2
  
Posted by gargamel at 04:21TrackBack(0)

2010年07月14日

SDCC準備中


Preparing for SDCC

ghk226_1

ghk226_2


  
Posted by gargamel at 23:28TrackBack(0)

2010年07月13日

SDCC2010


今年も参加します!
2006年の参加以降、もう5年目。
で、いつも以上に現在忙殺中。

We are going to SDCC 2010!!!

ghk225_1


  
Posted by gargamel at 19:05TrackBack(0)

2010年07月03日

『大橋重信"S隊員と紙工作展"』通販開始


お待たせしました。
"S隊員と紙工作展"に出品されたアイテムの通販を開始します。
購入希望の作品がありましたら、こちら(info@gargamel.jp)まで
メールにてお問い合わせください。
全て一点もののため、同一作品に対し複数の応募があった場合、抽選とさせていただきます。売り切れた作品に関しては、随時こちらで更新しますのでご注意ください。

宜しくお願い致します。

ghk221_1a
SC-02 Mini Hedoran custom figure
¥12,000(tax in)
ghk221_1b
ghk221_1c


ghk221_2a
SC-04 Mini Mightin custom figure
¥12,000(tax in)
ghk221_2b
ghk221_2c


ghk221_3a
SC-07 Pocket Smogun custom figure
¥12,000(tax in)
ghk221_3b
ghk221_3c


ghk221_4a
SC-10 Earth Restroyer Fancy Haircut custom figure
¥12,000(tax in)
ghk221_4b
ghk221_4c


ghk222_1a
SO-01 Paper craft with Pocket Globby custom figure
¥78,000(tax in)
ghk222_1b
ghk222_1c
ghk222_1d


ghk222_2a
SO-02 Paper craft with S-taiin custom figure
¥SOLD(tax in)
ghk222_2b
ghk222_2c
ghk222_2d


ghk222_3a
SO-03 Paper craft with Zagarad custom figure
¥39,000(tax in)
ghk222_3b
ghk222_3c
ghk222_3d


ghk222_4a
SO-05 Paper craft with S-taiin+Pocket Mummy custom figure
¥SOLD(tax in)
ghk222_4b
ghk222_4c


ghk222_5a
SO-06 Paper craft with Mini Hedoran custom figure
¥19,500(tax in)
ghk222_5b


ghk222_6a
SO-08 Paper craft with Pocket Gator+Hollis custom figure
¥28,600(tax in)
ghk222_6b
ghk222_6c


ghk222_7a
SO-09 Paper craft with Mini Hedoran custom figure
¥28,600(tax in)
ghk222_7b
ghk222_7c


ghk222_8a
SO-10 Paper craft with Hollis custom figure
¥19,500(tax in)
ghk222_8b
ghk222_8d


ghk222_9a
SO-11 Paper craft with Pocket Zagoran custom figure
¥29,900(tax in)
ghk222_9b
ghk222_9c


ghk222_11a
SO-12 Paper craft with Drunk Seijin custom figure
¥45,500(tax in)
ghk222_11b
ghk222_11c
ghk222_11d
ghk222_11e


ghk222_12a
SO-13 Paper craft with Mini Hedoran custom figure
¥29,900(tax in)
ghk222_12b
ghk222_12c
ghk222_12d


ghk222_13a
SO-14 Paper craft with Mini Hedoran+Tetoran custom figure
¥29,900(tax in)
ghk222_13b
ghk222_13c
ghk222_13d


ghk222_14a
SO-15 Paper craft with Zagoran and S-taiin+Hollis custom figure
¥78,000(tax in)
ghk222_14b
ghk222_14c
ghk222_14d
ghk222_14e


ghk222_15a
SO-16 Paper craft with Mini Smogun custom figure
¥39,000(tax in)
ghk222_15b
ghk222_15c
ghk222_15d
ghk222_15e


ghk222_16a
SO-17 Non title
¥104,000(tax in)


  
Posted by gargamel at 13:21TrackBack(0)

2010年07月02日

『大橋重信"S隊員と紙工作展"』本日終了!


『大橋重信"S隊員と紙工作展"』は本日を持って終了となりました。
明日の13:00より、カスタムペイントと紙工作の通販を開始します。
詳細はこちらでお知らせします。

宜しくお願い致します。  
Posted by gargamel at 19:50TrackBack(0)

2010年06月28日

『大橋重信"S隊員と紙工作展"』 開催中!


開催前日まで、主催のはずのボクらも展示会の全容を理解できていなかった『大橋重信"S隊員と紙工作展"』。
去年の”ぶたのはな展”とは異なり、全てが今回の展示会に向けて発想&制作された作品、ソフビとか関係無しに大橋重信氏の個展といった豪華な内容になっております。
大橋さんの自由な発想と創造、まさに眼福です!
大橋さんの似顔絵描きもたいへん好評でした。

ざっと展示内容+オープニングの模様をお見せします。

ghk219_1
制作過程が垣間見れる制作途中の紙工作

ghk219_2

ghk219_3

ghk219_4

ghk219_5
見た瞬間、自分でも作ってみたいと思った紙工作(もちろん、趣味で自分用に)

遊び心たっぷりな発想とデザイン、それをまとめる大橋さんの感性と腕。
ボクは、(無口なご本人とは対照的に)平面も立体も関係無く醸し出される大橋さんの個性はスゴいと感じました。紙工作群は、意外に頑丈に作られています。
カスタムも全てS隊員のスタイルでペイントされていて、まさに”S隊員と紙工作展”。

ghk219_6
ぶたろぐでお馴染みの日替作品群

ghk219_7
全長約2250mmの特大アートワーク

AWESOME!!!
大きい絵やコラージュを作るのが大好きなカトペも大興奮&大絶賛!

ghk219_8
ご来店、ありがとうございました!

ghk219_10
大好評だった大橋さんの似顔絵

本人曰く、似てない似顔絵とのことでしたが、ボクは全てがマスターピースだったと思います。
また、個人的には生で大橋さんの絵を描く姿を見れたのは非常に嬉しかったですし、大橋さんのスゴさを肌で感じることが出来ました。
大橋さん、ありがとうございました!

7/2まで開催中ですので、ご興味を持たれた方、お時間のある方は是非!
この内容をタダで見れるのはお値打ちかと。
お待ちしております。

  
Posted by gargamel at 00:58TrackBack(0)

2010年06月25日

『大橋重信"S隊員と紙工作展"』 まさかの物々交換決定!


先ほど、搬入に来た大橋さんの提案で、明日開催予定の『大橋重信"S隊員と紙工作展"』にて、ヱビスビール4本(大橋さん曰く4ヱビス)を持って来てくれた方には、大橋さんがその場で似顔絵を描いてくれることになりました。
この物々交換は明日の初日のみですので、ご希望の方は4ヱビス持参でお越しいただければと思います。
もちろん、ボクも4ヱビス持参します!

宜しくお願い致します。

ghk218_1

ghk218_2

ghk218_3


  
Posted by gargamel at 21:25TrackBack(0)

『大橋重信"S隊員と紙工作展"』 販売商品のお知らせ(其の弐)


今回のショーに合わせ、絵本をよく見てたまにニヤニヤしたりして制作した”S隊員”です。

ghk217_1
S隊員 全高約85mm

ghk217_2
この絵本の主人公を立体化しました

そして、大橋さんのご好意で絵本の1巻とセットでの発売となりました!

ghk217_3
S隊員とミニ絵本 ¥2000(tax in)

イベント終了時にwebでの通販も致しますが、大橋さんの原画やカスタムペイント、紙工作などが直接見れる機会なので、お時間が許す方は是非お越し下さい。
また、いつも通り便乗してボクらのカスタムS隊員もちょこっと出す予定です。

それでは、ご来店お待ちしております!

ghk217_4
  
Posted by gargamel at 11:50TrackBack(0)

2010年06月22日

『大橋重信"S隊員と紙工作展"』 販売商品のお知らせ


今週末開催予定の『大橋重信"S隊員と紙工作展"』にて、販売予定のアイテムをご紹介します。
まずは、個人的にも熱望していたアレを先行発売!

ghk216_1
ぶたのはな マタンゴ ¥2730(tax in)

ボクの夢にまで出てきた、待望の大橋さん造形のマタンゴ。
ぶたのはなでは、今まで東宝モノはイベント限定だったため
これは嬉しいです!

前回のぶたのはな展では大橋さんにスラッシュマンを造っていただいたので、
今回はボクが大橋さんのキャラを造らせていただきました。
次回はテストショットを公開します!
おたのしみに。

ghk216_2


  
Posted by gargamel at 22:59TrackBack(0)

2010年06月13日

『大橋重信"S隊員と紙工作展"』

〜 2010年5月22日制作開始 だいたい1ヶ月でどこまでできるか展 〜

ghk215_1

下地は昭和、味付け平成。
時代のMUSH?UPよろしく、追憶で記憶の再発掘。
意味は特にありません。

昨年の『ぶたのはな展』では本人の酷く控えめな予想を見事に裏切り…長蛇の列。
大絶賛と大好評で幕を閉じた以降は様々なカスタムSHOWに参加し、
観る者すべてがマキシマムドライブ。
相変わらず国内外のアーティスト達に更なる多大なショックを与え続けています。

そして…今年もよいよ降臨!!!
大橋 重信さんのカスタムペイントやオリジナルアートワーク、
そして、そして…ぶたろぐでお馴染みの日替作品が"生"で現れます。
覚悟は宜しいでしょうか?

販売商品等のお知らせは随時こちらで紹介します。

宜しくお願い致します。

Shigenobu Ohashi Solo show at Thrash Out
『大橋重信"S隊員と紙工作展"』
〜 2010年5月22日制作開始 だいたい1ヶ月でどこまでできるか展 〜
開催期間:2010年6月26日(土) 〜 7月2日(金) 13:00 〜 20:00
(オープニングレセプション 6月26日 15:00 〜 19:00 )

Thrash Out
東京都杉並区高円寺南2-51-9 2F

text by 柳沢光二

  
Posted by gargamel at 20:37TrackBack(0)

2010年04月09日

Dai Rakugaki Matsuri at Super7 San Francisco


先日、カトペとSan Franciscoより帰国しました。

ghk212_1

Super7でのshowは約2年ぶりだったため、カスタムペイント100点以上を目標に前日まで制作した結果、テンション上がり過ぎてボクと直哉だけで100点(圭郁:73点、直哉:27点)の目標を達成。
総勢約130点のカスタム(前回の約2倍)とカトペ画伯のイラスト22点を引っさげて、San Franciscoに挑みました。
どんなのを出したかは、こちらでご覧ください。


Video by Toybot Studios

show当日は徹夜組まで現れ、一昨年以上のたくさんの方々が来てくれました。

ghk212_2
開店前

ghk212_3
開店からしばらくは店頭に列んだお客さんが全員入れず…

ghk212_4
初渡米となったカトペ画伯はライブペイントしつつ

ghk212_5
サイン攻めもされてました

むこうのファンたちや友人たちとの再会&交流は非常に刺激になりましたし、兎にも角にも楽しかったです。がんばった甲斐がありましたし、今後もよりがんばろうって気持ちが強まりました。

大楽書き祭りat Super7のカスタムはSuper7のweb siteからご購入いただけます。
カトペ画伯のイラストはこちら
残り数点ですが、宜しくお願いします。

ghk212_6
showの合間にSFMOMAにも行ってきました


  
Posted by gargamel at 19:11TrackBack(0)

2010年04月02日

Dai Rakugaki Matsuri at Super7 San Francisco


R0020226

R0020201

R0020229
Preparing for Dai Rakugaki Matsuri

ただいま準備中。

  
Posted by gargamel at 01:08TrackBack(0)

2010年04月01日

Dai Rakugaki Matsuri at Super7 San Francisco


ghk210_1

ghk210_2

ghk210_3
Preparing for Dai Rakugaki Matsuri

ただいま準備中。  
Posted by gargamel at 18:35TrackBack(0)

2010年03月31日

Dai Rakugaki Matsuri at Super7 San Francisco


ghk209_1

ghk209_2

ghk209_3
Preparing for Dai Rakugaki Matsuri

ただいま準備中。  
Posted by gargamel at 11:51TrackBack(0)