ガーガメル放送局

2017年03月23日

ガーガメルのボトムズシリーズ


タカラトミーのアクティックギア”ストライクドッグ”発売決定と、
初の香港出張でテンション上がってる池田圭郁です。

出張前に、4/1に発売予定のボトムズソフビシリーズの新作のお知らせです。
このシリーズは「ボトムズのソフビが83年TV放送当時に発売されていたら?」をコンセプトに
同時期のロボソフビを検証し、デザインを当時風に落とし込んで制作しています。

ghk446_01
スタンディングタートル ¥5,500(tax in)

ghk446_02
当時のソフビ風に表面のみを塗装しています
ghk446_03

スコープドッグの後に何を作るか?
かなり悩んだのですが、やはり敵キャラらしいATが良いと思いタートルにしました。
TVシリーズ放送時の玩具のラインナップでも、ドッグ系に次ぎ立体化されてるATだと思いますし、私的にもクメン篇は好きですし。
ドッグ系とは形状が全然違うので、原型を作るのも楽しかったです。
原型監修時に、版元様の担当者Sさんのおかげでデザインの意匠や、
バリエーション機との差異なども学べて良い勉強になりました。

今回のタートルは発売しているスコープドッグ(ミドル級AT)とスケールが合う様に
ヘビー級ATらしく大型で制作しています。

ghk446_04
スコープドッグとのサイズ比較
ghk446_05

スタンディングタートルを作ったので、
もちろん、イプシロンの専用機”スナッピングタートル"も同時発売します。

ghk446_06
敵兵からブルーATと恐れられたスナッピングタートル ¥5,500(tax in)
ghk446_07
ghk446_08

ghk446_09
やはりエース機は量産機がいると栄えます^^

パッケージのヘッダーに関しても、これまで同様に経年劣化風に印刷しています。

ghk446_10
チャンメンくん謹製ヘッダー

ghk446_11
入れるとこうなります
ghk446_12

造形から彩色、パッケージまでこだわり抜いて制作しているガーガメルのボトムズソフビシリーズ。
宜しくお願いします!

ghk446_13

それと、本日から28日の間、香港出張のため通販は対応出来ません。
ご了承下さい。

  続きを読む

Posted by gargamel at 07:51TrackBack(0)