不調時に陥りがち

前半はサザンの設定C調査で、途中からは普通の店調査に切り替えて一日が終了。

昔から不調時に陥りやすい思考なのですが、どうしても現状を打破する為に思いついた策に固執しがちになってしまいます。
今もそうなっていると、今日の店調査の途中で気付きました。
元々ツモれて結果も出ていた立ち回りを変えまい変えまいとしていたつもりが、いつの間にか今回の不調でも変わってしまっていたようです。
明日からは再びいつも通りの立ち回りで、良い内容&結果を求めていきたいです。

一つ宣伝です。




2016092701

しのけんさんや伊藤さん・ネギ坊さんと対談させて頂いた「S-1 GRAND PRIX #411(トークスペシャル)」の見逃し視聴が始まりました。
単品で購入出来ますので、興味のある方は観てみてください。

設定Cの悪用

2016092601

何軒かで色々と打ち、最後にはツモれていたと思いますが、惜しくも負け。

今日はサザンも少々。
昨日まで一週間ほど続けて設定Cと思われた台があり、おそらく同じ人が打ち続けていました。
昼に覗けばREGx20回、夕方に覗けばREGx50回と、おそらくは朝一からのフル稼働と思われる回転数だったので、立場的に横槍するのもマズいだろうと見過ごしてまして。
で、今日は昼前に覗きに行ってみたら、ほぼ朝一状態(13G・BIG=0・REG=0)で空席。
13Gで変更を見抜けるかどうかは知りませんが、昨日まで一週間ずっと設定Cだったのだから打ってみる価値はあるだろうと着席。
一時間ほど打ち、600G・BIG=0・REG=1で、他役も軒並み弱かったのでヤメ。
(早めに見切った理由はもう一つありますが割愛。)
その後、他を見て回り、最後に再びこのサザンを覗きに来ましたが、やはりCではなかったと思われます。

もし朝一13Gで変更を確実に見抜ける技じゃなかったんだとしたら、一週間ぶっ通しで朝一から同じ人が通い続け、ぱたりと来なくなった日からCじゃなくなっている理由は、個人的に一つしか思い浮かびません。
ただ思ったのは、「店にとっては設定Cってそういう使い方もあるんだな……」と。
実際に私も「もしかして明日もC?」と思い、例え覗くだけでも通ってしまった訳ですし。

漫画のネタにちょうど良いかとも思いましたが、たまには現場のリアル感をブログで伝えるのもアリなのかなと思い、見たまま感じたままに書いてしまいました。
もう少し事実に近づけたら再び報告させて頂きます。

ノーマルタイプの台頭

2016092501

2016092502

2016092503

2016092504

所用で二日間ほどお休みしたので(実は少し打ってますが)、明日からまたしばらくは稼働に戻ります。

昨年まではリリースされる事自体が珍しかったノーマルタイプが、今年に入り次々と登場しています。
私は元々ノーマル・ATのどちらも打つのですが、世間ではノーマル専門のようなイメージがあるのかもしれません。
実際、長年コラムを書かせて頂いた北電子はジャグラーというノーマルタイプ主軸のメーカーですし、先日のS1のノーマルvsATエクストラマッチでもノーマル代表の一人として出場してましたし。
思い起こせば、15年ほど続く漫画の第一話の取り扱い機種もノーマルタイプのジャグラーでしたか。
考えるほどにノーマル専門と思われていても当然のような気がしてきました(笑

確かに私も昔からノーマルタイプ主軸で攻略してきた感は否めません。
ただ、だからと言って、ノーマルタイプの華である出目や制御について攻略してきたかと言えば、そうでもなく。
少しでも高い期待値を積む技や、少しでも早く設定値を見切る手段を突き詰めようとしていただけで。
それを成しやすかったのがノーマルタイプだったのかなぁと、色々な事を思い返すほどに感じます。

これからもブレる事なく、パチスロで勝つ為の探究心を持ち続けていきたいと思います。

アニかつさんとゲチェナで一杯

2016092304

マッパチ風に撮って頂きましたが、決して悪意はありませんので、ガルさんファンにおかれましては私に石など投げないでやってください。

そんな訳で、来店で札幌に来られたアニかつさんが、二泊三日の二夜ともゲチェナに来てくださり、貴重なお話をたくさん聞かせてくれました。
パチンコ・パチスロは元々がグレー産業だったと言うのもあるんでしょうけど、業界の歴史を綴る文献が他業種ほど豊富じゃありません。
そういう意味では、業界歴の長い生き字引の方々が語り部として後世に伝える事も大事なのかなと、アニかつさんのお話を聞いて感じました。

私も決して若くありません。
これからは、今の勝ち方のみならず、過去の勝ち方も合わせて伝え、語り部の一人としても頑張っていこうと思いました。
色々と勉強になりました。
アニかつさん、ありがとうございました。




2016092301

2016092302

2016092303

今日は二日酔いもさほど強くなく、昼前くらいから稼働へ。
そして、昼過ぎくらいから打ち始めたハナビが推定5・6だったと思われます。
BIG中ハズレx三回に加え、HC中・HG中共に設定8くらいの数値で推移するハナビを半日ほど打つも……負け。
閉店一時間前に出玉が全てのまれたところで撤退でした。
偶奇は最後まで見えませんでしたが、頭上に輝く死兆星だけはハッキリと見えました。

今月はこんな展開が多く、稼働後の疲労も倍加されます。
はぁ……今夜は湯船にゆっくり浸かってから寝ようかな。

コンテストの後継機?

2016092201

昨夜は知人が営む薄野のパチスロバー「ゲチェナ」で一杯。
ちなみにゲチェナの意味は、写真の通り「下段・チェリー付き・生意気な鳥」です(嘘
「キュリッ!」と言うテンパイ音が脳内で聞こえたら貴方は立派な鳥キチです。
写真の通り、今は我が家のコンテも貸し出してゲチェナに設置されています。
パチスロの話題で盛り上がりながら薄野で飲みたい方にはオススメですよ。

この店名「ゲチェナ」の生みの親であるアニかつさんが店に来られると聞き、挨拶がてら昨夜は私もゲチェナへ。
私の事も知って頂いていたようで、20時過ぎから始まった楽しい酒盛りは気付けば六時間以上経過していました。
おかげで今日は二日酔いですが、美味しいお酒の席に感謝です。

ところで。
ユニバ系の新台が二機種ほど控えているようです。
私が気になっているのはバジリスク3……じゃなくて、やっぱりクランキーセレブレーション。
コンドルよりもコンテ寄りに見えるその風貌と、設定6で115%と噂されるそのスペックを聞いてしまえば、先代の実機持ちとしては気にならない訳がありません。
役構成的に見てフラグ判別は初代と同じく1BETで逆ハサミなのかなとか、中リールにはスイカ付き赤7もあってそこが一周で止まらないポイントなのだろうかとか、小役カウンターの高低時の期待度を意識しただろうクラコレのベル重複も受け継がれているのだろうかとか、今から色々と妄想してしまいます。

バジ3は……設定6で119%じゃなくなったらその時点で終了だろうなぁ。
そこがバジリスクシリーズの唯一にして最大の魅力という自覚もあるでしょうから大丈夫とは思いますが、バイオのような末路をたどらない事を願ってます。

後半は少し辛口だったかもしれませんが、新台二機種の個人的な雑感でした。
今日は終始このまま店調査だけになりそうです。
<<自己紹介>>
【名前】
ガリぞう
【twitter】
@garizo2
【生年月日】
1972/03/27
【住所】
北海道
【仕事】
パチスロを打って得た収入で生活する内容を情報発信する事。
【書き物】
■スーパーパチスロ777(竹書房・偶数月19日発売)
→漫画「プロスロ」連載中
→攻略記事「パチスロ三昧」連載中
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ