2016年10月

11/1・2・3は「ガリぞうLIVE」(下部に追記あり)

明日11/1(火)の朝9時半から始まる三日間連続生配信「ガリぞうLIVE」の実戦ホール近所のホテルに到着です。

平常営業でも戦い方次第では結果を残せると思える店にて、毎月三日間連続で実戦生配信をしてみようと始めたこの企画も今回で五ヶ月目。
一旦ここで過去四回の実戦と結果をざっくり振り返ってみようかと思います。

★2016/07
【初日(7/4)】
モンハン月下からハナビに流れるも、どちらも6ではなさそうで夕方に早退。
投資=17000円
出玉=2134枚

【二日目(7/5)】
途中から打ち始めたAPEXの設定5(後発表)を閉店まで。
投資=31000円
出玉=1453枚

【三日目(7/6)】
後発表の全6が三機種もあったのに最後までツモれず早退の不甲斐ない一日に。
投資=32000円
出玉=1554枚

【TOTAL】
投資=80000円
出玉=5141枚

★2016/08
【初日(8/9)】
バジ絆の推定4を終日打ちきり。隣で6確を確認。
投資=9000円
出玉=3271枚

【二日目(8/10)】
午前中の内から早々に当たり台のほとんどが発掘されてしまい手詰まりに。
投資=33000円
出玉=773枚

【三日目(8/11)】
正午前から打ち始めたクラコレが見事にビンゴで全6。
投資=21000円
出玉=1726枚

【TOTAL】
投資=63000円
出玉=5770枚

★2016/09
【初日(9/4)】
ハナビの推定2を閉店まで粘らされてチョイ浮き。
投資=37000円
出玉=2350枚

【二日目(9/5)】
途中から打ち始めたAPEXを閉店まで。後発表では設定5・6。
投資=25000円
出玉=1459枚

【三日目(9/6)】
過去最高に多くの台に触るも結局はツモれず。
投資=34000円
出玉=1928枚

【TOTAL】
投資=96000円
出玉=5737枚

★2016/10
【初日(10/4)】
ピン6狙いで朝一から攻めたまどマギ(推定4or6)を終日稼働。
投資=1000円
出玉=5484枚

【二日目(10/5)】
途中でツモった初代アイムの設定6(後発表)を捨ててバジ2へ。
投資=22000円
出玉=3154枚

【三日目(10/6)】
午後イチから閉店まで打ったHOTDが後発表で設定6も鬼弱で負け。
投資=46000円
出玉=1314枚

【TOTAL】
投資=69000円
出玉=9952枚

ご覧の通り四ヶ月ともプラスで終われていますし、トータルでも投資308000円の出玉26600枚とそれなりの結果を残せています。
ツモれている日の勝率が高いのは当然ですが、注目すべきはあぶれた日の成績。
ツモれなかった、もしくは不明なまま離席した台だけの成績を合算してもプラスになっています。
これは、狙った台が設定6じゃなかったとしてもそれなりの設定が入っている証しになるんじゃないでしょうか。
平均設定が高めの中で設定6を探すのは一長一短ですが。

また、後半になるに連れ、成績の向上と共に稼働内容の質も上がっているように見受けられます。
先月は三日間とも設定6に座れていたかもしれませんし。
しかも先週の新台入替では、クランキーセレブレーションx3台やハッピージャグラーx3台等、私好みの機種も導入されたようなのでかなり期待しています。

設定状況も相変わらずのようで、毎日どこかに全6機種が最低でも一機種はもちろんの事、各列にも最低一台は6があり、メイン機種(まどマギ・ニューキングハナハナ)はALL設定というサービスまで始まったり、さらにサプライズもあるかもしれないとの情報も噂で聞いていますので、立ち回りの指針も膨らむばかりです。

と言う訳で、明日からの三連戦も過去の経験を活かしつつ気合を入れて頑張りたいです。
店も分かっていて一緒に戦ってくれる方がいましたら、入場抽選時間の9:50までにお待ちしています。

バーサスの比率判別をi slot counterで

2016103001

まずは明日から始まる上京のスケジュールから。

10/31 上京
11/1 毎月恒例の都内の某店で「ガリぞうLIVE」
11/2 毎月恒例の都内の某店で「ガリぞうLIVE」
11/3 毎月恒例の都内の某店で「ガリぞうLIVE」
11/4 都内某所でDVDの対談収録
11/5 岐阜県「ラッキープラザ関店」にお邪魔します
11/6 第二回近間岬の大人のBBQにお邪魔します
11/7 吉祥寺「グランコスタ」でDVDの実戦収録
11/8 帰郷

こんな感じ割りとギッシリなスケジュールです。
よろしくお願いします。

また、バーサスの比率判別について質問を頂いたので、ブログ内の記事でお伝えしておきます。

> エルビスです。
> 今月号のバーサス記事拝見させて頂きました。
> がりさんらしい着眼点で非常に感銘を受けました。
> そこでお願いなのですが以前にアイスロットカウンターの設定方法をブロマガの方で教授してもらいましたがあの記事を再度読み返させて頂くことは可能でしょうか?
> バーサスを新規で設定しとうと思い試行錯誤してみているのですがなかなか苦戦しておりまして(汗
> お忙しい所勝手なお願いではありますが宜しくお願いします。

実は「ワンポイントアドバイスその4.比率判別・改をi slot counterで」も三昧の記事として書いてあったのですが、どうしてもページが足らず。
それでも普段より1ページ増やしてくれたので、i slot counterの記事を載せるか「ハナビでも流用可能」のどちらを載せるかで迷った結果、ハナビにしてしまいました。
ここではボツ記事の転載として、i slot counterで使う用の手順をお伝えしておきます。


「ワンポイントアドバイスその4.比率判別・改をi slot counterで」
前述の手順で消化した上でi slot counterを使うと、より早く精度の高い設定別信頼度を算出出来ます。
設定方法は簡単で、まずはVG中ハズレとVG中RTリプレイそれぞれの比率を入力します。

【vsゲーム中ハズレ】
設定1:12.48%
設定2:13.98%
設定5:15.51%
設定6:18.00%

【vsゲーム中RTリプレイ】
設定1:87.52%
設定2:86.02%
設定5:84.49%
設定6:82.00%

この際「パーセント入力モード」はONにしてください。
そして、ハズレとRTリプレイの項目それぞれで、下部にある「グループのカウント数をゲーム数にする」のGC1にチェックを入れたら完成です。
尚、目押し技術的な問題でVG中のリプレイは設定差のないものも含めた合算で比率判別したいと言う方は、コチラの数値をご利用ください。

【vsゲーム中ハズレ】
設定1:10.53%
設定2:11.78%
設定5:13.07%
設定6:15.16%

【vsゲーム中リプレイ合算】
設定1:89.47%
設定2:88.22%
設定5:86.93%
設定6:84.84%

バーサスの比率判別や考え方、そして生まれた経緯等は、今月10/19に発売された「スーパーパチスロ777」2016年12月号の私の漫画を参照ください。




2016103002

政治経済誌とクラセレのお話

今日は雑誌の取材を受けたり雑用をこなしたりゲチェナに行ったりと、予定がギッシリだったので久しぶりの稼働休でした。
パチスロに触れなかったのは出張から帰ってきて初だったかも。

誌面の取材を受けたのはヤングさんの本が最後だったでしょうか。
あの時も末井さんが同席されていて異常に緊張した覚えがありますが、毎日パチスロと触れ合うだけの生活をしていると、質問を受けて答える仕事にはなかなか慣れませんね。
パチスロは質問してきませんから。
いや、最近は話しかけてくるパチスロもあるか(笑
このブログを読まれている方には縁遠い媒体かもしれませんが、近日発売の「財界さっぽろ」に取材記事が掲載される予定です。
私の日常生活だと誌面の遭遇確率は限りなく0%に近いですが、見かけた方がいましたら御一読よろしくお願いします。

と言う訳で稼働報告が出来ないので、昨日少し触ったクラセレのお話でも。




2016102901

左リール上段鳥からハサんで右リール下段ベル(枠上ベル)の形は、四号機の初代コンテストだと中リールの停止出目により2確が三種類ありました。
中リール中段or下段に青7か上段にスイカ無し赤7で、何れもBIG確定でした。
で、この写真では下段に青7が止まっていますが、ボーナスは成立しておらず、がっかり。

以前にアクロスの開発の方々と一杯同席させて頂いた事があります。
その際に聞いた質問の一つがコチラ。




2016102902

サンダーVリボルトについてです。
この右リールの枠上には、ボーナスに付随しない単スイカが停止しています。
初代サンダーではリーチ目だったのですが、リボルトではハズレでも普通に停止します。
(ボーナス成立時にも停止します。)
何故これをリーチ目にしなかったのかと開発に聞いたところ、「右リールの単スイカ界隈の配列が初代と違うから。」という回答でした。
左の三連Vの一番上を下段に止めてからのリーチ目にも初代と大きな差異が見られるのも、「リボルトは三連Vの上にスイカがないから。」という回答でした。
理由があるから配列を変えている訳で、配列が違う部分まで無理やり先代を踏襲するつもりもないと言う意味なのでしょう。

ここでクラセレの話に戻ります。
写真の「上段鳥からハサんで右リール下段ベル(枠上ベル)からの中リール下段に青7」はコンテだとBIG確定のリーチ目でした。
しかし、クラセレの中リール青7付近は、コンテと少し配列が違います。
このクラセレの写真だと中リールの出目は「リプ・ベル・青7」になっていますが、コンテで中リール下段に青7を止めると出目はどうなるでしょうか。
せっかくコンテの実機を置いてあるゲチェナに来ているので、実際に手で回して出目を作ってみます。





14777449295700

はい、中リールの青7界隈は配列が違います。
これが開発の言わんとしている所なのでしょう。
しかし、こちらはどうでしょうか。




14777454191330

中リールのこの付近はコンテもクラセレも配列が一緒ですし、クラセレでハズレ時にいくら狙っても止まりません。
まだクラセレでリーチ目として拝んだ事はありませんが、きっと継承されているだろうと思っています。

配列が同じ箇所は極力先代を継承していますが、少しでも配列が違うならそれには意味があり、制御も微妙に変えている可能性があると思っておくと、四号機世代の方にとってもアクロス機種と接しやすくなるんじゃないでしょうか。

高確チェックの罠

2016102801


2016102802

一軒目・二軒目で抱えた負債を三軒目の北斗修羅の推定高設定で回収&日当まで得られたところで稼働終了。
ほぼ全ての数値が設定6以上の北斗修羅を打ったのは初めてです。
写真の通り、弱スイカHITも確認出来ましたし。

この北斗修羅は少しだけ早めに切り上げて、最後に一軒目の様子を確認して帰宅でした。

今日見て欲しいのはコチラ。




2016102803

狙い台計五台を次々と高確チェックして、HITした台で粘ってみようと決めて打ち始めた一台目。
高確挙動は一切なく、むしろ第一停止キョロキョロ等の通常以下の挙動しか示さない台を回していたら28G目に弱スイカをひいてしまい動けなくなる、の図です。
高確挙動が全く出ない台を28Gも回しているからだと言われそうです。
現に、この28Gを回す間に残り四台の狙い台は全て数G回されて捨てられましたから。

しかし、北斗修羅は歴代北斗の中でもトップクラスにモードを推測しにくいと思われるので、これくらい慎重に確認しないと内部状態を把握出来ません。
実際、28G目にひいた本日初レア役となるこの弱スイカで、LEDは白でしたから。
数Gで見切る人なら確実に捨てていたハズの挙動でした。
しかも、この数G後にステチェンでヒョウからハンステージへ移行(笑

北斗修羅は高確に滞在していてもそれをなかなか示してくれません。
朝一の北斗修羅のシマでは4Gとか5Gとかで次々と台移動している方を良く見ますが、そういう方は例え全リセの店でも高確挙動台に巡り合えている率が相当低いと感じているんじゃないでしょうか。
しっかり高設定をツモりたいなら、狙い台を絞った上での慎重な高確チェックをオススメします。

午前中で40K投資からの

少なくともアイムは大正解だと分かっている某店へ。
ただ、朝一からアイムは避けたい思考が働き、まずは修羅の高確確認から。
数台を打ち、二台の高確スタートを発見。
その内の一台を追ってみるも、手応えを感じずヤメ。
この間、隣の修羅が弱スイカで当たっていたのを確認したので、この台の空き待ちで一時的にアイムへ。
間もなく弱スイカHITの修羅が空いたので再び移動。
しかし……。




2016102701

天井間際まで連れていかれ、総投資は40Kにまで膨れ上がってしまいました。
しかも……。




2016102702

純増詐欺と見紛うばかりの+1.7枚でしか増えないARTにやきもきして終了後に即ヤメ。
ここで撤退して家で不貞寝しても良いのですが、2600G・BIG=2・REG=14のアイムの空席を見つけてしまいました。
元々今日のこの店はアイムが大正解だと分かっていた上でのこの数字ですから、高確率で設定5・6と思われます。
ただ、40Kの負債を半日で返そうとするに、アイムだと心もとないと言わざるをえません。
いやいや、今日中に40Kをまくらなきゃいけない理由もないですし、せっかくの持ち玉(800枚程度)ですから、少しでも期待値を積む為に全てのまれるまでは打ってみる事に。

★アイム.A番台
【前任者DATA】
2607G,BIG=2,REG=14
【ゲーム数】
4934G
【BIG確率】
1/259.68(単12:チェ7)
【REG確率】
1/205.58(単20:チェ4)
【通常時ブドウ確率】
1/6.57(751回)
【設定別信頼度】
設定1:0.02%
設定2:0.03%
設定3:2.66%
設定4:8.55%
設定5:75.06%
設定6:13.68%

明日の稼働予定店に行っての下見もある為、閉店40分前に稼働終了。
出玉を流すと2535枚。
全く予想だにしなかった、まさかの全回収+弱日当確保になりました。
最後まで諦めなくて良かったです。

ただ、反省点もあります。
それは、朝一に確認した高確スタート台の二台が最後にはどちらも高設定っぽい挙動を示していた事。
今どきのART機なのですから、少ない試行で安易に決め付けちゃ駄目ですね。
反省です。

終日稼働によりヘトヘトですが、明日も稼働予定の為、今夜は湯船に浸かって早めに寝ておきます。
<<自己紹介>>
【名前】
ガリぞう
【twitter】
@garizo2
【生年月日】
1972/03/27
【住所】
北海道
【仕事】
日々の稼働で培ったパチスロの勝ち方を伝える事。
【書き物・映像】
キタックジャグラーランド(北電子公式携帯サイト)
→「ガリぞうのスロットコラム」毎週金曜12時更新
APチャンネル(AP総研動画サイト)
「プロスロ13・39・91・J」
不定期更新
ジャンバリ.TV
→「ガリのり」月2・3本更新
パチ&スロ必勝本(辰巳出版)
→「稼働録」毎週月曜更新
スロマンV(ガイドワークス)奇数月11日発売
→漫画「プロスロNEXT」
→DVD動画「ガリワサビ」
ななプレス
「ガリぞうの収支日記」毎週火曜更新
サイトセブンTV YouTubeチャンネル
→「ガリぞうとワサビの完先」隔週水曜更新
→「おじさん's ガチ」隔週水曜更新
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ