前半戦は四軒を回るも、どの店でもほぼパチスロに触れず、データ取りと移動だけを繰り返してました。
昨今のパチスロは昔より見返りが小さいですから、無謀に攻めるとすぐに死んでしまいますし。
狙い台が取れなければ無理せず撤退するくらいの臆病気味でちょうど良いんじゃないかと個人的には思ってます。

後半は深めの時差狙いだったのですが、それなりに期待できそうな店で入場抽選も悪くなかったので、ここは強気になるべき勝負所だと自分に言い聞かせバジ絆へ。




2017121901

確定演出は出ませんでしたが、ご覧の通りの赤寄り・同色寄りに加え、ATが二連続で朧スタートだったり推定低確での謎当たりも確認したり弱チェも1/40前後で推移していたりだったので、予想は4寄りの4or6としておきます。

と言うか、ずっと当たっていて通常時をあまり回せていないので、正直わかりません。
フリーズも真瞳術もひいていないのですが、当たったATで全て高継続を確認し、何れもモノに出来てしまいまして。
昨日の鬼弱はどこに行ったんだと不思議になるくらいに展開運が抜群でした。




2017121902

1連目から入った祝言を一度も落とさずここまで伸ばせたのは初めてかもしれないなぁと喜んでいたら、




2017121903

争忍に入る度に何かしらのレア役をひいて当たり続け、いつまで経っても祝言が終わらず。
結局、二連続でエンディングに到達し、久しぶりのホームランとなりました。
こんなにあっさり昨日の負債を回収できるとは思っていなかったので、これは棚ぼただったと忘れて明日以降も頑張ります。

毎月この時期(20日前後)は漫画の原作で三日から一週間ほど缶詰めだったんですけどね。
この時期に時間の余裕があり、連日稼働にあてられている事が嬉しくもあり寂しくもあり。
私の中の777ロスは、しばらく続きそうです。

と言う訳で。
我が漫画も連載されている「スーパーパチスロ777」最終号が本日12月19日発売です。




2017121904

面白い事も言えずトーク力もなく見た目も汚いオッサンが唯一得意だった「パチスロの勝ち方を伝える事」の一点勝負で挑んできましたが、ついに今月号で休刊となります。
漫画と三昧は総集編的な仕上がりになっていて、DVDには三番組で私が出てきます。
暑苦しいでしょうが勘弁してください。




2017121905

まずは、しのトーク。
攻略誌を持たない竹書房だから許されるだろうと、しのけんさんと対談したい他誌の方もたくさんいるだろうに、最終回は身内からと言う事で呼んで頂いて大変恐縮です。
ただ、今回は事前に言われていた「最後だからぶっちゃけで」の注釈が強すぎて、二人して公的な場で話せない事を言い過ぎた気もします。
もし、ピー音やバッサリカットが多いと感じたらごめんなさい。
まぁ、過去に原作で提出した初代北斗の裏モノの説明書まで掲載してくれたウチの編集部なら、ギリギリまで攻めるような気もしますが(笑




2017121906

何度も共演させてもらったふゆつみさんとの「ガッチリ!」も最終回です。
て言うか全部最終回なんですけども。
ふゆつみさんは可愛らしい見た目と真逆で、中身はとてもカッコ良かったりします。
会える口実を失ってしまった事は残念ですが、何かしら理由をつけてまた一緒にお仕事できたら嬉しいなと思います。




2017121907

私にとっては胸を撫で下ろしている部分もある「ガリぞう密着24h」も最終回です。
今月も私の大事な大事な持ち駒のホールを晒してしまっています。
私が今年ツモったアクロス系の設定5・6やサザンCの半分以上はこの店だったりします。
やっぱり失敗だったかなぁ……(汗

と言う訳で、泣いても笑っても今月で最後です。
もしかしたら、私にとっては紙媒体最後のお仕事になるかもしれません。
記念に一冊どうでしょうか。
よろしくお願いします。