感染症の病理学的考え方

若手医師,初学者のために,病理学的視点から感染症を主体に情報発信します.「臨床と病理の架け橋」となる新しいタイプの医師を目指しています。*本ブログの記載は一部を文献等から引用していますが、私の個人的見解です。決してその所属施設の意見を反映するものではありません。

水痘帯状疱疹ウイルス

水痘帯状疱疹ウイルスは、細胞の感染して活性化されると、合胞体性多核巨細胞,好酸性スリガラス状核内封入体, Cowdry A型の封入体を形成する。続きを読む

Marneffei過去にPenicillum marneffeiと呼ばれていた真菌はTalaromyces marneffeiに名称を変更された。
以下のような理由からその他のPenicillum種とは分ける必要があった:
  • 過去、従来からPenicillum marneffeiと呼ばれていた真菌は、その他のPenicillum種とは子嚢の形態が異なっていた。
  • Penicillum marneffeiは、その他のPenicillum種と異なり、温度依存性二相性真菌である。温度25度で糸状菌型、37度(ヒト体温近似)で酵母型となる。
  • Penicillum種の中で、ヒトに対して最も高い感染性を示すのが、Penicillum marneffeiである。一般的に健常人に感染性は低いが、AIDS患者で重症化する。その他のPenicillum種は約250種存在するが、感染症は非常に稀である。Penicillum marneffeiがPenicillum属でほぼ唯一の感染病原体と言える。
  • Talaromyces marneffeiの微生物検査室における取り扱いはP3で、最も注意を要する:http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1009_01.pdf


続きを読む

米国の高血圧の診断基準によれば、これまで140*90 mmHgだったものが、130*80に引き下げられた。
https://jp.reuters.com/article/health-hypertension-idJPL3N1NK2NO


より120*80に近い正常血圧で、低ければ低いほど良いと言う。 ちょっとでも病気だ、と言われると気になるものである。ではこれまで血圧を気にしていなかった人が高いと言われたら、どうすれば良いか。 まず肥満の人は理想体重まで減少させる。次に塩分摂取しすぎの食生活を見直す。続きを読む

このページのトップヘ