Pelger-Huet 核異常について。

Pelger-Huet 核異常とは。

日本染色体遺伝子検査学会:血液細胞の形態異常と分子異常〜Pelger-Huet 核異常をめぐって〜:こちら

血液細胞形態異常のひとつに好中球低分葉核異常のPelger-Huet 核異常(以下ペルゲル)がある。
本来、遺伝性ペルゲル核異常として1928 年オランダ人医師Pelger と1932 年Huet により報告された。
骨髄異形成症候群(以下MDS)にもこの異常を認めることがあり、、「偽」ペルゲル異常として区別される。


ベックマン:検査技師のためのマンスリー形態マガジン:こちら

白血球の先天性には、
ヽ飽枉錙С飽枉錣砲楼篥狙核過分葉症、ペルゲル・ヒュエト異常症
∈挧質異常:細胞質異常にはメイ・ヘグリン異常症
p粒異常:顆粒異常にはエルダー・レイリー異常症、チェヂイアック・東異常症
がある。

後天性には敗血症や骨髄異形成症候群(MDS)、白血病などでみられますが、この場合 先天性と区別するために偽(pseudo)をつけて表現します。
写真A:ペルゲル・ヒュエット異常症
核の形状が円形、鼻メガネ状、ダンベル状を呈するもので機能には異常がなく、常染色体優性遺伝とされる。


広島市医師会だより:pdf.


九州大学:pdf.