Marneffei過去にPenicillum marneffeiと呼ばれていた真菌はTalaromyces marneffeiに名称を変更された。
以下のような理由からその他のPenicillum種とは分ける必要があった:
  • 過去、従来からPenicillum marneffeiと呼ばれていた真菌は、その他のPenicillum種とは子嚢の形態が異なっていた。
  • Penicillum marneffeiは、その他のPenicillum種と異なり、温度依存性二相性真菌である。温度25度で糸状菌型、37度(ヒト体温近似)で酵母型となる。
  • Penicillum種の中で、ヒトに対して最も高い感染性を示すのが、Penicillum marneffeiである。一般的に健常人に感染性は低いが、AIDS患者で重症化する。その他のPenicillum種は約250種存在するが、感染症は非常に稀である。Penicillum marneffeiがPenicillum属でほぼ唯一の感染病原体と言える。
  • Talaromyces marneffeiの微生物検査室における取り扱いはP3で、最も注意を要する:http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1009_01.pdf


Peinicillum属とは
Peinicillum属は、和名でアオカビと呼ばれ、アオカビ属カビの総称である。環境中に認められる最も普遍的な真菌の一つである。
胞子の色が肉眼で青みを帯びた水色〜青色であることからその名がついた。しかし白や緑色も見られ、必ずしもすべてのアオカビ属が青いわけではない。

特徴
多くの真菌種は有性世代の糸状菌の特徴から分類される。
ミクロで、penicillusと呼ばれる筆の刷毛、ホウキの先端のような構造が見られる。その先端に胞子がついている。世界で初めての抗生物質であるペニシリンが、この種のカビから発見されたことは有名である。
CDC: https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/23/5/16-1556_article


また、ゴルゴンゾーラ、ロックフォールなどの代表的なチーズの製造に用いられるカビもアオカビの仲間である。
チーズのカビ:https://wikivisually.com/lang-ja/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA



Talaromyces marneffeiの概要
CDC: https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/21/7/15-0138_article

原文まま
Talaromyces (formerly Penicillium) marneffei is a pathogenic, thermal dimorphic fungus that causes systemic mycosis in Southeast Asia. T. marneffei infection is characterized by fungal invasion of multiple organ systems, especially blood, bone marrow, skin, lungs, and reticuloendothelial tissues, and is highly fatal, especially when diagnosis and treatment are delayed (1,2). This disease is found predominantly in AIDS patients and occasionally those with cell-mediated immunodeficiencies involving the interleukin-12/interferon-γ (IFN-γ) signaling pathway, such as congenital STAT1 mutations or acquired autoantibodies against IFN-γ (1,3–6). The infection has rarely been reported among hematology patients, including those from disease-endemic regions 


グロコット染色
Disseminated Infections with Talaromyces marneffei in Non-AIDS Patients Given Monoclonal Antibodies against CD20 and Kinase Inhibitors
CDC: https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/21/7/15-0138-f2


コロニー形状
CDC: https://genome.jgi.doe.gov/Talma1_2/Talma1_2.home.html



地域感染性のあるTalaromyces marneffei
タイで認められたTalaromyces marneffei感染症。Talaromyces marneffeiは、HIV/AIDS患者において皮膚症などを起こす。
NEJM: http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1704164#t=article

29歳、男性, CD4リンパ球低値のAIDS患者。皮膚病変を認めたため、生検したところ、Talaromyces marneffeiを認めた。
A biopsy specimen obtained from a papule showed numerous round fungal structures in histiocytes (Panel B, グロコット染色; the arrow indicates a representative fungal structure). Tissue culture grew Talaromyces marneffei.



真菌名の由来
Review Article: Penicillium marneffei Infection in AIDS
https://www.hindawi.com/journals/pri/2011/764293/

Talaromyces "marneffei"の名前の由来は、インドシナのパスツール研究所施設長であった、Hubert Marneffe医師からとったものである。



Penicillum marneffei (Talaromyces marneffei)と、その他のPenicillum種の分類のポイント
Manual of microbiology :  http://www.asmscience.org/content/book/10.1128/9781555817381

子嚢形状の違い、温度による二相性真菌への発育に加えて、最終的に塩基配列の違いにより、様々な観点から分類・確定した。



以下の論文では、系統樹においてTalaromyces marneffeiは、よりAspergillus属の近縁であり、その他のPenicillum種とは遠くに位置する。先のManual of microbiologyでも、Aspergillus, Penicillumは同じ章で記載されている。より近縁と言える。

Toxins (Basel). 2017 Jun 13;9(6). pii: E192. doi: 10.3390/toxins9060192.
Talaromyces marneffei Genomic, Transcriptomic, Proteomic and Metabolomic Studies Reveal Mechanisms for Environmental Adaptations and Virulence. http://www.mdpi.com/2072-6651/9/6/192

原文まま
Figure 2. Phylogeny of Talaromyces marneffei.
(A) Phylogenetic tree showing the relationship of Talaromyces marneffei with other molds and yeasts, inferred from all the coding sequences within the complete mitogenomes of the organisms by the neighbor-joining method using CVTree version 2 [13].
(B) Phylogenetic trees showing the relationship of T. marneffei with other molds and yeasts, inferred from the: (i) internal transcribed spacer (ITS) region; and (ii) RNA polymerase II second largest subunit gene (rpb2) sequence data by the maximum likelihood method with the substitution models: (i) Kimura 2-parameter (K2) with gamma-distributed rate variation (+G); and (ii) Tamura 3-parameter (T92) + G utilizing using MEGA 6.0.6 [14]. The scale bar indicates the estimated number of substitutions per base. T. marneffei is highlighted in bold and red color. All names and accession numbers are given as cited in the International Nucleotide Sequence Databases. For (B), numbers at nodes (expressed in percentage) indicate levels of bootstrap support calculated from 1000 replicates, and values lower than 60 are not shown.


結論
近年、病原体分類は、特定の遺伝子領域の相違による分類に正確に分類されてきている。過去にPenicillium marneffeiと呼ばれてきた真菌は、遺伝子塩基配列によりその他のPenicillium種と異なることが判明し、再分類された。今後、Talaromyces marneffeiの名称がより使用されることとなろう。しかし生物の分類はその時代や科学の発展により、修正されてきた。今後も新知見により変更される可能性はある。