先日、仕事帰りに本屋さんにフラッと立ち寄ったらいつのまにか発売されておりました。

東京創元社
発売日:2012-05-30



お財布の中身も確認せずに手に取りレジに並んでおりました。

久しぶりの伊坂作品な気がします。

書き下ろし作品としては10作目である本作。

果たして今回はどんなものを残してくれますでしょうか・・・


<以下はネタバレ的要素を含む可能性があるので、自己責任で>




え?猫が喋るの今回?

という読み始めイキナリの感触。
あれれ、荻島以上に架空設定だし・・・

ところが気がつくとあれよあれよと読み進んでしまうのは、
いつもながらの伊坂マジック。

今回のお話、かつて読んだ作品と比べてしまうと、
ある意味地味な印象かもしれません。
展開もある程度読めてしまうし。

でも、どんでん返しが伊坂作品の魅力ではないですから、
あまりそれは気になりません。
相変わらず突飛な設定や
温かみのある人物描写は
いつもどおりで、何だかホッとします。


そして、読み易く、軽いタッチだが、決して内容は軽くない。
というのも健在。

これは前からそうだったと思うのですが、
読み手の思い込みによるトリックが
実は今回大きなテーマでもあったように思えます。

過去の作品をやはり読み返したくなりました。
何か新しい発見がありそうな気がします。


※私も飼い犬と本気になったら会話ができるとは思っている一人ではあります。