2018年08月26日

田植えから三か月

田植えから三か月がたち、田んぼは穂揃期に入った。

F399E69B-3EA0-487C-B22B-CE8C137DB9C9


元肥を入れなかったので分けつが進まず、スカスカした感じ。

葉色をみて追肥も考えたが、結局することなく、穂肥も入れず今日に至る。

F1EE12F2-930E-4A40-B7A7-8A7E9DB8E527


化学肥料はもちろん、有機肥料もなにも入れない無肥料栽培は今回が初めて。

田んぼの水の栄養分だけで、一体どれだけの米がとれるのだろう。

量は少なくていいから、美味しい米ができれば良いのだが。

garten02 at 19:20|Permalink  

2018年08月25日

マツリカの花が咲く!

明け方雷雨があり、久しぶりにまとまった雨が降った。

七月の西日本豪雨の後、こんどはまったく雨が降らなない猛暑が続き、多くのハーブも枯れてしまった。

そんな中、一人元気に花をつけた茉莉花!

BEF11C1D-33DC-4B55-950B-7AAFA71521CA


マツリカの花は一日花で、朝ついた花も夕方には落ちてしまう。

BD68B11B-A0D7-4743-A321-58AF07B11CF4



マツリカはアラビアンジャスミンともいい、また、インドネシア語ではムラティともいう。

「ジャワの踊り子」の「愛の花 ムラティ」のムラティ!

garten02 at 21:33|Permalink マツリカ 

2018年08月03日

タンジーの花が咲く!

クラリーセージの花が終わった猛暑の夏

その隣でタンジーの黄色い花が咲いた。

FF009B5E-64CC-4DB8-99F5-114C24CA659C


F3B6883D-E514-42C2-AA0E-2D977D4D53E1


ハーブガーデンの隣の田んぼは田植えから二カ月余りが過ぎた。

5D4CD2CC-96BD-45F0-83D1-37A545AA7280


一昨日で中干しを終え、これからは湛水と落水を繰り返す間断灌漑に切り替える。

garten02 at 20:17|Permalink タンジー | 

2018年07月30日

オクラの初収穫

今朝、今年初めてオクラを収穫。

74BB1213-F660-4F92-93CF-D148396F7F9F


三週間前の西日本豪雨から猛暑とかんかん照りが続いたが、
昨日、台風12号の影響で久しぶりに雨が降る。

711AED54-D5D2-4C5B-85E7-2D4CB89FA757


種が大きいボコボコしたオクラが多かった。

4CE3A294-7C8C-4526-99F2-99C2942FB52A


水不足のためと思われる。

0C7D6534-6150-4461-9034-7A3764DDC2C8


garten02 at 10:19|Permalink オクラ 

2018年07月26日

ブルーベリーの収穫

E5E17F1B-B64D-4682-BF92-87B92C03EC8A


まだ色づかないブルーベリーの実が多いが、

よく探してみると熟れた実も

284B9675-3AE6-4E4D-A474-563C512D1070


43DCBDC7-7DC6-4C29-8FB0-2476C0BC71F7


雨が降らないので、葉が丸まっているミョウガも

53B42E61-193B-430B-A96F-378B80BBE9D5


よく探してみると少しのミョウガの子があった。

B511BB98-3C3D-4555-8889-120C72347555


garten02 at 19:40|Permalink ブルーベリー | ミョウガ

2018年07月25日

38度超えの暑い日

38度を超える暑さと強い日差しで、

797F3381-ED79-44A4-9B14-9F9B28C4D54B


オレガノやバジルの葉は干からび

81B8EEE9-D368-4819-9CD3-16F5CADB2183


オクラの葉も萎れてしまった。

6613199F-CC09-422D-A752-912605D04F5A


夕方、五輪山の方角から黒い雲が出て少し雨

E7C6A039-85C2-4532-A63F-7D5DD511F314


少しだけだったけど、萎れた草花には恵みの雨

D2B9BC18-FCF6-4BAC-805D-082F5C565805


オクラもようやく実をつけはじめた。



garten02 at 20:07|Permalink オクラ 

2018年07月22日

ミョウガの初収穫

連日の猛暑でバテ気味だけど朝から草刈り。

立っているだけでも、滝のような汗がしたたる。

11636646-C78C-4DBA-B965-C7DAB420A641


ミョウガの葉も暑さで丸まっている。

17C65280-1483-4394-A0A8-A32BB76CEF83


足元を探ってみると、小さいミョウガの子がちらほら。

51F76EFE-761B-4F2B-8D39-2718E84B1F28


素麺の薬味にちょうどいい。

garten02 at 20:07|Permalink ミョウガ 

2018年07月19日

ベルガモットの花が咲く

休耕田のハーブガーデンの大きなススキの向こう側

いつもは行くことがないので気がつかなかったが、

たくさんのピンクの花が咲いていた。

97FE8266-4CB0-4331-B8A9-890EE56007CF


なんの花かわからなかったが、ベルガモット(モナルダ)とのこと。

67A24F50-C04D-4E80-9F92-860CF47EB9C2


ベルガモット(モナルダ)はシソ科ヤグルマハッカ属の多年草

モナルダという名前は発見者の名前にちなんだもので、

ベルガモットという名前は、柑橘類ベルガモットオレンジに香りが似ているところから名付けられたとのこと。



garten02 at 16:50|Permalink ベルガモット 

2018年07月17日

田んぼのシマヘビ

005


田んぼのコンクリート畦近くに細長い物体。

もうすぐ土用の丑の日。もしかして鰻では、と期待して眺めていると


001


えらく長く、すこし赤茶色っぽい蛇が泳ぎだした。

縦縞模様からみてシマヘビのようだ。

シマヘビは蛙を餌としているので、田んぼによく出没するとのこと。

アオダイショウとマムシとはよく出くわすが、シマヘビは初めて。

garten02 at 20:12|Permalink  

2018年07月16日

田んぼの草取り

連日36度を超える猛暑が続く…

CA29803E-ECD8-4744-9D38-6D471970E91F


あまり草がないように見える田んぼだか、

中に入ってみると、結構草が生えていた。

一番多いのはクログワイ。

9CA40C6D-5DAF-410B-B670-096A145AAF5B


60F5771D-FD0D-4962-92FF-D58BEFAC219F


クログワイは丸い茎をしており、ハーブのチャイブに似ている。

細い針金状の茎のため遠目では目立たないが、

田んぼの中に入ってみると、いたるところに生えていた。

B429CCCF-3D70-4951-AC22-B670D2C8E2E0



その次に多かったのは、キシュウスズメノヒエ。

4C07ED47-BF64-452D-9B9C-3D29FB5F8D5C


1A77D9EA-2BB1-446F-8980-905B26EAC476


キシュウスズメノヒエは、匍匐茎(ほふくけい)を伸ばし、節から根を出しながら、畦から田んぼの中側に向けて広がっていた。

匍匐茎を切ってしまうと、残った部分からまた広がってしまうので、切らないように抜いていく。

4C7C3B45-C595-4539-B526-AAB868131DC6



その他、ミズガヤツリ、オモダカが生えていたが、

今までこの田んぼに蔓延っていたコナギは全然見なかった。

まだ田んぼ全体を見たわけではないが、

あと二、三日で大体草取りできそう。









garten02 at 17:51|Permalink