※アートマンギャラリーの公式WEB http://www.g-art-man.com/

Spring Exhibition 2017 〜第十四回 春展〜

Exhibition 春 2017  第十四回  春展開催のご報告

開催日 5/16(火)~21(日)
アートマンギャラリーで開催致しました春展には、このたび札幌でご活躍のアーティストの方々4人の作家に作品を出品・展示して頂き搬入日1日、展示期間6日間のスケジュールで開催されました。作家方々と作品についてのご紹介させて頂きます。


斉藤 麻理
ジェッソやモデリングペーストに独自のマチュール感加えた下地にペンギンやフラミンゴや南国の野鳥などをモチーフにセンス良く配置された構図で描いています。
スッキリした配色の背景がその構図バランスを際出させていてセンスのいい空間に飾りたくなるような作品に仕上がっていました。
ご本人は、渋谷にお店のあるアパレルにお勤めのとってもおしゃれな方です。これから制作される作品がとても楽しみですね。
IMG_2183IMG_2185IMG_2187









マツオカナナミ
自作のウッドフレームに自在に切り抜いたボードを張りファンタジックな絵画を油絵で絵描いています。柔らかなタッチと色彩は見る物をほっと幸せな気分にしてくれます。また、染め物やシルクスクリーンの作品をバッジや髪留めなどオリジナルグッズに仕上げていてほしい人には販売もしてくれました。現在、大谷にご在学中でらっしゃいますが学外でも積極的に活動されていてこれからのご活躍が期待されます。
IMG_2189IMG_2191DSC03324DSC03321












今田 雄一郎
小さくカットされた札幌柔石に彫りを加えルーン文字や昆虫などをカラフルに着色した作品をオリジナルの木製フレームに収納して展示しています。また、アクリルミラーを四面体に張り合わせカットされた角からのぞくと万華鏡のような内部が見える「鏡箱」の作品がいくつも天井から吊るされそれぞれ違った内部を見ることが出来ます。今回は開催中ほぼ毎日ギャラリーにいらっしゃって今後の展望をお話させて頂きました。既に次回の展示作品の構想とビジョンについてご相談させて頂きました。
IMG_2192IMG_2193IMG_2195IMG_2197IMG_2204


















しゃる缶
最近は自作のキャラクターをズームした作品を制作し抽象作品のような展示を展開して来ました。今回は、自然と内面を表現した新作を展示しそこに描かれている一本の川の色彩に驚きを感じる作品になっています。その表現内容は抽象化への小休止といった構図にも感じられますが、色使いには新たな心境を伺うことができる内容になりました。
DSC03340DSC03339













DSC03332DSC03335DSC03330DSC03328DSC03317DSC03331IMG_2224IMG_2227



























アート表現に祝福を!
See You Next Time!!

大泉 洋がやってきた日

本日、アマゾンで注文中だった『大泉・木村の1×8いこうよ〜十五年祭初回限定版』のDVDが届きました。
実は、このDVDにはアートマン・ギャラリーで撮影された「放浪画家キムラ2015」が 収録されているのです!撮影は2015年5月31日午後に行われました。

当日は、ギャラリーに大泉さんと木村さんの絵画が展示され夕方にはギャラリーにお二人がご登場しました。画家大泉氏の絵画はかなりユニークで今後の画家としての展開も期待出来るだろう内容でした。(遠くを見ながら思い出す感じで・・)

IMG_7723IMG_7742











DSC02564DSC02544






DSC02548











北海道の超大物(本州では怪物と恐れられている)、大泉さんがご来場した場所はその後その場所やお店が観光客や多くのファンの聖地と化しています。アートマンギャラリーもすぐにこの事実を公開すると連日お参りやら寄付金をごっそり持った多くのファンでごった返す可能性を考慮し(笑)これまでこの事実のひた隠しにし公開を控えてきました。(しかし最近はすっかりイケメンになりましたね)
今日までテレビ局のディレクターの「DVDが発売されたら送ります!」のお約束を首を長くしてまっていましたが既にこのDVD、オフィシャルでは完売なった事実をつかんだため今年になっていいかげんシビレを切らした我々アートマン陣営はこの記念すべきDVDを手に入れるべく急いでポチット自ら購入したわけです。(なんせ、初回限定版にしか9年ぶりの木村放浪画家のテイクは収録されていないらしい!レア)

そして、ついに封印が解かれます!!

中身は、これから拝見いたしますので後日皆様にも何らかの形でご報告致しますのでお楽しみに!!
IMG_1682IMG_1679











これまで金庫に大切に保管されて来た大泉/木村のサインと当日の記念撮影写真を公開致します。
自ら購入した秘蔵初回限定版は、カーテンを閉めて部屋のカギをしっかりロックしてこれから拝見致します!
IMG_7749

冬展2017 Vol.13

冬展始まりました。
今回は、札幌で活動するユニークなクリエーターの作家の方々にご参加頂きました。
自分たちで商品開発から制作、販売まで出来る金の卵たちです。

IMG_1181IMG_1182IMG_1187











ゴトウマキエさんは、ウッドバーニングという木の盤面に焼きコテでラインを描いた上に部分的に着色しためずらしい作品と北海道のヒグマをキャラクターにしたひぐまるを携帯ストラップなど商品化して展開しています。札幌の観光大使をしていらっしゃいます。

IMG_1194IMG_1215IMG_1214











かえるさんはエッグアートという卵に楊枝などで点画したり模様を描いたりしてニスに仕上げたりマットに仕上げたりした作品とオリジナルリース作品を展示しています。イースターの気運が高まるなかとってもキレイにペイントされた卵達がかわいく並んでいます。その他、貝にペイントした作品も人気があります。

IMG_1208IMG_1197IMG_1210











みよしあやなさんは、ブラックを基調にしたリトグラフ作品と手描きの作品を展示。フワフワしたキャラクターに見えますが色彩が落ち着いているので高級感を感じます。染め物をした手さげバックやスエットもご用意しています。

IMG_1188IMG_1189IMG_1222











しゃる缶は、オリジナルキャラクターの図案を拡大ズームインした抽象画とも具象画ともつかない新ジャンルを追究して、今回の雪の作品は見てて気持ちいい画風です。抽象作品は、意味のフレームから解放されて見る物に自由な感性を吹き込んでくれます。

IMG_1144IMG_1147IMG_1152











21日初日にはFM AIR'G Sparkle Sparklerで生中継して頂きました。

リポーターの上田 あや さんがアートマンにいらっしゃいました。ご本人のようにとってもかわいいサインまで頂きました!


IMG_1224











雪呼達磨君

IMG_1150




 


 

このページのトップヘ

見出し画像
×