2005年08月12日

4759 ライブドアM

4759 ライブドア マーケティング
 
05/08/12 の 10時10分に 4900円を超えてきた。 
7/28 に 5300円で600株信用買い
        5170円で200株信用買い
        5730円で200株現物買い  なので 大きく含み損
 
しかし、分割後の急落により5/30の 3460円を底に 6/9 6/22 に3810円
7/6 3910円 7/22 4010円  8/4 4130円 と 徐々に下値を切り上げ 長期上昇トレンドである。  
 
目先 7/28の 5900円 5/17 の 7100円(この後MSCBにより急落) が節目となろう。とりあえずは 5500円あたりで 500株利益確定して、残りの500株で 高値を目指したい。しかしその場合も 5100円ぐらいで逆指し値をして急落に対応しておこう。
 
 
 
  

6830鷹山

6830鷹山 34700円    現物25株 売り損い 塩漬け  
       28300円 信用買い10株 売り損い 塩漬け
       25600円 信用買い20株   05/08/08  
 
8/10 22900   5/30 2023  11/10 16000
である。下値切り上げトレンド。
 
方針
35000円で 25株売り  5万円突破で 20株売り  
55000円で 20株売り  残り10株は いけるところまで行く、下げてきたら35000円で逆指し値で売る。
 
 
  
Posted by garu1 at 09:11Comments(0)TrackBack(0)6830鷹山

再開

2330フォーサイド
 
再開は、自分の防備録のため。
別に公開する必要もないのだが、公開した方が長続きしそうだから。
 

 
2330フォーサイド 05/08/11 68100円 20株 信用買い
                   67000円 20株 信用買い
 
64500円が当面の底、その次は 63000 62300 61000である。
5月31日の61000からは長期上昇トレンドに入ったと判断した。
71000円で10株 77000円で10株  8万8000円で10株 売り
残りの10株は13万円超えるまで持続する。
 
  

2005年04月02日

新年度・・・ブログ休刊します

これまで訪問してくださった皆様。ありがとうございました。
 
本業も多忙となったのでブログは当分、休止いたします。
2ヶ月にわたるご愛読ありがとうございました。またいつか再開できる日まで、皆様も元気でご活躍下さい。
 
5年で1000万円を10億円にする夢計画の進行状況                     
 
2005年1月4日 当初資金 1000万     
      4月1日 現在資金 1061万   プラス61万円
 
2月上旬には一時プラス450万まで行きましたが、ライブドアの下げと共に利益も縮小してしまいました。今後も細々と株投資はしていきます。
  

2005年03月30日

堀江社長はなぜ北尾に会わなかったのか【その4 おまけ】

北尾抜きで話し合い 想定問答(おまけ)
 
 日枝「おい、ライブドアとの話し合いどうなってるんじゃ。堀江は北尾との会談ドタキャンしたらしいが」
 村上「フジTVにとって怖いのはライブドアよりもむしろソフトバンクですよ。ソフトバンクが放送を手に入れたがってるのはテレビ朝日の件で明白です。資金力の大きさからも、M&Aに長けている手練手管から言っても、うちにとってソフトバンクが脅威でしょう。ライブドアの連中はまだケツが青いから言いくるめるのは簡単ですけど、ソフトバンクはそうはいきませんからねえ、うちにとっても北尾さん抜きの方がいいんですよ。」
 日枝「そんなもんかのう・・・。わしは、あのホリエモンとかいうやつの顔を見るのも嫌なんだが。まあ、わしはもう表に立たんから、あんたの方でこの件はすすめてくれや。わしはどうも人気ないみたいだで。」
 村上「では、ともかくライブドアと提携の話は両社同時にコメントを発表しますから。」
 
今日はライブドアの下げが痛く、大幅にマイナスでした。
324円でライブドア5000株買い増して失敗。
 
5年で1000万円を10億円にする夢計画の進行状況                     
3月30日の損益は含みと合わせて−31万
 
2005年1月4日 当初資金 1000万     
     3月29日 現在資金 1050万   プラス50万円
 
  

利100万を割り込む(日経平均の急落と共に)

2330フォーサイドでのデイトレは成功だったけど
 
フォーサイドでのこの2日間のデイトレは+9万
しかし、日経平均の急落もあり含み益は大きく減った
 
5年で1000万円を10億円にする夢計画の進行状況                     
3月28日29日の損益は含みと合わせて−23万
 
2005年1月4日 当初資金 1000万     
     3月29日 現在資金 1081万   プラス81万円
 
  

2005年03月29日

北尾CEOとなんで会わなかった?【その3】

北尾CEOとなんで会わなかった?【その3】
単純に考えて、北尾と会うだけ会って話を聞くだけなら別にかまわないと思うが・・・なぜ会わなかったのか、会うとマイナスなのか考えてみました。
 
会わない理由【その3】想定問答の巻 最終回 「六本木ヒルズにて」
 
ライブドア内部での混乱
  堀江「明日、北尾とアポイント取ったから」
  熊谷「マジっすか!マジでやばいっしょ!今、フジといいところまで来てるんですから。社長中止にしてください、それ」
  堀江「宮内はどう思う?」
  宮内「そうですね、熊の言うとおりですよ。こっちはNH手中にしてますし、もともとフジTVの買収無理なんですから。提携話が進めば御の字ですからねえ。あの北尾、えらそうにしゃべってるけど、相手にする必要ないですよ。」
  熊谷「ネ!所長、宮も同じ意見ですから、キャンセルするっきゃないっしょ」
  堀江「よっしゃ、わかった、今回の件は熊たちに任せるよ。SBIにみすみす儲けさせる必要ない。それより焦土作戦ってどうなんだろう」
  宮内「あんなの脅しですよ。株主価値毀損で訴訟に持ち込めば、またこっちが勝ちますよ。」
  堀江「ということだ、乙部くん、北尾にキャンセルの電話入れるといてくんない」
  乙部「はい社長。早速に・・・。ところで夜のお食事はまたいつものところに予約入れておいていいですか?」
  堀江「あ、そうそう、今日はフジの女子アナと飲むから・・・」
  乙部「エー!!またですかぁ?」
  熊谷「やめてくださいよ、まったく好きですねえ。せっかくフジとうまくいきかけてるんだから、ちょっと控えてくださいよね。」
 
  (以上、これはフィクションですのであしからず。
   ライブドアのみなさん。m(_ _)m ゴメンナサイ)
 
 
  

北尾CEOと何で会わなかった?【その2】

単純に考えて、北尾と会うだけ会って話を聞くだけなら別にかまわないと思うが・・・なぜ会わなかったのか、会うとマイナスなのか考えてみました。
 
会わない理由【その2】想定問答の巻2
 
▲侫牽圍屬箸なり話が進んでいる。漁夫の利は得させない。
  熊谷「では、このコンテンツについてはLDの方で活用させていただいてよろしいですね。」
  フジ「はい結構です。しかし、そちらは無理ですよ。」
  熊谷「ええっ!それじゃあうちは困りますよ、では続きは次回と言うことで」
     「ああ、それから北尾さんのところのことですけど、あれはないでしょう。うちは想定内ですから困りませんけど」
  フジ「あそこに仲介を頼むと、仲介料けっこうがっぽり取られるんで、うちもまずいんですよ。貸し株料も高かったし・・・」
  熊谷「それじゃあ、北尾さんは抜きで話を進めましょう」
 
次回に続く 
 
  

北尾CEOとなんで会わなかった?

単純に考えて、会うだけ会って話を聞くだけなら別にかまわないと思うが・・・なぜ会わなかったのか、会うとマイナスなのか考えてみました。
 
会わない理由【その1】想定問答の巻
 
〜蠎蠅離據璽垢亡き込まれる。または特に得るものがない。
  堀江「どんな解決法があるというのですか?うちは損しないでしょうね」
  北尾「私に任せると言ってもらえれば、お教えしてもいいですよ」
  堀江「聞く前に、任せるなんて言えませんよ。常識でしょそれ。」
  北尾「悪いようにはしませんよ、今、お困りでしょう。へっへっへ」
     「では、ピントだけお教えしましょう。要するに、おたくも、フジも、
      うちも得する方法ですよ」
  堀江「もう、結構ですよ。当事者同士でうまく出来ますから」
 
次回に続く 
 
  

2005年03月27日

ライブドア→玄関から入り直すとは・・・

買収したニッポン放送株50%超をある程度、フジテレビにお買い上げいただく。(いくらで売却するかはこれからの交渉でしょうがおそらく買値近くでしょう)これで、土足を脱いだことになる。
それから、改めて提携の協議に入ると言うことでしょう。提携による享受はソフトバンクとライブドアで「7対3」程度に落ち着かせるのかな。
 
  
Posted by garu1 at 14:40Comments(0)TrackBack(0)

ライブドア排除はTV、ラジオの得にはならない

ライブドア人気を取り込まずして
 
 フジ、サンケイグループの発展はないと考える。この2月〜3月の各マスメディアのライブドア−フジTVニッポン放送関連の報道はすざましかった。ほとんど報道できなかったフジTVは大きく視聴率を落としていると聞いている。
 各世代に(特に若者に)圧倒的な人気を誇るライブドア。これはプロ野球問題のころから目立ってきた。常に、急進的な改革者としての役割を演じてきていることは疑いもない。ホリエモンの行動と提案によって、プロ野球も、株式市場のあり方も、M&A対策も、問題点が浮き彫りになり、今や対応に大わらわだ。
  人気商売のマスメディアの発展のためには、 ライブドアという時代を先取りするセンスを持つ企業を排除するのでなく、取り込んでいくことが必要だと思う。
 強引とか、いきなりとか、しきたりに反するとか、道義上いかがなものかとかいろいろ批判されるが、織田信長の例にもあるように突破口を開く者は周囲から奇異に映るものなのだ。また、それだけの強烈な個性があるからこそ改革の起爆剤に成り得るのだと思う。さしずめ孫ソフトバンクは家康か。
 
 
  

2005年03月26日

ライブドア株価・・・思ったより下げず

朝寄り前の板は、290円台でS安気配だったけれど 
 
 意外に下げなかった。いくつかの要因が考えられますね。
.蝓璽泪鵑了つMSCBの株式へ転換が進んでいるというニュースで、もしリーマンがまだ売っていないとすれば、株価があまり安くなるのはリーマンにとっても好ましくない
■咤贈匹ホワイトナイト云々と言っても、フジTVの防御であって、ライブドアが議決権で50%超の株を取得したとすると、ニッポン放送への支配権は発生する。子会社となることは揺るぎない
K麺瑳卍垢「大人としての解決策」を持っている。来週堀江社長と会うらしい・・・フジTVとの提携に前進があるかも。
 
  まあ、こんなところでしょうか。それにしても私の持ち株資産は大きく減りました。ライブドアとバリュークリックの下げと、エプソン、三洋電機も業績下方修正だし。・・・・
 
5年で1000万円を10億円にする夢計画の進行状況                     
3月24日25日の損益は含みと合わせて−25万
2005年1月4日 当初資金 1000万     
     3月25日 現在資金 1104万   プラス104万円
 
  

2005年03月23日

今日はマイナス

5年で1000万円を10億円にする夢計画の進行状況                     
3月22日23日の損益は含みと合わせて−13万
2005年1月4日 当初資金 1000万     
     3月23日 現在資金 1129万   プラス129万円
 
  

将棋はやっぱり詰んだね

将棋は詰んでいた・・・穴熊は破れた
あらゆる手は封じられました。
今日の高裁の決定で、フジテレビはもう提携の呼びかけに応じざるを得ないでしょう。人気商売ですから、ここに至ってこれ以上拒否すれば世論の猛反発は必至です
まさにフジ側は万策がすべて封じられた詰んだ状態です。
 
再度の提携の呼びかけは絶好のタイミングです。「戦」では戦況の有利なときに和議の呼びかけをするのは定石ですから。そしてライブドアにとってももともと巨大なフジテレビまで支配するのは無理があるのですから。
 
ホリエモンにとって、唯一想定外だったのは、マスコミによって意図的に流されたフジ株買い増しのニュース。これによって.侫験瑤暴騰し、資金難のライブドアはフジ株獲得がしにくくなった∋間稼ぎが出来たフジは500億円の新株予約券発行という対抗策が打てたことではないでしょうか。
 
今後のライブドア株ですが、投資家にとっての懸念材料の泥沼化はフジTVが提携に応じることによって払拭されます。株価は力強く上昇していくことでしょう。もちろんリーマンの売りもめでたく吸収して。
  

2005年03月22日

ライブドア株リーマン売りとフジによる買いの闘い

ライブドア株はリーマン売りとフジによる買いの闘いに
 
リーマンは残り半分のMSCBをいつ株式に転換して売ってくるのか?
そしてフジテレビはライブドア株を買い集めるという逆襲に出るのか?
興味津々です。ホリエモンは、フジテレビがライブドアの筆頭株主に躍り出ることは避けたいはず。そのためにはリーマンに売りを手控えるように要請するはず。となると・・・ライブドア株は暴騰していくとも考えられる。
いずれにしても明日の高裁決定が鍵を握りますね。
 
今日はフジTV株1株を寄りで返済売り。これは大成功でした。しかし、ライブドア株を394円で3500株返済売りしたところまでは良かったのですが、100万株単位の厚い買い板を見て390円で4000株買ってしまった。もっと待っていれば良かった。
  

2005年03月21日

ホリエモン人気の由来【その2】

誠実さと、歯切れの良さと、バイタリティー
 
株主総会での延々5〜6時間に及ぶ、質疑応答に一人で丁寧に答えていた誠実さ、そしてバイタリティー。
これがホリエモン人気の由来【その2】だ
さらに、テレビでのインタビューを見ていても、ビックマウスではあるが、嘘を言っているとは思えない。「世界一を目指します」ハッタリと言うより、本当に自分でそう思っているのだろう。それを目標にし、自らエネルギーを引き出している。司会者とのやりとりでも「それは言えません」ということはあっても、ごまかすことはしない。正直さを感じる。
 
それでは、「株主を大切に考える」というのは嘘ではないのかと声が聞こえてきそうだが、彼は株式投資とは自己責任、リスクを負うものと言っている。要するに「長期保有者には報いますが、短期投機家のことまでは知りませんよ」というスタンスなのだろう。「自分は人生を賭けているから、株主さんも一緒に賭けに加わってください」という思いなのだろうか。
「もっと勉強してください」など株主を突き放すような言い方をするところも率直さが出ていると思う。
 
たてまえと本音の乖離している世間にうんざりしている我々は、ホリエモンの「常に本音」というスタンスに共感を覚えるのである。
 
 
  

ライブドア役員と幕末の若者群像と

ホリエモン人気の由来【その1】
 昨年は大河ドラマ「新撰組」が人気でしたが、幕末の頃はまさに20代〜30代の若者が天下国家を動かす中心でした。昨年末にライブドアの株主総会に行ってきましたが、本当に会社役員が皆、若くてしかも総会も立派に運営していて感心しました。明治維新から140年近く経てようやく若者がはつらつと旧体制に互していける時代となったのでしょうか。
 そういえば、35〜45年前も学生運動が華やかな時代でした。そのころも青年の運動が一定程度社会に影響を与えましたが、結局、権力に押し切られてしまいました。
 もちろん今回のライブドアをめぐる騒動は反体制運動でもなく全く当時と性格は大きく異にしています。それでも、今、庶民にとって閉塞的なこの日本の経済、社会の枠組みの中で、一歩先を読みながら、果敢に挑戦していく若者に、同世代の若者はもちろん、多くの年輩者もが共感を覚える現象が起きていると言えるでしょう。ホリエモン人気の源泉【その1】だと思います。
  

2005年03月19日

リーマンのLD株売却は

    ↑
この記事によると「17日までに、計約1億3300万株のライブドア株に転換、市場で売却を進めた。」とあるけど、MSBCの約半分400億円を株に転換したとのこと、しかし問題はそのうちどれだけを市場で売ったのかですね。
 
既に400億円分売却済みだとすると、リーマン爆弾もたいしたことなさそうに思えるし、まだかなりの部分を売っていないとすると、昨日の株価上昇は、リーマンが来週に高く売り抜けるための用意と考えられますね。
リーマンは安いところで株に転換し、高いところで売りたいはずですから。
 
  
Posted by garu1 at 13:35Comments(2)TrackBack(1)

日枝社長は嫌いだけどフジTV株買った^ ^;

17日に26万7000円でフジTV株2株購入
でもそのうちの1株は28万円で売却、とっても残念。もう1株はしばらく保有。配当権利を取るかどうか迷います。たぶん取らずに売ります。
 
  

出た!週刊ポスト−日枝社長5億円豪邸の謎

19日の日経新聞に週刊ポストの広告が載っていました
「日枝フジTV社長5億円豪邸の謎」「辞任論も噴出」だそうです。
いよいよマスコミによる批判が堀江社長から日枝社長へ移ってきたようですね。
やはり「勝てば官軍」なのでしょうか。
 
週足を中心にしたトレードで5年で1000万円を10億円にする夢計画の進行状況
                       
3月17日の損益は含みと合わせて−23万
  18日は              +38
2005年1月4日 当初資金 1000万     
     3月18日 現在資金 1142万   プラス142万円
  続きを読む