勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

とうとうやっちまったか!

そう言いたくなる一冊。

勝間和代さんなら、
いつかはやってしまうだろうと、
思っていました。

しかし、
こんなに早いとは。

何をやってしまったかというと、
ビジネスで必要となる、
ほとんどすべての基本的思考法を、
網羅してしまったということ。

ここまでやられると、
ほとんどのビジネス本は、
でる幕がなくなってしまいます。

おそらくこの本を見て、
「これは困った」と思っている、
ビジネス本著者、出版社はかなり多いはず。

目次
第1章 「ビジネス思考力」を定義する!

「ビジネス思考力」を定義する!
なぜ今、「ビジネス思考力」が必要なのか
 ベストセラーに見る労働環境の変化と市場のニーズ
 「教えて君」から脱却しよう!
思考の六つの段階
 ブルーム博士の思考の六段階モデル
 知識のレベルで思考を止めない!
ビジネス思考力をつけることで得られる五つの果実
ビジネス思考力はコツさえわかれば、日常生活で習得が可能

第2章 ビジネス思考の基礎となる7+1の力

まずは「フレームワーク力」のお話から
 基本的なフレームワーク21選!(カラー図解つき)
 既存のフレームワークから新しいフレームワークをつくる
 書籍の知恵をフレームワークで整理するクセをつける
 「○○○力」とは何を示すのか、というと

第3章 一つめの力 論理思考力
   
論理思考をわかりやすくいうと
 そもそも、「論理」って何?
論理思考力を身につけるための三つのテクニック
 MECEに分類するクセをつける  ほか
論理思考力を身につけるための四つの実践方法
 「なぜ5回」を繰り返す  ほか
とはいえ、「あと知恵バイアス」には注意!
  
第4章 二つめの力 水平思考力
  
水平思考力をわかりやすくいうと
 デボノの有名な問題
 想定した範囲以外から解を出す
水平思考力を身につけるための三つの基本テクニック
自分が無意識に使ってしまっている前提を疑う ほか
水平思考力を身につけるための四つの実践方法
種になりそうなアイデアの量をとにかく増やしてみる ほか
 
第5章 三つめの力 視覚化力
 
視覚化力をわかりやすくいうと
視覚化力をつけるための三つのテクニック
画像が持つパワーを理解し、効率的な情報処理方法として活用する ほか
視覚化力を身につけるための四つの実践方法
フォトリーディング+マインドマップをマスターする  ほか

第6章 四つめの力 数字力
  
数字力をわかりやすくいうと
 画像の対極、数字の世界
 数字は、正確な情報共有のためのもの
 数字を組み合わせる力は創造性につながる
数字力を身につけるための三つのテクニック
数字の意味を知る  ほか
数字力を身につけるための四つの実践方法
政府発表や世論調査、企業データなどの数字を見る習慣をつける ほか

第7章 五つめの力 言語力

言語力をわかりやすくいうと
 言葉は実は非常に高度なテクニック
言語力を身につけるための三つの基本テクニック
なるべく多くの知識・説明を知る  ほか
言語力を身につけるための四つの実践方法
 読書・読書・読書  ほか

第8章 六つめの力  知的体力
  
「評価」のフレームワーク
知的体力をわかりやすくいうと
 「多重知性理論」(マルチプル・インテリジェンス)
 心は身体の中にある?
知的体力を身につけるための三つの基本テクニック
身体と頭の関係を理解する  ほか
知的体力を身につけるための四つの実践方法
ブレインジムの体操を行う  ほか

第9章 七つめの力  偶然力
  
偶然力をわかりやすくいうと
偶然力を身につけるための三つの基本的なテクニック
 セレンディピティの定義をもう一度振り返る
偶然力を身につけるための四つの実践方法
よいチャンクを集める ほか

最後に
巻末 お薦め書籍・アイテム・URL 50


数々のビジネス書で語られているフレームワークは、
実はそれほどの紙面を要しません。

それぞれのエッセンスは、
本の5〜10ページで収まってしまう。

ほとんどのビジネス書は、
それを一冊分にするために、
肉付けされています。
(少なくとも読者であるわたしからはそう見える)

しかし、
勝間さんは、
そのエッセンスをごっそり、
1冊にまとめてしまいました。

これは罪深い・・・・。

しかも、
基本的なフレームワークを、
カラー、厚紙で収録するという、
離れ業までやってのけています。
(これは手帳にはさむと便利)

フレームワークの効用は、
ひと言でいうと、
この本のオビにも書かれているとおり、

 再現性

です。

一度、アタマにインストールさえしてしまえば、
あとは自然にできてしまう。
これがフレームワークの強みです。

しかし、
このフレームワークというやつは、
クスリと同じで、

 ・効能
 ・用法容量
 ・副作用
 ・使用上の注意

を知らずに使うと、
効果がないばかりか、
逆効果となってしまうことが多い。

ほとんどのビジネス本では、
「効能」については書かれているが、
他の3点については、
書かれていないことが多いのです。

この本はそこらへんを、
数字というのはあくまでも、複数の人間の間で情報を共有し、意思決定を助けるものであり、厳密にはあいまいな部分もある
などのように明言し、きっちり押さえています。

そして、
勝間本の特徴は、
「おそろしく速く読める」
ということ。

この本も例外ではありません。

それはフレームワークを駆使しているということと、
彼女の言語化能力に依ります。

なんの苦もなくできる人は、
往々にして、
言語化することが苦手です。

しかし、
彼女は暗黙知の言語化が、
めちゃくちゃうまい。

それは、
彼女が天性の「デキル奴」ではなく、
最初はどちらかというと、
飲み込みの遅いほうだったからではないかと、
勝手に推測しています。

何がわからないかが、わからない。

そんな悩みを抱えている人にこそ読んでほしい。

そして、
わかったような気にならずに、
何度も目を通し、
実践しては立ち返る、
という作業を繰り返してほしい。

必ず得るものがあるはずです。

blue ←応援ありがとうございます。

にほんブログ村 IT技術ブログへ ←応援ありがとうございます。