どこへ行く、日本。

政治に無関心な国民は愚かな政治家に支配される。


政治 ブログランキングへ


[CML 047833] Fwd: [軍学共同反対:472] 東工大申し入れ報告
りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 5月 1日 (月) 00:18:55 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2017-May/047937.html


----------転送メッセージ----------
From: <kodera at tachibana-u.ac.jp>
日付: 2017年4月30日日曜日
件名: [軍学共同反対:472] 東工大申し入れ報告
To: 軍学共同反対連絡会ML <liaison_nomillitaryresearch at googlegroups.com>


皆様
すでに4月28日の朝日新聞および赤旗で報じられているが、4月27日(木)午後3時から東工大への申し入れを行った。
軍学共同反対連絡会からI、H、Kの3名、および東工大職員組合のI氏が参加、大学側はT研究企画課長、K研究企画第1グループ長が対応された。
当初、副学長への申し入れを大学に依頼していた。そしてこの日は都合つかないということだったが5月であれば副学長に直接申し入れることも可能だった。
しかし私たちとしても早く申し入れることを優先し、この日になった。
冒頭、連絡会から要請の趣旨を伝え、6700名の署名簿を手渡して重く受け止めていただくように訴えた。
そして防衛装備庁の制度への今年度の応募に対する大学の考えを聞いた。
以下、研究企画課長の発言要旨を紹介する。

「20日に学内説明会を行った。学術会議会員で検討委員会委員だった先生が学術会議声明の説明をされた。
声明には強制力はないが、重く受け止め、改めて東工大の審査制度を精査する。
東工大では平成17年4月に「軍事・国防関連の研究を実施する政府機関等との研究協力に関する要領」を定めた。
www.rso.titech.ac.jp/docs/gunjikokubouyouryou.pdf
その中で、「軍事・国防関連の研究を実施する政府機関等が望む研究協力が、米国国防総省が調達規定として 設けている「研究、開発、試験及び評価(RDT&E)」コード「6.1」(科学的発見や新しい発明を目的と した基礎研究を指す。)に該当するあるいはこれに準じる内容である場合であって大学職員が希望する 場合、研究存在の公開及び研究成果の公開の原則並びに大学本来の使命と矛盾しない限りにおいて、大学はこれを受け入れる」と記されている。
今回の声明をうけてこれを精査する。5月末の応募締め切りには間に合わないので、現実的に応募できない。
結論は年度内に出したい。
従来の研究戦略室は「産学連携推進本部」と統合して2017年4月に研究・産学連携本部となった。
これからこれまでの要領を精査するワーキンググループを作る。
その構成は決まっていないが文系の先生も含めることも検討している。」

連絡会から「学術会議の声明は過去の二つの声明を継承すると言っている。つまり軍事研究はしないということだ」という指摘に対して、研究企画課長は「軍事研究には反対。民生のための基礎研究でなければならない。人を殺傷するような研究はすべきではない」と答えた。

そこで連絡会から次のような意見を述べた。
「学術会議は大学の自治に口を出せないので応募するなとは言っていない。これは大学に丸投げしたということではない。」
「民生用といっても兵器になる。兵器にならないような仕掛けを各大学が作るということではないか。」
「学術会議新声明は入り口での管理を提起している。防衛省の資金はうけるべきではない。」
「パワードスーツなど、介護にも使えるとして開発しても、軍事にも使える。それを他国が持たないようにと考えれば研究成果の発表も規制される。5年後10年後に特定秘密に指定されない補償はない。そういうことまで見据えて検討してほしい。」
研究企画課長は「デュアルユースの問題が難しい」と発言し、メモを取りながら真剣に聞いていた。

さらに連絡会から「2015年度に採択されたバイオマスの研究について、お金の支払いはどうなっているのか。防衛省のチェックはどのくらいか」を尋ねた。
それに対しては「四半期ごとにお金は来ている。防衛省のチェックは年数回あるが、他の資金と比べて特に厳しいわけではない。その際防衛省の事務官も一緒に来ている。」とのことだった。

最後に「このくらいまでいいと思うとズルズルと進んでいく。そしていつの間にか戦争になっていく。そうならないようにしてほしい」と言い、3時30分、予定の時間が来たので終了した。

その後、駆けつけられた東工大名誉教授の山崎正勝先生や報道関係者に申し入れの報告を行った。
山崎氏によれば、東工大の研究者が米軍資金を受けていたことが新聞で暴露されたことを契機として平成17年に研究内容を審査する制度を作ったとのことだった。

2015,16年度の安全保障技術研究推進制度に採択された国立大は4校のみ。その一つ、東工大が、手続き上の問題からであれ、今年は応募しない(できない)と決めたことは大きい。
大西会長が学長を務める豊橋技術科学大学は3月の時点で早々と今年度の応募を認める方針を打ち出した。
学術会議の声明を全く無視しているとしか思えない。
それに比べ、学術会議の声明を機に大学として改めて考えるという姿勢は明確である。
ただ今後作られる新たな要領がどういう内容になるかは予断を許さない。
20日の説明会では、「安全保障技術研究推進制度の応募内容について大学内で事前審査を強化徹底する」「採択されたテーマの報告を毎年チェックし、研究内容が大学の『要領』から外れた場合は研究を中断させることを検討している」と語っている。
しかし「軍事的安全保障研究の助成が増えている。軍事以外の分野での科研費の増額を期待したいが、大学としては現状に対応する必要がある」という発言から、大学の方向性もうかがわれる。
今後はこの内容の議論を大学内で深めていくこと、ワーキンググループの委員に反対する人も入り、そこでの議論を公開し、民主的に決めていくこと。
その結果、実質的に応募できないような内容の要領を作らせること、などが重要な課題であろう。
そのために連絡会も東工大の議論を注視していきたい。
軍学共同反対連絡会事務局


政治 ブログランキングへ




「森友疑惑」第2幕 新たな籠池砲にシラ切る財務省の悪辣

2017年4月30日 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204597


これからが本番だ(C)日刊ゲンダイ

「録音テープはまだある」「『瑞穂の國記念小學院』のHPから昭恵夫人を外せ、とファクスを送ってきたのは安倍事務所」「(8億円の値引きについては)設計事務所や藤原工業が積算資料を近畿財務局に渡した」――。民進党プロジェクトチーム(PT)が28日開いた、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典前理事長や財務省などに対するヒアリング。籠池前理事長が新たな「爆弾」を次々と炸裂させる一方で、この期に及んでもまだ「隠蔽」を貫いたのが財務省だ。

 籠池前理事長は夫婦で昨年3月15日に財務省を訪問し、国有地売買について理財局の田村嘉啓国有財産審理室長らと面談した際のやりとりを録音。この中で、田村室長が「特例」と発言していたことについて、籠池前理事長はまず、財務省に対して交渉経緯を安倍首相の妻・昭恵氏に適宜報告していたことを明かした上で、「定期借地契約に難色を示していた財務省が14年夏ごろ、突然前向きになった。録音データで室長が言う『特例』というのは、このことを指していたのではないか」などと指摘した。つまり、昭恵氏が財務省に何らかの“働きかけ”をしたことで「便宜」が図られたのではないか――と暗に認めたわけだ。

 会話の録音データという動かぬ証拠が示され、もはや逃げ隠れできなくなった財務省。籠池ヒアリングを終えた民進党PTは早速、財務省や国交省の担当者を呼んで事実関係の確認を求めたのだが、あろうことか肝心要の田村室長が欠席だったからなめ切っている。

■どこまでシラを切り続けるのか

「田村室長は過去の民進党PTにはきちんと出席していたため、議員が今回の欠席理由を問うと、財務省の中尾睦理財局次長は『その必要はないと思った』なんて平然と答えていました。明らかに追及逃れですよ。さらに録音データの事実関係についても、『報道されている段階なのでコメントする立場にない』とスットボケ。それでいて、録音の方法や時間、理由を逆質問していました。しまいには籠池前理事長の証人喚問の発言内容をほのめかしつつ、『(ヒアリングでの発言は)少し違うような。偽証罪になるのか分かりませんが』と“脅し”とも取れる態度を取っていました。特例発言についても、『通常通り対応できない場合(だった)』と後付けのヘリクツでごまかし、シビレを切らした議員が『録音データを渡すから確認しろ』と怒っていましたね」(財務省担当記者)

 要するに財務省は何が何でも森友への国有地売買が昭恵氏の関連案件だったことを認めたくない。どれだけ物証を突き付けられようがシラを切るつもりなのだ。森友問題で国を提訴した豊中市の木村真議員はこう言う。

「あらゆる状況証拠から昭恵氏が深く関わっていたのは明らかです。疑惑が解明されていないどころか、(解明された結果)クロは確実になったのです。にもかかわらず、(財務省は)知らぬ存ぜぬ。メチャクチャな話です。よほど隠したいことがあるのではないかと言わざるを得ません」

「森友疑獄の第2幕」が開いた今、息をひそめている財務省職員は、よ~くクビを洗っておいた方がいい。





































 


政治 ブログランキングへ


[CML 047826] 日本政府が新たに入手した「慰安婦」の強制を示す文書群
小林 久公 q-ko at sea.plala.or.jp
2017年 4月 30日 (日) 07:42:31 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2017-April/047930.html

日本軍「慰安婦」問題関係資料として、今年新たに日本政府(内閣官房副長官補室)が入手した
文書の概要表と文書をfirestorageでお送りします。期限は5月6日まてです。
ご入手される方は、下記のURLからダウンロードしてください

この概要表は、日本政府の「慰安婦」問題の資料調査担当部署である内閣官房副長官補室が、本年2月3日に国立公文書館から入手した19簿冊、182点の一覧表です。

最初の「通し番号」は、以前からの連番で、これまでに内閣官房に送られてきた各省庁別に連番が附されているものです。
本件の「24-1」は、これまでに国立公文書館から23冊の文書が届いており、この度の入手が24冊目であることと文書番号を表しています。

文書件名「簿冊の表題」の例えば「平11法務03378100-001」は、国立公文書館の「請求番号」で、平成11年(1999年)に法務省から国立公文書館に移管されてきた文書の意味です。

この概要表は内閣官房副長官補室が作成したものですが「記述の概要」に注目してください。
ここには、日本政府(内閣官房副長官補室)が確認した、当該文書の記述の概要が記載されています。
これらの文書には、数多くの「慰安婦の強制連行」と「慰安所での強制」を示す記述があります。

例えば「33-1」の文書には「『被告は(中略)少女・婦人等を(中略)慰安所に入所せしむべく命じたり』との記述あり」と記載されています。

最初の番号1のものは、今朝添付でお送りした「概要表」です。
﨤以降の番号24から42は、その概要表の通し番号です。
資料番号は、国立公文書館が附番したものです。

1 内閣官房入手文書 概要表 2017.02.03.pdf
http://firestorage.jp/download/97c19341349dc93e34ed56374e6c65eac3a7f7c7

24-1~2 資料1 平11法務03378英文、02901和文.pdf
http://firestorage.jp/download/9ce80e1613f81d6fdac4d8a366e2af97b518d0ac

25-1~2 資料2 平11法務01929英文 02903和文.pdf
http://firestorage.jp/download/8a200cfbdff03feb6eb78834d82dbc29bd6f0824

26-1~2 資料3 平11法務01928英文 02902和文.pdf
http://firestorage.jp/download/87caed539e4b13cfdfdd56ae39049c3487774b97

27-1~2 資料4 平11法務01929英文 04866和文.pdf
http://firestorage.jp/download/38df702a26bc05e590182867d5dc4a212538ab68

28-1~2 資料5 平11法務01935英文 02101和文.pdf
http://firestorage.jp/download/04c721ffa7eddf708868254bd5ec002afa3c7b83

29-1~2 資料6 平11法務01900英文 02056和文.pdf
http://firestorage.jp/download/7286e0ab183448a1d4e6e8d1652f82fc4a7a8ac1

30-1~2 資料7  平11 法務01935英文 02101和文.pdf
http://firestorage.jp/download/1ef0b544d235185dedf6d988632de7c993a76ddc

31-1~13 資料8 平11法務04966100 13点 25号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/7c56d125f5a86c29ffc888d23692e52e2f35fc00

32-1~11 資料9 平11法務04936100 11点 88号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/31a820100ff4126f97659aacf9bc80ba93e2f87f

33-1~3の2 資料10 平11法務05038100 4点 ボンチャナツク.pdf
http://firestorage.jp/download/ef1afd7ad853c6a07b0ed169122ac4c98ed10d20

34-1~3 資料11 平11法務05064100 3点 バリックパパン .pdf
http://firestorage.jp/download/ba5a303fb1f8e7e32f64dd5ced87441c93f8ba82

35-1~42 資料12 平11法務04915100 44点 69号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/8232a81625af2c9f60a1bdbfd324abed3021d5de

36-1~74 資料13 平11法務04956100 74点 106号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/18ebfd7ad89ace1a82639c8ecfd2e617dde9d317

37-1~10 資料14 平11法務04846100 10点 5号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/35992ab839c7011464bf3048c5f3e0bf1258741f

38-1~3 資料15 平11法務05624100 3点 南京12号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/15e2bd05162b611cc43feb2425fdf1c2c2f176c6

39-1~2 資料16 平11法務05637100 徐州1号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/501b0e8512e1c4ddc02032f5fb141a41d69fb6c1

40 資料17 平11法務05744100 1点 上海136号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/8758b8f23c35f9135538887c40ac8aa56f44df9e

41-1~3 資料18 平11法務0579100 3点 太原3号事件.pdf
http://firestorage.jp/download/d7546d68a597888c9f430b0fa6771c0d2caf10e8

42 資料19 平11法務04228100 1点 グアム.pdf
http://firestorage.jp/download/d01a166ddeaa0930248947a1262d4b58c00e7f50 

このページのトップヘ