平和への輪。「GATE」上映実行委員会

GND Fund(核兵器解体基金)の活動の一環から派生して作成されたドキュメンタリー映画「GATE」。 日本の僧侶が広島被爆時の残り火を持って、世界で初めて原子爆弾実験が実施されたアメリカ・トリニティにてその火を消そうとするもの。 この映画に感銘を受けた事、地元田辺市在住の僧侶が出演している事から、紀南での上映を望む者達が急きょ設立したのが「平和への輪。「GATE」上映実行委員会」です。

映画決算

ありがとうございました
去る9月25日(木)夜6時30分より田辺文化会館でドキュメンタリー映画GATE上映会を実施させて頂きました所、会場一杯の大勢の方々に鑑賞頂く事ができました。
又、当日募金箱へも多額の寄付を頂き有難うございました。
支払が終わりましたのでここにご報告し御礼の挨拶と致します。
売り上げ収入より経費と35mmフィルム保証料200,000円の支払いを(9月18日送金済み)差し引いた差額 463,586円と募金箱へ頂いた寄付金42,943円を「核兵器解体基金」へ、10月14日送金致しました。


平和への輪。GATE上映実行委員会
委員長 山根康民・スタッフ一同

映画の決算について

現在映画「GATE」の委託販売チケット分の現金回収とともに販売収支の精査をしています。精査後、新聞広告等で寄付金額明細を周知してから、核兵器解体基金(GNDFUND)に寄付することになります。

ありがとうございました。

昨晩は、映画GATE上映にあたり多大なご支援、ご協力を頂き誠に有難うございました。御蔭様で大変な盛況で
25日の上映日には、多数のお客様にご来場いただき会場では、映画GATEについて直接、スタッフに感想を述べるお客様もおられ この映画に対する皆様の関心の高さを目の当たりにし改めて「上映する事が出来て本当に良かった」と皆様には、心から感謝を申し上げる次第です。
今回の上映にあたり大変短い準備期間では、ありましたがGATE監督のマット・テイラー氏や出演者の宮本惠司氏にもお越し頂き 舞台挨拶も大変盛り上がりました。
また皆様の関心を集めた原爆の火について ご来場頂いたお客様の中には「60年以上も前の原爆の火が未だに残っている事に深く感銘を受けた」と声を掛けて頂く事もありました。
重ね重ねになりますが、本当にありがとうございました。

紀伊民報に掲載されました!

「GATE」が地元新聞「紀伊民報」に掲載されました!
記事内容は以下をご覧ください。

紀伊民報08年8月3日記事


ハクキンカイロとは

ハクキンカイロとは、、、Wikipedia参照

今回、新しいモノを2個、購入しました。

ハクキンカイロ_表
ハクキンカイロ_裏


ちなみにこのようなホームページもありました。
ハクキンカイロ非公式ファンサイト
実用的な使用方法を書いています。

大転換

出発1週間前位から、フェリー+自動車案から、電車+新幹線案が浮上してきていました。移動手段の大転換です。理由は運転手達が長距離運転による疲れによって交通事故が発生するかもしれないという心配です。
ただ、公共機関を用いた移動で懸念するのは、火を持ち歩く事が許されるか否かです。そこは「ハクキンカイロ」というベンジンを入れたカイロで原爆の火を頂き、火種を持って和歌山まで戻るしか方法はありません。
今回は失敗が許されない(失敗できるほど会に金銭的余裕が無い)為、24時間温かさを保つ事が出来る最新のハクキンカイロを2つ購入して合計5個のハクキンカイロを用意して、実際に使ってみる事で万全を期しました。

プレス発表と実行委員会会議

プレス発表と共に、参集した実行委員で会議を行いました。

プレス発表5


プレス発表4


プレス発表3


チケットと資料


プレス発表の準備中

週刊生活ニュースに掲載されました!2

「GATE」が地元折り込み誌、週刊生活ニュースに掲載されました!
記事内容は以下をご覧ください。

生活ニュース社20080914第2160号

(2008年9月14日 第2160号 生活ニュース)

週刊生活ニュースに掲載されました!

「GATE」が地元折り込み誌、週刊生活ニュースに掲載されました!
記事内容は以下をご覧ください。
生活ニュース記事080831記事


(2008年8月31日 第2158号 生活ニュース)

自作パンフレット

映画上映に関する諸情報(和歌山県での連絡先等)を自作パンフレットで補いました。
自作パンフレット
記事検索
「ゲート」上映関連情報
moblog
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール

gate2008

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ