ピッコロさんのブログ「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画に参加してみました。
※感想を連載していなかったものもありますが視聴はしていましたのでご了承ください。


『作品別評価』

・Dororonえん魔くん メ~ラめら
ストーリー:2
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:4
総合的な評価:2
コメント;最後はきれいにまとめたけど色々と酷いアニメだった・・・(大汗)MBSでは「Aチャンネル」と「電波女」という現代的な萌え路線のアニメはさまれてたんで余計に異質さが際立つというか・・・
しかし昭和の古典的ギャグとバイオレンス、そしてド下品な下ネタが一体化したこのカオスぶりこそがまさに永井豪の世界。今の時代にはそぐわないかも知れないけど問答無用さというか、ある種のパワーみたいなものはあったと思う。
が、「クェイサー」同様、人に進められるかというとちょっとなあ・・・(苦笑)人を選ぶアニメというか、進める相手を選ぶというか・・・


・Aチャンネル
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:3
コメント; こういう日常系アニメは結構評価がしにくい印象があるんですが、なかよし四人組のなかに一人だけ学年が違うトオルがいることで「けいおん!」同様、女子高生のゆる~い日常にニヤニヤしてるだけでは終わらない作品だなぁ、と思った。
原作未読なので現状どうなってるのか、今後どうなるのか分からないんですが多少引き伸ばしはあってもかまわないからサザエさん時空に突入したりせず、るん達をきっちり卒業させた上で「それでも四人の関係は変わらない」って方向に行ってくれるといいんですが・・・


・DOG DAYS
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:5
総合的な評価:3
コメント;良くも悪くも都築作品だった。異世界に召喚(よ)ばれてやることが、死人が出ないバラエティ番組みたいな戦争ってのは面白かったけど(現実もこんなんなら世の中平和だろうに・・・)
いっそ魔物や星詠みの話は無しで戦に集中した方がまとまりがよかった気がする・・・
おもいっきり続編できそうな終わり方だったので今後次第でまた評価が変わることもあるかもしれん。


・聖痕のクェイサーⅡ
ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:5
総合的な評価:4
コメント;1期から継続して観たけど無茶苦茶ぶりは相変わらず(汗)原作ストックの少なさをどうカバーするのかがポイントだったんですが
まさか半分近くギャグ回にするとは脱帽ものというべきか噴飯ものというべきか・・・
他の作品だとどう考えても顰蹙ものなんだけどクェイサーの場合、アリなような気がしてしまうから不思議すぎる。ただ、1期で暴走しすぎたせいか少々パンチ不足だった。
明らかに3期が出来そうな終わり方してるけどこんな無茶なアニメをまたやれるかどうか・・・(2期は地上波放送の局減ってたしな・・・)

・緋弾のアリア
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:4
演出:3
音楽:5
総合的な評価:4
コメント;くぎみーヒロインのアニメをまともに全話通して観たのは(本放送時、興味がなかったりそもそも和歌山で放送してなかったりで)今回が初めてだった気がする。(「ハガレン」は少年キャラだったしな)
バトルよりもコメディパートの方が印象に残ったというか、登場人物どいつもこいつもツッコミどころが多すぎる・・・(汗)

・電波女と青春男
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4
コメント;これぞSF(すこし不思議)ボーイ・ミーツ・ガール?衝撃的なタイトルやOPに反して(同じく入間人間氏の作品「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」がかなり生臭い内容と聞いていたし・・・)
意外とまとも?な(変なヒロインだらけってのもそう珍しくないし)内容で安心した。
「緋弾のアリア」同様既刊分まで話が進んでないので2期やってくれることに期待したいところ。


『部門別ベスト賞』

ベストキャラクター賞
・桂木 華(聖痕のクェイサーⅡ)


ベストOP賞
・『Os-宇宙人』(電波女と青春男OP)


ベストED賞
・『カメリアの瞳』(緋弾のアリアED)
 

ベスト声優賞・男性
・山口 勝平氏;えん魔(Dororonえん魔くん メ~ラめら)等


ベスト声優賞・女性
・日笠 陽子さん;桂木 華(聖痕のクェイサーⅡ)、ブリオッシュ・ダルキアン(DOG DAYS)等


以上です。