『日刊サイゾー』内記事(※観るには下にスクロールする必要があります)
「漫画・アニメのせいで子どもが犯される」「文章も禁止」過激発言満載の児ポ法規制推進派院内集会

本当になんとかできねえかな、コレ・・・
相変わらず理屈が無茶苦茶で正気とは思えない。(ルールを護れている人間を完全に無視しているし、(野球で言えば「故意にデッドボールするやつがいるからボール投げてはいかん」といっているようなもの)「反対すれば悪者になる」ことに重点を置いて法案を作ろうとしてる)
ポイントとしては
・児童ポルノ取締りと創作物規制を分離させる(これはまあ、常識だろう。表現規制に子供を利用するんじゃねぇ!)
・環境犯罪誘引説の出鱈目を証明する(いくら作中で肯定的に描かれていても駄目なものは駄目に決まってるだろうが・・・漫画やアニメが馬鹿を生むのではない。馬鹿が作品を貶めるのだ)
、だと思うが、どうやって?というのが問題なんだよなぁ・・・(何かしたいというのは本気だけど資金や環境の関係でやるやる詐欺になっちゃってるのが実情)