今回もピッコロさんのブログ「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画に参加させていただきました。
まずは作品別評価です。

※評価項目の詳細や指標についてはピッコロさんのところの記事を参照してください。また、この評価はあくまで俺個人の主観によるものです。視聴の参考にして「高評価なのに面白くないじゃねぇか」と感じても責任は持てませんし、逆に俺が低く評価してる作品でも面白いかもしれません。


・『僕は友達が少ないNEXT』 
ストーリー:3
キャラクター性:5
画:4
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4
コメント;ダブルヒロインの片割れが逃亡して終了とかすごいオチだ・・・
ここから隣人部の関係がどう動くのか気になって仕方が無い。

・『ガールズ&パンツァー』 
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:4
音楽:5
総合的な評価:5
コメント;あまりあざとい方向に走らずに戦車に懸ける乙女達の青春を描ききったところに好感が持てた。(本作にも作者が関わっている「セーラー服と重戦車」みたいなエロとバカ満載のノリも好きだけど)
唯一不満があるとすれば10~11話に間が空いちゃったところか。(制作がかなりきつかったらしいし、出来れば観る側からしてもクオリティ高い方がありがたいのでこの辺は難しいところもあるけどな・・・)

・『ジョジョの奇妙な冒険』 
ストーリー:5
キャラクター性:5
画:5
演出:5
音楽:5
総合的な評価:5
コメント;文句無し!あの独特の空気を(放送コード等に合わせた多少の改変はあるにしても)アニメで完全再現するとは・・・
ジョジョといえばスタンドが登場する3部以降のイメージが強いけどこれを機会に若いファンにも1部、2部の評価が上がったんじゃないだろうか?
 
 
以上です。