第15話「約束」

甲児から鉄也、そして再び甲児へ。希望を繋ぐバトンタッチ!
 サブタイトルの「約束」ってのは、甲児がミネルバと交わした「全てを救うハッピーエンドを目指す」ってやつのはずなんだが漢達のドラマがとにかく濃かった。
圧倒的なマジンガーZEROの前にグレートカイザーすら完敗するものの戦闘のプロとして使命を全うした鉄也。カイザーの挿入歌から引用の檄にグレートEDのフレーズで返す甲児。
まさにどいつもこいつも偉大な勇者。理想の主役交代劇といっていいだろう。
以前から「作者はZを贔屓しすぎ」「そんなに鉄也とグレートが憎いのか」などの意見も少なくなかったようなのだが(実際にZ推しを公言してるらしいし)それにはちょっと意を唱えたい。
確かにマジンガーZEROという完全無欠の存在を描いている以上Z贔屓というのは間違いではないとは思う。
だが、本当に描きたいのは「ヒーローだって無敵ではない。傷つくこともあるし強大な敵の前に倒れることもある・・・愛する人々を喪うことだって・・・それでも彼らは必ず立ち上がり悪を倒して平和を守るのだ」ってことなんじゃないだろうか?兜甲児が、マジンガーZが、剣鉄也が、グレートマジンガーがそれを証明しているように思う。