我綴空間【がてぞ~ん】

ABAYOの日々のちょっとした出来事やアニメ・漫画の感想等を綴る空間

表現規制問題

どうせそういうつもりなんだろうとは思ったわ・・・

児童ポルノ禁止法改正案附則2条の「調査」は初めから表現規制の実施が前提だった! 山田太郎参院議員が衝撃の解説


こんな前例がまかり通るならどんな無茶苦茶な法律も作れてしまうし、憲法改正だってかなり不安になってくる。児童ポルノや表現規制以前の問題として、立法に携わる人間がこんなことやってていいんだろうかなぁ・・・

ふと気付いたんだが・・・

創作表現保護法の制定を求める署名企画のHPどうなってるんだ?(検索に引っかからないしURL直接入れてもいけないっぽい(「署名TV」の方はまだあるみたいだけど))
というか最後に見たとき「数集まったから提出した」とかの進展はなかったんだよな・・・
ただ、こういう法律が実現したとしても創作物規制にストップかけるのはなかなか難しいと思う。
もちろん実害が無い限りは表現や言論、思想の自由は守られるべきだと思うし、(だから俺自身、個人的意見や感想の範疇でなら性的・暴力的表現に対する批判に文句を付けたとしても考え方まで否定する気は実はあんまりない。法規制には反対するがな)そもそも現実と関係ない創作物はなおのこと。
だが俺達受け手のモラルとリテラシーをもっと向上させ(作家諸氏や出版業界の方々は我々が純粋に作品を楽しんだり、それを通して社会や人間のあり方を考えてくれると信じてるんだろうからそれを裏切ってはいかん)、作り手とも協力していかんと規制など無用という主張に説得力を持たせることはできないだろう・・・

やっぱりなんか行動を起こしたいなぁ・・・

『日刊サイゾー』内記事(※観るには下にスクロールする必要があります)
「漫画・アニメのせいで子どもが犯される」「文章も禁止」過激発言満載の児ポ法規制推進派院内集会

本当になんとかできねえかな、コレ・・・
相変わらず理屈が無茶苦茶で正気とは思えない。(ルールを護れている人間を完全に無視しているし、(野球で言えば「故意にデッドボールするやつがいるからボール投げてはいかん」といっているようなもの)「反対すれば悪者になる」ことに重点を置いて法案を作ろうとしてる)
ポイントとしては
・児童ポルノ取締りと創作物規制を分離させる(これはまあ、常識だろう。表現規制に子供を利用するんじゃねぇ!)
・環境犯罪誘引説の出鱈目を証明する(いくら作中で肯定的に描かれていても駄目なものは駄目に決まってるだろうが・・・漫画やアニメが馬鹿を生むのではない。馬鹿が作品を貶めるのだ)
、だと思うが、どうやって?というのが問題なんだよなぁ・・・(何かしたいというのは本気だけど資金や環境の関係でやるやる詐欺になっちゃってるのが実情)

やっぱり有害図書制度、なんとかした方がいいんじゃねえのか?

有害図書審議で同性愛差別か

 条例等に基準を明記して透明性を確保するとかいってもこんな調子ではその有害か否かを判断する人間をそもそも信用できそうにないし、今まで何度か言ってるように、小学生や幼稚園児等の”厳密な意味での”児童。中学・高校生。さらに高卒以上の未成年者では、同じ未成年者でも道徳観や性知識の度合いも違うことが全く考慮されてない。
(いままで有害指定されて18歳未満に販売できなくなったものの中にも例えば”小学生未満には不適切だが中学生以上くらいなら別段問題ない”などというものもあったんじゃないだろうか?)
現状じゃ過保護な大人の単なる自己満足だったり、責任転嫁全肯定主義者(ゲーム脳や環境犯罪誘引説を推したり支持したりしてる人間はあえてこう呼ばせてもらう。こんなもんがまかり通ると裁かれるべき人間の罪が軽くなったり、何の罪もない人間が悪者にされてしまう。)の暴論やサブカル差別を助長するのに利用されるだけに過ぎない。
やっぱり業界と読者が連携して小さい子供が安心して漫画やアニメ、ゲームを楽しめ、若者や大人が楽しめる作品も護っていける体制を作り、段階的にでいいから有害指定制度は廃止して表示図書に対する制限だけにするように持っていくのが理想じゃないのかなと思う。

イベント情報(しばらくトップに出します)

 明日7月9日(土)に京都で

「性表現規制の文化史 ── 日本とアメリカ」

という講演会があるようです。(詳細はリンク先参照)入場無料だそうなので関西地方在住の方は行ってみるのもいいかもしれません。(定員80名らしいですが・・・)
プロフィール

ABAYO

月別アーカイブ
視聴中のアニメ一覧
現在整理中
コメント、トラックバックの諸注意
 コメント、トラックバック等は自由です。ただしスパムの類(商用目的のものや関係性の無い内容のもの)や実在する個人に対し他者を誹謗中傷したり人権を著しく侵害するようなもの等はこちらの判断で削除させていただきますのでご了承ください。
記事検索
創作物・インターネット規制問題への見解
 如何なる名目であっても公権力による創作物・インターネットへの監視・規制には反対します
 気にはなっているけどどこがまずいのかわからない方、創作活動を行っているが今後が不安な方、自分の好きな作品が悪書として葬りさられてしまうのではないか心配な方、なにより本当の意味で子供達のことを考えている方はここの表現規制問題の記事と合わせて下記のリンク先を観に行ってください
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ