2017年03月13日

右手の負傷

一昨日、刺身のつまをスライサーで軽快にスライスしていたのですが、軽快すぎて自分の指までスライスしてしまいました(;´Д`)
その時は流血騒ぎで夕飯の準備どころじゃなくなってしまい、家族に大迷惑をかけてしまったのです。
止血できて保護パッドを貼ったので、あとはほっとけば…のはずだったのですが、痛い!・゚・(ノД`;)・゚・
夜中じゅう悲鳴をあげていたようで、とばっちりで寝不足のダンナさんに怒られ呆れられ「病院へ行きなさい!」
鎮痛剤と消炎剤を処方してもらうのがいい、ということでした。義母からは「その絆創膏とか剥がされるわよ。また出血するかも」と脅されましたが、痛くなくなる方が良いに決まっているので、美人で優しい皮膚科美容外科のSクリニックへ行きました。
S先生は優しく血液や血痕でドロドロになった絆創膏やパッドを取り除き、洗い流して消毒してくれました。そして新しいパッドを当て、防水テープを何重にも貼り重ねて「これで水仕事もお風呂もだいじょうぶですよ」。さすが女医さんはわかってらっしゃる!
鎮痛剤ですが以前ロキソニンで胃をやられたことがあるので、それ以外でとお願いしたら「カロナール」という鎮痛剤を処方してくれました。
とにかくこれで痛みとサヨナラです。
しかし、右手親指が不自由というのって生活しにくいですね。しばらく二胡の練習もできません(弓は持てるけど、鈍痛が走ります)。

gatos at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 徒然 

2017年03月04日

出張でセミナー研修

現勤務場での初めての出張。もっと研修などに出かけるようにという上からの指示で、今回の研修がかないました。案内が回ってきたとき、面白そうだなと思い、講演と交流の組み合わせも興味あったので、年度末になっちゃったけど行ってこようと表明したわけです。

ネットワークとコミュニケーションの結びつき。
メディアをつかっての情報発信とネットワーク。
ローカルメディアの強み。
顔と顔を合わせてのネットワークの重要さ。
といろんなお話を盛り込ませての講演を聞きました。
講師自身が若いので、若い世代の思うところや、それでも昔からあることへの執着や愛着、尊重などもちゃんと踏まえているので、これからの世代にだってちゃんとバトンは渡せるな、と感じました。
2部では悩みを抱える20人のファシリテーターを囲み、解決策を探っていくという交流形式のデスカッションです。3つのテーブルを回って、そこで出来たグループで意見を出し合う形です。
これまでやったことのないデスカッションの形だったので、面白かったですね。まったくの異業種に触れ合う機会にもなりました。
終わり方がちょっとダレてしまったのが残念ですが、なかなか面白い研修でした。


gatos at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック WORK 

2017年03月03日

二胡Lesson

楊老師のレッスンでした。静岡教室は楊老師で確定なのかな?

小指音符連弓練習はパスできましたが、次のムーンリバーにひっかかっています。
一昨日の夜に「ティファニーで朝食を」を見たのですが、物語中に優しく流れているムーンリバーを聴き、あぁこれなんだよね…こんな風に優しく滑らかにひけたらいいな、と思ったのです。
…が、技量がついていかなかったか!?別パートのリズムの取り方がちょっと戸惑う感じなので、これさえ出来れば曲として成立するかな…。
「南泥湾」はトリルとポジション移動が難関。それに必死になると強弱忘れてしまうので、とにかくメロディをひけるようにならないとです。

前回に宿題と出された「また君に恋してる」は、意外と簡単な曲でした。メリハリと曲自体をもっと膨らませていけばいい感じになりそう。別パートも練習しておかないとです。
そして宿題。
今度は「風」。
「ひとはだれも〜〜〜そこにはただ風がふいているだけ〜」というあの「風」です。前曲を練習している時に次はどういう感じかな?と見てみたものの、楽譜見てもC調が理解できず、図を持ってきてなんとなく。しかしポジション移動が重なってけっこう難易度高いかも。楊老師、各自でちょっと練習してみてと10分くらいくださったのですが、前述のとおりの難しさでつっかえつっかえひき終えました。これも練習あるのみでしょうか?
このままこの楽譜をやっていくと、けっこう好きな曲が出てくるので楽しみでもありますが、それに当たった時の難しさも予想できるな…。

gatos at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 二胡 

2017年02月23日

車の事故の後

それは今月の初めのできごと。正しくは事故ではなく、駐車場に停めていたところ、知らないうちにあてられてしまった。というものです。普通ならここで、泣き寝入りなのですが、私の車に当てちゃった方、ご丁寧に謝罪の言葉と連絡先メモしてドアに貼っておいてくれたのです。
気づいてすぐにメモの彼女に連絡をとりました。この日風が強く、車のドアを開けたところ風に煽られて持って行かれ、隣の私の車のドアに当たってしまったということでした。塗料が線になって入っていたので、板金屋さんに見てもらってその結果を知らせることになりました。

結局、塗料だけでなく凹みもあって、しかも私の車はラインが入っていて、それは塗装ではなくシールだという。メーカー持ち込みの修理となってしまいました。見積もって3万円くらいだということで、そのむねをお知らせしました。彼女はとても恐縮しており、なんども謝罪の言葉をもらいました。その彼女の姿勢だけで私は、もういいよだいじょうぶですよ。という気持ちでした。

車の修理が終わり、請求書が上がってきたら5千円ほど見積もりより安くて、なんだかほっとしました。その請求書を送り、彼女が支払いの手続きをしてくれました。
その後、会ってお詫びをしたい、というので勤め先が事故っちゃったところだというのを伝え、声をかけてください。と伝えました。

おとといです。彼女が可愛い元気な男の子と一緒に窓口に現れたのです。かわいらしい若いお母さん。お詫びの言葉が何ども彼女の口からこぼれてきますが、天候の影響もあった日なので仕方がありません。小さな子どもがいたら怪我していたかもしれません。そしてなんと手土産まで頂いてしましました。

当て逃げされてしまうことの多い世の中です。駐車場での事故なんて、特にそういうことは多発しています。天候のせいではあるけれどしっかり自分の非を認め、相手に謝罪する心をもった彼女の姿勢に感動させられました。世知辛いグレーな社会にさっと光が差した思いでした。自分の非を認める勇気。謝罪の心。私自身もそうありたいと改めて誓った日でした。

gatos at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 徒然 

2017年02月17日

二胡Lesson

3回続けて楊老師のレッスンになりました。こんなことって珍しい。鵬新老師の帰国はかなり影響している感じでもあります。
正しい音でひけるようになってきている私たちの次なる課題はメロディとリズム、強弱、奏法などです。もちろん黙っているけどビブラートも。そしてポジション移動の滑らかさ。ポルタメントをかけないでスマートに移動するには…弦を押さえないとぐらつきそうなとこを安定させればいいのかな?指をちょっと浮かせていけばいいのか…そのちょっと浮かせるが難しい。そして私の手は汗っかき。この乾燥した季節なのに、暖房の暖かさでもうダメ。これさえ克服できれば!と思うんだけど。
「ムーンリバー」はパートに分かれてひいてみたのですが、それぞれ自分のパートをひくのに必死で、他のパートの音を聞けていないのです。「他の人の弾く音を聞く余裕がないとハーモニーにならないよ」と注意がでました。余裕がないということはまだ曲をGETできていないということ。練習をつんでアンプでもひけるようにならないと、他のパートの音も聞こえてこないのかな…;
IMG_1829今回は足踏み状態でしたが、新しい曲が宿題としてでました。しかもテキストとは違う楽譜「二胡で奏でるフォーク&ニューミュージック」から。
今の私たちならこの曲集はひけるから、好きな曲をのを選んでということだったのですが、あれこれ悩んでいる我々を見かねて「じゃあ、最初からやっていきましょう」ということになりました。最初の曲は「また君に恋している」です。リアルで聞いたことのない曲なのですが、メロディがきれいで弾きやすそうです。CDを聞いてメロディを覚えて、来月までの宿題。でも、来月のレッスンって2週間後ですけど…。やってみます。
今日は通訳もちゃんとできました。あまり自分にいっぱいいっぱいになっていないと、ちゃんと言葉が入ってくるようです。

gatos at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 二胡 

2017年02月14日

東京で狂言

IMG_1820バレンタインデーですが、ダンナさんを置いて、義母と野村万作・萬斎の狂言に行って来ました。なんだかノリで狂言見に行きたい!という時期が二人ともあって(たんぶん静岡能のチケットもとった頃)、情報が入ったとたんチケットGETしたのですよ。今考えると、富士に来てたじゃん…(あ、その頃チケット買ったんだっけ?)。というわけでわざわざ東京です。夜の公演です。
なんと義母はその日の午後に寄席に行く予定も入っていて、先に新幹線で出発。私は在来線で3時間かけて行きました。無事に行けたから良かったのですが、実は午前10時頃に架線火災が東海道本線の横浜戸塚で起き、しばらく不通だったのです。これは高速バスにするか、新幹線か?!といろいろ考えたのですが、家を出るのは1時過ぎなので、様子見ながら考えようと。でも、ちょっと遅れが出ていただけで、無事に東京に着きました。久々電車の旅を楽しめました。
軽く夕飯をとってから有楽町朝日ホールへ。
演目は「財宝」と「千切木」。最初に萬斎さんが解説してくださったので、お話の流れも分かって、楽しく笑いながら観ることができました。能も狂言もマイナスの表現。舞台装置?もシンプルですが、見る側が想像しながら、またその表現で背景も見えてくるので、それも面白いのです。
終演後は一気に有楽町駅に突進。東京駅で新幹線に乗り換えて帰宅しました。
夜遅くなるのはキツイけれど、いい舞台やコンサートはやはり東京まで行く価値はあるな、と思いました。

gatos at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 美術・芸術 | 徒然

2017年02月11日

今年度の事業終了

今日で今年度の事業が終了しました。
ラストを飾ったのはなんと吉本!「よしもとお笑いステージ2017in富士宮」でした。満員御礼で大盛況です。皆さん、笑いに飢えている?
バラエティ番組をあまり見ない私は、巷では有名である芸人さんたちを知りません。今回来たみなさんも、友だちが見たい!と言っていたので知ったとか、ちょっと前に交通事故の事件起こして謹慎中、なんてニュースが出て知ったとか…そんなレベルです。あ、この謹慎中芸人さんの出演については、こちらも興行共催なので、お客さんからの問い合わせ、吉本側への問い合わせが相次ぎ、ちょっと泡食った感じでした。
IMG_1818今回は影アナも撮影もなしだったし、会場保安もボランティアさんにお願いできたので、とても楽でした。だから本番中、私は事務室でお留守番です。でも、様子はモニターで見られるし、音は聞こえるのでなかなか楽しい留守番でした。
吉本のショーは時間きっかりに終わっているのですが、今回は15分くらい押していました。それでも、お客様を無事に帰して21:00過ぎたところ。これなら定時に帰れます(夜の定時は21:30)。
吉本お笑いの記念に昨年も買った?おかきを購入。似顔絵小袋入りなので、楽しく食べられます。今日もお疲れさまでした。来年も共催できると思います。ぜひどうぞ!


gatos at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック WORK 

2017年02月05日

二胡コンサート

IMG_1804
二胡奏者ウェイウェイ・ウーさんのコンサートに行って来ました。義母の友だちの友だちが二胡をやっているとかで、入った情報でチケットをGETできたのです。知らなかったら涙を飲んでいたかも…中ホール700席チケット完売だったのですから!それよりもそんな近くの人が二胡やっていたなんて知らなかったので、そちらもビックリでした。
ウェイウェイ・ウーさんのコンサートは、以前も彼女を招いて公開レッスンをした富士市にお住いの二胡奏者で講師の深澤さんが主催です。生徒さんをたくさん持っていると情報の拡散がより広がっていくので、完売という快挙につながったのでしょうか。

開場を待っている間、周りは二胡を習っている人ばかり。私の日常生活では周りにいないのに、どうしてここには!?と…。会話を聞いていると、お稽古に向かう気持ちが人それぞれ違うんだな…と感心したり呆れたりでした。

さてコンサートです。いきなり客席中央から現れたウェイウェイさん。「ふるさと」を奏でながらステージへ。いきなり中国語で自己紹介、というおちゃめっぷりでした。そしてダジャレも連発しながら熱い演奏を聴かせてくれました。わたし的にはボサノババージョンの「何日ni再来」がうっとりです。「二泉映月」も大好きな曲ですが、演者によっていろいろな捉え方があって、演奏があって奥深い曲なんだな、と改めて思いました。
ウェイウェイさんの弟子である深澤さんとのジョイントや、深澤さんの生徒さんたちとのセッションもとても楽しく聴かせてくれました。楽しく演奏するって一番大切ですね。
そして、富士市の二胡人口の多さに驚きました。

gatos at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 二胡 

2017年02月01日

ルナさんと中国茶芸講座

ひたすらの温め効果のおかげで、ルナさんの食欲も運動も戻ってきました。でも、やっぱり暖かいところが良いですよね。
病院へはサプリをもらいにだけ行きました。今日は休診開けなので、犬猫がごった返しです。

IMG_1801今日は念願の中国茶芸講座の受講の日。自分がやりたくて企画しているのに一度も参加できていない講座だったのですが、今回受講希望の方1名に涙を飲んでもらい、受付スタートと同時に申込書書いて受講料支払ってしまいました。
これで堂々と講座の最初から最後までいられます。

今日の講座は春節期間だったので、おめでたい名前のお茶や健康に良いお茶を用意していただきました。
最初が「吉祥天女」という工芸茶です。お湯を注ぎ、茶葉が花のように開くとき天女が舞うように開くからこの名前が付けられたとか。
2つ目が「元宝茶」中国緑茶と金柑のお茶で、蓋碗でいただきます。「元宝」というのは昔のお金だそう。金柑は「金桔」で縁起が良い。香りもとても爽やかでした。柑橘類は緑茶に合うようです。日本茶に入れても美味しく飲めるようです。緑茶は身体を冷やしますが、金柑は温める作用があるので、冬に飲んでもだいじょうぶなのです。
3つ目は「杉渓烏龍」台湾の高山茶です。標高1,000M以上で取れるお茶を高山茶と呼び、清々しい香りと味が特徴だそう。だからこちらは聞香杯でいただきました。1煎目は香りを楽しみ、2煎目は味を楽しみます。中国茶は香りも楽しめるし、10煎目くらいまでは味がちゃんと出るのでお得感もあります。
お土産に「八宝茶」をいただきました。これも身体に良い、漢方でも用いられるお茶です。まさに「祝身体健康」のご挨拶ということですね。ありがとうございました。

gatos at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 猫・犬 | 香港・中国・台湾・中華関係

2017年01月31日

ルナ体調不良

ルナさんの具合がおかしいです。朝、水を飲みに来てから、お布団に戻ったきり出てきません。
昨日まで元気にしていたのに、どうしちゃったの?
今日は昨日までと打って変わっていきなり寒い朝。それが彼女の身体に堪えちゃった?背骨の腰のあたりがだいぶ弱っているので、そこが冷えると痛いのか足を引きずります。痛いと食欲も落ちるので、それも心配です。
アンカと湯たんぽ、毛布で暖を作ってやって1日過ごしてもらうことに。
昼過ぎに心配で帰宅し様子を見ました。食事はとっているようなので、食欲はあるということです。今日はかかりつけ医も休診日なので、相談もできないな…と思いながら仕事に戻りました。
夕方帰宅して義母に様子を聞くと、台所に来て水を飲んでいたと言います。温め効果があったのでしょうか!?動きたいという欲求が出て来ればだいじょうぶかな?明日、ちょうどサプリが切れるので病院へ行くのですが、連れて行くべきかどうするかです。


gatos at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 猫・犬 

2017年01月28日

恭喜發財

旧暦新年です。
あけましておめでとうございます。
と意気揚々と行きたいところですが、日常の忙しさにとらわれ、すっかり忘れていました。
fbで香港台湾友だちがお正月の様子を投稿していて気付いたという…
そんな新年だったので、してはいけないことをしてしまいました。
それはお風呂に入ること!
近場の温泉、なんぶの湯に行って来てしまったのです。まだ福もついていないし、厄を落としたってことで!と無理やりこじつけました。
でも、久々に大きな湯船につかってのんびりできて、幸せ気分です。なんぶの湯は何ヶ月ぶりだろう?やはりたまには来て、お風呂でのんびりしたいですね。

gatos at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 香港・中国・台湾・中華関係 | 徒然

2017年01月20日

二胡Lesson

なんだかいろいろな気分高揚のまま二胡のお稽古日を迎えてしまいました。
今日は楊老師です。2ヶ月続けてというのは珍しいです。
「牧羊姑娘」がパス。「まだ問題はありますが、終わりにしましょう」という言葉に「え!いいの?終わっちゃうの?」と声を出してしまった…。不敵な笑みの楊老師。その心が読み取れない;;;これ以上やってても進まないから?とりあえず時間はかけたから?音は合ってるから、あとは自己責任練習?
できる人、できない人それぞれいますし、お休みしちゃった人もいます。平均してとりあえず合格、というところなのかな…
1曲合格したから新しい曲にも入りました。これもポジション移動が多くて指がもつれそうです。そしてハーモニスクが出てきました。ハーモニスクって言葉は耳にはしたことあるけれど、その音が意味がいまいち分からなくて(ギターとかにもありますよね)、絃を触って弓を当てる。その音階の音がほぁんという感じに出てくるのでした。まだ1音しかやってないので分かりませんが、それぞれその音が出るポイントがあるのだそう。
楊老師の指導もだんだん変わってきました。
音程が掴めてきたなと認めてくれたのか、音を正しく出すにプラスして強弱記号以上のウェーブ感も求めています。トリルなどの記号が出てきてポルタルメントの効果的な方法も入り、ますます難しくなってはいるものの、これができるようになればもっと二胡らしい音が出せるな〜とも思います。テクニックをより学びなさい、ということなのでしょう。
ビブラートも”もどき”くらいはできるようになっています。戸田老師が、「ひいていて、ここでかけたいと思ったところでかける感じです」と言っていた、曲と向き合う気持ちとかも出てくるんだろうな。
練習を重ねてがんばろう。


gatos at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 二胡 

2017年01月14日

箏曲リサイタル

朝からホワイエの準備とケータリングの支度と走り回りです。パンフ挟み込みから外れてしまった書類をまた挟み込みしたりして…一度にやることが多いと何かをおいてきちゃうので要注意です。
後は本番。泣いても笑っても今日が本番です。
本番中はカゲアナと記録写真撮影を担当していました。
美しい箏の音色にうっとりしながらお仕事できて幸せです。
箏というとお正月の「春の海」のイメージだと思います。「春の海」も演奏したのですが、とてもスタイリッシュな春の海でした。べた〜っとした邦楽感は無く、透明感のある澄んだ音。
箏を擦ったりたたいたり、絃を爪で弾くだけの演奏法じゃないところが現代邦楽と呼ぶのか。でも邦楽器が奏でる音の可能性が広がっていくところが現代だけではなく、未来へもつながっているようです。
「焔」は大成功でした。やはり本番は本番というだけある!迫力ある合奏になりました。
アンコールで丸田さんが自作曲を弾いたのですが、「木の花(このはな)」というタイトルに、富士宮市民はまっさきに富士山本宮浅間大社の木花佐久夜毘売を思い浮かべたのではないでしょうか?リサイタル前に浅間大社に行って、お参りしておみくじ引いたら大吉だった、という丸田さん。木花佐久夜毘売が見守ってくれたのかな、とも思えました。

素敵な邦楽をたっぷり聴いて気分がハイな状態で、打ち上げに参加しました。
会場の片付けを終えて向かったので、すでに丸田さん、藤原道山さん、沢井比河流さん、委員会のメンバーも揃っていました。リサイタルの構想から10ヶ月。最初はライブハウス的な場所でと言っていたのが、だんだん話が大きくなってついにホール使用でのコンサートになりました。

演者さんは本番へ向かって演目を仕上げていき、本番で力を発揮します。その舞台をしっかり作り、準備万端で本番へと整えていくのが私たちの仕事です。
チラシ、ポスター、チケット、パンフレットと宣材を作成していく過程、どう広報していくか考えていく過程、タイムテーブルを割り振ったりする過程がとても楽しい時間となりました。委員会の活動と会館での職務が重なっていたので、それも良い効果になりました。丸田さん、藤原さん、沢井さん、素敵な音楽をありがとうございました。いい仕事が私もできました。

gatos at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック WORK | 音楽

2017年01月13日

リハーサル

明日の本番に向けてのリハーサルが午後から始まりました。午前中に看板を作ったり、ケータリング用品を買いに走ったり、とりあえず裏方準備はとりあえず万端。
午後から箏の搬入があり、丸田さん個人のリハがスタート。
12月にやったときにマイクを使うか使わないか、使うのならどういうマイクでいくか、とか音の方はかなり打ち合わせていたけれど、照明や舞台設定に関してはあまり話していなかったような気がして心配です。でも、今日のリハで流れが出れば大丈夫でしょう。
その舞台に生け花をということだったのですが、頼んでいた方が会議?があって生けに来られないということになってしまい、年末から生けてもらえる人を探し回っていました。ようやく探し当てたのが、義母の知り合いのお二人。人脈は作っておくものだな、と感心というか感動というかでした。その二人がステージ下手に素敵な花をあしらってくださったので、本番が楽しみです。
さて、プログラムの最後に「焔」という合奏曲があるのですが、丸田さんが17弦をひく後ろで12箏の演奏がはいります。これがかなり大変そう。邦楽って指揮者がいないので、指揮に合わせてというのではなく、すべてみんなの呼吸を読み取って、音を聴きとっての合奏になります。緊張してしまうとどうしてもそれができなくなって、先走ったり着いていけなくなったりと、なかなかうまくまとまらなくなってしまいます。駄目出しが何度も出ていたけれど、どうだろう?私は途中で退席したけれどその後は?明日は合奏が完成し、丸田さんの十七絃と絡み合っていい音が出るといいな。

gatos at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック WORK | 音楽

2016年12月24日

年越し準備の美容院

2ヶ月経ってのびてしまった前髪がうっとおしいのと、全体的にボサボサ感がでてきているので、美容院へ行ってきました。
年末ということもあるけれど、トップで経営者の方が病気で入院。そのお客様を引き受けた、私を担当しているMさん。サロンの中を走り回っていました。とりあえず切って、後ろをぐっと短くしてもらいたい。あとは白髪が目立たないカラーでオーダーしました。
短くなったけれど、夏までやっていたロングのデジタルパーマがまだ毛先にのこっていて、どうしても外ハネしてしまいます。アイロンで内巻きしておけば、1日はもつからやってみてということで、ショートなのにアイロン活躍です。パーマの残りがのびて、切れるようになればストレートになるんだけど、このスタイルがいつまで自分の中で続くかわかりません。
帰りに頼まれた買い物をして帰宅。
美容院の中もデパートの中も暖房が効いていて、コートを着て入ってくると暑い!ちょっと寒くなったはずの日なのに、汗かいての移動でした。

gatos at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 徒然 
参加中のブログ
livedoor プロフィール
Archives
Flag Counter
free counters
ねこのきもち
Yahoo香港・港聞
Yahoo香港・本地娯楽