備前焼陶房から おかみさんの窯便り

備前焼作家の妻が、日々の「ときめき」「つぶやき」を書きます。備前焼作家 橋本勘介の陶房で陶芸体験をして下さった方々、陶芸教室の方々との交流も紹介します。皆様との出会い、交わりから生まれる様々な思いを、陶房の日々の風景と共に綴っていきます。

今日のお客様。

一美さんが、贈りものを選びに来て下さいました。

ゆっくり話をして、楽しい時間を過ごしました。

帰りに、早速、贈りものを届けたそうで、「とても喜んでもらいました」と、ご連絡がありました。

 一美さんが撮って送って下さった写真です。↓















































































「 有難うございました 」

続。今日のお客様が選ばれた花器。

先日。時空シリーズの花器を選び、

取りに来られた、泉美さんとお母様。

いつものように、手作りシフォンケーキをご馳走になりました。


385ee51d.jpg



   fc2db2d4.jpg





この日は。 壷と窯変の花器を選び、お持ち帰りになりました。

ケーキの写真は撮ったのに、花器の写真を撮るのを忘れました。

ご自宅のお床に納まった花器の写真を送って下さいました。

359103fe.jpg















94bb2a26.jpg




美しいです。

嬉しいです。

備前焼 橋本勘介のネットショップ

備前焼体験 陶芸教室

備前焼 橋本勘介の陶房

 

今日の陶芸教室。

Mご夫妻。

ご主人様は、壺の続き。
4.5kgを積み上げました。

奥様は、水盤を制作。
6kgの粘土で成形。

お二人とも、力作です。




















この後。

ご夫妻と勘介さんは、
牛窓町の瀬戸内市立美術館へ。

「 復刻特殊器台&現代陶芸展 」へ。

忙しくて、
ゆっくり、カレンダーを見てなかった・・・
【 ねむの木学園 】のカレンダー。

【 おめでとう、今年もよろしく 】












【 大漁だ 】









25周年の、第1回めの窯出し。

感謝の気持ちを込めて、ご案内。

今日のお客様が選ばれた、花器。
二つ。

左奥の大きな俵型の花器。



 















































有難うございました。

吉備 特殊器台 復刻プロジェクト。

復刻特殊器台&現代陶芸展

17日〜25日

瀬戸内市立美術館

オープニング レセプション



























 






左から。
★プロジェクト 相談役
     柳瀬 昭彦 氏

★一般会員  藤下浩美 氏

★プロジェクト 相談役
     伊勢崎 淳 氏

★橋本 勘介