翔べ東京ヤクルトスワローズ!進撃燕軍団!

サンケイアトムズ時代からのスワローズオールドファン。 過去の出来事、選手、その他、 そして最新情報までを綴る、 スワローズファンのためのブログです。




本日10月3日、
我がスワローズの2017年の戦いは終了した。

45勝96敗2分、
勝率.319,
5位ドラゴンズの差が17ゲーム。

それでも今夜の神宮球場は満員だった。
今日で最後の采配となった真中監督の退団セレモニーも感動的だった。
こちらもなにかこみあげてくるものがあった。

負けても負けても応援を続ける燕気質。
十二球団一アンチの少ない球団。
ときにぬるま湯と言われる球団体質。

すべてにおいて寛容的な燕ファンであるが、
僕らは決して負け試合を観たいのではない。

厳しいようだが、
選手には満員のファンに甘えてほしくない。
僕らは勝ちが観たいのだ。

成績不振の総てが真中監督にあるわけではない。
選手には甘えがあった。今シーズンは特に感じた。

責任を取って真中監督は辞任する。
伊藤智仁コーチも退団する。
ほんの2年前リーグ制覇を果たした選手たちはなにを思うのか。

選手たちには厳しい秋、
そして冬がやってくるだろう。
再び栄光を掴める集団になるための大事な時期だ。

来年の春には、
ずっとずっと逞しくなった姿をみせてくれ!
45年以上身体の中を燕の血が流れている管理人の切なる祈りだ。

蘇れ、スワローズ!
翔べ東京ヤクルトスワローズ!進撃燕軍団!



あの時の映画日記~黄昏映画館
昭和音楽祭
株式会社EG estate




いくらなんでもひどすぎるでしょ。
90敗。
試合を観ててもまったく勝てる気がしない。

個人成績に期待しようと思っても、
重量打線が機能せず散発3安打

先発の由則もストライクが入らないし。
ストレスがたまる一方だ・・・

キャッチャーの中村は気の抜けたプレーで、
股の間にボールを抜かれるし。

相手の失策がらみでようやく1点。

スワローズのチーム最多敗戦記録は94敗。
残り7試合で、
やってしまいそうやなぁ・・・

それでも応援してしまう、
悲しいファン気質です・・・

戦評

9月23日(土)ヤクルト vs. 阪神 25回戦

阪神は4回表、大和の適時打などで2点を先制する。その後は5回にロジャースの2ランで加点すると、7回には梅野、伊藤隼、俊介の3者連続適時打で4点を加えた。投げては、先発・小野が5回無失点で今季2勝目。敗れたヤクルトは、投打ともに精彩を欠いた。

責任投手/本塁打

勝利投手

[ 阪神 ] 小野 (2勝7敗0S)

敗戦投手

[ ヤクルト ] 由規 (3勝5敗0S)

セーブ
本塁打

[ 阪神 ] ロジャース5号(5回表2ラン)

[ ヤクルト ] 

バッテリー

阪神バッテリー

小野岩崎石崎高橋藤川 - 梅野

ヤクルトバッテリー

由規石山山本松岡中澤菊沢 - 中村西田






あの時の映画日記~黄昏映画館

昭和音楽祭

株式会社EG estate


デーブ・ヒルトン氏が亡くなられたという。

67歳でした。


独特のクラウチングスタイルの構えで、

一番打者として3割以上の高打率でした。


主にセカンドを守り、

いつもユニフォームを泥だらけにしてプレーしていたのを思い出します。


ヤクルト球団史上初のアリゾナ州ユマでの海外キャンプで、

バット1本で入団テストを受けに来た男。


それまでの豪快といった外国人選手のイメージと正反対な地味なバッティング。


初優勝の日。

最後の打者中日矢沢のセカンドゴロを捌いたのもヒルトンだった。


40年近く前のプレーだけど、

今でも鮮明に思い出すことができる。

その泥臭いスタイルは永遠に忘れません。

安らかにお眠りください。
天国からもスワローズの試合を見守ってください・・・


大和魂を持った助っ人~デーブ・ヒルトン#3

↑このページのトップヘ